テラスレストランが充実! 東京駅近くでテラスが人気のお店

東京駅近くでテラス席が人気のレストラン

風に吹かれながら、陽光を感じながらテラス席で食事を楽しみませんか。

実は東京駅周辺はテラスレストランの宝庫。
丸の内側の『丸の内テラス』、日本橋側の『TOKYO TORCH Terrace(トーキョートーチテラス)』など、商業施設にもテラスという名の付くものがいくつかあります。
高層ビルのテラス席からは、ライトアップされた東京駅や都内の街並みも美しい。昼と夜で表情が全く違うのも特徴です。

いつもとはちょっと違うテラス席で優雅な食事を楽しみませんか。

東京駅すぐ近くのテラス席で堪能する「炭火焼ラテンイタリアン」

1
BRIANZA TOKYO
〔東京駅・丸の内〕

『BRIANZA TOKYO』の肉料理

「名物 サカエヤ手当ての熟成黒毛和牛」

『ブリアンツァグループ』の新業態が東京駅すぐの『TOKYO TORCH Terrace』にオープン。ここは「炭火焼ラテン・イタリアン」のお店。世界中から集めた美味しい食材を、イタリアンの技法・技術などを用い、ジョスパー社のチャコールオーブンで焼き上げる

現地で修業を重ねた奥野シェフが大事にしているのは「料理は自由である」ということ。型にはまらず、美味しいければ“なんでもあり”の料理を提供する。とはいえ、主役はあくまでも素材そのものの美味しさ。品質の高さに定評のある『サカエヤ』の黒毛和牛や広島『かなわ水産』の生牡蠣など、余計なことはせず、その可能性を最大限に引き出すように調理。シンプルだからこそ際立つのだ。

『BRIANZA TOKYO』のパスタ

奥野シェフならではのパスタ料理もはずせない

また『Brianza』で人気のパスタや『The Burn』の米沢シェフが監修したヴィーガンメニューも提供。ワインはイタリアを中心に約50種を厳選し、カクテルやモクテルには『SG Club』のチーフバーテンダーの後藤氏が監修するなど、贅沢な内容。それでいてディナーコースでも4,000円台からとリーズナブルなのにも驚かされる。

店内は天井高4メートルという圧倒的な開放感。天井までの大きなガラス窓から陽光が差し込み、ゆったりと時間が流れる優雅な空間が広がる。

テラス席はブルーを基調にした落ち着いた大人の雰囲気。ディナータイムにはビル群の輝きも迫力がある。席のみ予約も可能なので、とりあえず予約して、じっくりメニューを決めるのもおすすめ。

『BRIANZA TOKYO』のテラス

テラスはゆったり座れるソファ席

店舗情報
ブリアンツァ トウキョウ
BRIANZA TOKYO
電話をかける
電話番号:03-6262-7862
炭火焼ラテンイタリアン/東京駅、テラス
東京都千代田区大手町2-6-4 TOKYO TORCH Terrace(トウキョウ トーチ テラス)2F
東京メトロ各線「大手町駅」B2b出口より徒歩1分
JR各線「東京駅」日本橋口(八重洲側)より徒歩2分
東京メトロ各線「日本橋駅」A1出口より徒歩2分
ディナー:6,000~8,000円(ランチ:3,000~4,000円)

開放感のある大人のテラスで本格グリル料理

2
LAVAROCK/コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション
〔東京駅、京橋〕

『LAVAROCK』料理例

ホテルダイニングらしく、盛り付けも美しい

京橋駅と東京駅の間にある『コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション』1階の『DINING & BAR LAVAROCK』は、中央通りに面した天井高6mの開放感あふれる空間。ヨーロッパの鉄道駅をイメージしてつくられた店内は、高級感がありながらどこかノスタルジーな雰囲気が漂う。

料理は、ステーキをメインにしたグリル料理やアメリカ料理。店名にもなっている高温のグリル「ラヴァロック」=富士山の溶岩石で焼き上げることで、遠赤外線効果で表面はカリッと香ばしく、中はしっとりやわらかくジューシーに。肉は「アンガスビーフ」「和牛」「サーモン」など多種多様なので、好みのグリル料理が見つかるはず。

『LAVAROCK』ステーキ

溶岩石を使ったグリルで焼き上げる豪快なステーキ

テラス席で楽しみたいなら、ランチがおすすめ。平日のお手頃ランチは1,100円から。でもせっかくならランチコースを。新鮮野菜のサラダとホテルメイドのパン食べ放題が付いてくるコースは、スープ、5種から2種選べるグリル料理、デザートとコーヒーが付いて3,300円。さらにドリンク飲み放題も付いているので、うららかな女子会ランチにぴったり。

落ち着いてがっつりと肉料理を堪能したいなら、ディナーコースを。2人用のディナーコースは、シーザーサラダ、トリュフフレンチフライ、メインには国産Lボーンステーキやバックリブローストなどが楽しめるBBQプレート、デザートに2時間飲み放題で7,980円。外資系ホテルの1階ということもあって、外国人客も多いので、塊肉もお手の物。気心知れた2人で美味しい肉料理を味わおう。

中央通りに面したオシャレな外観。テラス席はいつも人で賑わう

店舗情報
ラヴァロック
LAVAROCK/コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション
電話をかける
電話番号:03-3516-9333
ステーキ、グリル/東京駅、テラス
東京都中央区京橋2-1-3 コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション内1F
東京メトロ銀座線「京橋駅」7番出口よりすぐ
JR各線「東京駅」八重洲中央口より徒歩4分
ディナー:5,000~6,000円(ランチ:2,000~3,000円)

一つ星シェフのセンスあふれるタパスを開放的なテラスで楽しむ

3
ADRIFT by DAVID MYERS
〔東京駅・丸の内〕

『ADRIFT by DAVID MYERS』のタパス

「広島産牡蠣のハーブオイル煮のピンチョス」

東京駅・丸の内側から歩いて3分。丸の内仲通りの『二重橋スクエア』1階にある『Adrift by David Myers』は、3年連続でミシュラン1つ星を獲得し、世界で活躍するカリフォルニアのスターシェフ、デイビット・マイヤーズが手がけるタパスとグリル料理のお店。シンガポールの5つ星ホテル『マリーナベイ・サンズ』内のレストラン『アドリフト(Adrift)』だ。

コンセプトは、自由でクリエイティブなカリフォルニアスタイル。旬の食材を駆使して、スターシェフならではのアイデアを盛り込んだ料理をカジュアルに楽しめる。

『ADRIFT by DAVID MYERS』のパエリア

「パエリア 3種の貝と瀬戸内海レモンの香り」

色とりどりの野菜や新鮮なシーフードを使ったタパスは「スパニッシュオムレツ」「海老とマッシュルームのアヒージョ」などスペインバルでおなじみのもの。何人かでシェアして楽しむのがオススメ。人気の「ピンチョス」は「18か月熟成ハモンセラーノ」「デニッシュキャビアとリコッタのピンチョス」など、どれもワインと相性抜群!パエリアやステーキを含むコースがお得。

仲通り沿いに面したテラス席は、グリーンに囲まれた憩いの場所。オープンエアの開放感に浸りながら、ゆっくりと食事を楽しめる

店内は高天井で、球体のシャンデリアや間接照明がやさしく照らす優雅な空間。デートや女子会にもぴったり。

『ADRIFT by DAVID MYERS』の店内

ヨーロッパの街並みのようなオシャレなテラス席

店舗情報
アドリフト バイ ディビッド マイヤーズ
ADRIFT by DAVID MYERS
電話をかける
電話番号:03-6256-0966
タパス、グリル料理、スパニッシュ/東京駅、テラス
東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビル1F
都営三田線・東京メトロ日比谷線・千代田線「日比谷駅」B4出口より徒歩2分
東京メトロ千代田線「二重橋駅」1番出口より徒歩2分
東京メトロ有楽町線 「有楽町駅」D1出口より徒歩3分
JR各線「東京駅」丸の内南口より徒歩10分
ディナー:5,000~6,000円(ランチ:2,000~3,000円)

ラグジュアリーなテラス席はまるでアジアンリゾート

4
アジアンビストロDai 日本橋店
〔東京駅、日本橋〕

『アジアンビストロDai 日本橋店』の生春巻き

野菜たっぷりの「ベトナム風生春巻き」

『日本橋タカシマヤ』新館7階にありながら、一歩店内に足を踏み入れると、非日常感漂う空間が広がる。煌びやかな照明が彩るメインダイニングは、ゆったりと配したテーブルやソファが並び、オープンキッチンの臨場感も特別感を際立たせる。さらに奥に進むと、開放的なテラス席。シックな色合いでまとめられたソファ席で、まるでアジアのリゾート地を訪れたよう

料理は、日本人向けにアレンジしたアジアンエスニック。現地の食材や国産の新鮮な素材を用いたメニューが並ぶ。人気は定番の「ベトナム風生春巻き」や、手間を惜しまずつくられる「小籠包」、スパイシーな美味しさの「よだれ鶏」など。また、全国の漁港から取り寄せた「フレッシュオイスター」も、テラス席で味わうには最高!

『アジアンビストロDai 日本橋店』の小籠包

「小籠包」はシェフ自ら台湾で学んで研究を重ねた逸品

コースがリーズナブルなのも人気の理由。「生春巻き」「海老トースト」「鶏肉のガパオ炒めご飯」など全10品のコースが5,500円!野菜たっぷりでヘルシー、見た目にも美しいので、東京駅エリアでの女子会やデートにもおすすめ。

豊富なワインも見逃せない。季節ごとにタイプの違うワインをソムリエが厳選してくれる。しかも量り売りで注文できるグラスワインは7種あるので、料理に合わせていろいろと楽しめる。スパイシーな料理と相性抜群のワインを楽しんで。

大人のアジアンリゾートを思わせるテラス席

店舗情報
アジアンビストロダイ ニホンバシテン
アジアンビストロDai 日本橋店
電話をかける
電話番号:03-5542-1133
アジアンエスニック/東京駅、テラス
東京都中央区日本橋2-5-1 日本橋高島屋S.C.新館7F
東京メトロ銀座線・東西線「日本橋駅」B4出口より徒歩1分
東京メトロ各線「三越前駅」より徒歩5分
JR各線「東京駅」八重洲口より徒歩5分
ディナー:3,000~4,000円(ランチ:3,000円)

幻の「尾崎牛」とクラフトビールを夜空の下で堪能

5
l’Empreinte
〔東京駅、丸の内〕

『l’Empreinte(ランプラント)』のステーキ

絶妙な火入れのグリルは必食!

まるでヨーロッパの街角のような石畳が続くオシャレな丸の内仲通り。通りに面したオープンテラスで食事をすれば、フランスに旅行したかのような気分だ。また、愛犬連れもOKなので、昼下がりのお出かけにもぴったり。

肉料理とクラフトビールが自慢のビストロ。なかでも“幻の和牛”といわれる希少な宮崎県の黒毛和牛「尾崎牛」をいただけるのがうれしい。赤身の深い味わいと口の中でとろける脂身の甘さ、そしてさらっとしつこくない後味は、グルメな大人たちを満足させてくれる。ほかにも、コレステロール値が低くヘルシーなイタリア産「ファッソーネ・ピエモンテ牛」も提供。どちらも豪快にグリルで。

『l’Empreinte(ランプラント)』のタパス

お肉の美味しさを引き立てる前菜も豊富

国内外のクラフトビールが生で常時6種、ボトルで50種ほどそろうのも圧巻。ナチュラルワインもグラスで750円からとお手頃価格。

人気のディナーコースは、「肉前菜盛り合わせ」「短角牛と尾崎牛のグリル」や「ランプラント特尾崎牛カレー」といった肉ラバーの胃とハートをつかむ全7皿で4,950円と驚きの価格。テラス席でゆっくり過ごしたいランチなら、自家製オードブル盛合せ、短角牛のグリルステーキなどにデザートとコーヒーも付いたランチコース2,900円が最適。

テラス席で味わうクラフトピールとグリルは最高!

店舗情報
ランプラント
l’Empreinte
電話をかける
電話番号:03-6212-6882
ステーキ、グリル料理/東京駅、テラス
東京都千代田区丸の内2-2-3 丸の内仲通りビル1F
東京メトロ千代田線「二重橋前駅」より徒歩1分
JR各線・東京メトロ丸ノ内線「東京駅」より徒歩4分
ディナー:6,000~8,000円(ランチ:2,000~3,000円)

ビルの谷間で風を感じながら本格スペイン料理の数々に舌鼓!

6
スペインバル カラオラ
〔東京駅、大手町〕

『スペインバル カラオラ』のパエリア

「魚介のパエリア」。人数に合わせてS、M、Lサイズから選べる

東京駅近くのビジネスビル『大手町プレイス』地下にあるスペインバル。ビル地下1階とはいえ、緑に包まれた見渡しのいい屋根付きのテラス席があり、陽射しや風を感じながらビールやワインとともにスペイン料理を楽しめる。店内はガラス張りで、天候のいい時季にはオープンエアになるので、風通しが良く居心地も抜群。

スペインといえばの小皿料理「タパス」をはじめ、本場と変わらぬ料理がずらり。なかでもスペイン産のバレンシア米を使い生米の状態から炊き上げる「パエリア」が人気。新鮮な魚介や肉の旨味を余すところなく味わえる。ショートパスタのパエリア「フィデワ」もおすすめ。

『スペインバル カラオラ』のハモンセラーノ

世界三大ハムのひとつ「ハモン・セラーノ」はワインとの相性抜群

また、「小海老のアヒージョ」やジューシーな「イベリコ豚肩ロースのグリル」など、女性が好きなメニューも多いので、女子会利用に喜ばれそう。

一番人気は、ディナーコース。「アヒージョ」「イベリコ豚肩ロースのグリル」、さらに3種から選べる「パエリア」に飲み放題も付いて6,000円。飲み放題はクラフトビールからスペインワイン、スパークリングワインまで幅広い品ぞろえ。都会の真ん中で、気持ちのいい風に吹かれて美味しい時間を過ごしてみては。

屋根付きテラスなのがうれしい

店舗情報
スペインバル カラオラ
スペインバル カラオラ
電話をかける
電話番号:03-6910-3922
スペインバル/東京駅、テラス
東京都千代田区大手町2-3-1 大手町プレイス ウエストタワーB1
東京メトロ丸ノ内線ほか「大手町駅」A5出口より徒歩2分(駅直結)
東京メトロ銀座線「三越前駅」B1出口より徒歩5分
JR各線「東京駅」より徒歩7分
ディナー:5,000~6,000円

世界レベルの点心を味わいながらテラスでお花見

7
YAUMAY(ヤウメイ)
〔東京駅、二重橋〕

『YAUMAY(ヤウメイ)』の点心

「蝦夷鹿肉のパイ包み」「海老蒸餃子」など、選りすぐりの点心が並ぶ

有楽町駅から歩いて5分ほど、丸の内仲通り沿いに建つ『二重橋スクエア』の2階にあるのが、ロンドンの中華料理店で初めてミシュランの星を獲得した『ハッカサン』や『パーク・シノワ』を手がけた、世界的レストランプロデューサー・ALAN YAU(アラン・ヤウ)氏による点心レストラン。世界中のグルメたちが注目する一軒だ。

ALAN YAU氏が招聘したのは、海外のレストランでヘッドシェフを務める料理人たち。メニューの豊富さが特徴のひとつでもある中華料理において、選りすぐった点心20品のみに絞り込んだというのも贅沢だ。

『YAUMAY(ヤウメイ)』のお花見点心

春には「お花見点心ランチコース」も登場する

大人気の「ヴェニソンパフ」(蝦夷鹿肉のパイ包)をはじめ、きび丸豚を使ったジューシーな「焼売」、見た目にも美しい「大根餡」、ぷりっぷりの海老の食感が楽しい「海老蒸餃子」など、どれもオリジナリティーが光る美味しい逸品。

パリで活躍中の日本人デザイナーによる店内は、オーセンティックでありながらカジュアルさとラグジュアリーさを併せ持つ独特の空間。また、寿司店のような檜一枚板のカウンター席は、シェフの手元がしっかりと見える特等席。

YAUMAY(ヤウメイ)のテラス席

ディナータイムはビルの灯りがきらめく幻想的な時間を過ごせる

店舗情報
ヤウメイ
YAUMAY(ヤウメイ)
電話をかける
電話番号:03-6269-9818
点心、飲茶/東京駅、テラス
東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビル『二重橋スクエア』2F
東京メトロ千代田線「二重橋前駅」1番出口より徒歩2分
JR各線「東京駅」より徒歩6分
ディナー:10,000円(ランチ:4,500円)

シカゴで40年以上の歴史を誇る人気のステーキハウス

8
Morton's The Steakhouse 丸の内
〔東京駅、丸の内〕

『Morton's The Steakhouse 丸の内』のステーキ

アメリカ政府お墨付きの高品質のステーキは一度は食べてみたい

アメリカ・シカゴで生まれ、世界75店を展開する人気のステーキハウスが日本初上陸!世界のセレブたちを唸らせてきたステーキを東京で味わえる。

アメリカ農務省の格付けで最上級品質と認められた「プライム」グレードの牛肉を21~28日間かけてじっくりと熟成。500度以上のオーブンで一気に焼き上げることで、表面はパリッと、中はしっとりとした仕上がりに。旨味をぎゅっと閉じ込めているので、噛むごとに赤身肉本来のコクが口の中に広がる。

看板メニューの「プライム ポーターハウス」は骨ごとカットされたステーキで、霜降りの「NYストリップ」とさっぱりとした「フィレミニョン」をひと皿に盛り合わせた贅沢なステーキ。部位ごとに異なる美味しさを存分に噛み締めたい。

『Morton's The Steakhouse 丸の内』のコース

ランチ・ディナーともにプリフィックスコースを用意

ほかにも、豪快なシーフードの盛り合わせ「冷製モートンズ プライム オーシャンプラッター」や、プライムビーフ100%のパティが主役の「モートンズ プライム バーガー」なども用意。200種以上も揃うワインとともに楽しもう。

高級感あふれる店内は、赤ワイン専用のワインセラーを抜けるとバーカウンターに迎えられ、シックなダイニングや個室のほか、丸の内仲通りに面したテラス席と多彩。大人だけの贅沢な時間を過ごしてみては。

冬にはイルミネーションを眺めながらの食事も可能

店舗情報
モートンズ ステーキハウス マルノウチ
Morton's The Steakhouse 丸の内
電話をかける
電話番号:03-6270-3900
アメリカン・ステーキハウス/東京駅、テラス
東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビル『二重橋スクエア』2F
東京メトロ千代田線「二重橋前駅」1番出口より徒歩2分
JR各線「東京駅」より徒歩6分
ディナー:15,000~20,000円(ランチ:4,000円)

開放的な空間で美食を味わう大型ルーフトップレストラン

9
THE UPPER
〔東京駅、丸の内〕

『THE UPPER』のコース

世界中のエッセンスを加えて解釈した独創的な料理

「TOKYO NEW CLASSIC RESTAURANT」をコンセプトに掲げる大型ルーフトップレストラン。『ミシュランガイド』で2つ星を獲得した『La Cime』の高田裕介氏をパートナーシェフとして迎え、『THE UPPER』の徳島亨氏と共に「旅」をテーマにコラボレーション。

徳島シェフのスタイルやジャンルをミックスした独創的な発想と、高田シェフの持つフレンチのイノベーティブな感性&クラシックな技がセッション。世界中の料理のエッセンスを取り入れた、既成概念に囚われないコンテンポラリーな逸品を提供する。

『THE UPPER』の店内

高天井の店内はモダンでオシャレな雰囲気

店内のインテリアは、オーストラリア・シドニーを拠点に、世界的に活躍する『Luchetti Krelle』が担当。「静寂」と「活気」をテーマに9階と10階の空間をデザイン。相反する要素を対比させた、創造的な料理に相応しい洗練されたフロアになっている。

「静寂」の9階は、都会の喧騒を忘れられるような、落ち着きのある自然素材とダークカラーを基調にしたエレガントな空間。「活気」の10 階は、太陽の光が降り注ぐ明るいテラスを活かし、上質でありながらもモダンで軽快な印象に仕上げている。

東京駅エリア初となるルーフトップのレストランで、非日常に身を置く醍醐味を存分に感じながら、五感を刺激する体験をじっくり楽しみたい。

緑に囲まれたルーフトップはリゾート感満載

店舗情報
アッパー
THE UPPER
電話をかける
電話番号:050-5869-0244
モダンフレンチ、イノベーティブ・フュージョン/東京駅、テラス
東京都千代田区丸の内1-3-4 丸の内テラス 9・10F
JR各線「東京駅」丸の内北口より徒歩4分
東京メトロ各線「大手町駅」B1b 出口直結
ディナー:6,000~8,000円(ランチ:3,000~4,000円)

新潟・燕三条の魅力を伝える本格イタリアン

10
Tsubamesanjo Bit TOKYO
〔東京駅、八重洲〕

『Tsubamesanjo Bit TOKYO』の肉料理

しっとりとしたきめ細かな肉質の「雪室熟成新潟和牛」

「ALL新潟」の魅力を五感で感じるイタリアン『Tsubamesanjo Bit TOKYO』。銀座店に続く2号店となるお店が、東京駅エリアの新名所『TOKYO TORCH Terrace』に登場した。大きな窓からは鯉が泳ぐ池や緑の木々を眺められ、ここが都心ど真ん中だということを忘れされてくれる。

これまでは「地場産品」のもと、洋食器・グラス・箸といった「金属加工」と「新潟県産食材」の2つの切り口からアプローチ。新潟・燕三条地域の魅力を提供してきた。今回のお店はさらに発信力をアップ。新潟のワイナリーや酒蔵と一緒につくったお酒から、新たに佐渡の陶芸家たちとつくった食器なども用意。さらに店内で購入することもできる。

『Tsubamesanjo Bit TOKYO』の魚料理

皮目のパリパリ感がたまらない「佐渡甘鯛」

メニューには「雪室熟成じゃがいも」「新潟和牛」「下田豚」「ジビエ」…と、新潟ならではの食材をラインアップ。「雪室熟成新潟和牛ヒレ肉のロースト」「新潟県産下田豚の炭火グリル」など、東京ではまだまだ珍しい食材の美味しさに出合えるのもうれしい。

ディナーコースは飲み放題付きの「技コース」(7,150円)や「玉川堂コース」(8,800円)などを用意。燕三条の魅力をあらゆる方法で楽しませてくれる宝箱のよう。東京に居ながらにして、新潟の本格イタリアンを堪能してみては。

『Tsubamesanjo Bit TOKYO』のテラス

“トーチテラス”だけあって、テラス席は30席も用意

店舗情報
ツバメサンジョウ ビット トウキョウ
Tsubamesanjo Bit TOKYO
電話をかける
電話番号:03-6262-3936
イタリアン/東京駅
東京都千代田区大手町2-6-4 TOKYO TORCH Terrace(トウキョウ トーチ テラス)1F
東京メトロ各線「大手町駅」B2b出口より徒歩1分
JR各線「東京駅」日本橋口(八重洲側)より徒歩2分
東京メトロ各線「日本橋駅」A1出口より徒歩2分
ディナー:8,000~10,000円(ランチ:4,000~6,000円)

マンハッタンにあるかのような特別感あるバル

11
TATA ~BAR RESTAURANT CAFE~
〔東京駅、八重洲〕

『TATA ~BAR RESTAURANT CAFE~』のパスタ

タパスからパスタまで、さまざまな料理が揃う

「常盤橋の豊かな日常」をコンセプトに掲げるオールデイダイニング。日本の食材をふんだんに使ったタパスとナチュラルワインを気軽に楽しめる一軒。

料理ジャンルには特にこだわらない。多彩なお店を運営してきた経験値をもとに“本当に美味しい”料理を気軽に提供したいという思いが詰まっている。「スペインハムとサラミの盛り合わせ」から「ハモンセラーノ」、「牡蠣のアヒージョ」やスペインの米料理「パエリア」といったスペインバルでおなじみのひと皿から、ペルーの魚料理「セビーチェ」、「ひよこ豆のフムス」まで、幅広く楽しめる。

『TATA ~BAR RESTAURANT CAFE~』メニュー例

スペインの米料理「アロス・メロッソ」

ワインは世界各国のナチュールワインがメイン。赤・白・スパークリングだけでなく、いま人気のオレンジワインも揃っている。料理と相性のいいワインはスタッフに尋ねてみよう。また、女性にはフレッシュフルーツを使った自家製のカクテルもおすすめ。

約100席と広々とした店内の半分以上は開放的なテラス席。ぶどう棚のようなパーゴラや、座り心地のいいソファ席を設えているので、リゾート感もたっぷり。店内に入ってすぐの場所には、色とりどりのピンチョスが並ぶバーカウンターもあり、気軽につまめてワインが進むものばかり。仕事帰りにふらっと立ち寄ってみたい。

『TATA ~BAR RESTAURANT CAFE~』のテラス

店舗情報
タタ バー レストラン カフェ
TATA ~BAR RESTAURANT CAFE~
電話をかける
電話番号:03-6281-9974
オールデイダイニング/東京駅、テラス
東京都千代田区大手町2-6-4 TOKYO TORCH Terrace(トウキョウ トーチ テラス)1F
東京メトロ各線「大手町駅」B2b出口より徒歩1分
JR各線「東京駅」日本橋口(八重洲側)より徒歩2分
東京メトロ各線「日本橋駅」A1出口より徒歩2分
ディナー:3,000~4,000円(ランチ:1,500円)
更新

エリアから記事を探す

東京都心

東京その他

神奈川

関西

東海

その他

料理ジャンルから探す

利用シーンで探す

美味ごはん記事一覧へ>>