京都美味しい「」でほっこりと… 四条河原町つけた絶品

四条河原町で見つけた絶品「鍋」! 京都の冬は美味しい「鍋」でほっこりと

静寂な空気に包まれる冬の「京都」。
観光客でにぎわう夏とは違った、この季節ならではの楽しみ方があります。

そのひとつが、冬のごちそう「」です。みんなを笑顔にしてくれる逸品でもあります。
京都」ならではの「湯どうふ」から「ふぐ」「すっぽん」「水たき」「すき焼き」などが勢ぞろい。

なかには「京都」でしか味わうことのできない絶品鍋も厳選してご紹介いたします。
冬だからこそ見られる「京都」の絶景と共に、美味しい「」を満喫しましょう。

『京都府の現代の名工』が腕を振るう老舗の「ふぐ料理」

1
ムツノヤ
むつの家
〔京都市下京区〕
ふぐ
四条河原町

『むつの家』のおすすめ「ふぐ料理コース」

季節限定の「ふぐ料理コース」(16,000円)。「付出し」「てっさ(ふぐ刺)」「てっちり(ふぐ鍋)」「雑炊」がセットになっている自慢のメニュー

明治30年創業。京都が誇る老舗割烹として有名な『むつの家』。3代目の店主・後藤氏は、その技術の高さから『京都府の現代の名工』という栄誉ある賞を受賞しているほどだ。

おすすめは、看板メニューでもある「ふぐ料理」。調理する「ふぐ」は、国産の中でも最高品質と言われる「とらふぐ」のみ。しかも「天然のとらふぐ」を厳選している。サイズも体長50~60cm、重さ2~2.5kgくらいに限定。それだけに、天然モノが手に入らない6月から8月は、看板メニューでありながら、お店のお品書きから外しているというから驚きだ。

定番の「てっちり(ふぐ鍋)」は、季節限定の「ふぐ料理コース」のみで提供。絶品の味わいは必食。

『むつの家』の絶品「焼ふぐ」

身の張りと艶が特長の「焼ふぐ」(4,000円)。焼いたときの香ばしさとプリプリの歯ごたえも絶妙。隙の無い美味しさは、食通にも定評がある

なお、こちらで絶対にオーダーすべきメニューがもうひとつ。それは「焼ふぐ」(4,000円)。後藤氏が手がける逸品は、全国でも珍しい「骨なしの焼きフグ」。一般的な焼きフグは骨付きだが、ここでは独自のさばき方で、皮ギリギリの部分まで身を取り出している。骨も無く、ほどよい厚みのまま楽しめることもあり、焼いたときの香ばしさとプリプリとした歯ごたえに驚かされる。

さらに、今も昔も「焼きフグ」は、女将がゲストの目の前で焼くというのがしきたり。絶妙な焼き具合も、客人をうならせるためには欠かせない技なのだ。

店内の座敷から見える、「鴨川」や「東山」を眺めながら、美味しい「ふぐ料理」を堪能しよう。

『むつの家』の明るく親しみやすい空間

テーブル席とカウンター席のある店内。老舗の風格を残しつつも、明るく親しみやすい空間。敷居も高そうに見えるが、アットホームな雰囲気なので安心

店舗情報
むつの家クーポンあり
電話予約をする
予約専用電話番号:050-5814-1680
ふぐ、鍋 / 四条河原町
京都府京都市下京区木屋町通仏光寺上ル天王町146
● 京阪電鉄本線「祇園四条駅」1番出口より徒歩2分
● 阪急電鉄京都線「河原町駅」1B出口より徒歩3分
● 阪急電鉄京都線「烏丸駅」12番出口より徒歩9分
10,000~25,000円

祇園の老舗店で満喫する「京都丹波地鶏」の贅沢な「水だき」

2
ギオンナワテ トリヤス
ぎをん縄手 とり安
〔京都市東山区〕
水炊き・すき焼き
四条河原町

『ぎをん縄手 とり安』のおすすめ「名代特選水だきコース」

朝びきの特選「京都丹波地鶏」を楽しめる「名代特選水だきコース」(8,000円)。煮崩れしない、しっかりとした食感をしっかり堪能できる

先代から受け継ぐ伝統の味わいを、いまに伝える「水だき」の専門店『ぎをん縄手 とり安』。古くから京都で食べられていた「水だき」は、祇園を代表する「鍋」ともいえる。

おすすめは、言うまでもなく「水だき」。朝びきの「京都丹波地鶏」と、敷地内の井戸から湧き出る「京都東山の名水」でつくる、まさに四条河原町ならではのひと品だ。

丸1日かけて丁寧にとる乳白色のスープは、見た目よりあっさりしていながらも、濃厚な旨味とコクが絶品。コラーゲンを始め、鶏本来の良質な脂肪、バランスの良い栄養素が豊富に含まれているので、とってもヘルシー。女性にもぴったりの鍋といえる。

鶏の旨味と深い味わいをたっぷり満喫できる「特選すき焼きコース」(8,000円)。「水だき」とは違った「京都丹波地鶏」の美味しさも、また格別

また「京都丹波地鶏」でつくる、ちょっと珍しい「すき焼き」も、もうひとつのおすすめメニュー。牛肉とは違い、コッテリとした脂分は少ないものの、しっとりとした深い旨味を楽しめる逸品。「鶏すき」未体験の人にこそ、ぜひ味わってほしいひと品だ。

なおカウンター席なら、「特選 水だき」(4,800円)、「特選すき焼き」(4,800円)の単品も注文可能。興味のある人は、こちらもぜひ。

お店の造りは、間口が狭く奥行きが深い「うなぎの寝床」と呼ばれる京都独特のスタイル。1階は気軽に立ち寄れるカウンター席のみのフロア。2階にはゆったり食事のできる大小5つの座敷個室を用意。シチュエーションに合わせて選ぼう。

10名前後まで利用できる座敷席は、床の間も広くゆったりとした空間。座敷が苦手という人には、テーブル席も用意しているので安心

店舗情報
ぎをん縄手 とり安
電話予約をする
予約専用電話番号:050-5814-1694
水炊き・すき焼き、鍋 / 四条河原町
京都府京都市東山区弁財天町18
● 京阪電鉄本線「祇園四条駅」9番出口より徒歩2分
● 京阪電鉄本線「三条駅」1番出口より徒歩2分
● 阪急電鉄京都線「河原町駅」1A出口より徒歩5分
9,000円

『祇園・円山公園』の一軒家で楽しむリーズナブルな鍋料理

3
キョウリョウリ ナベリョウリ トリヒサ
京料理・鍋料理 鳥久
〔京都市東山区〕
水炊き・しゃぶしゃぶ
四条河原町

「若鶏の水だき」(4,500円)。「前菜3種盛り」「水だき」「ご飯」「漬物」「抹茶アイスクリーム白玉あずき添え」がセットになったお得なメニュー

京都市内で最も古い公園『祇園・円山公園』の中、『八坂神社』の隣にある『京料理・鍋料理 鳥久』は、創業100余年に渡り、京の味わいを「おもてなし」の心と、お手頃な価格で楽しませてくれる人気の老舗料亭だ。

おすすめは、もちろん鍋料理。「湯豆腐」「水だき」「しゃぶしゃぶ」「すき焼き」「煮込み鍋」など、豊富な種類の鍋メニューをラインアップする。

若鶏の水だき」(4,500円)は、最高級の地鶏を何日もかけてじっくりと煮込んだスープが自慢。メディアでも取り上げられているので知っている人もいるのでは? 「名古屋コーチン」の美味しさはもちろん、100年の伝統と職人技による匠の味わいは、オーダー必至の逸品。

「特選近江牛しゃぶしゃぶ」(6,000円)。A5ランクの「近江牛」を、オリジナルの「胡麻だれ」、「ポンズだれ」の2種類の「たれ」で楽しめる

そして、もうひとつのイチオシが「特選近江牛しゃぶしゃぶ」(6,000円)。とろけるような甘味の霜降りは、A5ランクの「近江牛」ならでは。ちょっと贅沢をしたいときにおすすめ。

そのほかにも、リーズナブルな「選べる鍋(飲み物1本、ご飯、デザート付)」のコースも豊富に用意。

「Aコース」(4,500円)の鍋は「若鶏の水だきor湯豆腐or豚の味噌煮込み鍋」。「Bコース」(5,500円)の鍋は「近江牛のすき焼きor近江牛のしゃぶしゃぶor海鮮みそちゃんこ鍋」。すべて、味・ボリューム共に満点の鍋だ。

店内には、2人から最大80人まで利用できる個室を用意。デートや宴会など、幅広く利用できるところも魅力といえる。

『円山公園』にある一軒家だけあって眺めは十分。目の前の竹林は、夜になるとライトアップされるので、昼間とは違った雰囲気も楽しめる

店舗情報
京料理・鍋料理 鳥久
電話予約をする
予約専用電話番号:075-561-0042
水炊き・しゃぶしゃぶ、鍋 / 四条河原町
京都府京都市東山区祇園町北側 円山公園内
● 都市営地下鉄「東山駅」2番出口より徒歩8分
● 京阪電鉄本線「祇園四条駅」9番出口より徒歩9分
● 京阪電鉄本線「三条駅」2番出口より徒歩10分
4,000~5,000円

「すっぽん」の鍋で、ちょっとだけ美人になってみる!?

4
ギヲン アシダ
ぎをん 蘆田
〔京都市東山区〕
すっぽん・うなぎ
四条河原町

『 ぎをん 蘆田』のおすすめ「すっぽん コース」

「すっぽん コース(すっぽん1匹分/約2人前)」(14,000円)。上質の「すっぽん」を佐賀県産や愛知県産を産地から直送している

鮮度抜群の「すっぽん」が自慢の『ぎをん 蘆田』。ヘルシーで栄養価の高い「すっぽん」こそ、実は女性にぴったりのひと品

そもそも「すっぽん」には、美肌効果が期待できるコラーゲンがたっぷり。しかも滋養強壮、貧血予防といった効果の期待できる成分もたっぷり。さらにコレステロールや中性脂肪を減らしてくれる作用があるなど、完全食品といえる。

さらに、こちらのお店の「すっぽん」は、注文を受けるごとに、生簀(いけす)から取りだして調理しているので、とっても新鮮。「スタミナをつけたい」という人から、「ちょっとだけ美人になりたい!?」と言う人まで、ぜひ味わってもらいたい鍋だ。

『 ぎをん 蘆田』のいちおし「うなぎ1匹コース」

「うなぎ1匹 コース(1人前)」(4,000円)。アラカルトメニューの「すっぽん鍋(1人前)」(3,000円)とのセットならスタミナ満点!

おすすめは、もちろん「すっぽん」の鍋。なかでも「すっぽん コース」(14,000円)なら、ラインアップするメニューも豊富。「活血」「造り」「唐揚げ」「鍋」「雑炊」「香の物」を堪能できる。しかも約2人前の量なので、1人7,000円とリーズナブル。

そのほかにも、アラカルトで1人前の「すっぽん鍋」(3,000円)も取りそろえる。「すっぽん」を初めて食べる人には、こちらもおすすめ。

ちなみに、「すっぽん」以外に、栄養価抜群の「うなぎ」も用意。「すっぽん」同様、注文ごとに生簀から取りだして調理する、こだわりの逸品だ。しかも「うな丼」のカロリーは「親子丼」の約2/3ほど。「すっぽん鍋」との組み合わせもおすすめ。

『 ぎをん 蘆田』の落ち着いた雰囲気のカウンター席

京都らしい落ち着いた雰囲気のカウンター席のほかに、小上がりの座敷席も用意。「すっぽん」初心者でも、気軽に楽しめるので安心

店舗情報
ぎをん 蘆田
電話予約をする
予約専用電話番号:075-531-6300
すっぽん・うなぎ、鍋 / ディナー、四条河原町
京都府京都市東山区祇園町北側347-92 双葉ビル1F
● 京阪電鉄本線「祇園四条駅」9番出口より徒歩4分
● 京阪電鉄本線「三条駅」2番出口より徒歩6分
● 阪急電鉄京都線「河原町駅」1A出口より徒歩7分
8,000~10,000円

歴史が息づく有形文化財と共に名物の「ゆどうふ」を堪能する

5
ナンゼンジ ジュンセイ
南禅寺 順正
〔京都市左京区〕
湯豆腐・湯葉
四条河原町

『南禅寺 順正』のおすすめ「ゆどうふ会席」イメージ

「ゆどうふ会席」(6,500円)。「八寸」「造里」「焚合」「焼物」「田楽」「進肴」「汁物」「御飯」「香物」「水物」「ゆどうふ」などを楽しめる(※写真はイメージ)

江戸末期にあたる天保十年に、医学校として開設された有形文化財『順正書院』。『東山南禅寺』のほとりに立つ歴史あるたたずまいはそのままに、飲食店として開業した『南禅寺 順正』。

おすすめの料理は、名物の「ゆどうふ」。こだわりの国産大豆はもちろん、京都の名水によって旨味を最大限に引き出した豊かな味わいは、ぜひ堪能したい逸品。

特製のたれとの相性もぴったり。口の中に広がる甘味と余韻に残る大豆の苦味。セットメニューも「ゆどうふ(花)」(3,000円)、「おてまえどうふ」(3,000円)など、お手頃な価格から用意しているので、気軽に楽しめるところも魅力。

『南禅寺 順正』のいちおし「ゆば会席」イメージ

「ゆば会席」(6,500円)。「先附」「八寸」「造里」「焚合」「焼物」「進肴」「汁物」「御飯」「香物」「水物」「ゆば鍋」などを楽しめる(※写真はイメージ)

そして、もうひとつのおすすめ料理が「ゆば」。糖度の高い大豆の品種と、高タンパクな国産大豆の品種をブレンドした「自家製豆乳」からつくる、こだわりの「ゆば」は、独特の食感と豊かな風味が特徴。豆乳を温めながら、自分でつくる楽しさは言うまでもなく、できたての「生ゆば」の味わいは、ぜひ満喫したい。

そのほかにも、季節の旬を活かした「京会席」もそろえているので、友人との会食から、ハレの日の食事まで、さまざまなシーンで選べるところもうれしい。

窓の外に広がる美しい庭園を眺めながらいただく贅沢なひと時。四季折々で変わる表情も季節ごとに楽しみたい。

『南禅寺 順正』の陽光が降り注ぐテーブル席

大きな窓から陽光が降り注ぐテーブル席。老舗ならではの風合いは残しつつも、親しみやすい明るい雰囲気も魅力といえる

店舗情報
南禅寺 順正
電話予約をする
予約専用電話番号:075-761-2311
湯豆腐・湯葉、鍋 / 四条河原町
京都府京都市左京区南禅寺草川町60
● 京都市営地下鉄「蹴上駅」2番出口より徒歩7分
● 京都市営地下鉄「東山駅」1番出口より徒歩14分
● 京都市営地下鉄「三条京阪駅」出入口1番より徒歩21分
3,000~4,000円(ランチ:3,000~4,000円)

銘柄鶏でつくる極上の「水たき」を京野菜と共にいただく

6
キョウヤサイトミズタキ ハナミドリ
京やさいと水たき 華味鳥
〔京都市下京区〕
水炊き
四条河原町

『京やさいと水たき 華味鳥』のおすすめ「味コース」

「味コース」(4,150円)。「小鉢二品」「華味鳥生ハムと親鳥たたき」「華味鳥水たき(ブツ切・つくね・切身・肝・野菜盛・卵雑炊orちゃんぽん麺)」「香物」のセット

「季節の京野菜」と「本場博多の水たき」を気軽に楽しめる『京やさいと水たき 華味鳥』。自慢は、店名にもなっている銘柄鶏「華味鳥」

「平飼い」の「華味鳥」は、キレイな空気の中、自然の日差しを浴びながら、自由に走りまわって成長。ストレスのない環境と、適度な運動によって、高品質の鶏に育っていくという。

おすすめは「博多伝統の華味鳥水たき」(3,650円)。「華味鳥」のガラのみを長時間煮込むことで、旨味もコラーゲンもギュッと凝縮されて、滋味深い濃厚な味わいのスープに。さらに「ぽん酢」も、「華味鳥」に合うようにつくったオリジナル。一緒にいただくと、その美味しさの相乗効果がわかるはず。

『京やさいと水たき 華味鳥』のいちおし「月替わりコース」

「月替わりコース(4月から10月までの限定)」。「先付け」「汁物」「お造り」「焼き物」「強肴」「油物」「〆」「甘味」のセット(※写真はイメージ)

また「水たき」を味わえるコースもさまざまラインアップ。「華味鳥生ハムと親鳥たたき」も付いてくる「味コース」(4,150円)。4人から注文できる「宴会コース」は6品の料理に「90分間飲み放題」が付いて5,000円と、リーズナブル価格。

もちろん「華味鳥」を堪能できるメニューは「水たき」以外にも豊富。「華味鳥 塩焼き」(680円)、「華味鳥のもも炙り焼き」(840円)、「華味鳥特製たれつくね」(620円)、「華味鳥の水たきとり天」(720円)など、いろいろ味わいたい。

そのほかにも、季節の京野菜を使った料理を楽しめる「月替わりコース(4月から10月までの限定)」といったコースもあるので、シーンにあわせて選びたい。

京都らしい「純和風」のインテリアが特徴的な店内。多彩な個室も用意しているので、大切な人とのディナーデートから、友人との会食まで、幅広く利用できる

店舗情報
京やさいと水たき 華味鳥
電話予約をする
予約専用電話番号:075-254-8770
水炊き、鍋 / 四条河原町
京都府京都市下京区立売中之町99 四条SETビルB1
● 阪急電鉄京都線「烏丸駅」13番出口より徒歩1分
● 阪急電鉄京都線「京都河原町駅」11番出口より徒歩2分
● 京都市営地下鉄「四条駅」1番出口より徒歩5分
4,000~5,000円(ランチ:1,000~2,000円)

『祇園・円山公園』の四季の移ろいを眺めながら贅沢な鍋を

7
キョウリョウリ シグレ
京料理 志ぐれ
〔京都市東山区〕
京料理
四条河原町

『京料理 志ぐれ』のおすすめ「寄せ鍋」

「かつお」と「昆布」の合わせダシでいただく「寄せ鍋」(6,400円)。「付き出し」「御飯」「香の物」「デザート」が付いてくる

京都の名勝『祇園・円山公園』の中にある、抜群のロケーションが魅力の『京料理 志ぐれ』。大正12年の創業以来、四季折々の旬の味覚を盛り込んだ「鍋料理」や「京懐石」を提供。たくさんの人に親しまれている京料理の老舗店だ。

おすすめは、豊富な種類の「鍋」。「京風うどんすき」を楽しめる「志ぐれ鍋」(4,200円)を始め、味噌ベースの「ちゃんこ鍋」(5,400円)、黒毛和牛の「すき焼き」(6,000円)や「しゃぶしゃぶ」(6,200円)、山海の幸を楽しめる「寄せ鍋」(6,400円)など、ラインアップは盛りだくさん。

春の桜、秋の紅葉…と、美しい季節の移ろいを眺めながら、ゆっくり食事を楽しむことができる。

『京料理 志ぐれ』のいちおし「湯豆腐弁当」

「湯豆腐弁当」(2,800円)。「小鉢」「前菜盛合せ」「湯どうふ」「天ぷら(かき揚げ、野菜)」「ご飯」「香の物」を楽しめる逸品

いちおしは、十数種類の「海の幸」「山の幸」をたっぷり盛り込んだ「寄せ鍋」(6,400円)。「かつお」「昆布」の合わせダシとの相性もぴったり。さまざまな味わいを一緒に楽しめるところも魅力といえる。

そのほかにも、「弁当」(2,500円~)、「御膳」(4,200円~)、「懐石料理」(8,200円~)など、取りそろえているメニューはいっぱい。しかも、すべてが豪華な雰囲気。なかには、ランチにも、ディナーにも楽しめる「湯豆腐弁当」(2,800円)といった、京都の風情を感じられるメニューも用意しているので、観光で訪れた際にも、ぜひ味わいたい逸品といえる。

店内には、完全個室も設置しているので、大切な人との食事にもおすすめ。

『京料理 志ぐれ』の心からくつろげる「和」の空間

心からホッとくつろげる「和」の空間。小上がり席を始め、テーブル席なども用意。友人との会食から宴会まで気軽に利用できるところも魅力

店舗情報
京料理 志ぐれ
電話予約をする
予約専用電話番号:050-5814-1704
京料理、鍋 / 四条河原町
京都府京都市東山区祇園町北側 円山公園内
● 都市営地下鉄「東山駅」2番出口より徒歩8分
● 京阪電鉄本線「祇園四条駅」9番出口より徒歩9分
● 京阪電鉄本線「三条駅」2番出口より徒歩10分
6,000~8,000円(ランチ:2,000~3,000円)

京都を代表する鍋「湯豆腐」を『清水寺』の近くで堪能する

8
キヨミズジュンセイ オカベヤ
清水順正 おかべ家
〔京都市東山区〕
湯豆腐
四条河原町

『清水 順正 おかべ家』のおすすめ「湯豆腐」

「湯豆腐」のコースは2,160円からラインアップ。そのほかにも「湯葉」のコースや、おぼろ豆腐、一品料理、季節の料理など、多彩な味わいをそろえる

京都を代表する鍋「湯豆腐」。京都を訪れたら絶対食べたい料理のひとつだ。

そもそも豆腐が「湯豆腐」として誕生したのは、京都『南禅寺』の精進料理が起源。もともとは現在のような出汁鍋で温めるスタイルではなく、焼き豆腐を煮た、いわゆる「おでん」のような料理だったそう。今でも『南禅寺』では、招待料理として提供されているとのこと。

そんな京都の名物「湯豆腐」をいただくなら『清水 順正 おかべ家』がぴったり。三年坂から『清水寺』にかけての風情ある町並みに建つこちらのお店では、店内でつくる豆腐を楽しむことができる。厳選する国産大豆で仕上げる味わいは、言うまでもなく折り紙つき。

『清水 順正 おかべ家』のいちおし「すき焼き」

鹿児島産黒毛和牛の「すき焼き」のコースは3,460円から用意。また「ハラール認証」のメニューについては、スタッフにご確認を

おすすめはもちろん「湯豆腐」。豆腐の甘味を引き立てながら、心地良い大豆の香りがふんわり口の中に広がる逸品。また奥深い味を引き出してくれる特製の専用ダレとの相性も抜群。コースメニューも豊富にそろえているので、ランチやディナーなど、シチュエーションに合わせてチョイスできるところもうれしい。

さらに、もうひとつのおすすめは「おてまえ豆腐」。自家製豆乳に、自身で「にがり」を加えて、できたて熱々の豆腐をつくるというひと品。できたての豆腐は、滅多に食べられない逸品だ。

そのほかにも、鹿児島産黒毛和牛の「すき焼き」を始め、ハラール認証を取得した「すき焼き」も用意。

ヘルシーで身体にやさしい「湯豆腐」で、ほっこり楽しもう。

『清水 順正 おかべ家』の店内

国の登録有形文化財に指定されている「五龍閣」など、敷地内の由緒ある建物の素晴らしさも、食事と共に体感することができるところも魅力

店舗情報
清水順正 おかべ家
電話予約をする
予約専用電話番号:075-541-7111
湯豆腐、鍋 / 四条河原町
京都府京都市東山区清水2-239
● 京阪電鉄本線「清水五条駅」4番出口より徒歩15分
● 京阪電鉄本線「祇園四条駅」1番出口より徒歩17分
● 阪急電鉄京都線「河原町駅」1B出口より徒歩20分
2,000~4,000円

京町屋風の空間で自慢の「かにすき」「かにちり」を満喫する

9
サッポロカニヤ キョウトテン
札幌かに家 京都店
〔京都市東山区〕
かに
四条河原町

『札幌かに家 京都店』のおすすめ「かに」メニュー

単品メニューの「かにすき」や「かにちり」は、「ずわいがに」(4.200円)、「本たらばかに」(5,000円)の2種を用意。好みで選べるところもうれしい

ベーリング海から直送する最上級の「本たらばかに」を始め、「ずわいがに」「毛がに」など、産地から寄り寄せる、鮮度も、品質も抜群の「かに」を存分に味わうことができる『札幌かに家 京都店』。

そもそも「かに」は、脂肪分が少なく、高タンパク低カロリーの食材だけに、健康を意識している女性や男性にもぴったり。

おすすめは、お店の看板メニューでもある「かにすき」。しっかり身の詰まった「かに」は、プリッとした歯ごたえはもちろん、素材そのものの味わいを十分に堪能できる。「秘伝のダシ」との相性も抜群だ。そのほかにも「こぶだし」で炊く「かにちり」も、もうひとつの看板メニューになっている。

『札幌かに家 京都店』のいちおし「ズワイかにすきコース<れぶん>」

「ズワイかにすきコース<れぶん>(全9品)」(5,500円)。「かにすき」の後は、旨味たっぷりの「雑炊」も堪能できる贅沢なコース(※写真はイメージ)

また「かにすき」「かにちり」を楽しめるコースも豊富。「ズワイかにすきコース<れぶん>(全9品)」(5,500円)なら、「かに豆腐」「かに造り」「かに酢」「かにすき」「かにつみれ」「雑炊」…など、「かに」づくしの料理を満喫できて、しかも4人以上なら、ひとりプラス2,200円で飲み放題も付けることが可能。宴会や会食にも最適。

なお「かにすき」初心者の人には、お手頃価格で楽しめる「かにすき御膳」もおすすめ。「ずわいかにすき御膳」(3,300円)は、「お通し」「かにすき」「香の物」に、セルフで楽しめる「雑炊」も付くので、ちょっとした会食にも便利。

京町屋風の趣のある空間で、存分に「かに」を味わおう。

『札幌かに家 京都店』の『京都市都市景観賞』を受賞した店構え

平成7年度『京都市都市景観賞(建築部門)』を受賞した京都市内最大級の店構えは圧巻。店内には、座敷、掘りごたつ、テーブル席の個室も設置

店舗情報
札幌かに家 京都店
電話予約をする
予約専用電話番号:075-541-1110
かに、鍋 / 四条河原町
京都府京都市東山区月見町2
● 京阪電鉄本線「祇園四条駅」7番出口より徒歩7分
● 阪急電鉄京都線「京都河原町駅」1B出口より徒歩10分
● 都市営地下鉄「東山駅」2番出口より徒歩11分
5,000~6,000円(ランチ:2,000~3,000円)

「鍋」も「鶏」もリーズナブルなコースでたっぷり満喫!

10
トリヒメ カワラマチテン
とりひめ 河原町店
〔京都市中京区〕
鶏料理
四条河原町

『とりひめ 河原町店』のおすすめ「塩ちゃんこ鍋」

鶏の旨味が身体に染みわたる、あっさり系の「塩ちゃんこ鍋」。コクのある味噌のダシが、鶏肉と相性抜群の「味噌ちゃんこ鍋」。どちらもおすすめ

「阿波尾鶏」「阿波すだち鶏」「日南鶏」「有田鶏」といった、さまざまな地鶏や銘柄鶏を楽しめる鶏料理の専門店『とりひめ 河原町店』。

「焼き」「蒸し」「揚げ」「造り」「煮込み」に加えて、「和」「洋」「中」「韓」「エスニック」…と、料理に合わせて鶏の種類を変えるというからスゴイ。

おすすめの「鍋」は「ちゃんこ鍋」。しかも「ちゃんこ鍋コース」(3,500 円)なら、「味噌ちゃんこ鍋」もしくは「塩ちゃんこ鍋」から選べて、さらに「蒸し鶏のネギ塩タレ」「大根と水菜のハリハリサラダ」「和風オムレツ きのこ餡」「鶏むね肉の葱まみれ」など全6品の料理に、「2時間飲み放題」付いてくる!

『とりひめ 河原町店』のいちおし「あご出汁香るゆず団子鍋」

旨味たっぷりのあご出汁が、ほっこりやさしい「あご出汁香るゆず団子鍋」。さっぱりとした「ゆず団子」風味が、心地よいアクセントに

そして、もうひとつのおすすめが「あご出汁香るゆず団子鍋コース」(4,000円)。こちらは「鍋」以外に、「蒸し鶏のネギ塩だれ」「大根と水菜のハリハリサラダ」「あつあつだし巻き」「ねぎまタレ・こころ旨塩の2串」「ほくほく里芋のあられ揚げ」など全9品の料理に、「2時間飲み放題」付き!

そのほか、韓国産とうがらしを使用した「とりひめの本格タッカルビ~チーズフォンデュで~(1人前 ※注文は2人前から)」(1,200円)も、定番人気となっている「鍋」メニューのひとつ。本場の味を再現した独自の旨辛タレに長時間漬け込んだ鶏肉を、新鮮な野菜と共にいただく逸品。

鶏づくしのメニューをたっぷり堪能しよう!

『とりひめ 河原町店』の幻想的でスタイリッシュな空間

幻想的な雰囲気をかもすスタイリッシュな空間。カウンター席を始め、ソファ席、掘りごたつ席、カップルシート、個室などを設置する

店舗情報
とりひめ 河原町店
電話予約をする
予約専用電話番号:075-212-1332
鶏料理、鍋 / 四条河原町
京都府京都市中京区河原町通四条上ル2丁目下大阪町350
● 阪急電鉄京都線「京都河原町駅」3番出口より徒歩2分
● 京阪電鉄本線「祇園四条駅」8番出口より徒歩5分
● 阪急電鉄京都線「烏丸駅」12番出口より徒歩7分
2,000~3,000円

京情緒あふれる空間で名物「豆乳湯豆腐」をゆっくり味わう

11
キョウリョウリ ギヲンニシサカ
京料理 ぎをん西坂
〔京都市東山区〕
湯豆腐
四条河原町

『京料理 ぎをん西坂』のおすすめ「湯豆腐御膳」

名物「豆乳湯豆腐」を味わえる「湯豆腐御膳」(2,800円)はランチのみのメニュー。なお「お造り」ナシは2,300円なので、気分でチョイスしよう

石畳の路に紅殻格子の町屋が並ぶ『祇園花見小路』。三代続いた老舗茶屋の跡地にあるにある『京料理 ぎをん西坂』は、海・山・川の旬の素材を活かした、料理長自慢の味わいを堪能できるお店。

おすすめは「豆乳湯豆腐」。ランチにも、ディナーにも注文できる、お店の名物鍋でもある。ひとりずつに運ばれてくる木箱の上フタを開けると、中に豆乳が張られ、そこには静かに浮かぶ豆腐が! 見た目のインパクトはもちろん、豆乳もそのまま飲むことができるなど、一品で二度味わえる面白いメニューだ。

京都で食べる「いわゆる普通の湯豆腐」に、少し飽きてしまったら、ぜひオーダーしてひて欲しい逸品といえる。

『京料理 ぎをん西坂』の見た目に美しい料理

厳選する旬の素材を用いて調理。料理長自慢のひと品は、美味しさだけではなく、心で通じ合う京料理に仕上げている

そのほかにも、四季折々の旬を満喫できる京料理は会席料理としてもラインアップ。京野菜から魚介類にいたるまで、新鮮であることは言うまでもなく、日本の四季を表現する見た目の美しさは、日本料理ならでは。

さらに「おもてなし」の心と共に提供する、素材の味わいを最大限に引き出した味わいは、贅沢なひと時を満喫することができる。しかも「祇園」という場所からすると、とってもリーズナブルなところも魅力だ。

なお、京都ならではお店らしく、舞妓さんをお願いすることも可能。観光を兼ねた食事から、ビジネスシーンでの会食まで、幅広いシーンで利用できる「知っていて損の無い一軒」だ。

店内には、テーブル席や座敷席を用意。敷居の高そうな印象もあるが、手軽に本物の京料理が味わえるので、気軽に訪れてみては

店舗情報
京料理 ぎをん西坂
電話予約をする
予約専用電話番号:075-533-2433
湯豆腐、鍋 / 四条河原町
京都府京都市東山区祇園町南側570-239 (祇園花見小路四条下ル東側)
● 京阪電鉄本線「祇園四条駅」7番出口より徒歩4分
● 阪急電鉄京都線「京都河原町駅」1B出口より徒歩7分
● 京阪電鉄本線「三条駅」2番出口より徒歩9分
4,000~5,000円(ランチ:3,000~4,000円)

本格的な「京料理」と「鍋料理」をリーズナブルに堪能する

12
シスイ
紫水
〔京都市中京区〕
京料理
四条河原町

『紫水』のおすすめメニュー例

「おしながき」は、定番のラインアップ以外に、季節やその日の仕入れによって登場するメニューも。まずは「その日のおすすめ」を聞いてみよう

木屋町エリアの高瀬川沿いにある『紫水 京都木屋町』。これまでの「京都で外食=敷居が高い=ちょっと高価」というイメージを払拭してくれる本格和食店だ。

京都の地で育った「京なすの揚げ浸し」や「万願寺唐辛子焼き」など、京野菜でつくる「おばんざい」から、湯葉料理、鮮魚料理、「京丹波鳥のグリル」といった焼き物まで、「京都の味とお酒をカジュアルに楽しんでもらいたい」と、予算はひとり3000円ほどと、とってもリーズナブル。

とはいえ味はもちろんお墨付き。店主は、地元の日本料理店を始め、和食の料理人として20年以上の経歴を持つ職人。素材の持つ味わいを最大限に引き出す料理に、ファンも多い。

『紫水』のおすすめ「もち豚と京水菜のはりはり鍋」

「もち豚と京水菜のはりはり鍋」(880円)など、自慢の「鍋」が勢ぞろい。「鍋」の締めには「雑炊」(200円)、「うどん」(200円)も忘れずに

おすすめの「鍋」も、とってもリーズナブル。「京都の湯葉豆腐」(780円)、「もち豚と京水菜のはりはり鍋」(880円)、「チゲ鍋」(880円)、「モツ鍋」(880円)…と、種類も豊富。しかも超お値打ち価格

さらに「鍋」と一緒に楽しみたい日本酒もバラエティー豊か。「古都千年」「松の司」を始めとする、京都府と滋賀県の蔵元に絞った銘酒は、ぜひ味わいたい逸品。また「素材の旨味を引き立てあう組み合わせ=京湯葉と古都千年のペアリング」といった、店主のおすすめペアリングも用意しているので試してみては。

河原町界隈で「この地らしい美味」をリーズナブルに楽しみたい人は、ぜひ候補に入れたい一軒だ。

『紫水』の掘りごたつ席

掘りごたつ席やカウンター席のほかに、10人まで利用できる完全個室も設置。シチュエーションによって選べるところもうれしい

店舗情報
紫水
電話予約をする
予約専用電話番号:050-3759-9957
京料理、鍋 / 四条河原町
京都府京都市中京区木屋町通三条上ル上大阪町528 遊里香ビル4F
● 京都市営地下鉄「京都市役所前駅」1番出口より徒歩2分
● 京阪電鉄本線「三条駅」7番出口より徒歩3分
● 京都市営地下鉄「三条京阪駅」出入口2番より徒歩4分
3,000~4,000円
更新

エリアで探す

料理ジャンルで探す

利用シーンで探す

グルメニュース

美味ごはんTOPへ>>