できたて豆腐の魅力を伝える! 美味しくて楽しい食堂&酒場『豆富食堂』恵比寿に11/30オープン!

恵比寿「豆富食堂」-main


豆腐というと「ヘルシー」さが思い浮かびます。
「大豆」製品の代表格でもある「豆腐」は、植物性タンパク質が豊富で栄養価が高く、世界的にも人気の高い健康食品

同時に古くから日本の食文化に欠かせない存在です。
奈良時代に中国から伝来し、庶民に広く食べられるようになったのは江戸時代のこと。
今では、味噌汁、冷奴、湯豆腐から麻婆豆腐、肉豆腐など、子どもからお年寄りまで、年齢性別を問わずなじみ深い食べ物です。

できたての豆腐


そんな日本の食卓に欠かせない豆腐の魅力をもっと知ってほしいという思いから誕生したのが『豆富食堂』。
手がけたのは、東京 五反田・恵比寿で『酒場それがし』、 焼鳥『とり口』など7店を展開する『それがしグループ』。

なぜ、豆腐に特化したお店に?」という問いには、
純粋に豆腐が好きなので、もっと豆腐の魅力を広めたい」。
さらに、コロナ禍で外食業界が転換期を迎えた昨今、流行りに関係なく「食卓から絶対になくならないもの」として豆腐に注目したそうです。

朝食から晩酌のお供まで、あらゆる食のシーンに登場し、日本だけではなく、中国・台湾などアジア各国でも食べられている食品。
この店では昔ながらの豆腐屋さんのように食材として豆腐も販売することで、地域に寄り添うお店を目指しています

だからこそ、メニューは「ヘルシー」さだけをウリにするのではなく「美味しくて新しい」のが特徴

『豆富食堂』外観


場所は恵比寿駅より渋谷方面へ徒歩3分ほど。
飲食店の多い通りから1本入った裏通りなので、ちょっと落ち着いた雰囲気。

入口には併設の豆腐工房でつくられた豆腐や豆乳なども販売。

『豆富食堂』工房


工房では職人が毎日手づくりする様子を見られることも。豆腐づくりは職人技。縁のあった豆腐屋で修業を積んで、腕を磨いてきました。

シンプルだからこそ、原材料は厳選。宮城県産大豆「ミヤギシロメ」にこだわり、消泡剤は不使用。大豆本来のコクや甘味をストレートに感じられます。

大豆


店内はシンプルモダンな中に、ナチュラルな木のテーブルと椅子が温かみを与えてくれます。コの字型のカウンターと広々としたテーブル席。昼は食堂、夜は酒場へと姿を変えます。

『豆腐食堂』店内


12月中はディナー営業のみなので、現在のメニューは、まさにザ・酒場
価格帯も1,000円以下、ポーションもほどよく2人でシェアするとちょうどいい感じ。

メニューをいくつかご紹介しましょう。

■「おから手毬寿司」(4個)660円
かわいらしいひと口サイズの手毬寿司のシャリはなんとおから!
しっとり食感のおからとしめ鯖がマッチした、食べやすさが特徴。
糖質制限中の人にもいいかも。

『豆富食堂』「おから手毬寿司」


■「干し豆腐と香味野菜のサラダ」880円
中国や台湾でよく食べられている豆腐のひとつ「干豆腐」を使用。
パクチーやミョウガなどの香味野菜とさっぱりいただけます。

「干し豆腐と香味野菜のサラダ」


■「肉がんも」(1個)270円
通常のがんもどきとはちょっと違い、自家製豆腐と合挽肉をまぜてふんわりと、表面はカリッと揚げています。
ラム肉の風味がふわっと口の中に広がり、クセになる味わい。

『豆富食堂』「肉がんも」


■「麻婆豆腐」1320円
自家製豆腐に、ごろっと粗挽きの豚肉・羊肉を合わせた麻婆豆腐。
しっかりと花椒がきいた、パンチのある味わい。ビールと相性抜群。

「麻婆豆腐」


■「豆腐麹の唐揚げ」770円
「腐乳」を使った中国や台湾ではおなじみの唐揚げ。
鶏肉がしっとりやわらかく、ジューシーな仕上がりに。

「豆腐麹の唐揚げ」


■「豆腐白湯・塩」990円
数種の鶏の部位をブレンドしたコラーゲンたっぷりの濃厚な鶏白湯スープに、くずし豆腐と干豆腐。
挽肉と青ネギ、たっぷりの胡麻が風味豊かに。干豆腐はまるでラーメン!
別添えのレモンと青唐辛子で味変しても。

「豆腐白湯・塩」
「豆腐白湯・塩」2


■「豆腐めし」550円
ご飯茶碗の上には煮汁しみしみの豆腐がどーんと。
ちょっと固めに炊き上げたご飯の甘味とのバランスも◎

『豆富食堂』の「豆腐めし」


ドリンクは、ナチュラルワイン(スパークリング、赤・オレンジ・白)をはじめ、「豆乳割」や「茶割」など酒場らしい品揃え。
もちろん、「搾りたて豆乳」(プレーン・白ゴマ・黒ゴマ)も味わえます。

ナチュラルワイン
「豆乳割」


また、甘味は「豆腐アイス」「豆花」「豆腐みたらし団子」などをラインアップ。

「豆腐アイス」
「豆腐みたらし団子」


持ち帰りメニューは、「木綿豆腐」「おぼろ豆腐」「三角揚げ」「豆花」など。
ショップは12時からオープン予定です。

ショップ
テイクアウト


また、1月からスタートするランチでは「豆腐白湯」や「豆腐御膳」などを予定。
将来的には、朝食メニューの提供や、オンラインショップでの販売、工房でのワークショップなども検討しているというから楽しみ。街づくりの一環を担っています。

「豆腐だから、ヘルシーだから」という理由での来店ももちろんですが、「美味しいし、楽しいから」という、くつろぎの酒場としての選択肢がぴったりの一軒。

昔懐かしい手づくり豆腐を味わうことで、知らず知らずのうちに日本の食文化を守り続けることにもつながります。一過性でない、長く愛されそうなお店が恵比寿に誕生しました。

店名豆富食堂
住所東京都渋谷区恵比寿西1-3-1
電話番号03-6455-2516
営業時間イートイン 17:00~23:00(L.O.22:00、ドリンク22:30)/ショップ 12:00~ ※売切次第終了
オフィシャルサイトhttps://tofushokudo.com/
Instagramhttps://www.instagram.com/tofu_shokudo/



情報は2021年12月3日現在のものです。

更新

エリアから記事を探す

東京都心

東京その他

神奈川

関西・東海

その他

料理ジャンルから探す

利用シーンで探す

美味ごはん記事一覧へ>>