morninglogo
morninglogo

表参道屈指の人気オールデイカフェ『crisscross』
都会のオアシスで楽しむ癒しのモーニング

朝から晩まで過ごせるオールデイカフェ『crisscross(クリスクロス)』。
某口コミサイトでも百名店に選出されている、表参道でも屈指の人気を誇るカフェ。そんな知る人ぞ知る名店のモーニングを、今回はクローズアップしたいと思います!

表参道のハイセンスなエッセンスと、マイナスイオン漂う空気が合わさった、オンリーワンな空間

「crisscross」の外観

表参道駅出て直ぐの「スパイラルホール」の裏手にあり、東京メトロ表参道駅から徒歩で約1~2分程で着く、抜群の好立地にある同店。

パン屋、レストラン、そしてこちらのカフェの3業態が集まるエリアで、まさに食のプチ商業施設です。

緑のある公園のようなカフェと美味しいパン。子供連れやペット連れも多いこの表参道・青山エリアで、近所の住民がゆっくりできる空間を目指して作られた場所。

奥のレストランは非日常的な都会のリゾートのような空間で、手前に位置するこのカフェは、地元の人が日常的に使うスペースをイメージして作られています。テラスが開放的なオールデイカフェは、表参道ワーカーの出勤前や勤務中、表参道散策、休日の表参道ショッピング前、あらゆるシチュエーションでふらりと立ち寄れる、大都会表参道の中のオアシスのような存在。

「crisscross」のテラス席

パンとコーヒーでゆっくり始めるモーニングタイム。そして木漏れ日のもと、フレッシュなサラダやサンドイッチを食べながら、大通りの喧騒から逃れてゆっくり愉しむランチタイム。自社製造・直送のクラフトビールを飲みながら、仕事仲間と触れ合う夕暮れ時。『crisscross(クリスクロス)』は、とりわけホッとひと息つけ、終日楽しめる憩いの場を提供してくれます。

路地裏の隠れ家のような場所にありながら、独特のオーラとグリーンが視界に飛び込んでくる、外国にいるかのような世界観をひときわ放っている『crisscross(クリスクロス)』。

心安らぐライフスタイルを体現すべく、緑あふれるデッキ張りのテラス席には、真ん中にシンボルツリーとしてクスノキが植えられています。クスノキを囲むテラス席はまるで公園のよう。おひとりさまをはじめ、子連れやペット同伴でも、心地良さを常に提供してくれています。

「crisscross」の店内

店内は少し照明をあえて抑え、暖色の柔らかな光によって優しい空気を纏った雰囲気に。店内でも穏やかなモーニングタイムが楽しめる場所に仕上がっています。

「crisscross」のテラス席

『crisscross(クリスクロス)』といえば、テラス席なくして語れません。大都会表参道にいることを、つい忘れてしまうような緑溢れる開放的なテラス席は、ここの名スペースです。

広さもあり、前述にも述べた立派な大きさのクスノキがなんといっても特徴的。公園のようなイメージをつくり上げていることから、ベビーカー連れのママなどの子連れでも、気兼ねなくのんびり過ごせるのが嬉しいところ。子連れでも安心してモーニングが楽しめるお店があるというのは、表参道でもかなり貴重です。

身体も喜ぶ、優しさと極上の品質を兼ね備えたモーニングメニュー

「crisscross」の『クラシックバターミルクパンケーキソーセージフライドエッグ』

「バターミルクパンケーキ ソーセージ、フライドエッグ/1,400円」

空間だけでなく提供する料理にもひと際こだわり、自社製のコーヒーやクラフトビールを取り扱っています

8:00~10:45はモーニングの時間として、モーニングメニューを展開しています。

常に時代の先端を走る表参道。そんなイメージ通り、オ―ダーはスマートフォンで行うという、最先端のシステムを採用しているというから驚き!スマートフォンでQRコードを読み取ってからオーダー。無駄が少ない注文方法は実に画期的で、効率化を実現しています。

モーニングで最も人気の高い朝食メニューは「バターミルクパンケーキ ソーセージ、フライドエッグ」

バターミルクとは、バターをつくった後に残った液体のことで、生地にもアメリカのオーガニックウィートフラワーを使用しているというこだわりぶり。

ふんわりとした柔らか食感のなかに、しっとり感と、それに伴った程よい歯ごたえも含んだ生地。モーニングはパンケーキは2枚ですが、ランチタイムには3枚(ランチタイムは1750円)に。セットになった目玉焼きは贅沢に2個の卵を使用し、ナイフを入れるとトロっと溶け、絶妙な半熟感自家製のソーセージも添えて、シンプルでありながら飽きのこない一皿です。

軽やかで甘さが控えめなパンケーキは、クラシックな味わい。
ホイップバターとハチミツの甘さに、ソーセージの塩味を合わせると、甘さと塩気による禁断の魔のスパイラルに陥ります。

「crisscross」の「クラシックバターミルクパンケーキ」

「クラシックバターミルクパンケーキ/1,300円」

先程のバターミルクパンケーキをさらにシンプル化したモーニングメニュー。トラディッショナルな味わいは、どこか懐かしい気持ちにさせてくれる安心感のある美味しさ

「crisscross」の「クラシックバターミルクパンケーキ」

しっとりとした舌触りは、口に入れた瞬間、至極の美味しさで幸せな気持ちに満たしてくれます。

「crisscross」の「クラシックバターミルクパンケーキ」
「crisscross」の「マカダミアナッツのバターミルクパンケーキ バニラソース、ホイップクリーム」

「マカダミアナッツのバターミルクパンケーキ バニラソース、ホイップクリーム/1,650円」

「マカダミアナッツのバターミルクパンケーキ バニラソース、ホイップクリーム」は、これでもかとどっさりマカダミアナッツがふりかけられていて、インパクト抜群のビジュアルにまず驚くはず。

甘党派のモーニングなら、この上ないご褒美モーニングを演出してくれる一皿です。

「crisscross」の「ハブカのフレンチトースト、ラズベリーソースとバニラアイスクリーム」

「ハブカのフレンチトースト、ラズベリーソースとバニラアイスクリーム/1,550円」

「ハブカのフレンチトースト、ラズベリーソースとバニラアイスクリーム」も、スイーツ好きならオーダーに迷いそうな人気のモーニングメニュー。
温かいものと冷たいものの、相反する温度がまたいい具合に共鳴し合うモーニングプレート。

「crisscross」の「ウィークリースープ」

「ウィークリースープ/550円」

朝からそんなに食べられない、もっとライトなものを…という人にオススメのモーニングメニューが、「ウィークリースープ」

週替わりで用意されるスープは、隣接する『breadworks』のパンや自家製トーストと一緒に。心も体もほっこりする、寒い朝に食べたくなるモーニングメニューです。

「crisscross」の「自家製トースト」

「自家製トースト /550円」テイクアウト用

モーニングの定番「自家製トースト」は、プレーン、パンプキンバター、アーモンドバター、ベーコンジャムを用意。自家製のパンに自家製のジャムなど。シンプルでありながら、ここでも『crisscross』らしさを。

「自家製グラノーラ ギリシャヨーグルト/1,350円」※ 現在はバナナがドライフルーツに変更

ヘビーなモーニングが苦手な人には、こちらの「自家製グラノーラ ギリシャヨーグルト」もおすすめ。

セサミやナッツ、数種類のドライフルーツなどがたっぷり入った自家製のグラノーラは、それぞれの素材の異なる食感と味わいが楽しめ、ヘルスコンシャスなモーニングが完成。添えられたハチミツを好みでたっぷりかけ、見た目以上に食べ応えのあるモーニングメニューです。

そのほかヘルシー志向者に人気の高い「ケールとオルツォのヴィーガンサラダ、大豆ミート、リンゴ、ザクロ、カブ、ビーツ、黄色ニンジン、フライドごぼうとフレンチドレッシング/1,550円」も用意。
トッピングされたロースト野菜のカブや人参に加え、サクサクとした歯ごたえのゴボウチップもアクセントになった、満足感も感じられるモーニングサラダ。
罪悪感を感じることなく、最後まで楽しめるメニューです。(サラダはモーニングだけでなく、終日オーダー可能。)

「crisscross」のコーヒー

モーニングメニューを注文するとセットドリンクの用意もあり、300円~350円でオーダー可能!表参道という一等地でこの価格は、かなり庶民によりそった価格設定とあって嬉しいポイント。さらにはホットコーヒーとアイスティーはお代わり自由という情報にも注目です。

・コーヒー
・紅茶
・カフェオレ
・長野県産白桃ジュース
・長野県産りんごジュース・北海道産トマトジュース
・愛媛県産みかんジュース
・ミルク

「crisscross」のモーニングテイクアウト

モーニングといえど侮るなかれ。連日人気で直ぐ満席になる店内。朝8:00からテイクアウトもやっているので、万が一混雑時はモーニングメニューをテイクアウトし、自宅でお店の味を楽しむことができます。

人気の「クラシックバターミルクパンケーキ」も、テイクアウトスタイルでモーニングタイムから堪能できるのも必見です。そのほかランチタイムからは、フライドポテトがたっぷりついた、人気の「クラブハウスサンド」もテイクアウト可能です。

「crisscross」のモーニングテイクアウト

「クラブハウスサンド」

「crisscross」のモーニングテイクアウト
「crisscross」の「クラフトビール」

自社製造のクラフトビールも6種展開し、こちらもモーニング以外の時間帯でゆっくりと味わいたい名物ドリンク。

「crisscross」の「クラフトビール」

仕事帰りの一杯、休日、清々しいランチタイムからの一杯、いずれのシーンでも最高に美味しい一杯を提供してくれるはず。

「crisscross」の「クラフトビール」

平日も休日も、終日賑わいを見せ、客足が絶えないことから、人気ぶりが伺える『crisscross』。

表参道という非日常感漂うエリアでありながら、スタッフも気さくで笑顔に溢れ、その居心地の良さからついまた再訪したくなるような日常使いできるカフェ。人が集まる納得の理由が確かにここにはありました

フレッシュな空気の中で、一日のスタートにいただく『crisscross(クリスクロス)』のモーニング。最高峰の体験を朝から提供してくれ、表参道を訪れる際は覚えておきたい名店です。

店舗情報

店名 crisscross(クリスクロス)
住所 東京都港区南青山5-7-28
電話番号 03-6434-1266
アクセス ●東京メトロ 表参道駅 B3出口より徒歩2分
リンク
更新

朝活情報

【モーニングとセットで!表参道エリアの朝活情報】

静かな朝時間のお散歩コース

明治神宮

『crisscross』から少し歩きますが、パワースポットとしても有名な都会のオアシス「明治神宮」が近くに。
明治天皇と昭憲皇太后をお祀りしている神社で、初詣の参拝者数は日本一!原宿や表参道、渋谷などの新しい文化やファッションが楽しめるショッピングストリートの近くに位置していることもあって、外国人観光客も多く訪れるスポットです。

早朝の静かな時間帯の、森林に囲まれた広大な敷地でのお散歩。マイナスイオンを感じられ、癒されること間違いなしです。

外苑前銀杏並木

約300メートル続く有名ないちょう並木。合計146本植えられたいちょうをはじめ、春夏秋冬、年中通して四季折々の景色が楽しめる、言わずと知れた都内屈指の有名な通りでのお散歩もおすすめです。

遠くに左右対称の聖徳記念絵画館を望む光景は、絵画的で美しい!
モーニングの後、自然に癒されながらゆっくり過ごすと、心が浄化されそうです。

モーニング前の早朝ヨガ

ヨガスタジオイメージ

おしゃれ感度の高い表参道エリアならではの、朝ヨガを実施している施設も、多数見受けられますよ。
朝は6:30~実施している施設もあり。体験教室を行っているところもあるので、モーニング前にもおすすめです。

早朝からヨガ→モーニングと、これぞ「リア充」!

※ 公開している情報は、制作時の最新の情報を基に公開しています。
 リアルタイムの内容に関しては、各店舗へ事前にお問い合わせ及びご確認をお願い致します。
※ 情報に誤りがあった場合は、美味案内のお問合せ窓口までお知らせください。
morning(モーニング)は、朝ごはんを通じて、毎日を元気に充実して過ごすための情報を発信。「朝活」特集記事と共に、早起きしてでも行きたい絶品モーニングを楽しめるお店をどんどんご紹介していきます!
Presented by 美味案内
掲載内容は投稿当時の情報です。細心の注意を払って情報を掲載していますが、内容の正確性・最新性・信頼性等について、いかなる保証もするものではありません。ご自身の判断と責任において本ページをご利用ください。