女性ひとりでも気軽に楽しめる! ラム肉がメインの町中華
東京ひつじ食堂』オープン!

仕事帰り、ひとりで飲み屋に立ち寄って、肉料理を食べながらビールをグビグビ。疲れたカラダには、ガッツリ系の肉料理とアルコールがたまりません!

…とは思いながらも、実際には「行きたいけど、女性にとってはハードルが高くて…」という人が多いのでは。しかも肉料理のメニューは、基本的にボリューミー。カロリーだって気になりますよね。

そんな女性にぴったりのお店が、4/23(金)に誕生します。店名は『東京ひつじ食堂』。その名の通り、ラム肉をメインに楽しめるお店です。

場所は、学芸大学駅から徒歩2分ほどのところ。駅から続く商店街の途中にあります。どこか懐かしい印象を受ける街並みも魅力的です。

店内には、オープンキッチンの見えるカウンター席のほかに、テーブル席も完備。おひとりさまから、友人との会食まで、女性でも気兼ねなく食事を楽しめる雰囲気がうれしいです。

女性ひとりでも気軽に楽しめる! ラム肉がメインの町中華 『東京ひつじ食堂』オープン!

コンセプトは「ラムを楽しむ“個性的”な町中華」。ラム肉でアレンジした中華料理を用意。女性がひとりでも気軽に楽しめるメニューをラインアップします。

もともとラム肉は、高たんぱく・低脂質・低カロリーの食材としても有名です。脂肪をエネルギーに変えるLカルニチンを豊富に含み、糖質の代謝を助けるビタミンB1もたっぷり。

さらに、鉄分はホウレン草の約3倍。タンパク質は大豆の約2倍。亜鉛や鉄分、銅といった普段の食事で不足しがちなミネラル分も多いので、貧血予防にも効果が期待できます。

しかもラム肉の脂は、体内で吸収されづらいので、ダイエット中の人にも安心です。


■「白ひつじ塩そば」(980円)

ラーメンのベースは、じっくり煮込んだ滋味あふれる羊骨スープ。見た目とは違い、濃い目にしているスープが、カラダの中にじっくりと染みわたります。

低温でしっとり仕上げたラム肉チャーシューも味わい深いひと品。羊の香りを楽しめるよう、全体を濃厚な仕上がりにしているので、ごはんとの相性も抜群。お腹に余裕があったら、ぜひ一緒にどうぞ。


■「黒ひつじ担々麺」(1,080円)

女性ひとりでも気軽に楽しめる! ラム肉がメインの町中華 『東京ひつじ食堂』オープン!

濃厚で芳醇なスープが自慢のひと品。さらに、それに負けないラムの肉味噌と黒胡麻ラー油のしびれる辛味が、食欲をそそる味わいです。

また麺は、国産小麦でつくったオリジナル。「春よ恋」をメインに、北海道産と長野産の小麦をブレンド。石臼挽きにすることで少し赤身がかった色合いも特徴。香り・甘味・弾力と、食感にこだわった麺です。


■「赤ひつじ麻辣麺」(980円)

女性ひとりでも気軽に楽しめる! ラム肉がメインの町中華 『東京ひつじ食堂』オープン!

「火鍋」を連想させる旨辛スープと、平打ち麺のコンビネーションが抜群のひと品。スパイシーな辛さがクセになります。

テンションを上げたいときのランチはもちろん、ディナータイムの食事としても、お酒を飲んだ後の締めとしても、いろいろなシーンで味わいたい一杯です。


■「ラムチョップ(トッピング用/塩)」(500円)

「ラムチョップ(トッピング用/塩)」も用意。麺料理にプラスオンするだけで、ちょっと贅沢なラーメンになります。

なお「ラムチョップ」は、単品メニューとして「塩」「タレ」「自家製スパイス」の3種類(各種600円)をラインアップ。お酒と合わせて味わいたい、もうひとつの看板メニューです。

女性ひとりでも気軽に楽しめる! ラム肉がメインの町中華 『東京ひつじ食堂』オープン!



そのほかにも、羊のメニューは盛りだくさん。町中華らしい「焼き餃子」「炒飯」といった定番を抑えつつ、「よだれ羊」「魯肉飯(ルーローハン)」など、さまざまな料理をそろえています。

しかも、どれもが1,000円以下なので、とってもリーズナブル。女性ひとりでも安心して食事ができます。

女性ひとりでも気軽に楽しめる! ラム肉がメインの町中華 『東京ひつじ食堂』オープン!



なお、アルコールも、さまざま用意。「レモンサワー」「グラスワイン」をはじめ、「紹興酒ハイボール」「杏仁のお酒」と、食事のお供として楽しめます。

女性ひとりでも気軽に楽しめる! ラム肉がメインの町中華 『東京ひつじ食堂』オープン!



ちなみに、今回オープンする『東京ひつじ食堂』は、渋谷と原宿にある『東京たらこスパゲティ』の姉妹店。お店のコンセプトも同じく「頑張る女性を応援する全力飯」です。

女性の「ちょい飲み」から「ガッツリ食事&飲み」に、絶対おすすめの『東京ひつじ食堂』。これまで「ありそうで無かった」女性にぴったりの新店です。

ひとりでも、女性同士でも、仕事帰りに、気軽に立ち寄ってみてはどうでしょう。もちろん男性だって大丈夫ですよ。

女性ひとりでも気軽に楽しめる! ラム肉がメインの町中華 『東京ひつじ食堂』オープン!



店名東京ひつじ食堂 学芸大学店
電話03-5720-8610
住所東京都目黒区鷹番2-16-18 Kビルディング1F
営業時間11:00~23:00
※まん延防止等重点措置期間中は「11:00~20:00」
公式サイトhttps://www.arclandservice.co.jp/tokyohitsuji/

更新

こちらの記事もおすすめ

エリアで探す

料理ジャンルで探す

利用シーンで探す

グルメニュース

美味ごはんTOPへ>>