《実食!》ブルックリン発『egg』日本1号店 4/21オープン! おいしいブレックファーストでゆったりと過ごす朝を | 美味案内

美味案内へ

胃ブクロ日記

美味案内を運営するジョルダン社員が「食」を楽しむプロジェクトの一環として実施しているブログです。

2017年4月19日更新

《実食!》ブルックリン発『egg』日本1号店 4/21オープン! おいしいブレックファーストでゆったりと過ごす朝を

5-1
Bryan Gardner

日本人の朝はまだまだ慌しい。

2007年に日本初上陸した『bills』をはじめ、少しずつブレックファーストを重視した飲食店は増えてきました。しかし、ウィークデーには、ファストフードやファミレスのモーニング、コンビニで済ませる人たちが多いのが現実。せめて、週に1度はゆっくりと朝食を楽しみたいものです。

4月21日(金)に、アメリカ・ニューヨーク州のブルックリンの人気店『egg』の日本1号店が東京・池袋にオープン。アメリカ南部スタイルの伝統的なブレックファーストメニューとブランチメニューを提供するオールデイブレックファーストのカフェレストランで、海外1号店でもあります。

5-2
Bryan Gardner

コンセプトは、“品質にこだわった食材を責任をもって美味しく調理して提供する”。オーナーのジョージ・ウェルド氏は、いま日本でも注目されている“Farm-to-Table”のパイオニアのひとり。

5-3

自然食品の仕組みを知るために、自らなんと150種以上の野菜を栽培。また、レストランで使う食材のほとんどは地元の農園から仕入れたフレッシュなものばかり。生産者との絆を深め、地域に根付いたお店となることで、近隣のコミュニティを支える役割も果たしているそうです。2005年のオープン以来、培ってきた経験を日本にも広めるべく、本店のシェフと共同開発したメニューを提供します。

店名にも掲げている卵は、広島から取り寄せた平飼い有精卵。ほかにも、トマトはアメリカの自家農園から取り寄せ、ケールや青野菜は国産。ウェルド氏とシェフは東京に来てからもファーマーズマーケットなどを巡り、日本の良い食材にもたくさん出合えたそう。今後のメニューに取り入れられるかも。

5-4


お店の場所は『ホテルメトロポリタン』近く、意外なほど閑静な一角にある『としま産業振興プラザIKE・Biz』の1階。シンプルモダンなダークネイビーの外壁とは打って変わって、店内は白を貴重に、ナチュラルウッドの家具でまとめた清潔感あふれる空間。窓の外のまばゆい陽光と店内のグリーンが映えます。

5-55-6

テーブルクロスはなんと白い紙! 卓上においてあるクレヨンを使って、自由にお絵かきができるのです。遊び心たっぷり! 子どもはもちろん、大人も童心に返って過ごせそう。

5-7

今回、試食させていただいたのはコチラ。
オーガニックグリッツ&スクランブルエッグ」に「ケールと季節の青野菜のソテー」と「自家製ポークソーセージ」「グリルトマト」、そして「フレンチトースト」。

5-8

日本人にはあまりなじみのない「グリッツ」とは、アメリカ南部の主食で、粗挽きのトウモロコシ粉で作るおかゆのようなもの。サウスカロライナ州アンソンミルズ社の製品を使用しています。濃厚な旨味のトマト、スパイスがきいたポークソーセージ、しっかりした味わいのケールなど、どれも身体の中から元気にしてくれそうです。

搾りたての「フレッシュジュース(オレンジ)」、アメリカの伝統的な飲み物「アップルサイダー」、有機栽培豆を使った「オリジナルブレンド」など、ドリンクにもこだわっています。

5-95-10


朝8時半からのブレックファーストメニューでは、

■「エッグ ロスコ」 1800円

5-11

『egg』の看板料理。サクッと焼き上げたブリオッシュの真ん中にとろとろの卵、そして上にのせたホワイトチェダーチーズが絡む一品。サイドディッシュは、「ケールと季節の青野菜ソテー、自家製ポークソーセージ、キャンディーベーコン、グリルベーコン」から選べます。

■「フレンチトースト」 1500円

5-12
 
平飼い有精卵とたっぷりの生クリームにバニラエクストラクトを加えたアパレイユに浸した自家製ブリオッシュ。こんがりと焼き上げ、中はしっとり、外はカリッと香ばしく仕上げています。バターやピュアメープルシロップをお好みで。

ほかにも「ビスケット&グレイビー」「ホワイトチェダーチーズ入りオムレツ」「パンケーキ」「自家製グラノーラ」などを用意。

さらに11時半以降のブランチメニューには、「ハンバーガー」や「チキンカツレツサンド」「グリルチーズ サンドイッチ」「カロライナケール」などをラインアップ。アルコールとも楽しめる「フライドチキン」や「スパイスピーカンナッツ」といったサイドディッシュも充実しています。

ジョージ・ウェルド氏は、「朝食ぐらいはゆっくりと時間をかけてリッチに食べてほしい」という思いを、この東京店にも込めています。休日や出勤前にちょっと立ち寄ってみてはいかがですか。


店名egg
住所東京都豊島区西池袋2-37-4 としま産業振興プラザIKE・Biz
電話番号03-6811-1162
営業時間8:00~21:00(L.O.20:30)
定休日不定休
オフィシャルサイトhttp://www.eggrestaurant.com/japan/

>>胃ブクロ日記TOPへ戻る

新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.