佐藤可士和氏が飲食店を初プロデュース! 焼鳥つかだ中目黒に3/22誕生

焼鳥とワインを楽しむ大人の『焼鳥 つかだ』3/22に中目黒にオープン!

平日から週末まで、オシャレな人たちがこぞって集まる中目黒。
通りのあちこちに、流行のアパレルショップやヘアサロンなどが立ち並びます。

なかでも有名なのは、最先端のおいしい飲食店がいっぱいあること。
たくさんの名だたる食通たちが訪れるグルメエリアとしても知られています。

今回ご紹介する『焼鳥つかだ』は、そのエリアの中心にオープンしたお店です。
一番の注目ポイントは、日本を代表するクリエイティブディレクター・佐藤可士和氏がプロデュースしていること。

そもそも佐藤可士和氏とは、『セブン-イレブンジャパン』のブランディングプロジェクトを始め、『ユニクロ』のグローバルブランド戦略クリエイティブディレクション、『カップヌードルミュージアム』のトータルプロデュースを手がけるなど、まさに「時代の寵児」と呼ぶにふさわしい人物です。

しかも佐藤可士和氏が飲食店をプロデュースするのは初めて。空間インテリアや食器デザインなど、細部にまでこだわった「焼鳥店」とは、どのようなお店なのか?

先行して行われた発表会と試食会の内容と共にご紹介します。

クリエイティブディレクター・佐藤可士和氏
株式会社エー・ピーカンパニーの代表取締役社長・米山久氏

(写真は、クリエイティブディレクター・佐藤可士和氏と、株式会社エー・ピーカンパニー・代表取締役社長・米山久氏)

「キーワードは『おいしい理由=上質な食材×職人』。自社養鶏場で育てている『みやざき地頭鶏(じとっこ)』のおいしさを知ってもらうため、職人の技だけで鶏の旨味を最大限に引き出す、シンプルな『焼鳥』というスタイルを選びました」とは、佐藤可士和氏

店名を聞いて気付いた人もいる通り、こちらは『みやざき地頭鶏(じとっこ)』で有名な居酒屋『塚田農場』の初となるフラッグシップ店。自社の強みであり、シグネチャー商品でもある『みやざき地頭鶏(じとっこ)』のおいしさを前面に打ち出していくため、「上質な食材」と「職人」にクローズアップしたそう。

さらに「これまでは店舗数が多かったため、『みやざき地頭鶏(じとっこ)』の希少部位は、商品化できていませんでした。しかし今回は、焼鳥職人を育成することで希少部位もメニュー化。鶏の旨味を余すことなく提供します」とは、株式会社エー・ピーカンパニーの代表取締役社長・米山久氏

『焼鳥 つかだ』のイメージ

つまり、新たなお店を展開するのではなく、これまでの『みやざき地頭鶏(じとっこ)』に『焼鳥職人』を加えることで、ワンランク上の店舗を設立。『塚田農場』の第二章をスタートさせるというわけです。

アパレルブランドでいうところの多展開を想像するとわかりやすいかも。『ジョルジオ・アルマーニ』というマスターブランドがあって、そこから派生しているのが『エンポリオ』『エクスチェンジ』『ジーンズ』…というわけです。

とはいえ、アパレルでは当たり前の多展開ですが、外食では初めての試み。
佐藤可士和氏の「時代を見る目線」と「先見の明」があるからこその仕掛けでもあります。

場所は、中目黒駅から徒歩1分の好立地。ひらがなで「つかだ」と書いてある大きな暖簾が目印です。

『焼鳥 つかだ』の外観

焼鳥つかだ』のテーマをそのまま落とし込んだ店舗は、素材の良さを活かしたシンプルな空間。
コンセプトは「大人の入口」。エクステリアには、杉のムク材、ステンレス、ガラスのみを使用。
これまでの『塚田農場』とはちょっと違う、大人の雰囲気に仕上がっています。

『焼鳥 つかだ』の個室

「デザインイメージはジャパニーズ・モダン。20~30代の若者が、いつもとちょっと違う上質な空間で、『焼鳥』と『ワイン』をゆっくり楽しめる…。ただし料金は約4,500円というリーズナブルな選定。『みやざき地頭鶏(じとっこ)』を自社で育てているからこその強みが、ここにあります」とは、佐藤可士和氏

店舗の一番奥には小上がりの個室。その手前には小上がりになっている掘りごたつ式のカウンター席。入口近くにはカウンター席とテーブル席を設けています。ちなみに外観にある地鶏のドローイングは、佐藤可士和氏によるもの。

「食器に使っている有田焼のドローイングも、すべて佐藤可士和氏によるもの。一枚ずつの手描きなので、同じ模様はふたつとありません。メニュー数も『塚田農場』が61品あるのに対し、『焼鳥つかだ』は41品。同じメニューはひとつもありません」とは、米山久氏

『焼鳥 つかだ』のイメージ

それでは試食会でいただいたメニューをご紹介します。


■「焼鳥おまかせ五種(ふりそで)

『焼鳥 つかだ』の「焼鳥おまかせ五種(ふりそで)」

ふりそで」とは、1羽から1本分しかとれない希少部位。ほどよい脂とあふれだす肉汁が特長です。パリッとした表面と、モチッとした食感がクセになること間違いなし。「七味」と「山椒」を用意していますが、最初の一口は、何もつけずにそのままいただきましょう。


■「若鶏のピリ辛よだれ鶏

『焼鳥 つかだ』の「若鶏のピリ辛よだれ鶏」

鹿児島県産の地鶏を約2時間、76.5度のお湯でじっくり低温調理したひと品。水分を保つことで鶏肉はしっとり&ジューシー。仕上げにかけるピリ辛ソースにも、香辛料や薬味がたっぷり。トッピングしたパクチーも味わいのアクセントになっている。


■「焼鳥おまかせ五種(ささみ磯辺焼き)

『焼鳥 つかだ』の「焼鳥おまかせ五種(ささみ磯辺焼き)」

鶏のささみを海苔で巻いて、磯辺焼きのようにしていただくオリジナルメニュー。鶏のささみは一晩、昆布締めにすることで、アミノ酸とグルタミン酸が相まって旨味が倍増。福岡県産の甘口醤油「ミツル醤油」との相性も抜群です。


■「焼鳥おまかせ五種(ハツ)

『焼鳥 つかだ』の「焼鳥おまかせ五種(ハツ)」

通常の鶏よりも1.5~2倍の大きさを誇る『みやざき地頭鶏(じとっこ)』のハツ。ひと串で2羽以上というから食べごたえも十分。炭火で焼き上げた後に、ゴマ油を少しふりかけます。ショウガも添えているので、こちらはお好みでどうぞ。


■「焼鳥おまかせ五種(もも炭火焼き)

『焼鳥 つかだ』の「焼鳥おまかせ五種(もも炭火焼き)」

塚田農場』の人気メニューをアレンジ。まず「もも肉」を網カゴに入れて高温の炎の中で炙ります。次にその「もも肉」を串に刺し直して焼鳥の焼き台へ…という手間のかかったひと品。ジュワーッあふれる旨味と、炭の香りが食欲をそそる逸品です。


■「おにおろし

『焼鳥 つかだ』の「おにおろし」

焼鳥おまかせ五種」をオーダーした際に出てくる、「箸休め」としてのひと品。シャキシャキ感の残っている粗削りの大根と、日向夏ポン酢の旨味が絶妙にマッチ。辛すぎず、すっぱすぎず、ほどよい風味が口の中に広がります。


■「塩もつ煮込み

『焼鳥 つかだ』の「塩もつ煮込み」

ヤゲン」「ハツ」「砂肝」をじっくり煮込んでつくるメニュー。仕込みから提供まで、なんと3日間も掛ける贅沢なひと品だ。見た目よりもあっさりしているので、女性にもおすすめ。もちろん中の大根には、鶏の旨味がしっかり。


■「焼鳥おまかせ五種(月見つくね)

『焼鳥 つかだ』の「焼鳥おまかせ五種(月見つくね)」

通常より7~8倍のビタミンEが含まれる『みやざき地頭鶏(じとっこ)』のむね肉を使ったひと品。お店で挽いているという「つくね」には、食感を楽しむための「ヤゲン」を始め、隠し味に「タマネギ」と「豚肉」をチョイス。『みやざき地頭鶏(じとっこ)』の新鮮な卵に絡めてどうぞ。


提供する順番も「脂もの」「醤油もの」「脂もの」…最後に「タレ」と、実に考えています。

また今回は試食会なのでいただきませんでしたが、ぜひトライしたいのが、ワインとのペアリング

『焼鳥 つかだ』のイメージ

すべてのワインの銘柄は、注ぐ量を変えることで価格を統一。
みやざき地頭鶏(じとっこ)』の上質な脂と旨味、そして部位によって異なる風味を、メニューごとのマリアージュで楽しめます。

今回オープンした『焼鳥つかだ』は、まだ第二章の始まりとのこと。
今後は、「炉端」「寿司」「しゃぶしゃぶ」といった展開も視野に入れているとのことなので、ますます目が離せません。


いつもの『塚田』とはちょっと違う、大人の入口の『つかだ』。
塚田農場』ファンを始め、『焼鳥好き』も、『ワイン好き』も、『ワイン初心者』も、ぜひ『焼鳥つかだ』に行ってみましょう!
きっとリピーターになりますよ。

店名焼鳥 つかだ
住所東京都目黒区上目黒1-20-5
オフィシャルサイトhttps://www.yakitori-tsukada.jp/

更新

エリアで探す

料理ジャンルで探す

利用シーンで探す

グルメニュース

美味ごはんTOPへ>>