《行ってきました!》 世界一おいしい日本酒が決定!『SAKE COMPETITION 2015』 | 美味案内

美味案内へ
食べるしあわせクラブMagazine

日本の「食」文化を大切にしたい。

「日々の食事を大切にしたい」と考えるみなさんにとっての、
共感の場となるコミュニティー(相互交流の場)を目指すブログです。
感謝、共有、体感、学・知、貢献をテーマにさまざまな情報を発信しています。

《行ってきました!》 世界一おいしい日本酒が決定!『SAKE COMPETITION 2015』


01-1
日本酒ブームと言われる昨今。
まったく飲めない人でも「獺祭」の名前くらいは知っているはず。

昔のような「オヤジ」「昭和」といったイメージも無くなり、
少しずつではありますが、日本酒を楽しむ若者も増えているようです。


さらに近年では、和食人気に連動して、海外でも日本酒ブームが発生。
パリの三ツ星フレンチに「醸し人九平次」が置かれるなど、
世界的なムーブメントに発展してきています。

このブームのきっかけはどこにあったのでしょう?
おそらく蔵元の努力があったからだと思います。

伝統を守りつつも、どう革新させていくか。
その想いが、おいしい日本酒をつくり出し、
日本はもちろん、世界へと広がったのでしょう。
01-1201-11
01-1301-18

では、おいしい日本酒の中でも「一番」と呼ばれる銘酒とは?

そんな「世界一おいしい日本酒」を決める
SAKE COMPETITION 2015』が開催されました。


4回目となる今年は、全国335の酒造が1028点を出品。
「ブランドによらず消費者が本当においしい日本酒にもっと
巡り会えるよう、新しい基準を示したい」という理念のもと、
市販酒のみがエントリーできる、とても珍しい大会です。


それでは早速、「純米酒」「純米吟醸」「純米大吟醸
Free Style」の全4部門の上位入賞酒をご紹介します。


純米酒 部門
1位 静岡県/磯自慢酒造株式会社「磯自慢 特別純米 雄町
2位 三重県/清水清三郎商店株式会社「作 穂乃智 純米酒
3位 秋田県/新政酒造株式会社「新政 ラピス 純米酒
01-201-15
「55%の特別純米です。酒米の個性をいかに再現させるか、
にこだわりました。でも今期はほとんど品切れで…」
とは、磯自慢酒造の方のコメント。



純米吟醸 部門
1位 宮城県/仙台伊澤家勝山酒造株式会社「勝山 純米吟醸 献
2位 和歌山県/髙垣酒造株式会社「紀ノ酒 純米吟醸 生貯蔵酒
3位 茨城県/青木酒造株式会社「御慶事 純米吟醸
01-301-16
「スーッと入ってくるやさしい滑らかなさと、力強さを感じさせる
純米吟醸です。今後も、さらに上を目指して行きたいと思います」
とは、仙台伊澤家勝山酒造の方のコメント。



純米大吟醸 部門
1位 福島県/鶴乃江酒造株式会社「会津中将 純米大吟醸 特醸酒
2位 山口県/株式会社澄川酒造場「東洋美人 壱番纏 純米大吟醸
3位 山形県/高木酒造株式会社「十四代 純米大吟醸 七垂二十貫
01-401-17
「山田錦を100%使った、純米の中でも最高峰の特醸酒です。
今後は、ほかの部門でも賞を貰えるように頑張っていきたいです」
とは、鶴乃江酒造株式会社の方のコメント。



Free Style 部門
1位 山口県/酒井酒造株式会社「五橋 極味伝心 生もと木桶造り 純米大吟醸
2位 山口県/株式会社澄川酒造場「東洋美人 山廃吟醸
3位 宮城県/株式会社佐浦「浦霞 山廃純米吟醸 ひらの

01-501-14
「山廃造りというと“普通”と思われがちですが、透明感のある
お酒に仕上がっています。今後は、もうひとつ上を目指したいです」
とは、株式会社澄川酒造場の方のコメント。



また、表彰式の行われた『東京プリンスホテル』の会場では、
日本全国167蔵が参加する日本最大級の
日本酒飲み比べイベント『蔵元を囲む会』も同時開催。


蔵元の説明を聞きながら、あちこちでテイスティングを…。
どれもおいしい! 「1位」に選ばれてもおかしくないラインアップです。

01-601-8
01-1001-9

世界に誇れる蔵元の技術、発想、そして素晴らしさは、
日本人として、十分自慢できることだと思います。

ところで、みなさんの好きな日本酒の銘柄は何ですか?

ブランドや人気などで選ぶのも良いですが、
ちょっと見方を変えて、地元の蔵元を探してはいかがでしょう。

「灯台下暗し」ではないですが、もしかしたら、
自分の好みにぴったりの「おいしい日本酒」こそ、
生まれ育った場所にあるかもしれませんから。


『SAKE COMPETITION』
http://sakecompetition.com/



———————————————————-
「食べるしあわせクラブ」について
———————————————————-

「食べるしあわせクラブ」は、
日本の「食」文化の大切さをもう一度見直すための
コミュニティーです。

「食」は、私たちの心を「しあわせ」と「感謝」の
気持ちで満たし、人生を充実したものに
してくれる大切な文化です。

「食」の大切さを見直し、その大切さを
日本中に発信していくことを目指します。

「食べるしあわせクラブ Facebook」はこちら

「食べるしあわせ募金」について 
  ※飲食店をWEB予約すると募金される仕組み

>>TSCマガジンTOPへ戻る
新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.