東京ミッドタウン日比谷』3/29オープン! 全レストラン&カフェをご紹介

『東京ミッドタウン日比谷』3/29オープン!全レストラン&カフェをご紹介

『東京ミッドタウン日比谷(TOKYO MIDTOWN HIBIYA)』が3/29(木)に誕生!

コンセプトは<THE PREMIUM TIME,HIBIYA>
<贅沢な時間と空間の中で特別な体験をして欲しい>との想いを込めて、個性あふれる全60店舗がグランドオープン。

今回は、その中からカフェ、レストラン、物販など「食」関連の全44店舗をすべてご紹介!

日比谷公園や皇居まで眺められるティールーム、有名プロデューサーが手がける複合型マーケット、日本初上陸のカウンターフレンチ、京都の老舗店が手がける新業態、有名ショップが展開するフラッグシップ店など、注目度100%のお店が盛りだくさん!

『東京ミッドタウン日比谷』店舗一覧

  1. Q CAFE by Royal Garden Cafe(キューカフェ バイ ロイヤルガーデンカフェ)
  2. DRAWING HOUSE OF HIBIYA(ドローイング ハウス オブ ヒビヤ)
  3. TODAY'S SPECIAL(トゥデイズ スペシャル)
  4. HIBIYA CENTRAL MARKET(ヒビヤ セントラル マーケット)
  5. STAR BAR(スター バー)
  6. そばがみ
  7. 三ぶん(サンブン)
  8. 三分亭(サンブンテイ)
  9. 【閉店】Billboard cafe & dining(ビルボードカフェ&ダイニング)
  10. RESTAURANT TOYO(レストラン トヨ)
  11. 中国料理 礼華 四君子草(チュウゴクリョウリ ライカ シクンシソウ)
  12. 南禅寺 瓢亭(ナンゼンジ ヒョウテイ)
  13. SALONE TOKYO(サローネ トウキョウ)
  14. 鮨なんば
  15. THREE/REVIVE KITCHEN THREE(スリー/リバイブ キッチン スリー)
  16. 林屋新兵衛
  17. Varmen(バーマン)
  18. NADABAN by HAL YAMASHITA(ナダバン バイ ハルヤマシタ)
  19. PHUKET ORIENTAL(プーケット オリエンタル)
  20. morceau(モルソー)
  21. LUBINA(ルビーナ)
  22. GOOD CHEESE GOOD PIZZA (グッドチーズ グッドピザ)
  23. DIYA(ディヤ)
  24. 喜久やTokyo(キクヤトウキョウ)
  25. 串揚げ 新宿立吉(クシアゲ シンジュクタツキチ)
  26. THE SPINDLE(ザ スピンドル)
  27. Buvette(ブヴェット)
  28. DEAN & DELUCA CAFE(ディーン&デルーカ カフェ)
  29. JEAN FRANCOIS(ジャン フランソワ)
  30. 日比谷焙煎珈琲
  31. Bar&Tapas Celona(バル&タパス セロナ)
  32. BOSTON OYSTER&CRAB(ボストン オイスター&クラブ)
  33. VIETNAMESE CYCLO(ベトナミーズ・シクロ)
  34. Susan's MEAT BALL(スーザンズ ミートボール)
  35. BROOKLYN CITY GRILL(ブルックリン シティグリル)
  36. Mr.FARMER(ミスターファーマー)
  37. Boulangerie Bonheur(ブーランジェリー ボヌール)
  38. 鈴波(スズナミ)
  39. 住吉酒販
  40. 鈴懸(スズカケ)
  41. RINGO(リンゴ)
  42. KALDI COFFEE FARM(カルディ コーヒーファーム)
  43. Patisserie & Cafe DEL'IMMO(パティスリーカフェ デリーモ)
  44. スターバックスコーヒー

6F
Q CAFE by Royal Garden Cafe

『Q CAFE by Royal Garden Cafe』の料理イメージ

「一般利用できるカフェスペース(96席)」と「予約制のワークスペース(48席)」の2つのゾーンを備える新しいスタイルのカフェ。異なる点は、「ワークスペース」の使用が時間制になっていることと、飲食物を持ちこめないこと。

『Q CAFE by Royal Garden Cafe』の料理

あとはどちらも、モーニング、ランチ、ティータイム、ディナーのオーダーが可能。しかもスマホやタブレットからも注文することができて、さらに「ワークスペース」へは専用のロボットが運んでくれるそう。一見の価値ありだ。

『Q CAFE by Royal Garden Cafe』の店内

店舗情報
キューカフェ バイ ロイヤルガーデンカフェ
Q CAFE by Royal Garden Cafe
電話をかける
電話番号:03-6205-7206 ※ランチは予約不可
カフェ
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 6F
●平日8:30~22:00
●土日祝11:00~22:00
モーニング800~500円/ランチ1,000~2,000円/ディナー1,500~3,000円

6F
DRAWING HOUSE OF HIBIYA

『DRAWING HOUSE OF HIBIYA』の料理イメージ

『東京ミッドタウン日比谷』の6階にある、約300坪の空中庭園「パークビューガーデン」。その広大なエリアを囲むようにレイアウトするガーデンレストランが『DRAWING』。120坪以上のスケールを誇るレストランだ。

『DRAWING HOUSE OF HIBIYA』の料理イメージ

「次代の東京を描き、引っ張っていく」思いから『DRAWING』と名付けたこちらでは、全国にある「本当に美味しい食材」の再発見にチャレンジ。季節ごとに2つの土地に焦点をあてて、春夏秋冬、日本にしかない四季を通じた料理をラインアップ。ランチからディナーまで「ニッポンのテロワール」を体感できるメニューをそろえる。

『DRAWING HOUSE OF HIBIYA』の店内

店舗情報
ドローイング ハウス オブ ヒビヤ
DRAWING HOUSE OF HIBIYA
電話をかける
電話番号:03-3519-3700
レストラン&ティールーム
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 6F
●11:00~23:00
・ランチ11:00~(L.O.14:30)
・ティータイム14:30~17:30
・ディナー17:30~(L.O.22:00)
ランチ1,400~3,800円/ディナー8,000~10,000円

3F
TODAY'S SPECIAL

『TODAY'S SPECIAL』の商品イメージ

「食とくらしのDIY」をテーマにする「くらしの商店」が登場。
「つくる」「食べる」を楽しくするキッチンツールや食品を始め「整える」「着こなす」「育てる」「飾る」「贈る」など、毎日のくらしに取り入れたくなるアイテムをラインアップ。

『TODAY'S SPECIAL』の商品イメージ

オープニングには、三宿『NOZY COFFEE』の「オリジナルブレンドコーヒー」、町田『WOLD PASTRIES』の「焼き菓子」、神楽坂『ACHO』の「チョコレートバー」、東小金井『ふじわら』の「おいしい瓶詰め」、あきるの市『近藤醸造』の「五郎兵衛醤油」「ゆずぽん酢」など、小規模でありながらも実力のある「東京メイド」の商品を取りそろえる。

『TODAY'S SPECIAL』の外観

店舗情報
トゥデイズ スペシャル
TODAY'S SPECIAL
電話をかける
電話番号:03-5521-1054 ※予約不可
インテリア&デザイン
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 3F
●11:00~21:00

3F
HIBIYA CENTRAL MARKET

『HIBIYA CENTRAL MARKET』の料理

クリエイティブディレクターの南貴之氏と老舗書店『有隣堂』がコラボした小さな複合型店舗。飲食店、衣料品店、眼鏡店、理容店、コーヒースタンド、書店…といった9店舗が軒を連ねる面白いエリアだ。メインの飲食店は『一角』。代々木上原で『ランタン(Lanterne)』や『アエル(AELU)』を手がける丸山智博氏によるお店だ。

『HIBIYA CENTRAL MARKET』内、『一角』の料理イメージ

『一角』の看板メニューは「鶏唐揚げ」と「蕎麦」。ディナーはもちろん、ランチタイムにはテイクアウト用の弁当も販売。さらにカフェ利用では「揚げパン」「牛乳寒天」「抹茶をつかった甘味」など懐かしいメニューもラインアップ。また空間内にある屋台では、ソムリエによるナチュラルワインスタンドなども展開。一日いても飽きないスペースだ。

『HIBIYA CENTRAL MARKET』内、『一角』の店内

店舗情報
ヒビヤ セントラル マーケット
HIBIYA CENTRAL MARKET
電話をかける
電話番号:03-6205-8996(一角)
ビューティ&サービス
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 3F
●ランチ11:00~14:00
●カフェ14:00~17:00
●ディナー17:00~23:00

3F
STAR BAR

『STAR BAR』の「パークサイド」

イギリスの『world’s best bars(ワールド・ベスト・バー)』にランクインするほどの実力を持つ、銀座一丁目の『STAR BAR』が、満を持して『東京ミッドタウン日比谷』にフラッグシップ店をオープン。異国情緒漂うオーセンティックな雰囲気はそのままに、店内には12メートルの長いカウンターを設置。

『STAR BAR』のバーテンダー

さらに天井まで届きそうな高い酒棚を埋め尽くすのは、数々の希少な銘酒。まさに圧巻の光景だ。伝統と革新のジャパニーズバーテンダーが提供してくれる、最新設備を駆使したオリジナリティー溢れるカクテルをいただきながら、魅惑の時間を過ごしたい。

『STAR BAR』の店内

店舗情報
スター バー
STAR BAR
電話をかける
電話番号:03-6206-1560 ※予約不可
オーセンティックバー
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 3F
●平日17:00~25:00(L.O.24:30)
●土日祝16:00~25:00(L.O.24:30)

3F
そばがみ

『そばがみ』の店内

『銀座交詢ビル』にある『日本料理 神谷』が、本格的な蕎麦処をオープン。銀座店よりもカジュアルな雰囲気でありながらも、『神谷』ならではの職人技で、福島県産・山形県産の手打ち蕎麦を提供。豊富に取りそろえる日本酒やワインと共に、おいしい「肴」として堪能することができる。

『そばがみ』のイメージカット

そのほかにも本格的な和食を用意。蕎麦、そして日本料理のおいしさはもちろん、日本の素晴らしさを再認識できる味わいだ。店内には、カウンター席、テーブル席、さらには個室も設置しているので、記念日やビジネスシーンでも活用できる。

『そばがみ』の内観

店舗情報
ソバガミ
そばがみ
電話をかける
電話番号:03-6812-7123
蕎麦・日本料理
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 3F
●ランチ11:30~15:00(L.O.12:30)
●ディナー17:30~22:30(L.O.21:00)
ランチ2,160円~

3F
三ぶん

『三ぶん』の店内

立ち呑み屋でありながら、2016年から2年連続で『ミシュランガイド東京』の『ビブグルマン』に選ばれた『立ち呑み 三ぶん』。その雰囲気や規模はまったく変えず『東京ミッドタウン日比谷』に移転オープン。『三ぶん』の第二章としてスタートすることになった。

『三ぶん』の日本酒

築地や全国各地から仕入れる魚は全て天然もの。工夫を凝らした割烹料理は400円から、15種類ほどの日本酒は一杯(六勺)500円。もちろん季節のお酒やレアな銘酒も用意する。器や酒器は、魯山人や人間国宝の作家の作品、骨董や漆器に切子など。立ち呑み屋とは思えないラインアップに驚かされる。

『三ぶん』の外観

店舗情報
サンブン
三ぶん
電話をかける
電話番号:03-6273-3395 ※予約不可
立呑
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 3F
●平日15:00~23:00(L.O.22:00)
●土12:00~23:00(L.O.22:00)
●日祝12:00~22:00(L.O.21:00)
ディナー1,000~5,000円

3F
三分亭

『三分亭』のカウンター席

『東京ミッドタウン日比谷』に移転した『立ち呑み 三ぶん』の隣に、ゆったりとくつろげる椅子席の新店『三分亭』をオープン。こちらでは、より本格的な料理をラインアップする。

『三分亭』の店内

3,800円から用意する3つコースを始め、能登の土鍋専門『陶房久平窯』の土鍋で楽しむ鍋(フグ・クエ・スッポン・しゃぶしゃぶ)は、隣の『立ち呑み 三ぶん』にはない限定メニュー。会食や接待といったニーズにも幅広く対応しているところがうれしい。またランチタイムには「一夜干しのどぐろ焼き御膳」「りゅうきゅう丼(大分の郷土料理)」など、多彩なメニューを取りそろえる。

『三分亭』の外観

店舗情報
サンブンテイ
三分亭
電話をかける
電話番号:03-6811-2381
割烹酒亭
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 3F
●平日11:00~15:00、17:00~23:00(L.O.22:00)
●土日祝11:00~23:00(L.O.22:00)
ランチ1,200~2,500円/ディナー3,000~8,000円

3F
Billboard cafe & dining閉店

『Billboard cafe & dining』の料理イメージ

エントランスの壁を埋め尽くす約200枚のレコード。それだけでテンションが上がる人も多いかも。コンセプトは「〜My tune, My time〜(音楽と心地よい時間へのこだわり)」。高音質の空間、食事やお酒だけではなく、ミュージックカフェ&ダイニングとして、新たな音楽の楽しみ方を提案する。

『Billboard cafe & dining』の料理イメージ

ダイニングスペースには陽光が降り注ぎ、その横にはハイエンドオーディオシステムのある個室を設置。お気に入りの音楽を聴きながら過ごすことができる。ディナーでは『ビルボードライブ』に出演したアーティストのフェイバリットメニューもラインアップ。エンターテインメントいっぱいの一軒だ。

『Billboard cafe & dining』の外観

店舗情報
ビルボードカフェ&ダイニング
Billboard cafe & dining
ミュージックカフェ&ダイニング
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 3F
●11:00~23:00(L.O.22:00)
ランチ1,500~2,000円/ディナー4,000~5,000円

3F
RESTAURANT TOYO

『RESTAURANT TOYO』の料理イメージ

2009年、パリに誕生した『Restaurant TOYO Paris』。予約の取りづらいレストランとして現地で注目を集めている人気店だ。そのオーナーシェフ・中山豊光氏が、日本1号店を『東京ミッドタウン日比谷』にオープン。『TOYO』の世界観はそのままに、西洋と東洋の融合と調和を感じる「唯一無二の究極のフレンチ」を提供する。

『RESTAURANT TOYO』の料理イメージ

カウンター席は、料理のプロセスやシェフとの会話が楽しめるのはもちろん、心地良い空間と贅沢な時間を創り上げる魅力のひとつ。季節を感じさせる新鮮な食材が、シェフの手によって昇華する姿を、目で味わい、口で触れそして五感で楽しむことができる特等席は、ぜひ訪れたい。

『RESTAURANT TOYO』の店内

店舗情報
レストラン トヨ
RESTAURANT TOYO
電話をかける
電話番号:03-6273-3340
カウンターフレンチ
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 3F
●平日11:30~14:30(L.O.13:30)、17:30~23:00(L.O.21:30)
●日祝11:30~14:30(L.O.13:30)、17:30~23:00(L.O.21:00)
ランチ5,000円~/ディナー15,000円~

3F
中国料理 礼華 四君子草

『中国料理 礼華 四君子草』の店内

新宿と青山に出店する『中国料理 礼華』が、『東京ミッドタウン日比谷』に登場。伝統的な上海料理をベースに、四季折々の食材を厳選。日本の季節感を大切にする、新しいスタイルのヌーベルシノワを展開する。

『中国料理 礼華 四君子草』の料理イメージ

店名にある「四君子」とは、四季の代表的な植物「蘭」「竹」「菊」「梅」を、草木の君子に称えた言葉。植物の力を活かした、よりナチュラルでヘルシーな新時代の中国料理をメニューにラインアップする。グラン・ヴァン(トップクラスのワイン)、自然派ワイン、中国酒や中国茶と共に、お腹だけではなく心も豊かになる味わいをゆっくり満喫したい。

『中国料理 礼華 四君子草』の外観

店舗情報
チュウゴクリョウリ ライカ シクンシソウ
中国料理 礼華 四君子草
電話をかける
電話番号:03-6273-3327
中国料理
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 3F
●ランチ 11:00~15:00(L.O.14:00)
●ディナー 17:30~23:00(L.O.21:30)
●2月・8月の第1水休
ランチ1,500~12,000円/ディナー2,000~25,000円

3F
南禅寺 瓢亭

『南禅寺 瓢亭』の料理人

400年余り続く京都の老舗『南禅寺 瓢亭』が、新店舗をオープン。京都本店とは異なる、初めての割烹スタイルという点にも注目だ。京都はもちろん全国各地から厳選するさまざまな食材を用いた京料理は、こちらでしか味わうことのできない逸品。京料理を代表する名店の伝統と革新を体感することができる。

『南禅寺 瓢亭』の店内

ランチタイムには「点心」、ディナーには「懐石料理」など、若い層にも広く楽しんでもらえるように工夫を凝らしているところも面白い。茶室やテーブル席も備えた新しい空間で、東京に居ながら京都、そして日本の伝統文化の味を堪能したい。

『南禅寺 瓢亭』の外観

店舗情報
ナンゼンジ ヒョウテイ
南禅寺 瓢亭
電話をかける
電話番号:03-6811-2303
懐石料理
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 3F
●ランチ12:00〜15:00(L.O.13:30)
●ディナー17:00〜22:30(L.O.20:30)
●第2・4月休
ランチ7,000円~/ディナー18,000円~

3F
SALONE TOKYO

『SALONE TOKYO』の店内

『biodinamico(ビオデナミコ)』『IL TEATRINO DA SALONE(イル テアトリーノ ダ サローネ)』『SALONE2007(サローネ2007)』など、イタリアの伝統を守りながらも最先端の料理を追求する『SALONEグループ』。そのフラッグシップ店がオープン。

『SALONE TOKYO』のイメージカット

イタリア料理の伝統や地域性を尊重しながらも、自信を持って世界に発信できるイタリア料理を提供。これまでの独創性と先進性をさらに昇華。最新の技術、アイデアを駆使した「イタリアの郷土料理」を味わうことができる。シンプルながらも高級感溢れるインテリア、そしてカトラリーを始めとする食器など、感性を刺激する特別なひと時を満喫できる。

『SALONE TOKYO』の外観

店舗情報
サローネ トウキョウ
SALONE TOKYO
電話をかける
電話番号:03-6257-3017
イタリアン
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 3F
●ランチ12:00〜15:00(L.O.13:00)
●ディナー18:00〜22:30(L.O.20:00)
●日、第1・第3月休

3F
鮨なんば

『鮨なんば』の看板

鮨好きはもちろん、鮨好きならずとも、グルメな人なら一度は耳にしたことがある阿佐ヶ谷の注目店『鮨なんば』。その2号店が、満を持して『東京ミッドタウン日比谷』にオープン。卓越した技術とセンスが光る店主の確かな目利きで選んだ最高のネタ。鮨職人としての技・感性が冴えわたる「握り」は、ひと口いただくだけで、その人気の理由がわかるはず。

『鮨なんば』の外観

そのほかにも多彩にラインアップにする「つまみ」も絶品。「凛」とした雰囲気の空間の中、丹精込めて丁寧に仕上げていく店主こだわりの味わいを、心行くまで堪能したい。

店舗情報
スシナンバ
鮨なんば
電話をかける
電話番号:03-6273-3334 ※ランチは予約不可
寿司
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 3F
●ランチ12:00~15:00(L.O.14:30)
●ディナー17:00~23:00(L.O.22:30)
●月、第1火休 ※ネタが無くなりしだい終了
ランチ25,000円~/ディナー30,000円~

2F
THREE/REVIVE KITCHEN THREE

『THREE/REVIVE KITCHEN THREE』の料理イメージ

コスメティックブランド『THREE』が展開する、“食を通した健康と美”をテーマにしたレストラン。“MODERN SHOJIN”をコンセプトに、伝統的な調理法と現代的な発想で生まれたベジタリアンメニューを提供する。イチオシは7種のお菜とベジライスロール、デザート付の「お膳PLATTER」。

『THREE/REVIVE KITCHEN THREE』の料理イメージ

また、デリカテッセンでは、旬のフルーツを使ったスイーツ、和の素材を用いた焼菓子のほか、自宅やオフィスで手軽に食べられるデリやサラダが充実。食べて美味しく、身体の内側から美しくなりたい女性の願いを叶えてくれる。

『THREE/REVIVE KITCHEN THREE』の外観

店舗情報
スリー/リバイブ キッチン スリー
THREE/REVIVE KITCHEN THREE
電話をかける
電話番号:03-6831-4620(レストラン)
レストラン/デリカテッセン
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 2F
●レストラン11:00~23:00
●デリカテッセン11:00~21:00
レストラン:ランチ1,500〜3,000円/ディナー1,500〜6,000円、デリカテッセン 500〜1,500円

2F
林屋新兵衛

『林屋新兵衛』の「百年餅」

京都の老舗茶舗『京はやしや』がプロデュースした新業態の茶カフェ。栄養価に注目が集まる茶葉を丸ごと摂取できるようにと、上質な茶葉をふんだんに使ったスイーツやドリンクを用意する。

『林屋新兵衛』の店内

日比谷店限定の「濃茶(こいちゃ)パフェ」や「抹茶わらび餅あんみつ」などの甘味のほか、出汁の旨味がきいた「京風うどん」や「蒸し寿司とお吸物セット」などの食事もラインアップ。「抹茶くずねり」や「百年餅」などテイクアウトメニューは、手土産にもぴったり。

『林屋新兵衛』の外観

店舗情報
ハヤシヤシンベエ
林屋新兵衛
電話をかける
電話番号:03-6550-8727 ※予約不可
和カフェ
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 2F
●11:00~23:00(L.O.22:00、ドリンク22:30)
ランチ1,000〜2,500円/ディナー1,000〜2,500円

2F
Varmen

『Varmen』のピンチョス

代官山の人気イタリアン『Ata』と新潟のワイナリー『カーブドッチ』がコラボしたシーフードレストラン。パークサイドのエントランスから入ると、タパスやピンチョスを気軽に楽しめるスタンディングバーが迎えてくれる。

『Varmen』の店内

ライブ感たっぷりのシェフズカウンター、落ち着いた雰囲気のテーブル席が広がり、シチュエーションに応じて楽しみ方もいろいろ。新鮮なシーフードとワイナリー直送のオリジナルワインで過ごす時間は最高の贅沢!

『Varmen』のカウンター

店舗情報
バーマン
Varmen
電話をかける
電話番号:03-6205-7723
シーフードレストラン&カーブ
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 2F
●11:00~23:00(L.O.22:30)
ランチ1,300〜2,500円/ディナー5,000〜8,000円

2F
NADABAN by HAL YAMASHITA

『NADABAN by HAL YAMASHITA』の山下シェフ

新和食『HAL YAMASHITA』のエグゼクティブシェフ・山下春幸氏が手がける、日本初のハイブリッド炉端焼きの店。伝統的な炉端焼きを現代版にリブランディングしている。

『NADABAN by HAL YAMASHITA』の店内

名物の「銀鱈の西京焼き」をはじめ、「ラム肉の赤味噌漬け」などを薪炭火でじっくりと焼き上げる。日本全国から選りすぐった日本酒とともに楽しもう。ランチには本場関西のうどんが登場。丁寧にひいた出汁の美味しさがじんわりと染み渡る。

『NADABAN by HAL YAMASHITA』の外観

店舗情報
ナダバン バイ ハルヤマシタ
NADABAN by HAL YAMASHITA
電話をかける
電話番号:03-6273-3386 ※予約不可
関西うどん&炉端焼き
101264
●11:00~23:00(L.O.22:45)

2F
PHUKET ORIENTAL

『PHUKET ORIENTAL』の料理イメージ

本格的なタイ料理をベースに、さまざな要素を取り入れたモダンなタイ料理を楽しめるお店。築地から仕入れたロブスターを丸ごと使った料理などシーフードを使ったメニューが充実している。

『PHUKET ORIENTAL』の料理イメージ

国産野菜を使い、スパイシーかつ繊細な味付けを施す。化学調味料は一切使わず、ヘルシーなので、美味しくて身体にもうれしいといいこと尽くし。気軽なランチから接待にもオススメのコース料理まで幅広く利用できる。

『PHUKET ORIENTAL』の店内

店舗情報
プーケット オリエンタル
PHUKET ORIENTAL
電話をかける
電話番号:03-6812-7114 ※ランチは予約不可
タイ・フュージョン
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 2F
●月~土11:00~23:30(L.O.22:30)
●日祝11:00~23:00(L.O.22:00)
ランチ950〜1,500円/ディナー1,500〜9,000円

2F
morceau

『morceau』の料理イメージ

予約の取れない店としと目黒で人気を博していた秋元さくらシェフのカジュアルフレンチが移転。厳選食材を用い、秋元シェフならではの繊細で美しい料理の数々はひと皿ごとに感動を運んでくれる。

『morceau』の店内

目黒の倍以上となる42席。スタイリッシュながら温かみのある居心地のいい空間で、窓の外に広がる日比谷公園の鮮やかな緑が心を和ませる。ソムリエ厳選のワインとともに、季節感たっぷりのフレンチを味わいたい。

『morceau』の外観

店舗情報
モルソー
morceau
電話をかける
電話番号:03-6550-8761
カジュアルフレンチ
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 2F
●ランチ11:00~15:00(L.O.14:00)、ディナー18:00~23:00(L.O.22:30)
ランチ2,000円〜/ディナー6,000円〜

2F
LUBINA

『LUBINA』の料理イメージ

コンテンポラリー・スパニッシュ・クイジーンを楽しめるシーフード&タパス料理のお店。店内の随所にアートが飾られ、まるで海外のホテルのような空間が広がっている。

『LUBINA』の店内

看板メニューの「パエリア」のほか、タパス、ピンチョスともに常時20種を用意。スペイン各地を代表するワインやカヴァのほか、バーカウンターで作ってくれるオリジナル・クラフト・カクテルなどもあり、上質でありながらカジュアルさも併せ持つ。ほかにはない個性的な一軒。

『LUBINA』の外観

店舗情報
ルビーナ
LUBINA
電話をかける
電話番号:03-6273-3250
シーフードスパニッシュ&タパス
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 2F
●11:00~23:30(L.O.22:30)
ランチ1,500〜4,000円/ディナー7,000〜9,000円

2F
GOOD CHEESE GOOD PIZZA

『GOOD CHEESE GOOD PIZZA 』のピッツァ

できたてのフレッシュチーズを味わいつくすレストラン。毎朝、東京近郊の搾りたて牛乳を使い「モッツァレラ」「ブッラータ」「リコッタ」の3種のチーズを店内併設の工房で作る。添加物、保存料不使用のピュアな味わいを体験したい。

『GOOD CHEESE GOOD PIZZA 』のチーズ

そのまま食べるのはもちろん、できたてチーズの美味しさを引き立てるピッツァもオススメ。もっちり、サクサクな食感のプレーン生地と、粉の風味を楽しめるサワードゥ生地の2種を用意。イタリア、フランスの個性豊かなワインとの相性も抜群だ。

『GOOD CHEESE GOOD PIZZA』の外観

店舗情報
グッドチーズ グッドピザ
GOOD CHEESE GOOD PIZZA
電話をかける
電話番号:03-6831-1900 ※ランチは予約不可
チーズ工房&ピッツァ・ダイニング
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 2F
●11:00~23:30(L.O.22:00、ドリンク22:30)
ランチ1,800〜3,200円/ディナー2,500〜4,500円

2F
DIYA

『DIYA』のターリ

1958年にインド・ユルカタで創業したインド料理店。ロンドンやニューヨークなどで流行している、伝統的なインド料理をベースにした”モダンタパスインディアン”を味わえる。

『DIYA』の料理イメージ

古典的なスパイスを使い、独特の風味を大切にした上で都会的なエッセンスをプラス。ターリー(定食)スタイルの「ビリヤニセット」から、本格的なタンドール料理、「パニプーリ」などの小皿料理まで、さまざまに取り揃えている。世界各国のビールやワインとともに楽しもう。

『DIYA』の外観

店舗情報
ディヤ
DIYA
電話をかける
電話番号:03-6550-8765
インド料理
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 2F
●11:00~23:00(L.O.22:00)
ランチ1,000~2,000円/ディナー5,000~6,000円

2F
喜久やTokyo

『喜久やTokyo』の料理イメージ

江戸のファストフード“天ぷら”を立ち呑みスタイルでカジュアル楽しめる一軒。食材へのこだわりはもちろん、植物油、衣などを厳選し“低カロリーでヘルシー”を実現している。

『喜久やTokyo』の日本酒イメージ

日比谷店では「天ぷらフォンデュ」を提供。揚げたてサクサクの天ぷらを、和ダシをブレンドした特製のチーズフォンデュにディップしていただく新感覚のメニュー。ぜひワインとともに楽しんでみて。

『喜久やTokyo』の外観

店舗情報
キクヤトウキョウ
喜久やTokyo
電話をかける
電話番号:03-6268-8177 ※予約不可
天ぷら
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 2F
●11:00~23:00(L.O.22:00、ドリンク22:30)
ランチ・デイナー2,000~4,500円

2F
串揚げ 新宿立吉

『串揚げ 新宿立吉』の料理イメージ

創業45年の串揚げ専門店。海の幸・山の幸を独自に配合した油・衣で、高温短時間でカラッと揚げる。食材の旨味を中に閉じ込めた、究極の串料理。

『串揚げ 新宿立吉』の店内

四季折々の食材は、定番から創作串まで150種以上。串によって異なる自家製ソースをつけていただこう。目の前で次から次へとリズミカルに揚げてくれるので、ついつい食べ過ぎてしまうが、胃もたれしにくいのがうれしい。

『串揚げ 新宿立吉』の外観

店舗情報
クシアゲ シンジュクタツキチ
串揚げ 新宿立吉
電話をかける
電話番号:03-6811-2363 ※予約不可
串揚げ
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 2F
●ランチ11:00~15:00(L.O.14:30)、ディナー17:00~23:00(L.O.22:30)
ランチ1,000円〜/ディナー4,500〜5,000円

1F
THE SPINDLE

『LEXUS MEETS...HIBIYA』の料理イメージ

ラグジュアリーライフスタイルブランドとして「時間」と「空間」を豊かにし、唯一無二の体験を提供する複合ストア『LEXUS MEETS...HIBIYA』。LEXUSの試乗体験のほか、カフェ、ブティック&ギャラリーを併設している。

『LEXUS MEETS...HIBIYA』の料理イメージ

カフェ『THE SPINDLE』では、国産食材にこだわったサラダやデリ、本格的なマシンで焼き上げたロテサリーチキンなどをラインアップ。ドライブや公園散歩にもぴったりな「ピクニックセット」などもあるので、これからの季節には活躍しそう。

『LEXUS MEETS...HIBIYA』の店内

店舗情報
ザ スピンドル
THE SPINDLE
電話をかける
電話番号:03-6273-3225 ※予約不可
カフェ
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 1F
●月~土11:00~23:00(L.O.22:00、ドリンク22:30)
●日祝11:00~22:00(L.O.21:00、ドリンク21:30)

1F
Buvette

『Buvette』

NYで大人気の“ガストロテック”のパリに次ぐ3号店が東京・日比谷にオープン。本店と同じインテリアでまとめた店内は、細部にまでこだわりが詰め込まれたワンダーランドで、足を踏み入れただけでウキウキしてしまう。

『Buvette』の料理イメージ

メニューは“カジュアルなワインバーと古き良き時代のヨーロッパのカフェの融合”がコンセプト。どこか懐かしいのに、初めて出合う料理がずらりと並び、時間帯に応じて使い分けができる。ライブ感とともに『ブヴェット』の世界観にどっぷりと浸りたい。

『Buvette』の店内

店舗情報
ブヴェット
Buvette
電話をかける
電話番号:03-6273-3193 ※予約不可
ガストロテック
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 1F
●平日8:00~23:30(L.O.22:30)
●土日祝9:00~23:30(L.O.22:30)

1F
DEAN & DELUCA CAFE

『DEAN & DELUCA CAFE』のメニューイメージ

世界中の美味しい食べ物を集めた食のセレクトショップ『DEAN & DELUCA』が手がけるカフェ。広場の前の別棟にあり、くつろぎのカフェタイムを過ごせる。

『DEAN & DELUCA CAFE』の店内

ランチでもディナーでも楽しめる充実のフードメニューを用意。オープン限定メニューとして、蔵前のチョコレート専門店『ダンデライオン』のチョコを使った「チョコレートチャイ」を発売。ショッピングやビジネスの合い間に立ち寄りたい。

『DEAN & DELUCA CAFE』の外観

店舗情報
ディーン&デルーカ カフェ
DEAN & DELUCA CAFE
電話をかける
電話番号:03-3519-3735 ※予約不可
カフェ
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 1F
●平日7:00~22:00(L.O.21:30)
●土日祝8:00~21:00(L.O.20:30)
モーニング:600〜700円/ランチ・ディナー:800〜900円

B1
JEAN FRANCOIS

『JEAN FRANCOIS』のクロワッサン

8つの業態を集めた都市型フードホール『HIBIYA FOOD HALL』内にある、MOF受賞シェフのジャン・フランソワ氏の技術と精神を受け継いだベーカリー&カフェ。店内の工房で焼き上げる約50種のパンをラインアップ。

『JEAN FRANCOIS』のメニューイメージ

一番人気の「クロワッサン」のほか、店舗限定の「レアチーズクリームパン」も登場。カフェスペースでは、ディナータイムにパンやラクレットチーズとワインを気軽に楽しめる“パン飲み”を提案する。

『JEAN FRANCOIS』の店内

店舗情報
ジャン フランソワ
JEAN FRANCOIS
電話をかける
電話番号:03-5157-0270 ※予約不可
ベーカリー&カフェ
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 B1『HIBIYA FOOD HALL』
●9:00~23:00(イートインL.O.22:45)

B1
日比谷焙煎珈琲

『日比谷焙煎珈琲』の商品イメージ

バリスタが丁寧に焙煎する豆を使った珈琲専門店。ガラス張りの焙煎室からは豊かな香りが漂い、珈琲をよりいっそう美味しく感じられる。

『日比谷焙煎珈琲』のスタッフ

基本の「日比谷焙煎珈琲」は、ナッツ香のするビターな「深煎り」と、軽やかな酸味を感じられる「浅煎り」を用意。豆は季節や仕入れによって変わる。「カフェラテ」「豆乳ラテ」などのビバレッジも提供する。

『日比谷焙煎珈琲』の外観

店舗情報
ヒビヤバイセンコーヒー
日比谷焙煎珈琲
電話をかける
電話番号: 03-3519-6650 ※予約不可
カフェ
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 B1『HIBIYA FOOD HALL』
●9:00~23:00

B1
Bar&Tapas Celona

『Bar&Tapas Celone』のメニューイメージ

『HIBIYA FOOD HALL』内にあるスパニッシュバル。美食の街・バスク発祥の「ピンチョス」と相性のいいワインなどをカジュアルに楽しめる。

『Bar&Tapas Celone』のメニューイメージ

見た目にもウキウキするような華やかな「ピンチョス」のほか、「タコのガリシア」「ボケロネス(イワシの酢漬け)」などのタパスも充実。仕事帰りのちょい飲みや、2軒目使いにもぴったり!

『Bar&Tapas Celone』の店内

店舗情報
バル&タパス セロナ
Bar&Tapas Celona
電話をかける
電話番号:03-3519-7870 ※予約不可
スパニッシュバル
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 B1『HIBIYA FOOD HALL』
●11:00~23:00(L.O.22:00)

B1
BOSTON OYSTER&CRAB
〔オイスターバー〕

『BOSTON OYSTER&CRAB』の料理イメージ

『HIBIYA FOOD HALL』内のオイスターバー。日本のみならず世界各国から取り寄せた旬のカキを常時10種以上そろえ、さまざまな調理法で味わえる。

『BOSTON OYSTER&CRAB』のパスタ

プリッとジューシーな岩牡蠣、クリーミーな真牡蠣は産地によっても千差万別。生はもちろん、ロースト、ワイン蒸し、フライなど、いろいろと食べ比べできるのもうれしい。お気に入りの牡蠣を見つけて。

『BOSTON OYSTER&CRAB』の店内

店舗情報
ボストン オイスター&クラブ
BOSTON OYSTER&CRAB
03-3519-7870 ※ランチは予約不可
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 B1『HIBIYA FOOD HALL』
●11:00~23:00(L.O.22:00)

B1
VIETNAMESE CYCLO
〔ベトナム料理〕

『VIETNAMESE CYCLO』のフォー

『HIBIYA FOOD HALL』内のベトナム料理店。創業17年、ランチからディナーまでヘルシーで美味しいベトナム料理を提供する女性に人気の一軒。

『VIETNAMESE CYCLO』の生春巻

濃厚なピーナッツのタレを付けて食べる「生春巻」は自慢のひと品。「フォー」や「手羽先ヌクマム揚げ」などポピュラーなベトナムの味を現地の屋台のような賑やかな雰囲気の中で味わおう。

『VIETNAMESE CYCLO』の店内

店舗情報
ベトナミーズ・シクロ
VIETNAMESE CYCLO
電話をかける
電話番号:03-5521-1025 ※ランチは予約不可
ベトナム料理
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 B1『HIBIYA FOOD HALL』
●11:00~23:00(L.O.22:00)
ランチ1,000〜1,200円/ディナー2,000〜2,500 円

B1
Susan's MEAT BALL

『Susan's MEAT BALL』の料理

『HIBIYA FOOD HALL』内にあるニューヨークテイストのミートボール専門店。アメリカのママの味をアレンジしたボリュームたっぷりのカジュアルメニューを提供。

『Susan's MEAT BALL』の外観

ビーフ、ポーク、チキン、ベジの4種から選ぶ自家製ミートボール、クラシックトマトやチリコンカンなどソース各種、ブレッドorライスとカスタマイズ。粗挽きのミートボールから溢れる肉汁とソースの相性は抜群!

『Susan's MEAT BALL』の店内

店舗情報
スーザンズ ミートボール
Susan's MEAT BALL
電話をかける
電話番号:03-3519-7311 ※予約不可
ミートボール
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 B1『HIBIYA FOOD HALL』
●11:00~23:00(L.O.22:00)
1,000~1,200円

B1
BROOKLYN CITY GRILL

『BROOKLYN CITY GRILL』

『HIBIYA FOOD HALL』内にあるBBQ&グリルのお店。特製のグリルロースターで焼き上げるジューシーな塊肉を豪快に楽しめる。

『BROOKLYN CITY GRILL』のハンバーガー

10種以上を配合したこだわりのスパイス、香ばしい肉の匂い、オリジナルのBBQソースが相まって、美味しさ倍増! チキン、ビーフ、ポークがあるのでお好みで。噛むほどに旨味がじゅわーっとあふれ出し、肉好きにはたまらない。

『BROOKLYN CITY GRILL』の店内

店舗情報
ブルックリン シティグリル
BROOKLYN CITY GRILL
電話をかける
電話番号:03-3500-3470 ※ランチは予約不可
ブルックリンスタイルBBQ
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 B1『HIBIYA FOOD HALL』
●11:00~23:00(L.O.22:00)
ランチ1,200〜1,600円/ディナー2,500〜3,000円

B1
Mr.FARMER

『Mr.FARMER』のサラダ

“A.W.KITCHEN”などを展開する渡邊明氏が選んだ自慢の野菜をたっぷり使った野菜カフェ。日比谷店ではサラダのほかに、デリメニューも登場。

『Mr.FARMER』のワンプレート

良質なタンパク質をふんだんに摂取できる「パワープロテインメニュー」や、動物性の食材を使わない「ヴィーガンメニュー」など、理想の身体を作るのに最適なメニューが充実。美味しくて、健康や美容にも効果的なので、忙しい現代人にオススメ!

『Mr.FARMER』の外観

店舗情報
ミスターファーマー
Mr.FARMER
電話をかける
電話番号:03-3519-3066 ※ランチは予約不可
お野菜カフェ
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 B1『HIBIYA FOOD HALL』
●11:00~23:00(L.O.22:00)
ランチ1,000〜2,000円/ディナー2,000〜3,000円

B1
Boulangerie Bonheur

『Boulangerie Bonheur』のコッペパンサンド

三軒茶屋の人気ブーランジェリーが初出店。厳選小麦粉をパンによって使い分け、職人が丁寧に作り上げる。店内は焼きたてパンの香りでいっぱい!

『Boulangerie Bonheur』のメニューイメージ

クロワッサンやバゲットなどの定番メニューはもちろん、「ソフトシェルクラブ」「ナポリタン」などのコッペパンサンドや、その場でカットしたハムを豪快にサンドする「骨付きモモハム」なども充実している。

※テイクアウトのみ

『Boulangerie Bonheur』の外観

店舗情報
ブーランジェリー ボヌール
Boulangerie Bonheur
電話をかける
電話番号:03-6257-1006 ※予約不可
ベーカリー
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 B1
●8:00~21:00

B1
鈴波

『鈴波』のメニューイメージ

守口漬・奈良漬の老舗『大和屋』が“伝統の漬け技”を生かす「魚介みりん粕漬」専門店。酒粕とみりん粕をブレンドし、国内外から厳選した魚介を漬け込んでいる。味と鮮度を損なうことなく、魚の臭みを消すことでより多くの人が食べられるようにと工夫を施した。

『鈴波』のイートインスペース

店内に併設する『膳処』では、落ち着いた空間で「銀だら定食」「鈴波定食」などをいただくことができる。贈答用には、山海の幸の瓶詰めやキングサーモンの鮭茶漬などがあり、さまざまな用途で利用できる。

『鈴波』の外観

店舗情報
スズナミ
鈴波
電話をかける
電話番号:03-3501-5055 ※予約不可
魚介みりん粕漬
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 B1
●11:00~21:00
●膳処 <月~金>11:00~15:30(L.O.15:00)、16:30~21:00(L.O.20:30)
●<土日祝>11:00~21:00(L.O.20:30)

B1
住吉酒販

『住吉酒販』の商品イメージ

“Field-to-Table”をコンセプトに、お酒とともにあるライフスタイルを提案する酒と食の専門店。本店は福岡・博多。角打スペースもあるので、気になるお酒も試すことができる。

『住吉酒販』の商品イメージ

原料からこだわった日本酒、焼酎、ワインを中心に九州産の良質な食材も販売。酒の肴にぴったりのツマミから、ワインと相性抜群のチョコレート、暮らしがちょっと楽しくなる雑貨まで、毎日立ち寄りたくなる魅力がいっぱい。

『住吉酒販』の外観

店舗情報
スミヨシシュハン
住吉酒販
電話をかける
電話番号:03-6205-4172 ※予約不可
酒、食品、角打
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 B1
●11:00~21:00

B1
鈴懸

『鈴懸』の最中

大正12年創業、福岡・博多発の和菓子屋。「現代の名工」に選ばれた初代・中岡三郎氏からの伝統を受け継ぎつつ、新たな取り組みを織り交ぜた和菓子を提案する。

『鈴懸』の苺大福

最良の材料で作る最高の和菓子。十勝産小豆を炊いて丁寧に漉した餡はまるで絹のような舌触りと繊細な香りを放つ。おもたせに人気の「鈴乃○餅」や「鈴乃最中」は、上質な籠入りが喜ばれている。

※テイクアウトのみ

『鈴懸』の外観

店舗情報
スズカケ
鈴懸
電話をかける
電話番号:03-6811-2206 ※予約不可
和菓子
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 B1
●11:00~21:00

B1
RINGO

『RINGO』の商品イメージ

その名の通り、リンゴを使ったアップルパイ専門店。メニューは「カスタードアップルパイ」のみ。店内の工房からはパイの焼けるいい匂いが漂う。

『RINGO』の商品イメージ2

北海道産フレッシュバターを用いたサクサクのパイの中には、ジューシーな青森県産「葉とらずりんご」、北海道産牛乳を使った濃厚なカスタードクリームが、こぼれんばかり。誰からも愛される、手土産にぴったりのスイーツ。

※テイクアウトのみ

『RINGO』の外観

店舗情報
リンゴ
RINGO
電話をかける
電話番号:03-6273-3315 ※予約不可
洋菓子
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 B1
●11:00~21:00

B1
KALDI COFFEE FARM

『KALDI COFFEE FARM』の商品イメージ

オリジナルのコーヒー豆から世界各国の食材やお菓子などを販売する輸入食品店『KALDI』が日比谷に登場。珍しい商品の数々についついあれこれと手にとってしまう。

『KALDI COFFEE FARM』の店内

ワインやチーズ、冷凍食品に調味料などジャンルもさまざま。シーズンに合わせた商品も多いので、何度訪れても飽きることがない。日比谷店先行で「オリジナル コーヒーキャラメル ダックワーズ」も販売。

『KALDI COFFEE FARM』の外観

店舗情報
カルディ コーヒーファーム
KALDI COFFEE FARM
電話をかける
電話番号:03-3500-3707 ※予約不可
コーヒー豆、輸入食品
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 B1
●10:00~21:00

B1
Patisserie & Cafe DEL'IMMO

『Patisserie & Cafe DEL'IMMO』のケーキ

ショコラティエ・江口和明シェフの人気店が赤坂から移転。芸術作品のようなショコラやケーキ、ギフトに最適な焼菓子などが並ぶ。日比谷限定のパフェ「メランジュフリュイ HIBIYA」はショコラとフルーツのマリアージュが絶妙。

『Patisserie & Cafe DEL'IMMO』のイートインメニュー

コンセプトは“スイーツ”、“チーズ”、“ワイン”。カフェでは食事メニューとワインを用意。サンドイッチやBBQプレートなど、こだわり食材を用いたメニューを楽しめる。

『Patisserie & Cafe DEL'IMMO』の江口シェフ

店舗情報
パティスリーカフェ デリーモ
Patisserie & Cafe DEL'IMMO
電話をかける
電話番号:03-6206-1196 ※ランチは予約不可
カフェ、洋菓子
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 B1
●11:00~23:00(L.O.22:00、ドリンク22:30)
ランチ1,000〜2,000円/ディナー1,000〜4,000円

B1
スターバックスコーヒー

『スターバックスコーヒー』のスタッフ

言わずとしれたスペシャルティコーヒーストア。コーヒーの魅力を発見できる「スターバックス リザーブ® バー」では、世界中から探してきた少量生産・希少種のコーヒー豆をブラックエプロンバリスタの手で丁寧に淹れてくれる。

『スターバックスコーヒー』の商品イメージ

リザーブバー® 限定ドリンクとして「エスプレッソ トニック」「コーヒースティープ ビール」など、コーヒーを使ったアルコールメニューなども提供。いつもより贅沢で大人なコーヒーの世界を堪能できる。

『スターバックスコーヒー』の外観

店舗情報
スターバックスコーヒー
スターバックスコーヒー
電話をかける
電話番号:03-5157-0370 ※予約不可
スペシャルティ コーヒーストア
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 B1
●7:00~23:00(L.O.22:30)

いかがでしたか? 行きたいお店は見つかりましたか?

もちろん「食」関連以外にも、都内最大規模のシネマコンプレックス「TOHOシネマズ 日比谷」を始め、ラグジュアリーコスメや海外ブランドのセレクトストア、インテリアブティック、ファッションジュエリーショップなど、注目のお店はまだまだ盛りだくさん。

平日も、休日も、昼も、夜も、ライフスタイルに合わせて自由に楽しめる、新しい大人の遊び場『東京ミッドタウン日比谷(TOKYO MIDTOWN HIBIYA)』。

これからの日比谷は、きっとここから、おもしろくなりますよ。

施設名東京ミッドタウン日比谷(TOKYO MIDTOWN HIBIYA)
住所東京都千代田区有楽町1-1-2
公式サイトhttps://www.hibiya.tokyo-midtown.com/jp/



このページのデータは2018年3月28日現在のものです。

更新

エリアで探す

料理ジャンルで探す

利用シーンで探す

グルメニュース

美味ごはんTOPへ>>