宴会|店長が語る「すし仙 自由が丘南口店」の手引き

美味案内へ

店長画像 店長が語る
『すし仙 自由が丘南口店』の手引き

見た目だけではわからない飲食店のこと。食材、歴史、人柄、こだわり、コンセプト…
お店“ならでは”の情報を教えてもらって、もっとおいしく、もっと気軽に食事を楽しもう。

※「FM FUJI『What’s JOGIN』」で紹介されました!
番組再生はこちら

すし仙 自由が丘南口店

その日最高においしいネタと
変わらぬ居心地の良さを提供

子ども連れでも和やかに
寿司を堪能できる希少な一軒

自由が丘駅から少し歩いた奥沢は閑静な住宅街。そのなかに、ひっそりと佇む『すし仙 自由が丘南口店』。モダンな店内では、常連客と板長がカウンター越しに会話を交わす様子がとても和やかだ。「お客様のワガママに応えるのが私たちの仕事です」と笑顔で語る従業員のみなさん。「”お決まり”だけではなく、何を召し上がりたいかを伺い、好みに合わせてお出しします。こちらから押し付けるようなことはいたしません」。きっぱりと力強い言葉から職人魂が伝わる。土地柄、週末は家族連れが多く、昼夜ともに通う人たちも少なくない。「お子さんが一緒でも微笑ましく迎えてくれる、そんな居心地の良さも当店ならではですね」。
>>「すし仙 自由が丘南口店」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:03-3718-6528

すし仙 自由が丘南口店 1

春夏秋冬、最高のネタを
素材への熱いこだわり

北海道のウニ、青森のヒラメ、壱岐の本マグロ…、ずらりと並ぶネタはどれも逸品揃い。「築地まで足を運び、信頼できる店から仕入れます。寿司は旬を味わうもの。季節感を大切に、その時季に一番おいしいものを提供しています」。当然、シャリにもこだわる。「今は秋田県産コシヒカリを使用していますが、その時々に含む水分の量で品種を替えています。『シャリがおいしいね』とおっしゃっていただくと、本当に嬉しいですね」と、顔をほころばせる。まろやかな赤酢がふわっと広がり、口の中でほろりと崩れ、ネタと一体化した旨味が余韻を残す。江戸前の丁寧な下ごしらえを施したネタも見逃せない。ふっくらとした身が自慢の「穴子」、キリッとした味わいの「小肌」など、都心の一等地に店を構える名店に引けを取らない。
>>「すし仙 自由が丘南口店」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:03-3718-6528

すし仙 自由が丘南口店 2

いつでも距離感を大切に
大切な日も『すし仙』で

「銀座や赤坂の一流店と同じネタでも、断然手頃な価格でお出しします。同じ2時間を過ごすのなら、おいしく、居心地よく、さらに楽しかった!と感じていただきたいですね。お客様との程よい距離感を大切に、『すし仙』ならではの”おもてなし”を提供いたします」。また、静岡「磯自慢」、佐賀「東一」など日本酒を中心に、ビール、焼酎、ワインまで用意。「寿司と相性がいいのはやはり日本酒ですが、ビールでも、ハイボールでも、お好みのものと一緒にお召し上がりください」と、ここでも楽しみ方は客に委ねてくれる。店内奥には個室風のカウンター席も用意。接待にも、家族の祝い事などにも最適だ。きっと最高のおもてなしで、記憶に残る一日を約束してくれるだろう。
>>「すし仙 自由が丘南口店」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:03-3718-6528

すし仙 自由が丘南口店 3 すし仙 自由が丘南口店 4
すし仙 自由が丘南口店 5

「初めてでも気軽にお立ち寄りください」。自由が丘正面口店、西麻布店、六本木店も変わらぬ”おもてなし”で迎えてくれる

~このお店にオススメの人~
  • 初めてのカウンター寿司でも、気軽に楽しみたい20~30代の女性
  • 子どもと一緒に、カウンター席で寿司を味わいたい家族連れ
  • 接待・記念日などはずせないシーンに最適なお店を探している会社員

Shop Data

撮影:鈴木智哉
このページのデータは2016年5月13日現在のものです。

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.