鮮度抜群の魚介から地方料理まで 約300種の多彩な中国料理が揃う

見た目だけではわからない飲食店のこと。食材、歴史、人柄、こだわり、コンセプト…
お店“ならでは”の情報を教えてもらって、もっとおいしく、もっと気軽に食事を楽しもう。


オーナーが語る
『逸品火鍋 四季海岸』の手引き

全国から直送の新鮮な魚を
リーズナブルな価格で提供

2013年12月にオープンした『逸品火鍋 四季海岸』は、火鍋を始めとする鍋料理と新鮮な魚介が自慢の中国料理店。店内の大きな水槽に魚が泳ぎ、ホタテやアサリなどの貝類がずらりと並ぶ様子は圧巻。「目の前で好みの魚を選んでいただき、刺身や蒸し物、揚げ物などご希望に合わせて調理します。まるで港の市場で食事をしているようなライブ感が楽しめますよ」と語るのは、オーナーの綾川さん。
綾川さんは中国東北部の大連市出身。周りを海に囲まれた大連は“北の香港”とも言われる、豊富な魚介に恵まれた土地。そんな大連の食文化にもヒントを得て、このスタイルが生まれたのだそう。「アワビは1個580円、ホタテは380円とリーズナブルな値段を心がけています。よいものを手頃な価格で味わっていただきたいですね」。利益は二の次という良心的な価格もうれしいポイントだ。

いち押しのコラーゲン鍋のほか
豊富なメニューは目移り必至!

メニューは先に述べた魚介を始め、四川や北京といった代表的な中国料理、高級食材を使ったものまで約300種類にも上る。特に女性に大人気なのが、豚骨をじっくり煮込んだ「逸品コラーゲン鍋」。まずは骨の中心にある骨髄をストローで飲み、コラーゲンがたっぷり溶け出したスープと具材を味わう、美肌に評判の一品。
ほか、日本ではあまり知られていない中国東北名物の串焼き料理やサバの水餃子など、ややマニアックな料理もラインアップ。これだけの種類を提供するのは大変だが「中国には地域によってさまざまな料理があり、とてもバラエティーに富んでいます。中国料理の多彩さと奥深さ、おいしさをお客様にお伝えしたい」という思いから、つい数が増えてしまったのだとか。

女性オーナーの視点を生かした
きめ細かなサービスが嬉しい

料理へのこだわりはもちろん、女性の視点ならではの細やかなサービスも充実。女性トイレはゆったりと広いスペースを確保してベビーベッドを置くなど、子ども連れの人も安心して利用できる設備を取り入れている。「外食できるお店が限られる子育て中の方や、仕事が忙しく身体や肌の調子が気になる女性も大歓迎。大きな窓から外の景色を眺めながら、ゆっくりと食事を楽しめますよ」。
深夜4時まで営業しており、昼休みなどもないので、中途半端な時間のランチや、深夜の食事など、いろいろな場面で重宝する一軒だ。
プライベートでは2人の子どもの母親でもあるという綾川さん。自然体でありながら、いつも笑顔を絶やさない元気な姿は、まさにパワフルウーマン。そのパワーの源は、“医食同源”を基本とする中国料理にあるのかもしれない。

<生きたままの伊勢海老や貝類など、魚介類は築地市場を始め、全国各地の漁港で揚がったものを仕入れている。110席と広い店内には個室も完備>


~このお店にオススメの人~
新鮮な魚介を使った中国料理を食べたい人
深夜に鍋料理やおいしい中国料理を探している人
子ども連れOKのお店を探している人

店名逸品火鍋 四季海岸
住所東京都豊島区西池袋1-36-8 ロマンスビル4F
電話番号03-6912-6108
店舗情報https://bimi.jorudan.co.jp/shop/37713/


撮影:和田尚子
このページのデータは2014年1月17日現在のものです。

更新

エリアで探す

料理ジャンルで探す

利用シーンで探す

美味ごはんTOPへ>>