立川で鍋を食べるなら おすすめの美味しい鍋

立川鍋特集

少しずつ気温が下がり、夜になると寒いと感じることも。
そうなると食べたくなるのが「鍋」。

最近では冬に限らず、一年中、鍋を食べられますが、やはり寒い季節は美味しさも倍増。
野菜をいっぱい摂取でき、ヘルシーなので、健康志向や美容を意識した女性からも人気です。
日本の食文化のひとつ、海外からのゲストを連れて行くのもオススメです。

さて、今年の冬はどんな鍋を食べましょう。
立川駅周辺エリアで、美味しい鍋が食べられるお店をご紹介します。

ビルの中に現れる昭和レトロな横丁でもつ鍋&やきとんを

1
焼きとん・もつ鍋 お多福 立川店
〔立川〕

『お多福 立川店』のもつ鍋

単品でもオーダーできる「筑豊 塩もつ鍋」。ぷるっぷるのモツは臭みがない。黒コショウが甘みを引き立てる

立川駅を出てすぐのビルの5階。ビルの1フロアながら、異なる雰囲気のお店が軒を連ねる『立川呑み食べ横丁』の中にある『お多福 立川店』。本場・博多仕込のもつ鍋や焼きとんをはじめとした、九州・博多の“呑み屋”メニューをリーズナブルに楽しめる

自慢のもつ鍋は2種。鮮度抜群のもつ、キャベツ、ニラ、ニンニク、豆腐、山芋、唐辛子の「博多もつ鍋」と、大根、ネギ、コショウの「筑豊 塩もつ鍋」。どちらも1人前1,320円で、追加具材もお手頃なのが嬉しい。もちろん、〆はちゃんぽんで。

『お多福 立川店』の焼きとん

カシラ、シロ、タン、のどぶえ…。網焼きした「焼きとん」はお酒のおともに最高

もう1つの名物「焼きとん」は、炭火で豪快に焼き上げるので、余分な脂が落ちてヘルシー。希少部位もあるので、早い者勝ち!

ほかにも、博多の屋台を食べ歩いているような、お手頃価格で美味しい料理がずらり。ともに味わいたい九州焼酎は、水割り・お湯割り・ロックから選んでどうぞ。

『お多福 立川店』の店内

どこか懐かしい横丁風でありながらも、すっきり清潔感がただよう店内

店舗情報
ヤキトン モツナベ オタフク タチカワテン
焼きとん・もつ鍋 お多福 立川店
電話をかける
電話番号:042-595-8905
もつ鍋、居酒屋/立川、鍋
東京都立川柴崎町3-7-3 富栄立川南駅前ビル5F
■多摩都市モノレール 立川南駅より徒歩1分
■JR各線 立川駅 南口より徒歩2分
ディナー:2,000~3,000円

コラーゲンたっぷり、旨味たっぷりの水炊きは女子の味方!

2
水炊き・焼鳥・鶏餃子 とりいちず 立川南口店
〔立川南〕

『とりいちず』の「水炊き」

白濁したスープの1滴も残さず飲み干したくなる。翌朝の肌が違うかも!?

立川駅・南口を出てすぐの『とりいちず』は、水炊き、焼鳥など鶏料理が自慢のお店。タンパク質が豊富でヘルシーな鶏肉は女子に欠かせない食材。

1杯目はビールで乾杯!キンキンに冷えたビールと相性抜群なのが、名物「秘伝かわ串」。串に刺さったパリパリの香ばしい鶏皮に甘辛いタレをくぐらせたメニューで、一度食べると止まらない。10本ごとにサービスしてくれるので、みんなでたっぷりオーダーしよう。

もう1つの目玉「こだわりの焼き餃子」は、ニンニク、ニラ不使用なので、匂いが気にならない。鶏肉の餡をたっぷりと包んで、パリッと焼き上げる。

『とりいちず』の「餃子」

あっさりめの「とりの焼き餃子」はいくつでも食べられそう

『とりいちず』といえば、「水炊き」。鶏ガラと水、少しの塩だけで、8時間以上もかけてじっくり煮込んだ秘伝のスープは旨味濃厚。コラーゲンもたっぷりなので女子会には欠かせないメニュー。

辛口の「辛炊き鍋」もおすすめ。女子会なら「水炊きトマト鍋」と〆にはチーズリゾットで!

店内は広々と95席。しかも朝4時まで営業しているので、電車を気にせずに過ごせる。美味しくて、美肌効果が期待できて、しかもコスパがいいとなれば、立川女子会の候補店リストに入れておきたい。

『とりいちず』の店内

ゆったり座れるテーブル席。飾らない雰囲気も気軽でおすすめ

店舗情報
ミズタキ・ヤキトリ・トリギョウザ トリイチズ タチカワミナミグチテン
水炊き・焼鳥・鶏餃子 とりいちず 立川南口店クーポンあり
電話をかける
電話番号:050-1864-4068
水炊き、鶏料理、居酒屋/立川
東京都立川市錦町2-1-5 梅林ビル
■JR各線 立川駅 南口より徒歩3分
2,000~3,000円

魚好きはたまらない!選べる海鮮鍋が魅力の本格板前居酒屋

3
お魚総本家 立川店
〔立川南〕

『お魚総本家 立川店』の宴会コース

メインは「特選 海鮮寄せ鍋」!料理7品+2時間飲み放題の「結コース」

「美味しい魚を食べたい!」…そんな気分の時におすすめなのが『お魚総本家』。全国各地から集めた選りすぐりの鮮魚を、一流の腕を持つ板前が調理してくれる。居酒屋で魚料理といえば、お造りくらいしか浮かばないかもしれないが、この店では職人の腕が光る逸品を堪能できる。もちろん居酒屋価格なのでコスパは高い!

おすすめは高知の名物「かつお藁焼き」。藁に火をつけ、立ち上る火柱に串打ちしたカツオをかざし、高温で一気に炙り焼きにする。程よく脂が落ちて、旨味は逃さず閉じ込められる。藁と炭の香りが広がり食欲を刺激。カウンター席に座れば、そのライブ感も楽しめる。「本鮪の藁焼き」も食べてみたい。

『お魚総本家 立川店』のとら河豚コース

「てっさ」「唐揚げ」「ちり鍋」ととら河豚尽くしの「とら河豚堪能コース」

鍋料理は宴会コースのみ。極上の海鮮をふんだんに使った鍋料理3品があり、「彩コース」(料理7品+飲み放題/7,000円)なら、「海鮮寄せ鍋」「鮟鱇鍋」「石狩鍋」から選ぶことができる

ちょっと贅沢な「とら河豚ちり鍋」がメインの「とら河豚堪能コース」(6,800円)も人気。具材たっぷりでアツアツの鍋は身体を芯から温めてくれる。〆は雑炊にして、魚介の旨味を余すことなく堪能しよう。

もちろん「刺身盛合せ」から「のどぐろ塩焼き」や「銀だらの西京焼き」といった炉端焼きなど、さまざまなメニューをラインアップ。「江戸前の握り寿司」を提供するのも板前のいる店ならでは!魚介と相性のいい日本酒を合わせて味わいたい。

『お魚総本家 立川店』の店内

オープンキッチンを囲むカウンター席は特等席!板場の臨場感がたまらない

店舗情報
オサカナソウホンケ タチカワテン
お魚総本家 立川店
電話をかける
電話番号:042-525-6841
海鮮居酒屋、海鮮鍋/立川
東京都立川市柴崎町3-7-3 富栄立川南駅前ビル3F
■JR線 立川駅 南口より徒歩1分
ディナー:4,000~5,000円

希少な「六白黒豚」のしゃぶしゃぶを食べ放題で思う存分!

4
黒ぶたや ルミネ立川店
〔立川駅〕

『黒ぶたや ルミネ立川店』のしゃぶしゃぶ

2種のスープを選べ、さまざまな薬味もあるので味変を楽しんで

立川駅直結の駅ビル『ルミネ立川』のレストランフロアにある『黒ぶたや』は、鹿児島県産の黒豚を使用した料理を楽しめるお店。なかでも希少な「六白黒豚」をリーズナブルに価格で味わえるとあって、女性客を中心に人気。

「六白黒豚」は、60日間サツマイモを食べ続け、その後、250日以上も鹿児島の太陽をいっぱいに浴びて大切に育てられる。この店では契約農家「鎌田養豚場」から直接仕入れているので鮮度も抜群。

『黒ぶたや ルミネ立川店』のランチ

ランチには「メンチカツ」や「とんかつ」なども用意

看板メニューはなんといっても「しゃぶしゃぶ食べ放題」。幻の六白黒豚と絶品イベリコ豚を80分食べ放題!もちろん、旬の新鮮野菜や〆のごはんやうどん・そば・ラーメンまで付いている。

スープは、とんこつ・昆布・かつお・チゲ・あごだしなどから好みの2種を選べるりもうれしい。甘みと旨味たっぷりの六白黒豚と野菜をさっと湯どおしして、いただこう。ランチは2,500円から、ディナーは3,500円からとコスパの高さも魅力!

ほかにも、「黒豚メンチカツ」「特製タルタルソースのポーク南蛮」「網焼き黒ぶた丼温玉乗せ」など、さまざまな料理で贅沢に食べられる。一年中提供しているので、食べたくなったらいつでも味わえるのもうれしい。

『黒ぶたや ルミネ立川店』の店内

壮大な富士山が描かれた広々した店内

店舗情報
クロブタヤ ルミネタチカワテン
黒ぶたや ルミネ立川店
電話をかける
電話番号:042-524-7635
ダイニングバー、しゃぶしゃぶ/立川
東京都立川市曙町2-1-1 LUMINE立川8F
■JR各線 立川駅 北口より徒歩1分
3,000~4,000円

旨味たっぷりの地鶏を割下で仕上げた「地鶏の鶏すき鍋」

4
個室×名物鶏料理 とりせん 立川本店
〔立川北〕

『とりせん 立川本店』の鶏すき鍋

「地鶏の鶏すき鍋」

筑波山麓を中心に、茨城県や千葉県の澄んだ空気と水、特殊な天然飼料をで育てられた「総州古白鶏」を味わえる居酒屋。低温調理した「肉刺し」をはじめ、香ばしい「鉄板焼き鳥」、豪快な「鶏もも一枚揚げ」などが人気。

自慢の「地鶏の鶏すき鍋」は、地鶏ならではのしっかりとした歯応えと旨味を味わえる。ちょっと濃いめの割下で味付けたした地鶏や野菜を卵にくぐらせていただく。思わずご飯がすすむ味わい。

『とりせん 立川本店』の鳥刺し

いろいろな部位を楽しめる鮮度抜群の「鳥刺し」

宴会なら「豪華特選コース」がおすすめ。料理10品に3時間飲み放題が付いて5,000円。メインは選べる鍋で、もつ鍋、地鶏の白湯鍋、スタミナホルモンバラ焼き、鶏すき鍋の中から選択することができる。

さまざまな用途での食事において、周りを気にせずに過ごせる個室はやっぱりくつろげる。美味しい料理やお酒を楽しむには心からリラックスしたい。大小さまざまな個室を完備しているうえ、しっかり扉付きの完全個室なので気兼ねすることなく楽しもう。

『とりせん 立川本店』の店内

広々とした店内は人数に応じて仕切ることもできる

店舗情報
コシツメイブツトリリョウリ トリセン タチカワホンテン
個室×名物鶏料理 とりせん 立川本店
電話をかける
電話番号:042-518-9833
居酒屋、鶏料理/立川
東京都立川市曙町2-5-17 イノタケビルB1
■多摩モノレール 立川北駅より徒歩2分
■JR各線 立川駅 北口より徒歩3分
3,000~4,000円

九州から食材を取り寄せるこだわりよう!本場仕込みの「もつ鍋」

6
博多串焼き ここにこんね 立川店
〔立川南〕

『博多串焼き ここにこんね 立川店』のもつ鍋

もつ鍋がメインの「鍋コース」(4,500円)

博多名物の「野菜巻き串」をはじめ、さまざまな"うまかもん"を楽しめる居酒屋。店内は間接照明をモダンに使ったオシャレな和空間。立川駅から徒歩3分という好立地にあり、地上6階から夜景を眺めながら食事を楽しめる個室も用意されている。

九州から取り寄せた食材を用いるというこだわりよう。看板メニューの「野菜巻き串」は毎日厨房で串打ちする。「レタス」「万能ネギ」「えのき」「ニラ」「アスパラ」「トマト」など野菜やキノコを豚バラ肉でくるっと巻いて串打ちし焼き上げる。豚バラの甘い脂身と野菜本来の美味しさが相まって、何本でも食べられる。種類も豊富で、ヘルシーなので女性に大好評。

『博多串焼き ここにこんね 立川店』の野菜巻き串

いろいろな野菜を豚バラで巻いて焼いた「野菜巻き串」

また、宴会コース限定だが、本場仕込みの「博多もつ鍋」も見逃せない。国産豚の頭の骨、ゲンコツ、背脂、鶏のモミジ、有機野菜をブレンドし、じっくり3日間かけて炊き上げる。濃厚で深いコクがあるのにしつこくなく、やさしい味わい。コラーゲンもたっぷり!ニラやキャベツもたっぷり食べられる。

全国各地の日本酒もラインアップ。なかには限定生産や希少な銘柄も取りそろえている。アツアツの「もつ鍋」との相性も最高!

『博多串焼き ここにこんね 立川店』の店内

立川の街を見渡せる個室

店舗情報
ハカタクシヤキ ココニコンネ タチカワテン
博多串焼き ここにこんね 立川店
電話をかける
電話番号:050-5303-3341
博多郷土料理、居酒屋/立川
東京都立川市柴崎町3-6-23 LXビル6F
■多摩モノレール 立川南駅より徒歩1分
■JR各線 立川駅 南口より徒歩3分
ディナー:4,000~5,000円

この価格で!? 高級魚フグの美味しさを味わうなら「てっちり」!

7
とらふぐ亭 立川店
〔立川〕

『とらふぐ亭』の鍋

骨付きの身を入れて、美味しい出汁を存分に楽しむ「てっちり」

冬の味覚・ふぐは高級そうなイメージがあるが、コスパの高さで人気の『とらふぐ亭』なら安心。店名の通り、上質な国産とらふぐ専門店だからこその鮮度の良さが自慢。産地から直送されたふぐは店内の生簀で泳ぐ。

注文ごとに生簀から新鮮なふぐを取り出してさばく。運ばれてくるときには、まだ身がピクピクと動くほど。ふぐの鍋「てっちり」は、煮立った出汁に骨付きの身を投入する。その後に柔らかい身と野菜を加え、プリっと身が締まったところで自家製ポン酢をつけていただく。ツウは、「なべ皮」をしゃぶしゃぶ風にしていただく。

鍋の仕上げはもちろんふぐ雑炊。会津地鶏の卵で作る雑炊で、ふぐの旨味を余すことなく楽しもう。

『とらふぐ亭』のてっさ

見た目にも美しいフグ。ちょっと贅沢している気分に浸れる

鍋料理の他にも、新鮮なふぐを手際よく捌いた「泳ぎてっさ」も人気。また「ひれ酒」は、乾燥させて炙ったふぐのヒレを熱燗に入れた大人の楽しみ方。てっちりやてっさと共に味わいたい。

本来高級品であるふぐを冬だけでなく、通年リーズナブルに楽しめるのも『とらふぐ亭』ならでは。低カロリーでコラーゲンたっぷりなので、女性にも人気の食材だ。デートや記念日に、ふぐ料理を気軽に楽しみたい。

『とらふぐ亭』の店内

100席以上ある店内はゆったり。もちろん個室も完備

店舗情報
トラフグテイ タチカワテン
とらふぐ亭 立川店
電話をかける
電話番号:042-522-1229
ふぐ料理/立川、鍋
東京都立川市柴崎町3-5-10 アモンデュールB1
■JR各線 立川駅 南口より徒歩2分
■多摩都市モノレール 立川南駅 出口1より徒歩4分
■多摩都市モノレール 立川北駅 南口より徒歩6分
ディナー:6,000~8,000円
更新

エリアから記事を探す

東京都心

東京その他

神奈川

関西

東海

その他

料理ジャンルから探す

利用シーンで探す

美味ごはん記事一覧へ>>