ビストロから高級フレンチまで厳選 表参道のおすすめフレンチレストラン

【表参道のフレンチ】表参道で味わう極上フレンチ

話題のフレンチレストランが数多く存在する表参道。カジュアルなビストロやブラッセリーから、雰囲気抜群の一軒家レストラン、とっておきの日に訪れたい高級フレンチまで、お店のバリエーションも多彩。価格帯も幅広いので、女子会やデート、記念日までシーンに合わせて選んでみて。

北海道の自然の恵みを凝縮したフレンチを道産ワインとともに

1
Remerciements OKAMOTO
〔表参道〕

「ルメルシマン オカモト」の「ポロ葱のテリーヌ」

スペシャリテの「ポロ葱のテリーヌ」。ポロ葱のねっとりとした食感と甘味、レバーの旨味、ソースの酸味のバランスが見事

南青山の静かな住宅地に佇むフランス料理店『Remerciements OKAMOTO(ルメルシマン オカモト)』。

オーナーシェフは日本やフランスの名店で経験を積んだ岡本英樹氏。シェフの出身地である北海道から届く希少な食材を使ったフレンチを楽しめる。

エゾ鹿や子羊、エゾアワビといった食材をふんだんに使ったフレンチは、自然の恵みを凝縮したようなピュアで芳醇な味わい

なかでも、スペシャリテは「ポロ葱のテリーヌ」。濃厚でなめらかな地鶏のレバームース、甘くやさしいポロ葱のテリーヌに、3種類のビネガーで作るトリュフソースが絶妙に調和する。酸味を巧みに生かした料理に定評があり、別名“酸味の魔術師”とも呼ばれる岡本シェフならではの味を堪能できる一品。

「ルメルシマン オカモト」料理イメージ

北海道産の素材をふんだんに使ったフレンチ。野菜や肉一つひとつの香りや味わいを五感で堪能したい

ワインリストにはシェフが惚れ込んだ北海道産のワインも取り揃え、道内の人気ワイナリーの銘柄を厳選。道産食材を使ったフレンチにしっくり馴染み、料理の味を一層引き立ててくれる。

また、スイーツがおいしいことでも評判。ランチコースのワゴンサービスでは定番のプリンやガトーショコラを始め、8種類以上のケーキやアイスを好きなだけ味わえる。誕生日や記念日にはデザートプレートにメッセージを入れるサービスも可能。

店名の『ルメルシマン』とは「感謝」の意。岡本シェフの料理には、自然の恵みである食材と、それらを作る生産者、そして料理を味わうゲストへの気持ちが込められている。

「ルメルシマン オカモト」店内イメージ

モノトーンを基調にしたシックな店内。外観も気づかず通り過ぎそうなほど控えめな佇まい。隠れ家的な雰囲気も好感が持てる、大人のためのレストラン

店舗情報
ルメルシマン オカモト
Remerciements OKAMOTO
電話をかける
電話番号:03-6804-6703
フレンチ
東京都港区南青山3-6-7 b-town1F
東京メトロ 表参道駅 A4出口より徒歩6分
12,000円~15,000円(ランチ:6,000円~8,000円)

正統派フレンチをカジュアルに楽しめるコスパ抜群の一軒

2
aoyama bouchon amuser
〔表参道〕

「aoyama bouchon amuser」の「オマール海老のポワレ アメリケーヌソース」

「オマール海老のポワレ アメリケーヌソース」を始め、正統派フレンチを抜群のコスパで提供。肩肘張らない雰囲気で、本格フレンチとワインのマリアージュを楽しめる

表参道の骨董通り脇の路地に佇むフレンチレストラン『aoyama bouchon amuser(アオヤマ ブション アミュゼ)』。

Bouchon(ブション)」とはフランス・リヨンでは「大衆的な食堂(居酒屋)」、そして「Amuser(アミュゼ)」は「楽しませる」という意味。店名の通り、本格的なフレンチとワインのペアリングをカジュアルに楽しめる

名門ホテルで研鑽を積んだシェフによる料理は、フランス全土の郷土料理や古典フランス料理をベースに現代的にアレンジ。「オマール海老のポワレ アメリケーヌソース」「牛フィレ肉とフォアグラのポワレ 赤ワインソース」などの正統派フレンチを堪能できる。

「aoyama bouchon amuser」の「フォアグラと焼き鯖のSTAUBご飯」

名物の「フォアグラと焼き鯖のSTAUBご飯」。瀬戸内の魚介や愛知県の野菜など、独自のルートで取り揃えた産地直送の素材を使用

そして、リピート率No.1の名物メニューは「フォアグラと焼き鯖のSTAUBご飯」。ストウブ鍋で炊き上げたご飯の上にフォアグラと焼き鯖を乗せた、何とも豪華な締めご飯となっている。

フレンチに欠かせないワインも充実の品揃え。ソムリエコンクール受賞歴を誇るワインディレクターが、実際に世界各地のワイナリーを訪れて選んだ銘柄をラインアップ。ワインリストには、ここでしか飲めない珍しいワインが登場することも。

ランチコースは2000円前後から、ディナーは5000円前後からとリーズナブルな価格帯も魅力。白を基調としたシンプルで可愛らしい店内で、フレンチとワインのマリアージュを満喫したい。

「aoyama bouchon amuser」店内イメージ

店内はほどよくカジュアルでナチュラル感もありリラックスできる雰囲気。オープンキッチンのカウンター席もおすすめ

店舗情報
アオヤマ ブション アミュゼ
aoyama bouchon amuser
電話をかける
電話番号:03-6427-2630
フレンチ
東京都港区南青山5-9-8 五番館ビル2F
東京メトロ 表参道駅 B1・B3出口より徒歩3分
6,000円~8,000円(ランチ:2,000円~4,000円)

フレンチの巨匠アラン・デュカスが愛する本場のビストロの味

3
ビストロ BENOIT
〔表参道〕

「ビストロ BENOIT」の「ホロホロ鳥とキノコのパイ詰め“ヴォローヴァン”」

「ホロホロ鳥とキノコのパイ詰め“ヴォローヴァン”」

100 年にわたってパリで愛される老舗ビストロ『ブノワ』の名前とエスプリを受け継いだ、フレンチの巨匠アラン・デュカス氏の監修によるフレンチレストラン。

味わえるのは、パリの『ブノワ』同様、フランスで長年愛される定番のビストロ料理。基本的にプリフィクスコースでの提供となるので、王道のビスロトメニューから季節限定の一品まで、目移りしながら選ぶのも楽しい。

メニューに並ぶのは、たっぷりの野菜にフォアグラ、ベーコン、砂肝をあわせた「サラダ・ブノワ」や、ワインと相性抜群の「パテ・アン・クルート」など、ひと皿のポーションもたっぷりでボリューム満点。

「ビストロ BENOIT」料理イメージ

奇をてらわない安心感のあるビストロメニューは、フレンチ初心者を始め、いろいろなお店を食べ歩いた経験値の高い人も十分満足できるおいしさ。ほかにも、熱々のオニオングラタンスープやじっくり煮込んだ肉料理、香り豊かなブイヤベースといった名物料理が充実。

南青山のビル10階に位置する店内の家具や内装材は、すべてフランスから持ち込まれたもの。まさにパリのビストロで食事しているような、クラシカルで温かみのある空間も魅力。

「ビストロ BENOIT」店内イメージ

パリのシンボル・エッフェル塔の模型や花柄の壁紙などのインテリアが可愛らしい店内。アラン・デュカス自らフランスの蚤の市で選んだアンティークの小物も置かれている

店舗情報
ビストロ ブノワ
ビストロ BENOIT
電話をかける
電話番号:03-6419-4181
フレンチ
東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山10F
東京メトロ銀座線ほか 表参道駅 B2出口より徒歩3分
8,000円~10,000円 (ランチ:6,000円~8,000円)

美食の地・バスク地方の料理を楽しめるレストラン

4
ABASQUE Itsas eta Mendi
〔表参道・渋谷〕

「ABASQUE Itsas eta Mendi」の「バカラオのピルピル」

鱈の柔らかな食感と素朴な旨みが魅力の名物料理「バカラオのピルピル」。スペインやバスク地方の保存食「バカラオ」を塩抜きし、低温のオリーブオイルでじっくり加熱する

フランスとスペインの国境にまたがる世界屈指の美食の地・バスク地方の料理を楽しめるレストラン

ピレネー山脈に位置し大西洋に面したバスク地方は山海の食材の宝庫。約6年にわたりヨーロッパ各地で経験を積んだ柴田シェフが、バスクの郷土料理をベースに東京のセンスを盛り込んだ新しいスタイルで提案。

まず味わいたいのは、バスク地方の定番郷土料理「若鶏のバスク風煮込み」や、塩鱈の天日干し「バカラオ」をオリーブオイルで煮込んだ「バカラオのピルピル」。フレンチやスパニッシュとも異なるバスク独自の食文化を体感したい。

「ABASQUE Itsas eta Mendi」の「海の幸のアロス」

バスク版雑炊ともいえる米料理「海の幸のアロス サフラン風味」。魚介の旨味がご飯に染みた締めにぴったりな一品

土日限定のランチコースは肉料理と魚料理のWメインで4000円以下とかなりコストパフォーマンス大。バスク料理を味わってみたいという人にもぴったりなお値打ちな内容。

毎月のおまかせコースは、少しずついろいろな料理を味わえるデギュスタシオンスタイルで提供。もちろんアラカルトでの注文も可能。

また、日本では入手が困難なバスクのワインが豊富に揃うのも魅力。シニアソムリエが厳選したバスクのワインとのペアリングを堪能したい。

白と茶で統一されたシンプルな店内は18席とこぢんまりした空間が心地よく、落ち着いた雰囲気。テーブル席のほか、半オープンのキッチンに面したカウンター席もおすすめ。

「ABASQUE Itsas eta Mendi」店内イメージ

余分な装飾のないシンプルな店内。渋谷と表参道の中間くらいの場所にある落ち着いたロケーション

店舗情報
アバスク イチャス エタ メンディ
ABASQUE Itsas eta Mendi
電話をかける
電話番号:03-5468-8908
フレンチ
東京都渋谷区渋谷2-12-11 松下ビル1F
JRほか 渋谷駅 15番出口より徒歩7分
東京メトロ 表参道駅 B1出口より徒歩9分
10,000円~12,000円(ランチ:4,000円~6,000円)

シェフのセンスに感性を刺激されるモダンカジュアルフレンチ

5
Bistro plein OMOTESANDO
〔表参道〕

「Bistro plein OMOTESANDO」の「溢れる有機野菜のパフェ」

フォトジェニックな見た目に目を奪われる「溢れる有機野菜のパフェ」。素材のパワーが詰まった有機野菜をたっぷり味わいたい

お腹も心もいっぱいに。」がコンセプトのフレンチレストラン『Bistro plein OMOTESANDO(ビストロ プラン オモテサンドウ)』。

数々の星付きレストランで研鑽を積んだシェフやソムリエ、パティシエが常駐し、生産者の顔が見えるとっておきの素材をビストロらしく豪快に、かつ繊細に仕上げた料理が自慢。

まず味わいたい前菜は「溢れる有機野菜のパフェ」。神奈川県秦野市の提携農家から届く完全有機野菜をグラスに盛り合わせた、彩り豊かな一品。カラフルな野菜のパフェは見た目も楽しく、気分も一気に華やぎそう。

「Bistro plein OMOTESANDO」の「本日の厳選肉 食べ比べ」

「本日の厳選肉 食べ比べ」など、シェフの独創的なアイディアを体現したユニークな料理が魅力

メインディッシュには、北海道のハンター直送の蝦夷鹿などを味わえる「本日の厳選肉 食べ比べ」や、「3種の海老出汁の濃厚ブイヤベース」などの名物メニューを堪能。締めにはブイヤベースの出汁で炊き上げる「一等級米のリゾット」まで、フレンチの枠にとらわれないシェフのアイデアを散りばめた、独創的な料理を楽しめる。

“お家ビストロ”がテーマの店内は、木の温もりがあふれ、家具やインテリアのセンスが光る心地よい空間。フォーマルでも日常的でもない「ちょっといい日」を演出してくれる、いろいろなシーンで重宝しそうな一軒。

「Bistro plein OMOTESANDO」店内イメージ

アットホームながら、シンプルで清潔感のある店内。ほどよくカジュアルな雰囲気はデートや女子会にもぴったり

店舗情報
ビストロ プラン オモテサンドウ
Bistro plein OMOTESANDO
電話をかける
電話番号:03-6452-6077
フレンチ
東京都港区南青山6-3-13 サーラ南青山B1F
東京メトロ 表参道駅 B3出口より徒歩7分
8,000円~10,000円

特別な日にぴったりな王道フレンチとシャンパンで至福の時間を

6
restaurant REIMS YANAGIDATE
〔表参道〕

「レストラン・ランス・ヤナギダテ」料理イメージ

繊細で華やかなフレンチはデートや記念日にぴったり。伝統的なフレンチの技法をベースに独自のセンスを散りばめた料理は安定のおいしさ

日本のフランス料理界で長いキャリアを持つ柳舘功シェフのレストラン『restaurant REIMS YANAGIDATE(レストラン・ランス・ヤナギダテ)』。

季節の花が飾られた一軒家の邸宅で味わえる独創的なフレンチには、フォアグラ、トリュフ、キャビアなどの高級食材が目白押し。アミューズ、前菜、メインディッシュ、デザートまで、シェフのオリジナリティあふれるスペシャリテを堪能できる。

食事は基本的にコースでの提供となり、平日限定のランチは4000円前後から、ディナーは9000円から用意。正統派フレンチならではの繊細で上品な味わいとエレガントな空間は、誕生日や記念日など特別な日にぴったり。

「レストラン・ランス・ヤナギダテ」料理イメージ

トリュフなどの高級食材もふんだんに取り入れた高級感あふれるフレンチが魅力。厳選されたシャンパンとともに味わいたい

華やかなフレンチと一緒に味わいたいのは、店内のカーヴに取り揃えた極上のシャンパン。店名に掲げている「ランス」は、シェフ・柳舘氏がフランスで修業したシャンパーニュ地方の都市名で、シャンパンの一大生産地として知られている。

白を基調にまとめられた店内は、料理はもちろん、器やカトラリーが主役になるようにとシンプルかつエレガントな空間。ゆったりと流れる時間の中で、極上のフレンチを味わいたい。

「レストラン・ランス・ヤナギダテ」店内イメージ

表参道で20年以上にわたり愛されるフレンチの名店。2階にはプライベート感を保てる個室があり、少人数での会食にも最適

店舗情報
レストラン ランス ヤナギダテ
restaurant REIMS YANAGIDATE
電話をかける
電話番号:03-3407-3538
フレンチ
東京都港区北青山3-10-13
東京メトロ銀座線ほか 表参道駅 B2出口よりすぐ
12,000円~15,000円(ランチ:5,000円~6,000円)

京都を思わせる空間で味わう新感覚のフレンチ

7
クラシカ表参道
〔表参道〕

「クラシカ表参道」の「フォアグラのコンフィ 奈良漬け巻き南国フルーツソース」

スペシャリテの「フォアグラのコンフィ 奈良漬け巻き南国フルーツソース」。フォアグラと奈良漬けの深い味わいを爽やかなソースが引き立てる逸品

京都『RYORIYA STEPHAN PANTEL』のオーナーシェフである、ステファン・パンテル氏が監修を務めるフレンチレストラン

日本の四季の食材を使ったフレンチは、シェフのインスピレーションから生まれる繊細で独創的な味わい。ジャンルにとらわれない斬新な素材使いや美しい盛り付けが、食べ手の感性を心地よく刺激してくれる。

まず味わいたいスペシャリテは、前菜の「フォアグラのコンフィ 奈良漬け巻き南国フルーツソース」。2年の年月をかけて作る奈良漬の旨味、しっとりクリーミーなフォアグラの味わい、香り豊かな南国フルーツのソースが絶妙に調和し、シェフのセンスが見事に表現されている。

「クラシカ表参道」料理イメージ

誕生日など記念日のサプライズにも相談に乗ってくれるので気軽に相談したい

ランチタイムのコースは4000円前後とリーズナブル。前菜、スープ、メイン、デザートまでしっかり堪能できるので、ちょっと贅沢なランチにおすすめ。

また、ウエディングで利用されるフレンチレストランだけあり、ゲストの希望を叶えるきめ細かなサービスも充実。誕生日や結婚記念日などの特別な日を「記念日コンシェルジュ」がサポートしてくれる。

京都の建築デザイナー福本祐樹氏を迎え「和モダン」をコンセプトとした空間は、まるで京都に小旅行しているかのような非日常感。クラシカルな木の温もりあふれるダイニング席で、ゆったりとした時間を過ごしたい。

「クラシカ表参道」店内イメージ

表参道駅から徒歩2分、木の質感が温もりを感じるナチュラルで落ち着いた空間。極上のフレンチを味わうのにぴったりな一軒

店舗情報
クラシカ オモテサンドウ
クラシカ表参道
電話をかける
電話番号:03-6418-1212
フレンチ
東京都渋谷区神宮前5-51-1
東京メトロ銀座線ほか 表参道駅 B2出口より徒歩2分
10,000円~12,000円(ランチ:5,000円~8,000円)

豪華シーフードたっぷりのフレンチを抜群のコスパで堪能

8
CILQ
〔表参道〕

「CILQ」の「フレッシュキャビアのパフェ」

「フレッシュキャビアのパフェ」など、高級魚介をふんだんに使ったメニューが充実

シーフードをふんだんに使ったフレンチが自慢の骨董通りの路地に佇むレストラン『CILQ』。

一番の魅力は、タラバ蟹やオマールロブスター、キャビアといった豪華なシーフードを惜しげもなく使ったフレンチ。グループ会社の高級魚貝商社が直輸入する食材を使うため、抜群のコスパで味わえる。

スペシャリテには「フレッシュキャビアのパフェ」「天使の海老のロースト」「生雲丹の冷製カッペリーニ」など、魚介好きにはたまらないメニューが目白押し。上質なシーフードのプリプリの食感やジューシーな旨味を思い切り堪能したい。

「CILQ」の「生雲丹の冷製カッペリーニ」

スペシャリテのひとつ「生雲丹の冷製カッペリーニ」。生ウニの濃厚な旨みが口いっぱいに広がる至福のひと皿

また、フレンチに和のエッセンスを融合させた調理法も特長。バターや生クリームを極力使わず、全コースに30種類以上の野菜を使用している。素材の味わいを生かしたヘルシーなフレンチは日本人の味覚に親しみやすく、こってり重たいフレンチが苦手という人にもおすすめ。

シーフードランチコース」は3000円前後からとリーズナブル。ディナーコースも6000円前後から15000円のスペシャルコースまで揃うので、シーンに合わせて利用できる。料理に合わせたグラスワインをハーフサイズで味わえるペアリングも利用できるので、ぜひ料理とワインのマリアージュを堪能したい。

「CILQ」店内イメージ

落ち着いた雰囲気ながらオープンキッチンの活気も感じられる店内。冷暖房の風が直接当たらないよう全席設計されるなど、細やかなサービスが行き届いている

店舗情報
シルク
CILQ
電話をかける
電話番号:03-6418-1199
フレンチ
東京都港区南青山5-16-5 MA FIVE 1F
東京メトロ銀座線ほか 表参道駅 B1出口より徒歩6分
8,000円~10,000円(ランチ:4,000円~6,000円)

ヘルシーな素材で季節の味を紡ぐ「旨味」にフォーカスしたフレンチ

9
Lounge 1908
〔表参道〕

「Lounge 1908」料理イメージ

ニュージーランドの牧草牛など、厳選した素材を独自の解釈で表現したフレンチが特長

日本人によって1908年に発見された味覚「旨味」にフォーカスしたフレンチレストラン『Lounge 1908』

ホテルラウンジのような洗練された空間で味わえるのは、フレンチやイタリアンの技法に和のセンスを盛り込んだ料理。無農薬にこだわった野菜や、牧草を食べて育った「牧草牛」といったヘルシーな素材を使ったメニューを味わえる。

おすすめは、メインディッシュの肉料理を選べる「旨味コース」。選べる肉料理は「ニュージーランド産牧草牛のロースト」や「フランス産シャラン鴨のロースト」などを用意。ランチのプリフィクスコースも3500円からとお値打ち。

「Lounge 1908」料理イメージ

アートのような斬新な盛り付けも魅力。シェフの感性が光るモダンフレンチを堪能したい

料理に合わせてセレクトするワインはフランス産が中心。ほかにもイタリアやニューワールド系まで世界各国のワインを用意。

グレーを基調に古材や大理石を用いた店内はスタイリッシュでありつつ、随所に飾られた花や緑が柔らかな雰囲気を演出。1階はオープンエアーなテラス席で開放感抜群、2階のダイニングにはカウンターやテーブル席、ゆったり寛げるソファー席などもあるので、シーンに応じて使い分けられるのも魅力。

「Lounge 1908」店内イメージ

ホテルラウンジのようにラグジュアリーな店内。昼は明るく夜はムーディに、時間帯によって異なる表情で迎えてくれる

店舗情報
ラウンジ イチキューゼロハチ
Lounge 1908
電話をかける
電話番号:050-3155-5947
フレンチ
東京都港区南青山5-8-10 萬楽庵ビルII
東京メトロ 表参道駅 B1出口より徒歩3分、または B3出口より徒歩4分
8,000円~10,000円(ランチ:4,000円~5,000円)

佐渡島の食材を使ったフレンチとクラフトビールを楽しめるお店

10
brasserie TOURS
〔表参道〕

「brasserie TOURS」の「前菜の盛り合わせ」

食事のスタートにぴったりな「前菜の盛り合わせ」。シェフが手間暇かけたフレンチをリーズナブルに味わえる

表参道駅からすぐの路地に佇むカジュアルフレンチのお店『brasserie TOURS(ブラッセリー トゥール)』。

自慢は佐渡島出身のシェフが新潟の食材をふんだんに使ったフレンチ。有機野菜農家から届く野菜や、佐渡島の放牧環境で育てられる黒豚など、素材一つひとつを生かした丁寧な味わいが魅力

まず味わいたいのは「前菜の盛り合わせ」。日替わりテリーヌや自家製生ハムなどのシャルキュトリ、その日の前菜を少しずついろいろ楽しめるのがうれしい。

ほかにも「佐渡黒豚のステーキ」「牛ひき肉のレア焼きタルタル」といったボリューミーな肉料理やビストロメニューが充実。また、ランチタイムならこれらのメインディッシュを1000円台のセットで味わえ、かなりお値打ち。

「brasserie TOURS」の「佐渡黒豚のステーキ」

さっぱりとした脂と佐渡黒豚ならではの肉々しい旨味を味わえる「佐渡黒豚のステーキ」。分厚い豚ロースのステーキはクラフトビールと相性抜群

ボリューム満点のフレンチのお供には約30種のクラフトビールを用意。もともと「ブラッスリー」はビール醸造所を指す言葉で、フランスではビールを飲むお店として親しまれている。肩ひじ張らない雰囲気でフレンチとビールのペアリングを堪能したい

女子会にはソフトドリンク飲み放題の「アフタヌーンティーセット」も人気。手作りスイーツや野菜のセイボリーの盛り合わせを味わいながらゆっくりくつろげる。ウサギの看板が出迎えてくれる可愛らしい店内で、おいしいフレンチを満喫したい。

「brasserie TOURS」外観イメージ

店舗情報
ブラッセリー トゥール
brasserie TOURS
電話をかける
電話番号:03-6804-1345
フレンチ、ビストロ
東京都港区北青山3-5-19
銀座線 表参道駅 A3出口から徒歩1分
5,000円~6,000円(ランチ:2,000円~4,000円)
更新

エリアから記事を探す

東京都心

東京その他

神奈川

関西・東海

その他

料理ジャンルから探す

利用シーンで探す

美味ごはん記事一覧へ>>