【銀座でアフタヌーンティー】 優雅に過ごしたい銀座のアフタヌーンティー

女子の憧れ、アフタヌーンティー。
好きなだけ食べるスイーツブッフェとはまた違い、
ゆっくりと優雅な気分で、ケーキやセイボリー、お茶を楽しめます。
季節ごとにテーマがあるのも魅力的。

銀座ならではの一流ホテルのラウンジから
驚くほどコスパの高いカフェまで。

スイーツ男子もこぞって出かける、銀座のアフタヌーンティーをご紹介しましょう。

※掲載内容が一時的に変更している場合がございます。お出かけの際は店舗までご確認いただくことをおすすめします。

スイーツ女子の憧れ!超一流ホテルの優雅なアフタヌーンティー

1
ザ・ロビー(コンチネンタルダイニング)
〔銀座・日比谷〕

ブリティッシュアフタヌーンティー

1月31日までは「ブリティッシュアフタヌーンティー」

『東京でアフタヌーンティー』といえば、一度は訪れてみたいのが『ザ・ペニンシュラ東京』。ラグジュリーホテルだけあって、正面入り口から足を踏み入れると、日本の伝統的なモチーフを融合させた、華やかな空間が広がる。なかでもクリスタルボールが仕込まれたシャンデリアは、優美さの象徴。世界的デザイナー、橋本夕紀夫氏によるものだ。

『ザ・ロビー』では、さまざまなコンチネンタル料理を提供。パワーランチからディナーコースまで1日を通して楽しめる。

なんといっても人気は、フィンガーサンドイッチ、プチフール、スコーンが上品に盛られた「アフタヌーンティー」。『ザ・ペニンシュラ香港』の『ザ・ロビー』で提供している、優雅で気品のある「アフタヌーンティー」を東京・銀座でも楽しめる

ペニンシュラホテル東京『ザ・ロビー』のフロア

日本の様式美とシャンデリアを融合させた優美な空間

『アフタヌーンティー』のテーマはシーズンごとに替わる。1月31日までは「ブリティッシュアフタヌーンティー」を提供。クリスマスモチーフを取り入れた色とりどりのセイボリーやスイーツが並ぶ。

「スモークサーモンのアールグレイブレッドサンドイッチ」「ピスタチオを纏ったフォアグラとラムレーズン」など繊細なセイボリー6品のほか、スイーツは「レモンメレンゲタルト」「バニラと苺のバッテンバーグケーキ」など全6品。スコーンは「プレーン」と「レーズン」。

ドリンクは、コーヒーはもちろん、ペニンシュラオリジナルの紅茶や「アートオブティー」など、何杯でもおかわり自由な16種の紅茶・ハーブティーをラインアップ。優雅な午後のひとときを過ごしてみたい。

ペニンシュラホテル東京『ザ・ロビー』のフロア正面ペニンシュラホテル東京『ザ・ロビー』のフロア正面

エントランスから進むとクリスタルボールのシャンデリアが迎えてくれる。光の雨の中にいるよう

店舗情報
ザ・ロビー(コンチネンタルダイニング)
ザ・ロビー(コンチネンタルダイニング)
電話をかける
電話番号:03-6270-2888
アフタヌーンティー/銀座
東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京1F
東京メトロ日比谷線 「日比谷駅」A7出口より徒歩2分
JR各線「有楽町駅」日比谷口より徒歩2分
東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」C4出口より徒歩3分
アフタヌーンティー予算:8,000~10,000円

『銀座マキシム』の「苺のミルフィーユ」の楽しめる憧れのアフタヌーンティー

2
THE GRAND LOUNGE/THE GRAND GINZA
〔銀座・銀座シックス〕

苺のアフタヌーンティー「DRESS UP!」

『GINZA SIX』13階にある『THE GRAND GINZA』は、さまざまな目的で銀座に集まった大人たちが、思い思いに過ごせる銀座ならではの憩いの空間。

その一角にある『THE GRAND LOUNGE』では、優雅なランチやティータイム、フレンチのディナーコースなど、時間に応じて極上の味を堪能できる。なかでもティータイムの看板「アフタヌーンティー」は、ランチタイムからオーダーできるので、銀座のご褒美ランチとして過ごす人も多い

1月1日から4月30日までは毎年大好評の苺のアフタヌーンティーセット「苺のアフタヌーンティー「DRESS UP!」」を提供。まずは、アミューズから始まり、セイボリーは「サーモンのブション ローズマリーのアクセント」「鶏モモのバスク風 苺のシェリーマリネ」など。

『THE GRAND LOUNGE』の「苺のミルフィーユ」

『銀座マキシム』のレシピを再現した「苺のミルフィーユ」をハーフサイズで

スイーツは、「苺のベリーヌ ジュ・ドー」「苺のマフィン ルビーチョコのティアラと」などに加えて、あの『銀座マキシム』のレシピを再現した「苺のミルフィーユ」もハーフサイズでいただける。『銀座マキシム』を懐かしむマダムにはぴったり。

ドリンクは、好きなもの好きなだけお代わりできるカフェフリースタイル。紅茶はシンガポール発の世界屈指のラグジュアリーティーブランド『TWG』。『TWG』を代表するブレンドティー「1837 Black Tea」など全13種も用意。しかも、最大3時間も滞在できるので、久しぶりに会う友人との時間を過ごすのにも最適。銀座の真ん中の大人の空間で、ゆっくりくつろいで。

銀座に集まった大人たちが、銀座での時間を彩るためにつくられたラウンジ

店舗情報
ザ・グラン・ラウンジ
THE GRAND LOUNGE/THE GRAND GINZA
電話をかける
電話番号:03-6263-9740
アフタヌーンティー/銀座
東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 13F
東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線「銀座駅」より徒歩2分
東京メトロ日比谷線「東銀座駅」より徒歩4分
アフタヌーンティー予算:6,000~8,000円

銀座の一等地で優雅な気分でアフタヌーンティーを

3
鉄板焼き リストランテ ポルトファーロ
〔銀座〕

『ポルトファーロ』のアフタヌーンティー

銀座四丁目交差点近くという好立地にある『ポルトファーロ』は、イタリアで修業したシェフが腕を振るう鉄板焼イタリアン。本場仕込みのイタリアンのエッセンスを組み合わせた鉄板焼は、厳選した食材の旨味をぎゅっと閉じ込めて仕上げる。なかでも上質な特選和牛は柔らかな肉質と噛むごとに広がる豊かな風味が特徴。種類豊富なワインとともに堪能できるとあって、デートや接待、記念日使いなどで訪れる人が多い。

ビルの8階にあり、大きな窓の外には銀座のシンボル・『和光』の時計台を臨むことができる。店内は2フロアが吹き抜けになっていて、中央には螺旋階段のある優雅な空間。イタリアンらしいタイル模様のフロアやレンガ調の壁など、どこかほっとする温もりも感じさせる雰囲気なので、リラックスして食事を楽しめる。

『ポルトファーロ』のアフタヌーンティー「セイボリー」

高級感に満ちた鉄板焼店でありながら、14時半から16時半までは「アフタヌーンティー」を提供中。デザイン性のある3段のティースタンドにはスイーツを、そのほかセイボリーやスコーン、季節のスープなど盛り沢山の内容。ドリンクはカフェフリーで、ダージリン、アールグレイ、アッサムなどの紅茶やコーヒーを好きなだけ楽しめる。それでいて3,800円というコスパの高さも人気の理由

ウェルカムドリンクのスパークリングを味わえば、非日常を感じられるとっておきのアフタヌーンティータイムが待っている。

『ポルトファーロ』の店内

店舗情報
テッパンヤキ リストランテ ポルトファーロ
鉄板焼き リストランテ ポルトファーロ
電話をかける
電話番号:03-6837-5592
アフタヌーンティー/銀座
東京都中央区銀座5-7-19 銀座フォリービル8F
東京メトロ各線「銀座駅」A1出口より徒歩1分
JR各線「有楽町駅」銀座口より徒歩5分
アフタヌーンティー予算:5,500~6,600円

本格的な「日本茶」を楽しめるアフタヌーンティー

4
HIGASHIYA GINZA
〔銀座〕

和アフタヌーンティー

美しい和菓子、いなり寿司などを和素材の盆のティースタンドで提供

季節のテーマで「抹茶」のアフタフーンティーを提供する店は少なくないが、きちんとした「日本茶」を楽しめるアフタヌーンティーは意外と珍しい。現代の“日本のティーサロン”をコンセプトに30種以上ものお茶をはじめ、四季折々の食材を使った季節膳を味わえる『HIGASHIYA GINZA』ならではのアフタヌーンティーはとても貴重。

ポーラ銀座ビルの2階に上がると、真っ白で大きな暖簾が出迎えてくれ、背筋がすっと伸びる思い。壁に職人たちのオリジナルの器を飾るなど、日本伝統の美をモダンに取り入れた店内。40席ほどの茶房があり、ここでは時間の流れも違うような気さえする。

『HIGASHIYA GINZA』の日本茶

定番から季節のお茶まで2種のお茶を選べる

「アフタヌーンティー」は、繊細な和菓子やいなり寿司などが並ぶ、和の内容「茶間食(さまじき)」(5,500円)。ティーセットも和素材のお盆を重ねたデザインで、伝統工芸に美しさが際立つ。内容は、「いなり寿司」のほか「胡麻豆腐」「玉子焼き」といった逸品に、日々の果子を提案する和菓子店『HIGASHIYA』ならではの生菓子、羊羹、カステラなどの美しい和菓子たち

飲み物は約30種ものお茶から2種をセレクトできる。抹茶、煎茶、番茶からフルーツティーまで充実のラインアップ。スタッフの丁寧な説明や心遣いも人気の理由。日本文化の奥深さを再発見してみたい。

『HIGASHIYA GINZA』の店内

日本の伝統文化を随所に織り交ぜてモダンにまとめた空間

店舗情報
ヒガシヤ ギンザ
HIGASHIYA GINZA
電話をかける
電話番号:03-3538-3240
アフタヌーンティー/銀座
東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル2F
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」7番出口より徒歩1分
東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」より徒歩3分
アフタヌーンティー予算:5,500円

アルマーニの世界観に浸りつつ優雅なアフタヌーンティーを

5
ARMANI / RISTORANTE
〔銀座〕

至極のイタリアンとドルチェを少しづつ堪能できるのがうれしい

銀座のメインストリート・中央通りの『アルマーニ銀座タワー』10階にある『ARMANI / RISTORANTE』は、一度は訪れてみたい憧れの場所。ジョルジオアルマーニの洗練されたシンプルさ、イタリアと日本文化の融合を感じられるスタイリッシュな空間は、そこにいるだけで非日常感に浸れる。

料理は、厳選した食材で作る極上のイタリアン。美食家であるジョルジオ・アルマーニ氏が納得するメニューを生み出すのは、名だたる星付きレストランで研鑽を積んできたイタリア・ナポリ出身のエグゼクティブシェフ・カルミネ氏。日本の契約農家から取り寄せた食材と、イタリアから取り寄せた食材をバランスよく融合させる。芸術品のような美しいプレートの数々は、見た目だけでなく、味覚にも驚き感動を与えてくれる。

『ARMANI / RISTORANTE』のドルチェ

本格的なドルチェで過ごす贅沢なティータイム

「AFTERNOON TEA 2024 冬」は、5種類のセイボリーと5種のデザートが並ぶ。ドリンクは「アルマーニ ドルチ ティーセレクション」から選べ、お代わりも自由。

これだけの贅沢な内容、ラグジュアリーな空間でありながら、6,000円~と比較的お手頃な価格なのもうれしい。女子会やお祝いなどにも利用してみたい。

『ARMANI / RISTORANTE』の店内

レースのような繊細なゴールドの隙間からこぼれる光が幻想的

店舗情報
アルマーニリストランテ
ARMANI / RISTORANTE
電話をかける
電話番号:03-6274-7005
アフタヌーンティー/銀座
東京都中央区銀座5-5-4 アルマーニ銀座タワー10F
東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」B3出口より直結
アフタヌーンティー予算:6,000円

日比谷公園の緑に癒されながら憧れのアフタヌーンティーを

6
インペリアルラウンジ アクア
〔銀座、日比谷〕

ストロベリー×ローズ アフターヌーンティー

「ストロベリー×ローズ アフターヌーンティー」

『帝国ホテル』最上階の『インペリアルラウンジアクア』は、歴史に彩られた格調高い雰囲気とブリティッシュスタイルの重厚な空間。決して華美ではない、個性的なモダンに包まれた大人のためのラウンジだ。

一番人気の「アフタヌーンティー」は、眼下に広がる日比谷公園の緑を眺めながら過ごせる。壁一面が大きなガラス窓になっているので、開放感たっぷり。メニューはシーズンごとに替わり、コラボメニューが登場することも。

また、「ミッドナイトハイティー」が提供されることもあるので、夜の街並みを前にゆったりと楽しむこともできる。

インペリアルラウンジ アクアの店内

2月29日までは、毎年人気のストロベリーアフタヌーンティーが登場。今年は「ストロベリー×ローズ アフタヌーンティー」(9,200円/土日祝9,800円)。ホテルの象徴“赤バラのロビー装花”から着想をした、苺とバラを組み合わせた鮮やかな色あいが印象的な深紅のアフタヌーンティー。

スイーツは「苺と薔薇のシブースト」や「苺と薔薇のシガレット」など5種、セイボリーは、「苺のサンドイッチ」「紅ズワイ蟹のタルタルとコキヤージュのジュレ」など。

コーヒー、紅茶、ハーブティーなど約30種から選べるカフェフリー付き。優雅なひとときを満喫したい。

『インペリアルラウンジ アクア』の店内

大きな窓から見下ろす東京の景色はまさしく絶景

店舗情報
インペリアルラウンジ アクア
インペリアルラウンジ アクア
電話をかける
電話番号:03-3539-8186
アフタヌーンティー/銀座、日比谷
東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル東京本館17F
東京メトロ各線「日比谷駅」A13出口より徒歩3分
アフタヌーンティー予算:9,200円

大人のお子様ランチのようなワクワクが詰まったアフタヌーンティー

7
tcc GINZAの洋食
〔銀座〕

カスタードプリン付き冬のアフタヌーンティー

12~2月はカスタードプリン付き「冬のアフタヌーンティーセット」

銀座4丁目交差点すぐの場所にある『tcc GINZAの洋食』。ミシュラン三ツ星レストランで腕を振るっていた熟練のフレンチシェフによる洋食を楽しめる。「和牛のハンバーグ」「メンチカツ」といった懐かしくてなじみのある洋食も、シェフの手にかかれば「銀座の洋食」にふさわしい西洋料理として提供される。

人気の「アフタヌーンティー」(4,000円)は、バリエーションも豊か。内容は季節替わり。フレンチ出身のシェフが手がける「クレームダンジュ~野菜チップス添え~」「サラミ風ミンチとチーズのガランティーヌ」など、まるで大人のお子様ランチのようなワクワクする内容

キッズプレート

「キッズプレート」もあるのでママ友とのアフタヌーンティーも安心

さらに、「石臼で挽いた抹茶のガトー」や「皮まで丸ごとスイートポテト」といったなど和スイーツに、「ショコラのプリーツドーナツ」「ホワイトチョコのミニカヌレ」など5種のスイーツといった豪華さ。

ドリンクは、自家焙煎オリジナルブレンドコーヒーや紅茶、ハーブティーから、コーラ、ジンジャーエールといったソフトドリンクまで飲み放題。

ほかにも「ミニオムライス」と「自家製カスタードプリン」付きのプランや、「あまおうパフェ」付きプランもあるので、しっかりと吟味して。

『 tcc GINZAの洋食』の窓際席

晴海通りに面した窓際席から銀座の街を見下ろして

店舗情報
ティーシーシー ギンザノヨウショク
tcc GINZAの洋食
電話をかける
電話番号:03-6274-6003
アフタヌーンティー/銀座
東京都中央区銀座5-9-1 銀座幸ビル3F
東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」A5出口より徒歩1分
東京メトロ日比谷線・都営浅草線「東銀座駅」エレベーター口より徒歩3分
アフタヌーンティー予算:4,000~5,000円

世界レベルのスイーツをアフタヌーンティーで

8
LOUANGE TOKYO Le Musee
〔銀座〕

アフタヌーンティー”苺尽くし”

銀座1丁目『KOKOホテル』の1階にある『LOUANGE TOKYO Le Musee』。まるでミュージアムやジュエリーショップのようなスタイリッシュな空間に並ぶのは、美しいスイーツの数々。わずか10席のテーブル席では、大理石模様のテーブルとゆったりとしたソファチェアで優雅なアフタヌーンティーを楽しめる。

数々の名店で腕と感性を磨いてきたパティシエが厳選素材を駆使し、芸術品のような美しいスイーツを生み出す。世界大会でグランプリに輝いたケーキ「ピスターシュ」もそのひとつ。ヴィジュアルの優雅さはもちろん、緻密な計算で構成された味わいの世界観に魅了されるはず。

『LOUANGE TOKYO Le Musee』のガトー

アフタヌーンティーは季節やコンセプトによって、定期的に替わる。12月26日からは、アフタヌーンティー”苺尽くし”を提供中。

スイーツは「レッドベリーの生チョコレート」「苺ムースのクレープ」など8種、セイボリーは「苺とマグロのタルタルとキャビア」「A5黒毛和牛の自家製ローストビーフ ペッパーソース」など5種。「LOUANGE TOKYO」のキャラクター、テディベアの“ヌーミー”も真っ赤な苺の装いです。

ちょっとオシャレをして優雅なアフタヌーンティーを楽しみたいときにぜひ。

『LOUANGE TOKYO Le Musee』の店内

モダンでシックなカフェスペース

店舗情報
ルワンジュトーキョー ミュゼ
LOUANGE TOKYO Le Musee
電話をかける
電話番号:03-4400-6606
アフタヌーンティー/銀座
東京都中央区銀座1-9-5 KOKOホテル1F
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」10番出口より徒歩2分
東京メトロ銀座線「京橋駅」3番出口より徒歩3分
アフタヌーンティー予算:7,700~11,700円

身体にうれしいグルテンフルーのヘルシーアフタヌーンティー

9
創作料理 FANCL令和本膳
〔銀座〕

和の苺アフタヌーンティー

和の苺アフタヌーンティー

銀座の中心地にある『FANCL GINZA SQUARE』9階の創作料理店『FANCL令和本膳』は、海と山、里の豊かな恵みを用いて、和洋を織り交ぜた独創的な創作日本料理を楽しめるお店。伝統的な日本料理の原型、本膳料理をベースに、熟練の職人たちの技が光る逸品そろい。身体が喜ぶ食材を用いて、丁寧に調理する。

料理人の板場に面した白木のカウンター席をはじめ、ゆったりとしたテーブル席の全28席。都会の喧騒から離れて、落ち着いて食事を過ごすことができる。ランチは御膳やお弁当、夜はコースがメイン。

たいやき

「玄米粉のスコーンたい焼き」もかわいらしい

ティータイムには玄米粉や豆乳などを使用したグルテンフリーの甘味が並ぶ「季節のアフタヌーンティー」を提供している。

4月25日までは、「和の苺アフタヌーンティー」。「苺のひとくち大福」や「苺のパンナコッタ」などいちご尽くし!また、「苺の白和え」「苺のカプレーゼ」といった前菜もいちごを使用。さらに、抹茶を含む日本茶5種とカフェインレスティー13種もおかわり自由。他店とはひと味ちがうアフタヌーンティーを楽しもう。

店舗情報
ソウサクリョウリ ファンケルレイワホンゼン
創作料理 FANCL令和本膳
電話をかける
電話番号:03-3289-0722
アフタヌーンティー/銀座
東京都中央区銀座5-8-16 ファンケル銀座スクエア9F
東京メトロ銀座線・日比谷線・丸の内線「銀座駅」A3出口より徒歩1分
JR各線「有楽町駅」銀座口より徒歩8分
アフタヌーンティー予算:4,800~7,300円

名パティシエとコラボした本格フレンチのアフタヌーンティー

9
BON BONHEUR(ボン・ボヌール)
〔銀座〕

BON BONHEUR(ボン・ボヌール)

「季節のPREMIUMアフタヌーンティー」

『銀座三越』の4階にある、本格フランス料理とアシェットデセールを楽しめるラグジュアリーなフレンチカフェ。東京・白金を拠点とする洋菓子ブランド『ラ・メゾン白金』とフランス・リヨンのパティスリー『セバスチャン・ブイエ』がコラボした、優雅で美しいデセールを堪能できる。

一番人気の「季節のPREMIUMアフタヌーンティー」は、前日までの予約制。今の時季は1段目に「セバスチャン・ブイエ スペシャル ペーシュメルバ」、2段目に季節のマカロン、季節のジュレ、焼菓子などのプティフール 、3段目にボンボヌール特製サンドウィッチと本日のフレンチデリが、ティースタンドに並ぶ。コーヒーや紅茶もおかわり自由。

彩り鮮やかなプレートデザート

そのほか、あまりにも美しく食べるのが惜しくなるようなデセール(皿盛りデザート)やパフェをラインアップ。夏季にはパティシェによるかき氷も人気だ。ランチタイムには、30種類の野菜を使用したフレンチデリの盛り合わせや本格的なステーキ、ホットサンドやパスタなどのしっかりランチも提供する。

大きな窓から自然光が差し込み、温かみのある色彩でまとめた店内は、ゆったりとしたソファ席を備えたくつろぎの空間。ショッピングの合間に優雅なひとときを過ごしてみてはいかが。

『BON BONHEUR』の店内

デパートの中とは思えないしっとり落ち着いた空間

店舗情報
ボン・ボヌール
BON BONHEUR(ボン・ボヌール)
電話をかける
電話番号:03-6264-4773
アフタヌーンティー/銀座
東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越4F
東京メトロ銀座線「銀座駅」より徒歩2分 ※駅直結
東京メトロ日比谷線「東銀座駅」A2出口より徒歩2分
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」9番出口より徒歩6分
アフタヌーンティー予算:5,500~6,600円

トリュフ専門店が奏でる個性豊かなアフタヌーンティー

10
boB the garden Ginza
〔銀座8丁目〕

「いちごのカヌレアフタヌーンティー」

高級店がひしめく銀座らしい「トリュフ料理専門店」がリニューアル。ヨーロッパ有数のトリュフの産地・トスカーナ産のトリュフを主役に、新鮮な魚介や旬の国産野菜を絶妙に組み合わせた、さらに自家製トリュフオイルを隠し味に用いたシェフ渾身のメニューを楽しめる。

「アフタヌーンティー」は、「いちごのカヌレアフタヌーンティー」を提供中。「いちごの半熟カヌレ」「ラズベリーとカカオの半熟カヌレ」など、スイーツは全6種、セイボリーは4種。もちろん、コーヒーや紅茶も充実。おすすめは、ドイツの『Ronnefeldt(ロンネフェルト)』社の紅茶。

和栗・トリュフのカヌレ

「トリュフの半熟カヌレ」など

店内は、ゴールドを基調としたスワロフスキーが煌めくラグシュアリーな空間。大きな窓から銀座の街並みを眺められるメインフロアのほか、座り心地のいいソファタイプの個室もあり。銀座らしい優雅な空気の中で、香り高い料理の数々を堪能しよう。

また同フロアには半熟カヌレ専門店の『boB 銀座店』も併設しているので、気に入ったカヌレがあればテイクアウトして、おうちのティータイムでも楽しめる。

シンプルモダンで洗練された雰囲気の店内

店舗情報
ボブ ザ ガーデン ギンザ
boB the garden Ginza
電話をかける
電話番号:03-6252-3251
アフタヌーンティー/銀座
東京都中央区銀座8-9-15 JEWEL BOX GINZA 11F
東京メトロ各線「銀座駅」A4出口より徒歩5分
JR各線「新橋駅」銀座口より徒歩5分
アフタヌーンティー予算:4,000~5,000円

至れり尽くせり!アフタヌーンティーで女子会なら一択!

11
カスケード 銀座店
〔銀座〕

『カスケード 銀座店』の推し活アフタヌーンティー

"推し"の色で楽しめるアフタヌーンティー

バリにいるかのような気分に浸れるアジアンリゾートダイニング。現地から直輸入した家具や調度品が置かれた店内は、開放感あふれるダイニングや、シャンデリアがきらめくラウンジフロア、カラオケ付きの個室、黒を基調にシックにまとめた個室、キレイな花を敷き詰めた"映える"フラワーテーブル席とさまざまな空間が広がる。まるで女子会のためにあるようなお店。

人気のアフタヌーンティーもさまざまなプランを用意。話題のアフタヌーンティーが「『推しカラー』アフタヌーンティープラン」。レッド・ピンク・オレンジ・グリーンなど全11色もそろうので、きっと自分の推しカラーもあるはず!鳥籠スタイルのティースタンドを推しカラーのリボンで飾っているだけでなく、「マカロン」「パンナコッタ」などのスイーツも推しカラーを取り入れている。フリードリンクの種類も豊富で、3時間で5,000円という破格のプライスにも感激!

いちご×シーズンフルーツ

シーズナルなアフタヌーンティーも用意

季節のアフタヌーンティー」も用意。いちご×シーズンフルーツの組み合わせなので、一年中さまざまな組み合わせで楽しめる。

半個室や完全個室もあるので、子連れでもアフタヌーンティーを楽しめる。自分たちの世界にどっぷり浸って過ごすのに最適!

『カスケード銀座店』個室

女子会にぴったりのカーテンで遮られた半個室

店舗情報
カスケード ギンザテン
カスケード 銀座店
電話をかける
電話番号:0120-759-173
アフタヌーンティー/銀座
東京都中央区銀座6-13-16 パセラリゾーツ銀座店B3
都営地下鉄浅草線「東銀座駅」A1出口より徒歩1分
東京メトロ各線「銀座駅」A3出口より徒歩3分
アフタヌーンティー予算:5,000円

ヴェルサイユ宮殿ようなラグジュアリー空間でアフタヌーンティー

12
ル サロン ド ニナス 日比谷
〔日比谷〕

「冬のアフタヌーンティー」

2023年3月にオープンしたばかりの『ル サロン ド ニナス 日比谷』。フランス・パリのヴァンドームに本店を構える紅茶ブランド『NINA'S(二ナス)』のティーサロン。ヴェルサイユ宮殿を思わせる時空を超えたラグジュアリーな空間で、日常から離れて優雅なティータイムを過ごすことができる。

香り高い『ニナス』の紅茶は種類豊富。天然の花びらやフルーツピースなどを用いて、ティーブレンダーが香り付けした繊細な紅茶で、身も心も癒される。たっぷりのティーポットで提供されるので、午後のティータイムにはぴったり。スコーンやザッハトルテ、ミルクレープなどのケーキとともに堪能したい。

『ル サロン ド ニナス 日比谷』のシーズナルドリンク

パフェのようなシーズナルドリンクも優雅で美しい

人気の「季節のアフタヌーンティーセット」は、旬の食材をふんだんに使ったスイーツやセイボリーが美しいティースタンドに並ぶ。3月6日までは、「ホワイトエクレアYUZU」「苺のミルフィーユ」「ルティングスノームース イヴ」など。1つひとつ丁寧につくられたスイーツは、見た目にもかわいらしいので、SNS映えも間違いなし。

ドリンクは5種から1種を選択。シーズナルドリンク付きのプランもあるので、よりエレガントなティータイムを過ごしたいときにおすすめ。

『ル サロン ド ニナス 日比谷』の店内

お姫様気分で過ごせるエレガントな空間

店舗情報
ル サロン ド ニナス ヒビヤ
ル サロン ド ニナス 日比谷
電話をかける
電話番号:03-3528-8222
ティーサロン、アフタヌーンティー/銀座
東京都千代田区有楽町1-5-2 東宝日比谷プロムナードビル2F
東京メトロ各線「日比谷駅」A5出口より徒歩1分
東京メトロ各線「銀座駅」C1出口より徒歩3分
JR線「有楽町駅」日比谷口より徒歩4分
アフタヌーンティー予算:4,000~5,000円

新しくなった『コートヤード・マリオット銀座東武ホテル』のオールデイダイニング

13
リスタシックス/コートヤード・マリオット銀座東武ホテル
〔銀座〕

RISTASIX AFTERNOON TEA

「RISTASIX AFTERNOON TEA」

東銀座駅から徒歩3分の上質なホテル『コートヤード・マリオット銀座東武ホテル』が2023年11月にリニューアル。1階にはオールデイダイニング『RISTASIX』がオープンした。

温かみあふれるダークブラウンの木目に、シックなグリーンのソファが印象的で、大きな窓から差し込む陽光は、リラックスした時間を演出してくれる。

ベーシックなホテルスタイルの洋食やアジア各国の多国籍料理など、新しい味わいを楽しめる。

『RISTASIX』のメニュー

世界各国の美味を楽しめる新しいラウンジレストラン

人気の「アフタヌーンティー」は、シーズンでテーマが替わる。1月31日までは「RISTASIX AFTERNOON TEA」を提供。定番「銀座のはちみつロールケーキ」やオーストラリア伝統菓子「ブルクテアター リンツァートルテ」など6種のスイーツがそろう。スコーンは「プレーンスコーン」と「苺スコーン」の2種。

セイボリーは「キューカンバーサンドイッチ」などのアフタヌーンティーの定番4品。豊富なティーやコーヒーなど、種類豊富なドリンクとともに心ゆくまで味わえる。

大きな窓から入る自然の光が心地いい、スタイリッシュモダンな空間

店舗情報
リスタシックス コートヤード・マリオットギンザトウブホテル
リスタシックス/コートヤード・マリオット銀座東武ホテル
電話をかける
電話番号:03-3546-8985
銀座/アフタヌーンティー
東京都中央区銀座6-14-10 コートヤード・マリオット銀座東武ホテル
東京メトロ日比谷線・都営浅草線「東銀座駅」A1出口より徒歩3分
東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線「銀座駅」A5出口より徒歩5分
アフタヌーンティー予算:5,000~6,500円

銀座店限定!希少なアフタヌーンティーを堪能

14
bills 銀座
〔銀座〕

スクランブルエッグのオープンサンドイッチやスコーンなど『bills』の美味しさを詰め込んだ「アフタヌーンティー」

※現在はアフタヌーンティーの提供なし※

オーストラリア・シドニー発の人気店『bills』。「世界一の朝食」と称されたスクランブルエッグやリコッタパンケーキで有名だが、1日を通してバラエティーに富んだメニューをゆったりとした流れる時間の中で楽しめるオールデイダイニング。

しかも銀座店は、明治時代から続く『大倉本館』の12階にある。1873年に建てられ、今まで3度建て替えをしてきたビルで、由緒正しく荘厳でありながら、大人にぴったりの落ち着いた雰囲気が漂っている。夜には窓の外に広がる銀座中央通りのきらびやかな様子が、まるで宝石を散りばめたよう。

国内で8店舗を展開する『bills』で、「アフタヌーンティー」を提供するのは数少ない。それだけに人気も高い。

『bills銀座』の店内2

12階にあるので窓からの陽光が明るい雰囲気

セイボリーは「ツナトスターダ」「明太子クロケット」など、『bills』らしいコンチネンタルな内容。スイーツは「パッションフルーツパブロバ」「ピーカンナッツパイ 」など6品。しかも、人気の「リコッタパンケーキ」のミニサイズまでいただけるのはうれしい。

ドリンクは、希少な『Amba Estate』の紅茶や「billsブレックファストティー」など7種のお茶を2時間お代わり自由で4,600円。銀座にしてはリーズナブルな価格も人気の理由。『bills』のアフタヌーンティーは話題性も抜群。ぜひ早めの予約を。

『bills銀座』の店内

奥のスペースは個室としても利用できるので、女子会やママ会にも

店舗情報
ビルズ ギンザ
bills 銀座
電話をかける
電話番号:03-5524-1900
アフタヌーンティー/銀座
東京都中央区銀座2-6-12 Okurahouse12F
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」8番出口より徒歩2分
東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」A13出口より徒歩3分
JR各線「有楽町駅」中央口より徒歩5分
アフタヌーンティー予算:4,600円

スイーツだけでなく料理も充実したお手頃アフタヌーンティー

15
The Kitchen Salvatore Cuomo GINZA
〔銀座〕

イチゴアフタヌーンティー

「イチゴアフタヌーンティー」

※現在はアフタヌーンティーの提供なし※

ナポリピッツァを日本に広めたパイオニアで、世界を舞台に活躍するグランシェフ、サルヴァトーレ・クオモ氏がプロデュースするレストラン。店名の通り、サルヴァトーレ氏のキッチンに招かれたかのようなアットホームな雰囲気で、美味しい料理とともにくつろぎの時間を過ごせる。

日本全国から毎日仕入れる新鮮食材は、サルヴァトーレ氏自らが厳選したこだわりの品ばかり。素材の持つ力を最大限に引き出す調理法を用い、目にも美味しい料理に仕上げる。なかでも、自慢のナポリピッツァは、ナポリから職人を呼び寄せて造ったこだわりの窯で焼き上げる。薄い生地なのにモチモチ食感で、薪の芳ばしさも楽しめる逸品。

『The Kitchen Salvatore Cuomo GINZA』の店内

活気あふれるアットホームな雰囲気の店内

ティータイムには1月6日より「イチゴアフタヌーンティー」(4,500円)が登場。2段になったティースタンドの上段には、「ミニストロベリーパフェ」「ストロベリーショートケーキ」「イチゴのギモーブ」とイチゴのスイーツがずらり。下段には「スモークサーモンとアボカドのブリオッシュサンドイッチ」「菜の花とジェノベーゼクリームチーズのミニタルト」など、春らしいイタリアンならではの料理があふれんばかりに並ぶ。

ドリンクは、モクテル3種、コーヒー4種、紅茶・ハーブティー10種、ソフトドリンク3種など、飲みかえも可能で2時間おかわり自由。本格的な「カフェラテ」なども楽しめるのがうれしい。

『The Kitchen Salvatore Cuomo GINZA』のテラス席

リゾート気分を味わえるテラス席も人気

店舗情報
ザ キッチン サルヴァトーレ クオモ ギンザ
The Kitchen Salvatore Cuomo GINZA
電話をかける
電話番号:03-3538-0565
アフタヌーンティー/銀座
東京都中央区銀座1-13-15 ダイワロイネットホテル銀座2F
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」10番出口より徒歩1分
東京メトロ銀座線・丸ノ内線「銀座駅」A13出口より徒歩4分
東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線「東銀座駅」A7出口より徒歩5分
東京メトロ銀座線「京橋駅」より徒歩6分
アフタヌーンティー予算:3,000~3,800円

コスパ抜群!イタリアンが手がける「季節のアフタヌーンティー」

16
TRATTORIA LA COCORICO GINZA
〔銀座〕

ラ・ココリコのアフタヌーティー

「季節のアフタヌーンティー」

『銀座ベルビア』8階のレストランフロアにあるトラットリア。イタリアンはもちろん、看板メニューの「ロティサリーチキン」が人気。キレイな空気と水のもと、のびのびと育った銘柄鶏・薩摩ハーブ悠然鶏を使用し、塩のみで味付け。4時間以上なじませ、140度の低温で約50分かけて焼き上げるので、皮はパリッと、中はふっくらジューシー。鶏の旨味たっぷりで肉質は柔らかく、脂っぽくないので、ヘルシー志向の女性を中心に人気を集めている。

ほかにも、神奈川県秦野市から届く野菜や近郊の港で獲れた魚介を使ったトスカーナ料理が揃う。自家製パスタは、古代ローマ時代に生まれた最古の生パスタ「和牛挽肉のラグーフィオレンティーナ タリアテッレ”」など種類も豊富。

ヘルシーな「ロティサリーチキン」はランチでも女子に人気

ティータイムには土日祝限定「季節のアフタヌーンティー」が登場。「本日の前菜」や「本日の軽食」といった軽食をはじめ、「パンナコッタ」「ティラミス」などのイタリアンドルチェを楽しめる。また、お替り自由のドリンクは、コーヒー、紅茶、ソフトドリンク各種を揃える。

店内は、木の風合いが漂う、レトロモダンな雰囲気のテーブル席。アンティーク感を大切にしたセンスのよい調度品が並び、まるで自宅で過ごしているかのような居心地の良さも魅力的。

『ラ・ココリコ』の店内

アンティークの調度品を配した大人っぽい雰囲気の店内

店舗情報
トラットリア ラ ココリコ ギンザ
TRATTORIA LA COCORICO GINZA
電話をかける
電話番号:03-5524-3301
アフタヌーンティー/銀座
東京都中央区銀座2-4-6 銀座ベルビア館8F
東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 5番出口より徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線・日比谷線 銀座駅より徒歩5分
アフタヌーンティー予算:3,000円
更新

エリアから記事を探す

東京都心

東京その他

神奈川

関西

東海

その他

料理ジャンルから探す

利用シーンで探す

美味ごはん記事一覧へ>>