おいしい料理で秋のモヤモヤ気分を吹き飛ばそう! 『塚田農場』新メニュー誕生!

《実食!》『塚田農場』新メニュー誕生! おいしい料理で秋のモヤモヤ気分を吹き飛ばそう!

寒くなったり、暑くなったり、雨が降ったり、晴れたり、曇ったり…。
落ち着かない天気が続く今日この頃。

本格的な秋を迎える10月は、夏の疲れが出やすい時季。体調管理には気をつけたいもの。

そして秋といえば「なんだかやる気がしない」…など、夏の楽しさの反動からか、どうしてもネガティブな気分になりがち。

そんな気持ちのふさぐ「メランコリー」なときは、おいしい料理をたくさん食べて、パワーも、エネルギーも、スタミナもいっぱいチャージしましょう!

ということで「さよならメランコリー♪キャンペーン」を実施している『塚田農場』の「秋の新メニュー試食会」にお伺いしました。

「塚田農場」のキャンペーンポスター

今回お披露目されたのは、10月から登場する新商品の中のほんの一部。


■「骨付き塚田焼 (薬味5種盛り付き)」(1,980円)

「塚田農場」の「骨付き塚田焼」

地鶏の骨付きもも肉を、そのまま炭火で豪快に焼き上げた逸品。そもそも鶏肉は「骨から切り離した時点から鮮度が落ちていく」ため、切り分けるのはお客さんの目の前。300グラムの地鶏がジューっと音を立てながらカットされていく光景は迫力満点。

「塚田農場」の「骨付き塚田焼」
「塚田農場」の「骨付き塚田焼」

ボリュームだけではなく、エンターテインメントとしても十分に楽しめます。脂たっぷりの旨味、あふれ出すジューシーな肉汁、しっかりとした弾力のある肉質…すべてが絶品。今回の目玉商品というだけあって、肉食女子も大満足のガッツリ楽しめるひと品です。


■「薬味5種盛り」(150円)

「塚田農場」の「薬味5種盛り」

地鶏の味わいをより一層引き立ててくれる「薬味セット」も新登場(「骨付き塚田焼」と「つまみしゃぶ」にはセットとして提供)。ラインアップは「大根おろしポン酢」「生七味」「ねぎ生姜」「バジル」「にんにく味噌」の5種類。

「塚田農場」の「薬味5種盛り」
「塚田農場」の「薬味5種盛り」

「ちょい足し」感覚で、旨味の相乗効果や、味わいの変化を楽しめます。ちなみに「バジル」で食べると、どこかイタリアンなテイストになって面白いです。風味もガラっと変わるので、変化を求めたいときにおすすめ。


■「つまみしゃぶ (薬味5種盛り付き)」(880円)

「塚田農場」の「つまみしゃぶ」

「おつまみ」感覚で楽しめる手軽な「しゃぶしゃぶ鍋」です。コンセプトは「スープと薬味と一緒に食べられる地鶏のしゃぶしゃぶ」。まずはニンニクとショウガをきかせた鶏だしのスープをそのままひと口…うーん美味。

「塚田農場」の「つまみしゃぶ」
「塚田農場」の「つまみしゃぶ」

次に地鶏のむね肉をサッとくぐらせて白髪ネギをトッピング。地鶏ならではのモチっとした食感と旨味を堪能できます。もちろん「薬味5種盛り」で、さまざまな味わいを楽しみながら「好みの味」を探してみましょう。最後は地鶏の旨味が染み出したスープに白髪ネギを入れていただきます。


■「チョイスサラダ(ベーシックチョイス)」(580円)

「塚田農場」の「チョイスサラダ」

自分で好きな食材を選べる大人気の「カスタムサラダ」も初登場。組み合わせはなんと4,320通り! 「ベース(2種)」「トッピング(3種)」「ドレッシング(1種)」を専用のオーダーシートに記入するだけ。

「塚田農場」の「チョイスサラダ」
「塚田農場」の「チョイスサラダ」

ちなみに「地鶏生ハム」や「焼きベーコン」などプラス料金で追加できる「プレミアム」も用意しているので気分に合わせて選びましょう。もちろん野菜は『塚田農場』の契約農家が育てたこだわりの露地物ばかり。季節によって野菜のラインアップも替わるので、いつも違うサラダが楽しめるところも面白い。


■「地鶏と彩り野菜のアチージョ」(980円)

「塚田農場」の「地鶏と彩り野菜のアチージョ」

鶏の旨味をギュッと凝縮した「鶏油(チーユ)」のオリジナルアヒージョに、とろ~りたっぷりの2種のチーズをかけた『塚田農場』ならではの新メニューも誕生。プリッとした地鶏はもちろん、レンコン・ジャガイモ・ブロッコリーなどのゴロゴロ入った彩り鮮やかな野菜との相性も抜群。

「塚田農場」の「地鶏と彩り野菜のアチージョ」
「塚田農場」の「地鶏と彩り野菜のアチージョ」

しかも「鶏油(チーユ)」で仕上げているので、しつこさも無く、胃もたれしないところが特徴です。女性にもぴったり! また最後の一滴までおいしくいただける「バゲット」(150円)も用意。こちらもおすすめです。


■「レバ辛揚げ」(380円)

「塚田農場」の「レバ辛揚げ」

四川風のオリジナルスパイス「塚田のレッドクリスピー」で仕上げる「レバ辛揚げ」。唐辛子の旨味を感じる特製スパイスと、クセの無いレバーの組み合わせは絶品。

「塚田農場」の「レバ辛揚げ」
「塚田農場」の「レバ辛揚げ」

見た目よりもマイルドな味わいなので「辛い料理が苦手な人」はもちろん、「レバーが苦手という人」にもおすすめのひと品です。価格も「380円」と、コストパフォーマンスも抜群。ビールのお供におすすめのスパイシーな唐揚げです。


■「月見ステーキ®」(680円)
■「チーズたっぷり えのきステーキ」(780円)

「塚田農場」の「月見ステーキ®」と「チーズたっぷり えのきステーキ」

累計約110,000食を売り上げた『塚田農場』の人気秋限定メニュー「月見ステーキ®」が今年も登場。エノキの甘味とシャキシャキした食感、そこにからむ卵…じゅわっと口に広がる旨味を楽しめます。

「塚田農場」の「チーズたっぷり えのきステーキ」
「塚田農場」の「月見ステーキ®」

さらに今回は、たっぷりブレンドチーズをかけた新味が誕生。エノキの香ばしさと、まろやかなチーズの旨味が見事にコラボレーション。どちらもおすすめのメニューです。


■「舞茸ごはんの肉巻おにぎり」(1個350円)

「塚田農場」の「舞茸ごはんの肉巻おにぎり」

宮崎名物「肉巻おにぎり」(290円)をバージョンアップ! グルッと巻いた豚肉のなかには、旬の舞茸が香るごはんがたっぷり。特製醤油の芳醇な味付けも食欲をそそります。

「塚田農場」の「舞茸ごはんの肉巻おにぎり」
「塚田農場」の「舞茸ごはんの肉巻おにぎり」

お酒を飲んだ後の「締め」にはもちろん、お酒のお供としてもおすすめできる、秋ならではの逸品です。


そのほかにも新商品のラインアップは盛りだくさん。

低温調理で仕上げる「しっとりむね肉(おろしポン酢、よだれ鶏)」(各650円)、鶏のスープ茶漬け「鶏飯」(380円)、プルプルのホルモンを卵にからめていただく「おつまみ焼きホルモン」(750円)など、半分以上のメニューがさまざまなカタチで入れ替わりました。

「塚田農場」の「しっとりむね肉(よだれ鶏)」
「塚田農場」の「鶏飯」

もちろん自慢の「九州の焼酎」にぴったりの「砂肝の醤油漬け」(380円)、「自家製もつ煮込み」(480円)といった酒肴メニューも豊富にそろえています。

「塚田農場」の「砂肝の醤油漬け」
「塚田農場」の「自家製もつ煮込み」

さらに今後は、季節限定のメニューも登場していくそうです。

これまで『塚田農場』に行ったことのない人はもちろん、「最近、行ってないかも…」という人も、新しいメニューをぜひ体験してください。

きっと新生『塚田農場』のファンになるはずですから。

「塚田農場」のメニューブック



なお『塚田農場』では、現在「さよならメランコリー♪飯テロ動画リツイートキャンペーン」を開催中!

「塚田農場」のキャンペーン動画イメージ

2018年10月1日から『塚田農場』の公式Twitterアカウントに投稿される「飯テロ」動画をリツイートすると「メランコリー」な気分を撃退する秋限定おすすめメニュー体験クーポンチケットを抽選で合計20,000名様にプレゼント!

「塚田農場」のキャンペーンイメージ

詳しくはキャンペーンサイトをご確認ください。


新メニュー実施店舗<宮崎県日南市 塚田農場>
https://bimi.jorudan.co.jp/brand/mtsukada/
<鹿児島県霧島市 塚田農場>
https://bimi.jorudan.co.jp/brand/ktsukada/
キャンペーンサイトhttps://www.tsukadanojo.jp/sayomerytwmovie2018/
<Twitterアカウント>
https://twitter.com/tsukada_nojo_



このページのデータは2018年10月1日現在のものです。

更新

エリアで探す

料理ジャンルで探す

利用シーンで探す

グルメニュース

美味ごはんTOPへ>>