シンガーソングライター・梶有紀子さんが行く! 感動を体験できるイタリアン
『トラットリア ダ ジャコモ』

『トラットリア ダ ジャコモ』の店内

プロフィール> 梶有紀子(かじ ゆきこ) 「切なさの向こう側にある明るさ」を表現する野心系ミュージシャン。共感を呼ぶ音楽、沢山の人が笑顔になる歌を届ける。東京、名古屋、関西を中心に活動中。イベントやLIVEに出演。
2014.5~集英社出版「MORE」読者ブロガー ※詳しくは公式HPへ
【home page】https://www.yukikokaji.com/   【Instagram】http://instagram.com/kajiyukiko1112/

『トラットリア ダ ジャコモ』の店内
『トラットリア ダ ジャコモ』のオーナー倉重さんとシンガーソングライターの梶有さん

ご紹介するお店は『トラットリア ダ ジャコモ』。
福島駅からすぐ近くのビルの二階にあるイタリアンです。

人気店だけあって、訪れたのは17時でしたが既に席は一杯。
店内の雰囲気も素敵で、料理を楽しみながらゆったりと過ごせるお店です。

今回はアラカルト4品を注文しました。
どの料理も絶品! 早速レポートしたいと思います。


■「スパークリングワイン
■「ストウッツィキーノ(ひと口前菜3種盛り合わせ)」

『トラットリア ダ ジャコモ』の「スパークリングワイン」
『トラットリア ダ ジャコモ』の「ストウッツィキーノ」

飲み物は「スパークリングワイン」をオーダー。
料理に合わせて選べるワインの種類も豊富でした。

早速、運ばれてきたのは「ストウッツィキーノ」。
ひと口サイズの前菜3種の盛り合わせです。

パプリカのスフォルマート 焼きなすのマリネ添え」はふんわりしたムースのような食感。
パプリカの風味が広がるやさしい味わいです。

クセも無く、食べやすいさっぱりした「鹿肉の赤ワイン煮込み」。
赤ワインで甘酸っぱく煮こんだマリネのような鹿肉は、噛み応えもしっかり。

パン生地で作るクッキー「タラッリ」。
サクサクとしていて、黒胡椒の香りがワインに合うひと品でした。

それぞれの料理に、しっかりと個性が生きている素敵な盛り合わせです。


■「パン
■「淡路島産ハモの炙りカルパッチョと夏野菜のガスパチョのソルベ

『トラットリア ダ ジャコモ』の「パン」
『トラットリア ダ ジャコモ』の「淡路島産ハモの炙りカルパッチョと夏野菜のガスパチョのソルベ」

パン」は、温かいフォカッチャと、バゲットの二種。
オリーブオイルをつけていただきます。

炙ったハモは香ばしく程よい塩味。
シャーベット状の夏野菜のガスパチョスープとの相性も良かったです。


■「アンティパスト ハーフサイズ(前菜7種盛り合わせ)」

『トラットリア ダ ジャコモ』の「アンティパスト ハーフサイズ」

クリーミーなチーズで仕上げた「クリームチーズとマスカルポーネのキッシュ」。
さっぱりとした味わいはワインによく合います。
くるみとゴルゴンゾーラのカナッペ添え」は、くるみの香ばしい風味が特徴的です。

肉そのものの味と塩味が印象的な「ミラノ産サラミ」。
1枚でも満足感は十分。
豚の首肉生ハム」は、風味の違いを感じる珍しいひと品。
しっかりした肉質と、脂身が美味しい「鴨肉の生ハム」。

上品な脂身とやさしい酸味が口の中に広がる「金目鯛のエスカベッシュ」。
夏らしい南蛮漬けが今の季節にフィットしています。

前菜にぴったりの柔らかでやさしい「ブロッコリーのペペロンチーノ」。
そして、酸っぱすぎず、かぼちゃの甘味を生かした「かぼちゃマリネ」。

トマトの酸味でさっぱりと食べられる「鯖とトマトとじゃがいものテリーヌ」。

『トラットリア ダ ジャコモ』の「アンティパスト ハーフサイズ」
『トラットリア ダ ジャコモ』の「アンティパスト ハーフサイズ」

爽やかなグレープフルーツと相性抜群の「フィノッキオのパンナコッタ」。
濃厚な生クリームは絶品!

柔らかく煮込んだ「トリッパのトマト煮込みのアラフィオレンティーナ」。
トマトソースとの相性も良く、ホルモンなのに、あっさりといただけました。

少しずついろいろな料理を7品も楽しめる前菜はおすすめです。


■「明石タコとジャガイモのジェノベーゼソースパスタ

『トラットリア ダ ジャコモ』の「明石タコとジャガイモのジェノベーゼソースパスタ」

フレッシュバジルを感じるジェノベーゼソースは、ここにしかない味わい。
和食材でいうと、青シソのような爽やかな風味は、夏にも最適です。
バジルが新鮮な夏季限定のメニューですのでお早めに。

ジャガイモやズッキーニ、プリプリした明石タコに小柱、フレッシュトマトなど、パスタにアクセントをつける食材も、とても良い組み合わせでした。
ぜひ食べて欲しいメニューです。


■「フランスブルゴーニュ産小鴨フィレ肉の香草ロースト

『トラットリア ダ ジャコモ』の「フランスブルゴーニュ産小鴨フィレ肉の香草ロースト」

大きなカットで提供する鴨肉は、皮がパリパリ。
そして脂っこくないフィレ肉は、上質な肉の旨味を存分に満喫できます。
塩とバルサミコ酢の酸味だけで素材の味をしっかりと堪能。
夏野菜のカポナータも、オリーブがアクセントになっていて、鴨と合わせるにも、とても美味しい付け合わせでした!


どの料理にもオーナー・倉重さんの細やかなセンスや愛情を体感できることはもちろん、ひと品ずつに感動があるお店です。
訪れる時は、ぜひ予約をして大切な人との時間を楽しんでくださいね。

店名トラットリア ダ ジャコモ
住所大阪府大阪市福島区福島5-6-11 シュエット吉本2F
電話番号050-5833-0775
店舗情報https://bimi.jorudan.co.jp/shop/32363/



このページのデータは2018年8月27日現在のものです。

更新

エリアで探す

料理ジャンルで探す

利用シーンで探す

グルメニュース

美味ごはんTOPへ>>