東京駅近ならこの店がおすすめ! 東京駅ディナーにぴったりの10店

東京駅ディナー特集

※新型コロナウイルス感染症拡大防止対策および緊急事態宣言に伴う要請により、臨時休業、時短営業等、掲載内容と異なっている場合がございます。お出かけの際は店舗までご確認いただくことをおすすめします

東京の玄関口といえば「東京駅」。ビジネス、旅行、ショッピング…さまざまな目的をもった人たちが行き交うこの街は、美味しい店も充実。電車の出発に合わせてサクッとごはんから、ゆっくりと一流のおもてなしを受けるディナーまで、どんなシチュエーションにも対応してくれます。

一日の締めくくりとなるディナーを満足で終わらせる名店がずらりと揃う東京駅エリア。お店もジャンルも多くて迷ってしまう・・・そんな人たちに一度は行ってほしいお店をご紹介します。

肉とワインを堪能できるリバーサイドの隠れ家的なバル

1
BarBies Grill
〔東京駅、日本橋〕

『BarBies Grill』の「今夜の和牛塊肉」

塊のまま炭火焼してバターオイルで仕上げた「今夜の和牛塊肉」(200gから)

国内外のグルメなお店が集まる東京駅近くにありながら、ちょっとオシャレで、騒がしさとは違う“賑やかさ”に満ちているバルがある。

日本橋川沿いのリバーサイドに佇む『BarBies Grill』は、和牛赤身肉のステーキや生肉のオリジナルメニューを堪能できる肉&ワインバル。LAの倉庫のようなモダンな空間で、グルメな大人たちが集まる一軒として注目を集めている。

さまざまな肉料理のなかでも、「生食用食肉取扱」の認定を受けたからこその「生肉」料理がおすすめ。鮮度抜群の「和牛カルパッチョ」や、新感覚の「揚げないひとくちメンチカツ」など、肉の旨味をダイレクトに楽しめる逸品ぞろい。他店とは違うディナーを楽しみたいときに最適!

『BarBies Grill』の「和牛のタルタルステーキ」

ワインとの相性抜群の「和牛タルタルステーキ」。バケットとともにいただこう

イチオシは厳選した赤身を塊のまま、低温調理しオーブンで焼いてから、炭火でじっくり焼き上げ、さらにスモークし溶かして、バターオイルでジューシーに仕上げたという「今夜の和牛塊肉」。その日の仕入れによって価格が替わるのもドキドキ。ワインと相性ぴったりのイタリアンメニューも揃う。

ディナーには「カジュアルコース」(5,500円)や「エレガントコース」(7,150円)など3種を用意しているので、初めてならまずはコースをオーダーしたい。

カリフォルニアをはじめとしたニューワールド中心のワインは約120種。店内のワイン室にずらりと並ぶ様子は圧巻。ワインに詳しい人なら自ら選んでみても。もちろん、スタッフに料理と相性のいい1本を選んでもらうのもいい。

『BarBies Grill』の店内

リバーサイドの席はディナータイムに最適な特等席

店舗情報
バービーズグリル
BarBies Grill
電話をかける
電話番号:050-2019-0959
肉バル、ワインバル/東京駅、ディナー
東京都中央区日本橋本石町1-1-9 新日本橋ビル1F
東京メトロ各線 三越前駅 B5出口より徒歩1分
東京メトロ各線 日本橋駅 A4出口より徒歩3分
JR各線 東京駅より徒歩5分
ディナー:5,000~6,000円

地上36階からの絶景を眺めながらフレンチを楽しむ天空レストラン

2
レストラン モナリザ 丸の内店
〔東京駅、丸の内〕

モナリザの料理

メニューの一例「焼き松茸と牛フィレ うにのリゾットのコンビネーション すだちの香りで」。風味や香りの重ね方が繊細で、食べ進むに従って、味わいが変わっていく

東京駅すぐ、『丸ビル』最上階は、国内外を代表するグルメな店が並ぶフロア。2004年の開業時から変わらぬ人気を誇る『モナリザ』は、ミシュランの星を獲得したフレンチレストラン東京駅エリアでの記念日ディナーなら最も相応しいのがこのお店。

フレンチの巨匠、ジョエル・ロブション氏の愛弟子でもあるオーナーシェフ・河野透氏の料理や思いを受け継ぎつつも、丸の内店ならではの独特の感性やエッセンスをプラス、進化したフレンチを楽しめる。

厳選した旬の食材をまるで絵画のように皿の上に表現。その皿も河野シェフ自らがデザインしたものというからまさにアート。生産者の思いを汲み取りつつ、経験に裏打ちされたセンスで構築していく料理は繊細かつ驚きに満ちている。

モナリザの店内

東京の景色を独り占めしているかのような気分になれる。季節の移ろいを料理でも、景色でも感じられる贅沢なグルメレストラン

ソムリエがセレクトしたワインとの相性は抜群。フランスに限らず、スペイン、イタリア、アメリカなど、絶対の自信をもっておすすめするものばかり。

最上階レストランの特徴を最大限に活かした空間で、窓際は全面ガラス張り。窓の外に広がる絶景が主役とばかりに、店内は白を基調にまとめた洗練された空間。ディナータイムの始めには夕暮れのグラデーションに包まれ、きらめく夜景を見下しながら食事を楽しめる。これ以上の贅沢はないと思える演出だ。デートや記念日ディナーはもちろん、グルメな女子会や接待ディナーなどにも最適。

モナリザの夕暮れ

夕暮れの美しさは格別。春夏なら早い時間にディナーを開始すれば、この特別な時間を過ごすことができる

店舗情報
レストラン モナリザ マルノウチテン
レストラン モナリザ 丸の内店
電話をかける
電話番号:03-3240-5775
フレンチ/東京駅、ディナー
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング36F
東京メトロ丸ノ内線 東京駅より徒歩1分
JR線 東京駅 丸の内口より徒歩2分
東京メトロ各線 大手町駅より徒歩3分
ディナー:15,000円

パリで人気のネオビストロが移転!東京駅スグで楽しむ絶品フレンチ

3
Le Beurre Noisette
〔東京駅、二重橋〕

『ル『ル・ブール・ノワゼット』コース

レストランエリアでは、一流シェフの料理をコースで堪能

パリ15区に本店を構えるネオビストロの東京店が『銀座三越』から丸の内に移転。場所は東京駅より徒歩3分ほどの『二重橋テラス』。まるでヨーロッパのような丸の内仲通りを歩けば、東京駅近くということを忘れてしまいそう。

コンセプトは「みんなが楽しめる美食」。伝統的なフランス料理をベースに、ティエリー・ブランキシェフの創意工夫をプラスした、新しく美しい料理の数々は、素材そのものの美味しさをシンプルに活かしたものばかり。

『ル・ブール・ノワゼット』肉料理

「シャルキュトリー盛り合わせ」などの肉料理も豊富。ワイン片手に楽しみたい

店内は気軽に立ち寄れるワイン&タパスのバルエリアと、ゆっくりと過ごせるレストランエリアに分かれている。

大きな窓から陽光が差し込むバルフロアは、モダンなインテリアに彩られた温かみあふれるカジュアルな空間。ディナータイムには、旬の食材を用いた20種以上のタパスと厳選されたワインを気軽に楽しめる

本格的なフレンチディナーを堪能したいなら、レストランエリアへ。厨房を眺めながら本格フレンチを楽しめるカウンターを配した特別な空間で、シェフの織り成す世界観をコースで味わえる。プリフィクスコースの5,500円、フルコース8,250円を用意。この立地、味わいでこの価格は驚くほどリーズナブル。東京駅エリアでとっておきのディナー時間を過ごそう。

『ル・ブール・ノワゼット』店内

キッチンの様子を見ることができるレストランエリアのカウンター席は特等席

店舗情報
ル・ブール・ノワゼット
Le Beurre Noisette
電話をかける
電話番号:03-6275-6007
フレンチ、ワインバル /東京駅、ディナー
東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビル『二重橋スクエア』1F
東京メトロ日比谷線 日比谷駅より徒歩1分
JR線 東京駅 6番出口より徒歩3分
レストラン:7,000円/バル:4,000円

個性豊かなクラフトビールを飲み比べ!東京駅の夜が楽しくなるビアハウス

4
BEER HOUSE 森卯
〔東京駅〕

「本日の飲み比べ3種」

いろいろなタイプのクラフトビールを味わいたいなら「本日の飲み比べ3種」(1,350円)がおすすめ

東京駅を出発直前まで美味しい料理やお酒を楽しみたい人に最適なのが駅内の飲食店街『東京グルメゾン』。なかでも美味しいビールを飲みたいなら『BEER HOUSE 森卯』へ。

店名の“森卯”とは 『ニユートーキョー』の原点に由来。明治初期に函館で海産物問屋として創業した『森卯商店』が後に東京へ移り、新宿にビヤホールを開店。有楽町で80年以上に渡りビヤホールを運営してきた。

クラフトビールは全8種。「ペールエール」「隅田川ビタースタウト」などの定番と「ねこパンチウィートエール」といった変わり種を用意。「隅田川飲み比べ3種」「本日の飲み比べ3種」もあるので、いろいろと試してみたい。ほかにも、ハイボールやカクテル、ワインも豊富に揃う。

「骨付き肉コンボ」

迫力の「骨付き肉コンボ」は、国産牛スペアリブ、骨付きももグリル、ポークチョップの盛り合わせ。ビールがとまらない!

ディナーのイチオシは、『森卯商店』の創業地・函館から届く海産物を使ったメニュー。「本日入荷の海鮮しゃぶアヒージョ」「函館海鮮合盛りカルパッチョ」など、オリジナリティー豊か。どの料理もビールとの相性抜群!

ど迫力の肉料理は、赤身・ミスジ・ハラミなどを溶岩石で焼き上げるグリルがオススメ。「今日のグリル盛り合わせ」は300gで2,950円とお手頃。旬野菜の旨味をシンブルに味わえるサラダ、ピザなど、みんなでシェアしたい。

店内は広々と142席!40人まで利用できる個室もあるので、宴会や歓送迎会にもぴったり。利便性の高い東京駅直結なので、いつでも気軽にディナーを楽しもう。

『BEER HOUSE 森卯』店内

ダークブラウンの木目調とレンガが温かみを感じさせる店内。店内奥には完全個室も完備。みんなでワイワイと過ごすのに最適

店舗情報
ビアハウス モリウ
BEER HOUSE 森卯
電話をかける
電話番号:03-3211-1967
クラフトビール、ビアハウス/東京駅、ディナー
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街2F 東京グルメゾン内
JR各線 東京駅 八重洲北口より徒歩1分
ディナー:3,000~4,000円

女子会にもぴったり!鉄板料理×フレンチ=鉄板ビストロ!

5
bar a vin ROTI
〔東京駅、二重橋〕

『bar a vin ROTI』のコース

どの料理も本格的なのに飲み放題付き5,000円のコースは間違いなくオトク!

東京駅より徒歩5分、丸の内『東京二重橋スクエア』に2019年にオープンした鉄板ビストロ。

『ROTI(ロティ)』とは、フランス料理の”焼くこと”や”焼いたもの(ロースト)”を指す言葉。その名の通り、この店では「フレンチ鉄板ビストロ」として、カジュアルフレンチとワインを味わえる

カウンター内の極厚鉄板で焼き上げた逸品は、まさに極上グルメ。ビストロだけあって比較的小さめポーションの前菜から、肉料理、揚物、ロティまで、ワインと相性のいいメニューが充実。素材の味を生かすように調理しているので、シンプルな美味しさが伝わる。味の決め手のソースももちろんシェフの腕の見せ所!それでいてかなりリーズナブルなのがうれしい

『bar a vin ROTI』の「ベートーベンの鉄板ナポリタン」

インスタ映え間違いなしの「大人のナポリタン」

コースは飲み放題付きで5,000円から。基本の「5,000円宴会コース」なら、「本日の魚料理」と「牛ステーキ」のダブルメインと豪華。さらに肉ラバーにたまらないのが「肉盛りコース」。リエットにはじまり、「鶏の砂肝のアヒージョ」「地中海風若鳥のロティ」「アンガス牛サーロイン」などが含まれる。

ワインはグラスでも、泡1種、赤4種、白4種と充実。料理ごとにペアリングを変えてみても。

また、見ているだけでもワクワク楽しくなる盛り付けもこの店の特徴。偉人の顔を描いた皿に盛りつける「偉人シリーズ」は、「大人のナポリタン」など、SNS映え間違いなし!

ワイン片手に、みんなでワイワイと楽しみたいディナーはここで!

『bar a vin ROTI』の店内

東京駅近くとは思えない、都心の喧騒を忘れさせてくれる落ち着いた雰囲気。ゆったり座れるベンチソファー席が人気

店舗情報
バール ア ヴァン ロティ
bar a vin ROTI
電話をかける
電話番号:050-2019-3658
東京駅、丸の内/フレンチ、鉄板焼
東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビルB1
東京メトロ日比谷線 日比谷駅 B7出口より徒歩1分
東京メトロ千代田線 二重橋前駅 1番出口より徒歩1分
JR各線 東京駅 京葉線6番出口より徒歩2分
ディナー:4,000~5,000円(ランチ:1,000~2,000円)

東京駅すぐ!カジュアルスタイルのフレンチレストラン

6
LE REMOIS
〔東京駅、新丸ビル〕

『ル・レモア』の料理

素材そのものの美味しさが引き立つ、シンプルなビストロ料理。ちょっと濃い目の味付けなのでワインがすすむ

もう少しカジュアルな雰囲気・価格でフレンチディナーを楽しみたい」、そんな時には新丸ビル5階の『LE REMOIS(ル・レモア)』へ行くべし。柳舘功シェフによるネオ・ビストロだ。

店名はフランス・シャンパーニュ地方のランスに住む地元っ子のこと。カスレなどフランスの伝統的な郷土料理をベースに、シェフならではのエッセンスを加える。洗練されているのに、素朴でどこか懐かしいというバランスが面白い。「鴨のコンフィ」「牛バラ肉の赤ワイン煮込み ブルゴーニュ風」といった一品料理とグラスワインで、気軽にディナーを楽しみたい。

『ル・レモア』の鴨のコンフィ

旬の野菜にも鶏の旨味が染み込んだ「シャラン産鴨のもも肉のコンフィ」は、定番料理のひとつ

もちろんディナーコースも用意。ディナーの相手やお腹の空き具合によって、自在に調整できるのもうれしい。

さらにこだわりのワインは、グラス800円から

本場フランスから取り寄せたというスタンディングカウンターもあるので、ひとりディナーでも問題なし。大人が知っておきたい本物のビストロ。

『ル・レモア』の店内

まるでパリの街角にあるかのようなオシャレで温かみあふれるビストロ

店舗情報
ル・レモア
LE REMOISクーポンあり
電話をかける
電話番号:050-2019-0848
ネオビストロ/東京駅、ディナー
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング5F
東京メトロ丸ノ内線 東京駅より徒歩1分
JR線 東京駅 丸ノ内北口より徒歩2分
東京メトロ千代田線 二重橋前駅より徒歩3分
東京メトロ半蔵門線 大手町駅より徒歩3分
ディナー:5,000~7,000円

野菜と豚肉でビタミン補給!東京駅近でオトナ女子会ならここ!

7
いふう 丸の内店
〔東京駅、丸の内〕

『いふう 丸の内店』のコース

「18種の野菜と4種のお肉のサムギョプサル食べ放題」など、ヘルシーでボリューム満点のコースメニューが充実。飲み放題付きプランがおすすめ

ディナーとなると、和食や洋食になりがちだが、野菜もたっぷり摂取できるモダンな韓国料理もオススメ

東京駅より徒歩5分ほど、国の重要文化財『明治生命館』に隣接する『丸の内 MY PLAZA』にある『韓式炉端 いふう』は、“食べて心も体もキレイになろう”という「美食同源」がコンセプト。女性が中心のディナーにはぴったり。

伝統的な韓国料理をベースに、日本人向けにアレンジ。辛すぎないので食べやすい。一番人気は「18種野菜と4種お肉のサムギョプサル食べ放題」。厚切りの豚バラ肉は4種の味付けを用意。ビタミンBたっぷりの豚肉に、大根、ルッコラ、ホワイトセロリなどをのせ、さらにサンチュやサニーレタスといった葉野菜で巻いてパクッといただく。制限時間100分で1人2,178円というのはお得!

『いふう 丸の内店』の野菜

韓国料理はとにかく野菜たっぷり!日頃の野菜不足を感じたなら、気軽に訪れたい。

さらに宴会コースなら、「サムギョプサル食べ放題と参鶏湯のWコース」といったバリエーションもある。女子会人気が高いのも納得だ。

韓国直輸入の生マッコリやビオワインなど、アルコールも身体に優しいものを用意。食べてキレイになりたいときのディナーにはうってつけ!

『いふう 丸の内店』の個室

モダンでオシャレなテーブル席、しっとり落ち着いた雰囲気の完全個室もあり。宴会や接待にも利用したい

店舗情報
イフウ マルノウチテン
いふう 丸の内店
電話をかける
電話番号:050-2019-0148
韓国料理/東京駅、ディナー
東京都千代田区丸の内2-1-1 丸の内マイプラザB2
東京メトロ千代田線 二重橋前駅 1番出口より徒歩1分
JR各線 東京駅 京葉線6番出口東側より徒歩2分
東京メトロ日比谷線 日比谷駅 B7出口より徒歩2分
ディナー:3,000~4,000円

山形の恵みとぬくもりに出合える和みのディナー

8
Daedoko
〔東京駅、丸ビル〕

『Daedoko』芋煮

あえてアレンジを加えず基本に忠実な「いも煮」は、じんわりと温かい気持ちが広がるおいしさ。老若男女を問わず、多くのテーブルでほぼ注文される一品だとか

東京駅エリアでディナーというと、真っ先に思い浮かぶのが美食レストランが集まる丸ビル。その5階にある『Daedoko』は、山形・天童温泉の老舗旅館『桜桃の花 湯坊いちらく』が営む“山形バール”。米沢牛と旅館で醸造した地ビールがメイン。「山形の食材や魅力をもっと知ってほしい」という思いが込められている。

料理は伝統的な郷土料理のみならず、ちょっとアレンジを加えたものも並ぶ。例えば、蕎麦処・山形の味わいをそのまま堪能できる「山形の板そば」から、ホクホクした食感の「秘伝豆のずんだコロッケ」まで、バリエーションの幅も広い。

『Daedoko』そば

メニュー一例。伝統的な山形のそばに、たっぷりの野菜をプラスするなど、女性にうれしいアレンジも

ディナーコースは「おまかせコース」がオススメ。季節の旬食材や米沢牛などを盛り込んだ内容で全7品、4,950円という充実の内容。美味しいものを少しずつ楽しめるので、初めて山形郷土料理を口にする人にぴったり。

単品料理も「山形牛角煮の贅沢肉じゃが」や「米沢牛の出羽桜酒粕味噌煮込み焼き」など、贅沢さと素朴さを兼ね備えた逸品がずらり。

店内は、山形の彫刻家・松田重氏の作品が飾られていたり、ワイナリーの木箱の焼印を欄間部分にはめてあったりと、店内の細部にまで山形色を散りばめている。モダンな空間でいただく山形郷土料理のディナーも楽しそう。

『Daedoko』店内

少人数ならオープンキッチンの活気を感じられるカウンター席がオススメ。個室はないがボックスソファー席なら、プライベート感を保てる

店舗情報
ダエドコ
Daedoko
電話をかける
電話番号:03-3212-3313
山形バール/東京駅、ディナー
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル6F
東京メトロ丸ノ内線 東京駅より徒歩1分
JR線 東京駅 丸の内南口より徒歩2分
ディナー:3,000~5,000円

蔵元の地酒と山陰郷土料理を味わう大人のディナータイム

四季と酒の蔵 稲田屋 日本橋店閉店
〔東京駅、日本橋〕

『稲田屋 日本橋店』のディナーコース『稲田屋 日本橋店』のディナーコース

国立公園大山の伏流水で仕込んだ自慢の地酒と四季折々の旬な料理を提供。利酒師がおすすめの日本酒を教えてくれるので安心

東京駅・八重洲口から徒歩3分。オフィス街の中にありながら、しっとりと落ち着いた雰囲気の和食居酒屋。古民家・酒蔵をイメージしたという店内は、ゆったりとした空間で、白木の温もりあふれる癒しの一軒。都心の慌しさを忘れて、ゆっくりとディナーを楽しめる。

ここ『稲田屋』は、1673年創業の鳥取の老舗酒蔵『稲田本店』がプロデュース。旬の食材を用いた山陰地方の郷土料理と、蔵元の日本酒「稲田姫」を存分に味わえる。

『稲田屋 日本橋店』の座敷

座敷席、掘りごたつ席、テーブル席など多彩な席を用意。全105席もあるので、大人数でのディナーにもオススメ

鳥取の名産といえば、厳しい日本海の荒波で育った魚介類。紅ズワイ蟹やノドグロをはじめ、入荷状況によっては松葉蟹やゲンゲなどの希少な食材も提供

また、大山鶏や鳥取牛など上質な肉、さらに地元で長年に渡り愛されている「魚醤」や地元農家とコラボした漬物など、ここでしか食べられない料理もずらりと並ぶ。

東京駅近くという利便性の高さから、宴会や接待にも最適。お手頃な「会席 歓~よろこび~」は飲み放題付で5100円!本格的な和食と自慢の日本酒をこの価格で注文できるとは! ディナー後にもう少し飲みたいというときにオススメの「二次会プラン」もあり。気軽にふらりと立ち寄りたい。

『稲田屋 日本橋店』の外観

東京駅すぐのビル内にあるとは思えない店構え。しっとりと落ち着いた雰囲気は大人ディナーにどうぞ

店舗情報
シキトサケノクラ イナダヤ ニホンバシテン
四季と酒の蔵 稲田屋 日本橋店
居酒屋、和食/東京駅、ディナー
東京都中央区日本橋2-3-4 日本橋プラザビル1F
東京メトロ銀座線 日本橋駅 B3出口より徒歩1分
JR線 東京駅 八重洲北口より徒歩3分
ディナー:4,000~6,000円

東京駅の周辺は、高級感漂う丸の内エリア、リーズナブルに楽しめる八重洲、老舗がひっそり佇む京橋エリアと、さまざまな特徴があります。その日の気分や相手に合わせて、ディナーを選べるのもうれしいですよね。

更新

エリアで探す

料理ジャンルで探す

利用シーンで探す

グルメニュース

美味ごはんTOPへ>>