朝食昼食夕食美味ご案内 気取らずおいしい池袋ごはん

朝食・昼食・夕食の美味をご案内! 気取らずおいしい!池袋ごはん

※新型コロナウイルス感染症拡大防止対策および緊急事態宣言に伴う要請により、臨時休業、時短営業等、掲載内容と異なっている場合がございます。お出かけの際は店舗までご確認いただくことをおすすめします

東京三大繁華街のひとつと言われる池袋。それだけに街にはたくさんのカフェやレストランが軒を連ねています。

そこで今回は「朝食」「昼食」「夕飯」を気取らずに楽しめる、池袋の安くておいしいお店をご紹介!

遅く起きた休日の朝食、仕事合間の昼食、週末のブランチデート、友人と過ごす平日の夕飯や女子会、残業終わりの同僚との一杯、たまにはのんびりひとりごはん…など、シーンに合わせて選び放題

「ホッとしたいとき」から「ホットになりたいとき」まで、池袋グルメを堪能しよう!

朝食から深夜食まで! 24時間(※現在は時短営業)いつでもヘルシーな「火鍋」を楽しめる

1
中華料理 逸品火鍋
〔池袋・西池袋〕

『中華料理 逸品火鍋』の絶品「逸品伝統オシドリ食べ放題コース」

夕食には「火鍋」の食べ放題コースも、2,838円から用意。そのほか、健康志向の人におすすめの薬膳を取り入れたコースなどもラインアップする

四川料理をメインに、広東料理や北京料理、さらには「点心」「串焼き」「鉄板焼き」など、約400種類もの料理をラインアップする中華料理店。

こちらは24時間営業(※現在は時短営業)ということもあり、昼食、夕飯はもちろん、朝食、深夜食…と、一日を通して、多くの人が足を運ぶ、いわば池袋の人たちの食卓のようなお店。

おすすめのメニューは、店名にもなっている「火鍋」。

鶏ガラや豚骨をメインに、時間を掛けてダシを取った、コク深くまろやかなテイストの「白いスープ」。厳選した約70種のスパイスを使った、刺激的な香りと辛味に満ちている「赤いスープ」。

その2種類のスープでいただく「火鍋」は、日本で働く中国人や留学生の常連客が必ずオーダーしていることからも、そのおいしさがうかがえる。

『中華料理 逸品火鍋』の絶品「豚肉細切の唐辛子炒め」

アラカルトメニューの「豚肉細切の唐辛子炒め」(1,408円)。食事としてはもちろん、ビールを始めとする、お酒との相性も抜群

おすすめは、12品が食べ放題になる「コラーゲンたっぷりとんこつ鍋食べ放題コース(1人前)」(3,278円)が人気。「特選和牛スライス」や「ジンギスハンラムロース」を始め、「野菜」や「きのこ」などが食べ放題で、この価格は破格値。

そのほかにも、一品料理の多さが自慢というだけあって、膨大な料理が常時メニューとして並ぶ。

火鍋」を存分に楽しむも良し、多彩な中華料理味わいを楽しむも良しのお店。珍しい中国酒や薬膳酒もあるので、気軽に「中国の食文化の奥深さ」を体験できる」ところも面白い。

『中華料理 逸品火鍋』のテーブル席

ビルの4~5階が店舗になっていることもあり、空間全体は広々とした印象。個室は人気なので、なるべく早めの予約がおすすめ

店舗情報
チュウゴクリョウリ イッピンヒナベ
中華料理 逸品火鍋クーポンあり
電話をかける
電話番号:050-2019-0393
中華料理、ごはん / 池袋
東京都豊島区西池袋1-39-1 ウエストコアー4・5F
● 東京メトロ線「池袋駅」12番出口より徒歩1分
朝食:1,000円
昼食:1,000円
夕飯:2,500円

昼食も、夕飯も、地上220メートルからの美しい景色と共に

2
JOE'S SHANGHAI NEWYORK 池袋店
〔池袋・東池袋〕

『JOE'S SHANGHAI NEWYORK 池袋店(ジョーズ シャンハイ ニューヨーク イケブクロテン)』の絶品「Joe’s蟹肉と蟹味噌入り特製小龍包」

看板メニューともいえる「Joe’s特製 蟹肉入り小籠包」(1,100円)。大ぶりの小籠包の中には、蟹のスープがたっぷり

『池袋サンシャイン60』の59階にあるチャイニーズレストラン。アメリカの人気店『Joe's Shanghai』の日本1号店としても知られている。

注目メニューは「Joe’s特製 蟹肉入り小籠包」。『ガットサーベイ』や『ニューヨークタイムス』が、「世界3大小籠包」として絶賛した逸品だ。蟹肉と蟹味噌の濃厚な味わいは、食べた人にしかわからない究極の美味という。

その「Joe’s特製蟹肉入り小籠包」の付いたプランを昼食でも用意。おすすめは「土日祝限定のランチセット」(2,280円/税・サ込)。絶品の「小籠包」を始め「フカヒレ蒸し餃子、ホタテ蒸し餃子、エビ蒸し餃子」「季節野菜のサラダ」「本日のごはん」「濃厚!!パンナコッタ仕立ての杏仁豆腐」を楽しめるメニューだ。

『JOE'S SHANGHAI NEWYORK 池袋店(ジョーズ シャンハイ ニューヨーク イケブクロテン)』の絶品「Joe's 名物 四川よだれ鶏」

イチオシメニューの「Joe's 名物 四川よだれ蒸し鶏」(1,880円)。しっとり蒸した鶏肉の、旨味と深みのある味わいを堪能できる

夕飯では「小籠包」のほかに「2時間飲み放題」の付いた「名物小籠包など全7皿チャイニーズコース」(5,000円/税・サ込)などもラインアップ。さまざまそろえるプランから選んでみては。

もちろんアラカルトメニューも豊富。イチオシは「Joe's 名物 四川よだれ蒸し鶏」。「よだれが出るほどおいしい…」という言葉通りの味わいを堪能できる。そのほかにも、最高級吉切鮫の「フカヒレ(100g)」(6,900円~)のメニューや「自家製窯焼き北京ダック(1/4羽)」(4,000円)もあるので、ちょっとしたお祝いの席にもぴったり。

スワロフスキーのシャンデリアが煌めく、ラグジュアリーなインテリアの空間。そして大きな窓からは、『東京タワー』や『スカイツリー』までも眺めることができる。世界中が賞賛する味わいを、ちょっとだけセレブ気分で満喫してみてはいかが。

『JOE'S SHANGHAI NEWYORK 池袋店(ジョーズ シャンハイ ニューヨーク イケブクロテン)』のオシャレな店内

モダンチャイニーズをコンセプトに装飾されたニューヨークスタイルのスタイリッシュな空間。赤と白のコントラストがオシャレ

店舗情報
ジョーズ シャンハイ ニューヨーク イケブクロテン
JOE'S SHANGHAI NEWYORK 池袋店
電話をかける
電話番号:03-5952-8835
中華料理、ごはん / 池袋
東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 59F
● 東京メトロ線「東池袋駅」改札口より徒歩2分
昼食:1,000~2,000円
夕飯:5,000~7,000円

旨味たっぷりの豚肉料理をワインと共にディナーで堪能する

3
ベルサイユの豚 池袋
〔池袋・南池袋〕

『ベルサイユの豚 池袋』のおすすめ「美明豚48時間熟成の骨付きロース肉の炭火焼き」

農林水産大臣賞を受賞した茨城県の「美明豚」が自慢の「美明豚48時間熟成の骨付きロース肉の炭火焼き」(1,969円~)。必食のひと品だ

多彩な肉料理をリーズナブルな価格でラインアップするカジュアルな雰囲気のワインバル。ユニークな店名も印象的な一軒だ。

取りそろえるメニューは、種類も豊富で、とってもボリューミー。「ちょい飲み」や「サク飲み」といったバル利用だけではなく、「夕飯」としてもしっかり楽しめるところが魅力。

名物メニューは言うまでなく肉料理。なかでもおすすめは「美明豚48時間熟成の骨付きロース肉の炭火焼き」(1,969円〜)。48時間じっくりと香草でマリネした骨付きロース肉を、こだわりの炭火で豪快に焼き上げるひと品。柔らかくジューシーな厚切りロース肉は、ワインとの相性も抜群。香草が食欲をそそる、お店自慢の名物メニューだ。

『ベルサイユの豚 池袋』のいちおし「HY LIFE PORK(ハイライフポーク)」

カナダ育ちの三元豚「HY LIFE PORK(ハイライフポーク)」。「バラ肉」(2,079円)や、「ロース」(2,079円)など、いろいろ食べ比べたい。

そして、もうひとつのおすすめメニューが「HY LIFE PORK(ハイライフポーク)」。カナダ育ちの三元豚で美味しい豚を作るためのキーワードである品種・生産環境・飼料を徹底追究した逸品だ。ラインアップも「バラ肉」(2,079円)、「ロース」(2,079円)、「盛り合わせ」(2,629円)と、豊富に取りそろえる。

そのほかにも「国産牛イチボのグリル」(2,189円)、「若鶏のハーブグリル」(1,639円)といった、お酒と一緒に味わいたい肉料理が盛りだくさん。

大切な人とのデートから、友人との会食、仲間との宴会まで、幅広く利用できる便利な一軒だ。

『ベルサイユの豚 池袋』の「豚の提灯」がカワイイ、メインホール

天井からぶら下がった大きな豚の提灯がカワイイ、テーブル席のメインホール。そのほかにもカウンター席や個室もラインアップする

店舗情報
ベルサイユノブタ イケブクロ
ベルサイユの豚 池袋クーポンあり
電話をかける
電話番号:050-2019-0929
肉料理、ごはん / 池袋
東京都豊島区南池袋2-16-8 鈴和ビルB1
● 東京メトロ線「池袋駅」39番出口より徒歩1分
3,000~4,000円

アメリカの朝食をいつでも気軽に楽しめるN.Y.ブルックリンの人気店

4
egg
〔池袋・西池袋〕

『egg(エッグ)』の絶品「エッグ ロスコ」

人気メニューの「エッグ ロスコ」(1,738円)。サイドディッシュは、糖度の高いトマトを使った「グリルトマト」と「ケールソテー」

アメリカ・ニューヨーク州ブルックリンにある人気店『egg』の日本1号店が、2020年7月に移転リニューアルオープン。話題のお店なので、すでに行ったことのある人もいるのでは。

アメリカ南部スタイルの伝統的な「朝食メニュー」と「ブランチメニュー」をラインアップ。「オールデイブレックファースト」のカフェレストランという、日本では珍しい朝食に特化したお店だ。

コンセプトは「品質にこだわった食材を、責任をもっておいしく調理して提供する」こと。料理に使用する卵は、広島から取り寄せた平飼い有精卵。トマトはアメリカの自家農園から取り寄せ、ケールや青野菜は国産品をそろえるといったこだわりぶり。

『egg(エッグ)』の絶品「オーガニック小麦を使ったパンケーキ」

有精卵でつくる「オーガニック小麦を使ったパンケーキ」(2枚1,100円、3枚1,628円)。バターとピュアメープルシロップでいただくひと品

看板メニューは「エッグ ロスコ」。サクッと焼き上げたブリオッシュの真ん中にとろとろの卵をのせ、さらにその上にホワイトチェダーチーズを重ねたひと品。

そのほかにも「オーガニック小麦を使ったパンケーキ」を始め、「ブリオッシュ フレンチトースト」(1,100円)、「ホワイトチェダーチーズ入りオムレツ」(1,320円)などを用意。

さらに「eggプリン」(495円)や、「手づくりベイクドチーズケーキ」(605円)、「eggアイスクリーム」(495円)といったデザートもラインアップ。

休日の朝食くらいはゆっくり時間をかけて、ちょっとリッチに楽しんでみてはいかが。

『egg(エッグ)』のオシャレな外観

大人の雰囲気を感じさせるオシャレな外観。明るく開放感のあるインテリアは、都会にいることを忘れさせてくれる空間だ

店舗情報
エッグ
egg
電話をかける
電話番号:03-5957-7115
オールディダイニング、ごはん / 池袋
豊島区東池袋1-18-1 Hareza池袋(Hareza Tower)
● 東京メトロ線「池袋駅」29番出口より徒歩3分
朝食:1,000~2,000円
昼食:1,000~2,000円

昼食も、夕飯もおいしい! 『ミシュランガイド』が認めたベトナム料理

5
ベトナム料理 サイゴン レストラン
〔池袋・東池袋〕

『ベトナム料理 サイゴン レストラン』の絶品「海鮮パリパリお好み焼き」

ベトナム南部のお好み焼き「海鮮パリパリお好み焼き」(1,628円)。米粉とターメリック、緑豆を練りこんだ薄い皮の中には野菜がたっぷり

2016年から2年連続で『ミシュランガイド』に掲載されるほどの実力派ベトナム料理店。

こちらのお店では、日本人の好みに合わせて料理のテイストを調整。アジア料理に慣れていない人でも、安心して食べられるところも注目されている。

昼ごはんのおすすめは「フォー」を始めとする麺類。昼食限定の「ベトナム中部のワンフォー」は、あっさりとしたスープにコクのあるスパイスをきかせたこだわりのひと品。「生春巻き」「デザート」「飲み放題のお茶 or ベトナムコーヒー」が付いて910円(土日祝は1,480円)と、価格はリーズナブル。

そのほか「揚げ春巻きのせビーフン」や「チキンカレーライス」などの昼食セットもラインアップする。

『ベトナム料理 サイゴン レストラン』の絶品メニュー例

サクサク食感の「あみあみ揚げ春巻き(4本)」(1,155円)、人気の「生春巻き」(990円)など、夕飯は、いろいろ食べ比べてみたい

夕飯のおすすめは「人気メニュー全部入りコース」(3,520円)。「生春巻き」「揚げ春巻き」「グリーンパパイヤサラダ」「自家製ソーセージ」「ソフトシェルクラブのフライ」「鶏と青菜炒め」「フォー<(牛・鶏・海鮮)」の7品が付いた、お得なコース。

もちろん、アラカルトであれこれオーダーしても、どれもおいしいので、訪れる人数によって決めてみては。

エスニック料理ならではの「辛さ」もなく、油も控えめで、野菜たっぷりのヘルシーなベトナム料理。「333ビール」(660円)、「サイゴンビール」(660円)などのアジアンビールとの相性も抜群。

ノスタルジックな雰囲気漂う、異国情緒たっぷり空間の中、『ミシュランガイド』に選ばれた最上の味わいを満喫しよう。

『ベトナム料理 サイゴン レストラン』のダイニングフロア

外からのやさしい陽光が入るダイニングフロア。池袋にいながらにしてベトナムの雰囲気を楽しめる、居心地の良い空間だ

店舗情報
ベトナムリョウリ サイゴン レストラン
ベトナム料理 サイゴン レストランクーポンあり
電話をかける
電話番号:03-3989-0255
ベトナム料理、ごはん / 池袋
東京都豊島区東池袋1-7-10 鳥駒第一ビル3F
● JR線「池袋駅」29番出口より徒歩1分
昼食:1,000~2,000円
夕飯:3,000~4,000円

『西武 池袋本店』8階からの景色を見ながら、昼食も、夕飯も楽しめる

6
シュリンプ&オイスターハウス 池袋西武店
〔池袋・南池袋〕

『シュリンプ&オイスターハウス 池袋西武店』の絶品牡蠣メニュー例

牡蠣のメニューは、季節ごとに替わるラインアップも多い。ゆえに、訪れる度に違う味わいを体験できる楽しみもならでは

人気メニューの「シュリンプ・カクテル」を始め、こだわりの「生牡蠣」など、気軽にシーフードを楽しめるレストラン。

必食のメニューは、海洋深層水の自然の力だけで浄化する「生牡蠣」。新鮮・安心・安全を第一に考えたこだわりの味わいは、まさに本物。さらに「広島」「兵庫」「三重」といった全国から毎日入荷する「生牡蠣」は「真牡蠣」「岩牡蠣」など種類も豊富。

昼食には「サラダ」「牡蠣スープ」「パン」「選べる前菜」の付いた種類豊富な昼食メニューを用意。「牡蠣とタコ、トマトのペペロンチーノ」(1,980円)、「牡蠣とポルチーニ茸のグラタン トリュフ風味」(1,980円)、「牡蠣とフォアグラのクリームリゾット ルッコラサラダ添え」(1,980円)など、さまざまラインアップ。お得に楽しめるおすすめメニューだ。

『シュリンプ&オイスターハウス 池袋西武店』の絶品牡蠣「牡蠣のマリネバジルソース」

季節ならではの期間限定メニューも豊富に用意。鮮やかな色合いを始め、キレイで繊細な盛り付けはお見事。ワインとのマリアージュを楽しみたい

夕飯は、ワインを豊富に取り揃えているので、まずは「ワイン」→「生牡蠣」→「ワイン」…と、いろいろ食べ比べ&飲み比べしてみるのがおすすめ。

その後は、もちろん牡蠣尽くし。「ウニと牡蠣醬油の焼き牡蠣」(506円)、「牡蠣のバターソテー(2ピース)」(858円)、「大粒カキフライ(2ピース)」(759円)など、どれもおいしくて迷ってしまいそう。

さらに締めには「牡蠣とポルチーニ茸のクリームリゾット トリュフの香り」(1,639円)や「濃厚チーズリゾットとオイスターガンボ」(1,749円)など取りそろえる。

大きな窓から見える、夜景を眺めながら、ワイングラスを片手に、魚介料理を思いっきり堪能してみてはいかが。

『シュリンプ&オイスターハウス 池袋西武店』のスタイリッシュな店内

白を基調にしたスタイリッシュなインテリア。ゆったりと流れる時間に身を委ねていると、『西武 池袋本店』の8階にいることを忘れそう

店舗情報
シュリンプ&オイスターハウス イケブクロセイブテン
シュリンプ&オイスターハウス 池袋西武店
電話をかける
電話番号:03-6915-2596
シーフード、ごはん / 池袋
東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店8F
● JR線「池袋駅」東口より徒歩1分
昼食:1,500円
夕飯:4,500円

昼食も、夕飯も、おいしい肉料理をカジュアルに堪能できる

7
神田の肉バル RUMP CAP 池袋西口店
〔池袋・西池袋〕

『神田の肉バル RUMP CAP 池袋西口店』の絶品ランチ「MIXステーキ」

昼食のイチオシメニュー「MIXステーキ」(990円)。ライス・サラダ・スープ付いて、この価格は安い!

1頭からわずか4kgしかとれない希少部位「ランプキャップ」を始め、さまざまな部位の牛肉をリーズナブルな価格で楽しめるお店。

店内の炭火で豪快に焼き上げる塊肉。牛肉本来の旨味をギュッと閉じ込めた味わいは、とってもジューシー。池袋で「肉を食べたい!」と思ったら、迷わず行きたい一軒といえる。

昼食のおすすめは「MIXステーキ」。990円でたっぷりいただけるボリューミーなセットだ。

そのほかにも「ポークジンジャー」(880円)、「ポークオイル」(880円)、「牛すじカレー(200g)」(880円)、「ハンバーグ」(990円)など、1,000円以下のメニューを多数ラインアップする。

『神田の肉バル RUMP CAP 池袋西口店』の絶品グリル「ビーフランプキャップ」

夕飯のイチオシメニュー「ビーフランプキャップ(数量限定)」。「180g」(1,700円)、「230g」(2,150円)、「460g」(4,200円)の3種を用意

夕飯に楽しみたい料理は、種類豊富なグリル肉。看板メニューの「ランプキャップ」はもちろん、「ビーフアウトサイド(ハラミ/180g)」1,680円、「ビーフサーロイン(180g)」(1,980円)、「ビーフフラップミート(カイノミ/180g」(1,550円)など種類も豊富。

しかもハイクオリティーな肉質でありながら、すべてがお値打ち価格。「180g」「230g」「460g」と、3種のサイズを選べるので、訪問する人数によってチョイスできるところもうれしい。

肉料理をつまみお酒を楽しむのも良し、食事としてガッツリ肉料理を楽しむのも良し、昼食にひとりで楽しむのも良し…どんなシチュエーションでも、おいしい肉をしっかり堪能できる、本格的な肉バルだ。

『神田の肉バル RUMP CAP 池袋西口店』のスタイリッシュ&カジュアルな店内

スタイリッシュ&カジュアルな雰囲気の店内。気取らずリラックスできる空間は「おひとりさま」の昼食にもぴったり

店舗情報
カンダノニクバル ランプ キャップ イケブクロニシグチテン
神田の肉バル RUMP CAP 池袋西口店
電話をかける
電話番号:03-6812-1021
肉料理、ごはん / 池袋
東京都豊島区西池袋1-15-7 吉大ビルB1
● 東京メトロ線「池袋駅」7番出口より徒歩1分
昼食:1,000円
夕飯:3,500円

昼食にも、夕飯にも味わえる! 肉汁ジュワーッのおいしい餃子

8
肉汁餃子のダンダダン 池袋西口店
〔池袋・西池袋〕

『肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場 池袋店』の絶品「肉汁焼餃子」

昼食は「肉汁餃子ライス」のセットメニューとして、夕飯は酒肴の「肉汁焼餃子(6個)」として楽しめる「餃子」

一時期のブームを通り越して、いまや定番の人気メニューになっている「餃子」。昼食から、夕飯まで、「餃子」を楽しむシーンもいろいろ増えているよう。

池袋西口にある、こちらの『肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場』は、「行列」ならぬ「餃列」のできるお店として話題を呼んでいる注目店。

人気メニューは「肉汁餃子」。全粒粉を使ったパリパリ&もっちりの皮の中には、肉汁いっぱいの餡がたっぷり。気を付けて食べないと、ピューッと肉汁が飛んでしまうので要注意。

下味がしっかり付いているので、このままでもOKだが、卓上には醤油・酢・自家製ラー油があるので、お好みでどうぞ。

『肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場 池袋店』の絶品「俺達の麻婆豆腐」

グツグツしている土鍋の中に、まるっと豆腐が一丁入った「俺達の麻婆豆腐」(858円)。「ごはん」(209円)のうえにのせて「麻婆丼」にしても◎

昼食のおすすめは、「肉汁餃子ライス」。「焼餃子(6個)」「温泉卵」「スープ」「ライス」「香の物」のセットで、700円というリーズナブルさは驚きだ。

夕飯のおすすめも、もちろん「肉汁焼餃子(6個)」506円。ビールと共に、「餃子」も1皿、2皿…と、どちらも止まらなくなってしまう相性抜群の名コンビだ。

そのほかにも、夕飯には、手羽先に餃子の餡を入れた「手羽餃子(2本)」(517円)、パクチーたっぷりのヘルシーサラダ「悪魔的に旨いパクチーサラダ」(539円)、お店自慢の「俺達の麻婆豆腐」など、種類豊富で、しかもリーズナブル。

ちょい飲み&サク飲みから、しっかり飲み&食べまで、シチュエーションに合わせていろいろ楽しもう。

『肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場 池袋店』の外観

にぎやかで気取らない「大衆酒場」的なお店。どこか懐かしい心地良い雰囲気に、ついつい長居してしまいそう

店舗情報
ニクジュウギョウザノダンダダン イケブクロニシグチテン
肉汁餃子のダンダダン 池袋西口店
電話をかける
電話番号:03-6915-2166
餃子、ごはん / 池袋
東京都豊島区池袋2-19-1
● 東京メトロ線「池袋駅」C1出口より徒歩1分
昼食:1,000円
夕飯:3,000円

昼食&夕飯に堪能する! とっても希少な南インド料理

9
TOMBOY INDIAN DINING 池袋2号店
〔池袋・南池袋〕

『TOMBOY INDIAN DINING 池袋2号店』の絶品ランチ「ビリヤニセット」

「ビリヤニセット」(920円)。サフランライスとインドスパイス、季節の野菜でふっくらと炊き込んだ南インドの代表的な炒めごはんをぜひ

本場「南インド」の料理を楽しめる珍しいお店

日本で食べられている「インドカレー」は、実は北インドのものがほとんど。南インドは気候が温暖なこともあり、水分量の多い「カレー」がメイン。さらに主食も「ナン」ではなく「」で、使用するスパイスや香りづけも異なっているそう。

おすすめの昼ごはんは「ビリヤニセット」。「ビリヤニ」「サラダ」「本日のタンドリー1種」「ライタ(「ビリヤ二」と一緒に食べる、スパイスのきいたヨーグルト)」「デザート」「ドリンク」がセットになったお得な昼食。

さらに、昼食は17時まで営業しているので、少し遅い昼食や、昼食を食べ損なったときにも便利。

『TOMBOY INDIAN DINING 池袋2号店』の絶品メニュー例

南インド料理のほかに、北インド料理も取りそろえているので、友人とシェアしながら食べ比べてみるのも楽しそう

夕飯は、自慢の「南インドカレー」をどうぞ。本場のシェフがつくるメニューは種類もさまざま。

ほかにも、食べるアーユルヴェーダといわれる「ケーララのチェッティナードゥタンドリー(1ピース)」(780円)。南インド式お好み焼き「ウータパムミックス」(1,250円)。南インド料理をちょっとずつ楽しめる「サウスインディアンタリー」(1,900円)といった料理をラインアップ。

さらに、コリアンダーとクミンが香る「スパイシーコロッケ(5ピース)」(680円)、南インドの主食のひとつ「チャパティで包むチキンカティロール」(750円)など、おつまみ的なメニューも多彩。

いつもと違うインド料理で、新たなおいしさを発見してみては。

『TOMBOY INDIAN DINING 池袋2号店』のエキゾチックな店内

インドの家庭にいるようなインテリアの部屋や、天気の良い日に利用したいテラス席など、広々した空間には150席を用意する

店舗情報
トムボーイインディアンダイニング イケブクロニゴウテン
TOMBOY INDIAN DINING 池袋2号店クーポンあり
電話をかける
電話番号:050-2019-0876
インド料理、ごはん/ 池袋
東京都豊島区南池袋3-13-17 MASHITA5 2F
● 西武池袋線「池袋駅」西武南口より徒歩2分
昼食:1,000円
夕飯:2,000~3,000円

土日祝日は、遅めの昼食&早めの夕飯としてワインと共に

10
ワイン食堂 GOCCHI’S
〔池袋・南池袋〕

売り切れ必至の人気メニュー「自家製ソーセージ(1P)」(600円)。ワインやビールなど、お酒との相性も抜群のひと品

「食堂感覚」で、ワインと料理を気軽に楽しめる人気店

8時間じっくり煮込んだ「煮豚」(800円)を始め、「牛リブステーキ」(2,200円)、「もちもちチーズニョッキ」(780円)、「日替わりパスタ」(1,000円~)など、小さい店舗ながらも幅広いこだわりメニューを数多くそろえる。

厳選するワインも「グラス」(680円~)、「ボトル」(4,000円~)と、うれしいお値打ち価格。もちろん「ワイン食堂」を謳っているだけに、お酒を飲める人だけ訪問しよう。

なお、昼食の提供はしていないが、土日祝は12時から営業しているので、「ワインと一緒に楽しむ、ちょっと遅めの昼食」「夕食前のウエイティングバーとしての一杯」…など、シーンに合わせていろいろ利用したい。

『ワイン食堂 GOCCHI’S』のトレードマークの看板

お店の目印にもなっているトレードマークの豚の看板。かわいらしい豚のシルエットが、良い風合いを出している

夕飯のおすすめは、名物メニューの「自家製ソーセージ」。2日間かけてつくるソーセージは、店主が試行錯誤の末に辿り着いた究極のひと品。プリッと弾ける皮の中には、なめらかに挽かれた豚バラ肉がたっぷり。肉汁がいっぱいのジューシーな味わいは、ヤミツキになる逸品だ。

そのほかにも、ワインとの相性抜群のメニューは盛りだくさん。ついついグラスが進んでしまうほど。

仲間とワイワイ盛り上がる飲み会から、ガールズトークに華を咲かせる女子会、仕事帰りにひとりで訪れるバルスタイルの楽しみ方など、お店の使い方も自由自在

池袋を代表する「大人のバル」で、おいしい時間を満喫しよう。

まさに「ワイン食堂」といった感じの開放的な雰囲気。店内に飾られている装飾品もオシャレなので、デートにもぴったり

店舗情報
ワインショクドウ ゴッチス
ワイン食堂 GOCCHI’S
電話をかける
電話番号:03-6912-8819
トラットリア、ごはん / 池袋
東京都豊島区南池袋2-10-3 斎藤ビル1F
● 東京メトロ線「池袋駅」39番出口より徒歩5分
土日祝の午後:1,000~2,000円
夕飯:4,000~5,000円

本格的な豚肉料理を楽しめる! 小さくてなごめる、おしゃれな酒場

11
BOOMIN
〔池袋・北池袋〕

『BOOMIN(ブーミン)』の絶品「スペアリブ」

肉付きの良いところのみを使用した「スペアリブ」(サイズにより700円~)。オリジナルのタレに3日間漬け込んで仕上げたひと品

都内屈指の豚肉料理専門店として、数々のメディアに登場している『BOOMIN(ブーミン)』。

新富町界隈や『東京スクエアガーデン』で有名な『Boomin Vinum(ブーミン ヴィノム)』の前身となったお店と言えば、その凄さがわかるかも。

カウンター8席の小さなお店ながら、ラインアップする本格的な「豚肉料理」はお見事。「グリル」「煮込み」「揚げ」「炒め」…など、豊富なレパートリーから繰り出される逸品が勢ぞろい。

もちろん料理に使う豚肉は「那須高原豚」や「上州モチ豚」といった厳選する上質なブランド豚ばかり。それだけでも、料理への期待値は上がってくる。

『BOOMIN(ブーミン)』の絶品「トンテキ」

塩コショウのみで調理する「トンテキ(豚肉のステーキ)」(1300円)。豚の甘味に、隠し味のケッパーの酸味がアクセントになった、味わい深い逸品

夕飯のおすすめは「スペアリブ」「トンテキ」。他店では味わうことのできない『BOOMIN』ならではの自慢のメニューだ。

そのほか「豚バラ肉の角煮(小)」(560円)、「ぶた焼き(3枚)」(780円~)、「豚軟骨と牛蒡のトマト煮込み」(800円)、「モツ煮込み」(680円)なども、ワインとの相性ぴったり。もちろん白いごはんとの相性も抜群。

入口横にあるドリンク用保冷庫には「自分で選んでください」との説明書きと共にワインがズラリ。見たことの無いセルフのシステムだが、これこそが、お店の良さを伝える一番のメッセージといえる

なお昼食については、現在「お休み中」とのこと。でも、14時半から営業しているのでブランチとして楽しんでみても良いかも。

『BOOMIN(ブーミン)』のキュートな外観

カラフルな色合いの外観。店内の壁には「豚」と「豚の足跡」が描かれているなど、遊び心いっぱいの雰囲気が、とってもキュート

店舗情報
ブーミン
BOOMIN
電話をかける
電話番号:03-3982-4677
豚料理、ごはん / 池袋
東京都豊島区池袋2-49-12 ナカイチビル1F
● 東京メトロ線「池袋駅」20a出口より徒歩4分
昼食:現在営業ナシ
夕飯:2,000~3,000円

昼食も、夕飯も、リーズナブルに楽しめるお得なイタリアン

Osteria Vin CAFFE閉店
〔池袋・東池袋〕

『Osteria Vin CAFFE(オステリア ヴィン カフェ)』の「飲み放題付き!! 旬の味覚とローストチキンコース」のメニュー例

「丸々一羽のローストチキン~ローストポテト添え~」の付いた、全7品のコースメニューは、2時間飲み放題で4,500円という破格

イタリア語で「居酒屋」という意味の「Osteria(オステリア)」を店名に掲げる『Osteria Vin CAFFE(オステリア ヴィン カフェ)』。本格的なコースやワインをリーズナブルな価格で楽しめることでも知られている人気店だ。

オーナーはフランス料理の経験を経て、本場北イタリアで修行を積んできた経歴の持ち主。それだけに料理の味わいは本物。旬の食材をつかった料理を始め、毎月替わるパスタメニュー、手づくりの自家製パンやデザート…と、本格的なラインアップだ。

昼食は「オール1,000円の昼食」がおすすめ。「パスタ昼食」だけで10種類以上、そのほかにも「ワンプレート昼食」なども用意する。もちろん「サラダ」「ドリンク」付きというから、池袋界隈ではお値打ちといえる。

『Osteria Vin CAFFE(オステリア ヴィン カフェ)』の絶品「Vin Caffe風ピザ」

「りんご」「ゴルゴンゾーラ」「はちみつ」をたっぷりのせた「Vin Caffe風ピザ」(1,320円)は必食のメニュー。生地からつくるので、食感はパリパリ

夕飯も、当然リーズナブル。「オール360円の前菜」&「オール440円の前菜」。メインディッシュの一番高いメニューでも2,000円未満という充実ぶり。

料理に合わせるワインの品ぞろえも豊富。ソムリエがセレクトする赤ワイン、白ワイン、スプマンテ(スパークリングワイン)を始め、選りすぐりの世界の輸入ワインまで、いろいろ飲み比べてみたい。

そのほかにも、必食メニューの「Vin Caffe風ピザ」(1,320円)を始め、群馬県のジューシーなブランド豚を使った「群馬県産モチ豚ロース肉のグリル~フレッシュトマトのソース~」(1,100円)、「黒毛和牛のタリアータ~秘伝のソースで~」(2,980円)などメニューも盛りだくさん。

『Osteria Vin CAFFE(オステリア ヴィン カフェ)』の明るい店内

木を基調にした明るい空間。温もりあふれる雰囲気が心地良い。「昼食」も「夕飯」も、カジュアルにゆっくり楽しみたい

店舗情報
オステリア ヴィン カフェ
Osteria Vin CAFFE
イタリアン、ごはん/ 池袋
東京都豊島区東池袋1-26-4 サンフラワービル2F/A
● JR線「池袋駅」35番出口より徒歩4分
昼食:1,000
夕飯:3,000~4,000円
更新

エリアで探す

料理ジャンルで探す

利用シーンで探す

グルメニュース

美味ごはんTOPへ>>