仕事帰りや旅先で、気になったお店にふらりと入ってみたい。誰かと約束していなくても、もっと気軽に飲みに行きたい。そんな風に「ひとり飲み」を楽しむ女性が増えています。 自由にマイペースに楽しめる、女性のひとり飲みにぴったりなお店をご紹介します。

自然派ワインを楽しめる『グッドラックカリー 恵比寿本店』はひとり飲みにぴったりな恵比寿の隠れ家

自然派ワインを楽しめる『グッドラックカリー 恵比寿本店』はひとり飲みにぴったりな恵比寿の隠れ家

※新型コロナウイルス感染症 予防対策のため、営業時間・定休日・メニュー等が変更となる場合がございます。
詳細は店舗までご確認をお願いいたします。

1

一人でゆっくり過ごしたい夜にぴったりな恵比寿の隠れ家

GOOD LUCK CURRY(グッドラックカリー) 恵比寿本店』は、代官山のフレンチレストラン『Ata』のオーナーを務める掛川哲司シェフが手掛けるカレー店。

インドカレーをベースにフレンチの調理技術も取り入れたスパイスカレーは、ジャンルに捉われない自由で多彩なメニューが魅力。現在、ここ恵比寿本店を含む全3店舗を展開しています。

看板メニューはカレーですが、実はおいしい自然派ワイン(ナチュラルワイン)が揃うお店としても評判
ワイン好きな人のひとり飲みにぴったりなお店なのです。

「グッドラックカリー 恵比寿本店」店舗外観

場所は恵比寿と渋谷の中間あたり、明治通りを一歩入った、渋谷川のほとりに佇むビルの2階。

目印は建物入口の青い扉と『GOOD LUCK SPICE&WINE』の看板。
そして2階の窓には「Don't worry be Curry」のメッセージが。

「グッドラックカリー 恵比寿本店」店舗看板

賑やかな恵比寿駅前から離れた穏やかなロケーションで、周りには古い住宅も多いこの界隈はどこかのんびりとした雰囲気。

店内は6坪半、全10席のこぢんまりとした空間。
コンパクトながら大きな窓に面しているため不思議な開放感があり、中に入った瞬間、肩の力がするりと抜けていきます。

「グッドラックカリー 恵比寿本店」店内イメージ

アンティークの食器や絵が飾られた、かわいくて素敵なものがたくさん詰まった店内
自分だけのお気に入りの場所にしたくなる、例えるなら大人の秘密基地のような空間

お客さまには、ご近所に住む常連さんが多いというのも納得。
絶妙な抜け感がとても心地よく、一人でもリラックスしてゆっくり過ごせるお店です
夜は予約もできるそう。席数が限られているので、確実に入るなら予約がおすすめ。

2

ブドウ本来の個性を楽しむ自然派ワインの魅力に開眼!

グッドラックカリー』のコンセプトは“ナチュラルワインとアテとそして、カレー”。
マネージャーでソムリエの橋本真悟さんが選ぶ、とっておきの自然派ワインを楽しめます。
ワインはグラスで800円から、フランスや日本産を中心に約50種類を用意

飲みやすいものから個性的な味わいのものまで、お客さまの好みをお聞きしながらおすすめのワインをご提案しています。カジュアルなお店なので、ぜひ気軽に楽しんでほしいですね。一人でいらっしゃる女性の方も多いですよ」と橋本さん。

「グッドラックカリー 恵比寿本店」ワインイメージ

左は日本の自然派ワインの作り手として定評のある、山梨県「ドメーヌ ポンコツ」のオレンジワイン「まどぎわ」。右はフランス・ブルゴーニュのロゼワイン「フレデリック・コサール/スーパーピンク」。

培養酵母や酸化防止剤の使用を控え、ブドウそのものの力だけで作られる自然派ワインは、果実本来の味や香りが生きた、まさにナチュラルな味わいが特長。
また、ブドウは農薬や化学肥料を使わず自然栽培で育てられたものが多く、身体や環境にやさしい点でも注目されています。

「グッドラックカリー 恵比寿本店」のナチュラルワイン

深いオレンジ色が美しい、アルザスのオレンジワイン「アンドレ・ロレール/パラドックス ゲヴュルツトラミネール・マセラシオン」。
オレンジワイン特有の柑橘を思わせるほのかな渋みと苦み、柔らかな酸味と甘みですいすい飲める1杯。

「グッドラックカリー 恵比寿本店」のナチュラルワイン

フランス・ローヌ地方の赤ワイン「ルイ・ジュリアン/ヴァン・ド・ターブル・ド・フランス」。
こちらも酸味や渋みが少なめで、どんな料理にも合いそうな穏やかな味。デイリーワインにもぴったりな、気取らずに飲めるカジュアルな1本。

自然派ワインは同じ銘柄でもボトルによって味が違うことや当たり外れもあります。でもむしろ、そういう多様さが自然派ワインの魅力。飲んでみないとわからない、一期一会的なおもしろさがあります」と橋本さん。

自然派ワインは生産量が少ないため、一般的なワインショップに出回らない銘柄も多いとのこと。ワインの生産地や生産者の情報など、橋本さんのお話を聞いていると、自然派ワインの魅力にどんどん引き込まれていきます。

「グッドラックカリー 恵比寿本店」のクラフトビールイメージ

ワインのほかには、定期的にラインナップが変わるクラフトビールもおすすめ。
スウェーデンのクラフトビール「ブリュースキ」は、生のフルーツを使用したIPAやサワーエールが特長。

「グッドラックカリー 恵比寿本店」のクラフトビールイメージ

映え度抜群のパッケージに、マンゴーやビーツ、ラズベリーパイなどの個性的なフレーバーは目移り必至。
グアバやマンゴーを使った「グアバフィーバーIPA」は、甘みはなくすっきりした苦み、トロピカルな香りが広がるグルテンフリーのIPA。

3

自然派ワインとの相性を考えたおつまみメニューも魅力

「グッドラックカリー 恵比寿本店」店内黒板メニュー

そして、店内の黒板に書かれたメニューには「いちじくとサラミ」「砂肝のコンフィ」など、いかにもワインと合いそうな料理が並びます

「グッドラックカリー 恵比寿本店」の「イワシのマリネ」

イワシのマリネ」はハーブとオレンジピールで爽やかに仕上げたイワシの酢漬け。
脂ののったイワシの旨みとビネガーの酸味、オリーブオイルの組み合わせは白ワインやオレンジワインにぴったり。

「グッドラックカリー 恵比寿本店」の「カブとツブ貝」

かぶとつぶ貝」は、隠し味にトマトケチャップを使ったソースが、どこかエキゾチックな趣きを感じるひと皿。
生のカブのみずみずしさに、プリプリのつぶ貝と濃厚な肝のコントラスト。
シンプルだからこそ、それぞれの素材の味と食感が際立っています。

「グッドラックカリー 恵比寿本店」の「フムス、焼き茄子、とうもろこし」

フムス、焼き茄子、とうもろこし」も、素材のおいしさをストレートに表現した一品。
ひよこ豆のペースト「フムス」と焼いた野菜の香ばしさがよく合います。

お料理はどれも、自然派ワインの魅力を知り抜く橋本さんのセンスが光る味わい。
肉や魚はもちろん、野菜料理にも自然派ワインがとても合うことに気づきました。
作り込みすぎないシンプルな料理に、やさしく素直な味の自然派ワインが寄り添い、お互いのおいしさを引き立て合う感じ。

4

訪れるたび新しい味に出合えるスパイスカレーは必食

「グッドラックカリー 恵比寿本店」の「あいがけカレーW」

そして、ワインと料理を楽しんだあとは、やはり自慢のスパイスカレーで締めたい。
看板メニューの「本日のカレー」は、肉と魚介を使ったカレー2種類を週替わりで用意

両方を味わえる「あいがけカレーW」は1300円。おひとり様にはハーフサイズの「締めカレー」もちょうどよさそう。
この日のカレーは「魯肉飯(ルーローハン)カリー」と「東京TARAKOカレー」。

台湾料理の魯肉飯をアレンジした「魯肉飯カリー」は、シナモンやクローブといったスパイスに、八角で台湾の香りをプラス。豚肉の濃厚な旨みとしっかりとした辛さに、黒糖の甘みやビネガーの酸味も感じる深い味わい。

東京TARAKOカリー」はホタテやキノコなどに、カレーの具材としては珍しいタラコを合わせたカレー。
辛さは控えめで、生クリームやココナッツミルクでまろやかに仕上げています。

母体である『Ata』が魚介のビストロということもあり、魚を使ったカレーにも力を入れています。イタリアンやフレンチはもちろん、いろいろな料理からヒントを得ていますが、かといって“何でもあり”でもうまくいかない。基本となる料理の軸がしっかりあってこそ、アレンジが生きてくると思います」と橋本さん。

これまでに作ったカレーは50種類を超え、日本の旬の食材を使うことも大切にしているそう。「イカ墨のキーマカレー」「しらすのサグカレー」「〆鯖のビンダルー」などオリジナルティあふれるメニューも多数。

「グッドラックカリー 恵比寿本店」料理イメージ

ディナータイムはワインを楽しみに訪れる人もいる一方、食事メインでカレーを目当てにやってくるお客さまもいるそう。
ワインをじっくり飲みたい日があれば、がっつりカレーを食べたい日もある。“こういうお店”と限定せずに、その日の気分で好きなように過ごしてもらえたら。目的は違っていても、いろいろな人たちが心地よく混在できる空間でありたいですね」と橋本さん。

ワインとカレーをいただきながら窓の外にふと目を向けると、渋谷川のほとりにある大きな樹に白い花がいっぱいに咲いていました。

「グッドラックカリー 恵比寿本店」店内イメージ

なんだか、この辺りは恵比寿とは思えないくらい静かな空気が流れていて、ゆっくり過ごす時間がとても贅沢に感じます。

グッドラックカリー 恵比寿本店』は、レストランやビストロ、バル、ワインバー…それらのどれとも違った唯一無二なお店。
一度訪れたら、この空間の心地よさにはまること確実。ぜひ、あなたの好きなスタイルで過ごしてみてください。




店舗情報
グッドラックカリー エビスホンテン
グッドラックカリー 恵比寿本店
電話をかける
電話番号:03-3407-0333
東京都渋谷区東3-21-1 アティモント恵比寿ビル 2F
JR恵比寿駅より 徒歩7分
4,000円~5,000円(ランチ:1,000円~2,000円)
定休日 不定休
営業時間 11:30~15:00(L.O.14:30/完売次第終了)、18:00~23:00(L.O22:00)
更新

こちらの記事もおすすめ

美味ごはんTOPへ>>

エリアから記事を探す

東京都心

東京その他

神奈川

関西・東海

その他

料理ジャンルから探す

利用シーンで探す

美味ごはん記事一覧へ>>