宴会|店主が語る「京橋 らくだや」の手引き

美味案内へ

店主画像 店主が語る
『京橋 らくだや』の手引き

見た目だけではわからない飲食店のこと。食材、歴史、人柄、こだわり、コンセプト…
お店“ならでは”の情報を教えてもらって、もっとおいしく、もっと気軽に食事を楽しもう。

※「FM FUJI『What’s JOGIN』」で紹介されました!
番組再生はこちら

京橋 らくだや

看板メニューは大阪名物串カツと
ピチピチ車海老の踊り食い!

新店のコンセプトは
「おもちゃ箱」的居酒屋

関西ではディープな歓楽街として知られる大阪の片町。比較的静かな場所ではあるが、近年個性的な店が次々オープンし、店主同士がタッグを組んで街を活性化させる計画も進行している。そんなエリアで一際目を引くのが、壁一面にらくだのイラストが描かれたお店。ここは“ソース2度漬け御免”の大阪・新世界スタイルの串カツを揚げて10年のキャリアをもつ熊本県出身の小田原氏が、2014年3月31日にオープンさせた居酒屋だ。店内に入ると、木の温もりを感じられるカフェのような空間。女性でもリラックスできそう。「店をオープンするのは2軒目です。1軒目は経験を活かして串かつメインのお店。今回は自分のやりたいこと、食べてもらいたい料理をすべて詰め込んだ、おもちゃ箱のような場所にしたかったんです」。アットホームな雰囲気を大事にする店主の人柄もあって、リピーターも増えているという。
>>「京橋 らくだや」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:06-6360-9441

京橋 らくだや1

メニューの総計は100種
味にも安さにもビックリ

確かな技術で揚げる串カツも自慢だが、このお店には、ほかではなかなか味わえない名物がある。「それは車海老の踊り食いです。店内に生け簀があり、注文が入ってから取り出して提供しています」。15センチメートルで、1匹180円というからお値打ち。「大人はもちろん、お子様にも、貴重な生のおいしさを気軽に楽しんでいただきたいですね。漁港にでも行かないと、こういう経験はできませんから」。さらに、日々仕入れる海の幸、熊本直送の馬肉といった素材重視の料理のほか、ポテサラを始めとした店主こだわりの一品料理も多数用意されていて、メニューの総計は100種にのぼる。「何を頼むか迷ったら串カツや踊り喰いなど、お店の名物が一堂に会したたコース料理をぜひ」。
>>「京橋 らくだや」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:06-6360-9441

京橋 らくだや2

「通」も「初心者」もぜひ
こだわりの日本酒と旨い肴

日本酒、焼酎、ワイン、梅酒など多彩に揃うアルコールもお店のウリだ。「私自身お酒が大好きなんです。だからこそ手は抜けないと、きき酒師の資格も取得して料理に合うお酒を提案しています。おすすめは選りすぐりの日本酒。車海老の踊り喰い同様に、滅多に味わえない珍しい1本を用意していますよ」。お酒好きな店主ならではの「へしこ」や「酒盗」といった珍味も充実。お酒目当てで訪れるのも正解だ。さらに、「とっくりやお猪口は、スタッフと一緒に陶芸工房に行って手作りしたものです。職人さんのように上手くはできませんが、手作り感があったほうが、気兼ねなしにお店を利用してくれるんじゃないかって」。通も納得する料理とお酒を、リラックスしながら味わえる新店。若者から年配の方まで、要チェックの一軒だ。
>>「京橋 らくだや」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:06-6360-9441

京橋 らくだや3 京橋 らくだや4
京橋 らくだや5

若くして2店舗目をオープンした実力派・店主の小田原誠氏。片町を盛り上げようとする“カタマチ向上委員会”の中心人物でもある。料理の腕だけでなく熱くてフレンドリーな接客も評判だ。

~このお店にオススメの人~
  • 本場・大阪名物串カツをゆっくり食べてみたい人
  • 珍しい日本酒を美味な肴とともに楽しみたいお酒好きの人
  • 女性でも入りやすいカフェのような居酒屋を探している人

Shop Data

串カツ キャメルクラッチ 京橋らくだや
住所:大阪市都島区片町2-6-9 京橋シティハイツ1F
電話番号:06-6360-9441
撮影:李宗和
このページのデータは2014年5月2日現在のものです。

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.