宴会|スタッフが語る「広島瀬戸内料理 雑草庵」の手引き

美味案内へ

スタッフ画像 スタッフが語る
『広島瀬戸内料理 雑草庵』の手引き

見た目だけではわからない飲食店のこと。食材、歴史、人柄、こだわり、コンセプト…
お店“ならでは”の情報を教えてもらって、もっとおいしく、もっと気軽に食事を楽しもう。

※「FM FUJI『What’s JOGIN』」で紹介されました!
番組再生はこちら

広島瀬戸内料理 雑草庵

瀬戸内の牡蠣から鮮魚まで
「広島愛」に溢れる郷土料理店

地元と変わらぬ味と愛情
広島人が夜な夜な集うお店

池袋駅の喧騒から少し離れた裏通りに、広島の「美味と人情」を存分に楽しませてくれる『雑草庵』がある。東京や首都圏に住むたくさんの広島県人で、連日賑わいを見せているという。「故郷を離れて暮らしている広島の人たちに“ふるさとの味”をたっぷり食べてもらいたい…その思いがお店の始まりです」と、元気に話すのはスタッフの松原氏。ほかのメンバーも愛嬌いっぱいで、そこにいるだけで気持ちもテンションも上がってくる。店内にはカウンターのひとり客もいれば、少人数の飲み会、掘りごたつ式の小上がりでは宴会も。また県人の集まりはもちろん、広島出身の取引先をもてなす際に使うことも多いそう。「広島に赴任していた方が、“地元の味が忘れられなくて…”といらしてくださいます」。現地とまったく同じ味わいの料理。だからこそ、知らない人にもおすすめしたいという。
>>「雑草庵」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:03-3971-5350

広島瀬戸内料理 雑草庵 1

直送の新鮮魚介が勢揃い
瀬戸内が育む美味の祭典

「今の時季は、名物の牡蠣がおすすめです。産地は倉橋や安芸津が中心。しっかりした身と、クリーミーで濃厚な味わいが特長です」。地元で獲れた牡蠣の中から大粒で品質の良いものだけを選別。さらに東京の仲買がトップクラスの牡蠣だけを選り抜いてお店に届ける仕組み。仕入れ数は、予約分と当日客のための十数個のみ。「鮮度を第一に考えてこその量です」。また牡蠣のほかに瀬戸内海で揚がった豊富な鮮魚も外せない。「トラハゼやオコゼ、舌平目、太刀魚、穴子など、いろいろ揃えています」。調理法もユニークで、刺身だけではなく、焼く、揚げるは当たり前。牡蠣ならば、グラタンあり、コチュジャンを使った韓国風あり、チリソースの中華風ありと、さまざまな料理で広島産素材の魅力を引き出しているのだ。「オープンしてから16年の間に生まれたヒットメニューの数々をぜひ食べてみてください」。
>>「雑草庵」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:03-3971-5350

広島瀬戸内料理 雑草庵 2

宴会からファンの会合まで
地酒と地魚でおいしい宴を

広島の食文化で、これまた外せないのが日本酒。「龍勢」「亀齢」「天寶一」「寶剣」といった、日本酒通にも人気の地酒がずらり。「広島県人が愛してやまないコイワシ(カタクチイワシ)の天ぷらには、キレ味すっきりの“天寶一”を、穴子の白焼きなら優しい口当たりの“雨後の月”など、それぞれに合うおつまみもご用意していますので、気軽に聞いてください」。また店内には『広島カープ』のグッズが所せましと並べられ、シーズン中はカープ戦を必ず放映。勝った日はドリンクが半額になるサービスも! 最近は「カープ女子会」も増え、応援歌「それ行けカープ」を口ずさむ声も聞こえるそう。広島県出身者に郷土の味と愛情を提供する“ふるさと”として、そして広島のおいしさを東京の人に教える“伝道師”として、“広島愛”を凝縮した一軒だ。
>>「雑草庵」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:03-3971-5350

広島瀬戸内料理 雑草庵 3 広島瀬戸内料理 雑草庵 4
広島瀬戸内料理 雑草庵 5

「“がんす(魚のすり身のカツ)”や“広島菜漬”など、郷土ならではの味を揃えています」とは、スタッフの松原直人氏(写真中央)。元気で気さくなスタッフに、仕事の疲れも癒されそう

~このお店にオススメの人~
  • 地元の味わいを堪能したい首都圏在住の広島県人
  • 瀬戸内の鮮魚を始め、広島の郷土料理を食べてみたい人
  • 池袋周辺で15~25人程度の貸切飲み会や会合を企画中の幹事

Shop Data

広島瀬戸内料理 雑草庵
住所:豊島区池袋2-12-13 十二ビル1F
電話番号:03-3971-5350
撮影:杉本剛志
このページのデータは2015年1月28日現在のものです。

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.