宴会|チーフが語る「地産地消の鉄板焼き 居酒屋 えん」の手引き

美味案内へ

チーフ画像 チーフが語る
『地産地消の鉄板焼き 居酒屋 えん』の手引き

見た目だけではわからない飲食店のこと。食材、歴史、人柄、こだわり、コンセプト…
お店“ならでは”の情報を教えてもらって、もっとおいしく、もっと気軽に食事を楽しもう。

地産地消の鉄板焼き 居酒屋 えん

兵庫県のうまいもんが満載!
お値打ち居酒屋が西明石に登場

地産地消をテーマにした
お好み焼きと鉄板焼き

JR西明石駅からすぐの場所にある『地産地消の鉄板焼き 居酒屋 えん』。小麦粉ではなく米粉で作ったしっとりふわふわ生地がクセになるオリジナルのお好み焼きと、肉、魚、野菜をふんだんに使用した鉄板焼きを、多彩なお酒と共にリーズナブルに楽しめるお店だ。看板料理がお好み焼きと鉄板焼きというのは、関西ではポピュラーなスタイルだが、チーフの鳥本氏は「北は日本海、南は瀬戸内海に面している兵庫県は、風土が非常に豊かで、海の幸、山の幸ともに素晴らしいものが数多くあります。当店では地産地消をテーマに、安心・安全で質の高い兵庫県産の食材を使った料理を提供するよう努めています」と語る。地元食材にこだわる独自の姿勢にも注目が集まっている。
>>「地産地消の鉄板焼き 居酒屋 えん」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:050-5833-1463

地産地消の鉄板焼き 居酒屋 えん1

鶏好きならずとも必食!
あわじ鶏の鉄板から揚げ

「これからの季節にぴったり。ビールが止まらなくなる一皿ですよ」と供された名物料理は、淡路島発の銘柄鶏である「あわじ鶏の鉄板から揚げ」。地元の醤油蔵から仕入れた醤油に漬け込んだあわじ鶏のモモ肉180グラムを揚げたあと、たっぷりの野菜と共に熱した鉄板に乗せてテーブルへ。芳ばしい匂いと煙を漂わせ、ジュウジュウと音を立てる迫力満点の様は食欲をそそる。噛めば、しっかりと感じられる弾力と、醤油の風味に負けない鶏本来の旨味がたまらない。「淡路島産といえば甘味の強い玉ねぎが有名ですが、実は鶏肉も良いものがあります。東京を始め、関東ではあまり馴染みがないと思いますが、大阪と神戸では最近注目され始めています」。あわじ鶏の肩肉、白肝など珍しい部位を使ったメニューも並ぶ。鶏好きでなくても、まずはぜひ一度お試しあれ。
>>「地産地消の鉄板焼き 居酒屋 えん」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:050-5833-1463

地産地消の鉄板焼き 居酒屋 えん2

宴会・接待も大歓迎!
飲み放題コースあり

あわじ鶏以外にも、兵庫県認証丹波産の新鮮玉子を使った玉子焼き、明石海苔を練り込んだ特注麺の焼きラーメン、明石の魚市場から仕入れる瀬戸内の魚を使った一品などがずらり。地元食材を居酒屋メニューに上手く取り入れている。また、店内には最大40名まで利用できる宴会・パーティー用の個室があり、季節毎に内容が替わる飲み放題付きコースも用意。「ローカルな場所で営業していますが、近くに川崎重工の工場があり、関係者の方々にもよく利用していただいています。県外からもかなりいらっしゃいますので、来店されたときは料理に力が入りますね!」。2014年1月には、垂水に姉妹居酒屋『浜のおかず えん』もオープン。こちらは、『JF兵庫漁連』と直接取引をする鮮度抜群の魚と地場野菜が自慢。今後の展開もますます楽しみだ。
>>「地産地消の鉄板焼き 居酒屋 えん」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:050-5833-1463

地産地消の鉄板焼き 居酒屋 えん3 地産地消の鉄板焼き 居酒屋 えん4
地産地消の鉄板焼き 居酒屋 えん5

テーブル席以外にもカウンター席があるので一人使いもできる。「兵庫県産の梅酒など地元の酒蔵から仕入れるお酒も扱っています。料理と相性がいいのでぜひ試してみてください」とチーフの鳥本悟史氏

~このお店にオススメの人~
  • 素材よし・値段よしのお値打ち酒場を探している人
  • 珍しい鶏料理を食べてみたい鶏好きの人
  • 予算1人3000円で満足できる宴会、接待を考えている30代の会社員

Shop Data

地産地消の鉄板焼き 居酒屋 えん
住所:明石市西明石南町1-6-12 西明石南町ビル1F
電話番号:050-5833-1463
撮影:李宗和
このページのデータは2014年6月23日現在のものです。

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.