宴会|オーナーシェフが語る「ドスガトス」の手引き

美味案内へ

オーナーシェフ画像 オーナーシェフが語る
『ドスガトス』の手引き

見た目だけではわからない飲食店のこと。食材、歴史、人柄、こだわり、コンセプト…
お店“ならでは”の情報を教えてもらって、もっとおいしく、もっと気軽に食事を楽しもう。

スペイン料理レストラン ドスガトス画像

若者の街・吉祥寺で異彩を放つ
大人のための本格スペイン料理店

スペインでの修業で得た
食と文化の魅力を広く発信

オーナーシェフの高森敏明氏は、バルセロナを始めスペイン各地で約4年間の修業を経て帰国。その後、吉祥寺に『ドスガトス』を開店し、約30年にわたり日本でスペイン料理の魅力を伝えてきた。現在は、NHKの料理番組の講師や、食をテーマとした日本各地の地域活性イベントにも携わっている。「高校時代からヘミングウェイに傾倒して、小説に出てくるスペイン、さらにスペインの料理に興味をかき立てられたんです。そして、大学時代に実際に現地へ修業に行きました。バルセロナの『ネイチェル』という店で雇ってもらえたんですが、ここがミシュラン2ツ星の店でした。ラッキーでしたね」。店の賄い料理を日本風にアレンジしたところ、周囲から「面白い」「おいしいじゃないか!」と好反応が。そんな日々のなかで学び、身に付けてきたものが、今日の礎になっている。
>>「ドスガトス」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:0422-22-9830

スペイン料理レストラン ドスガトス1

メニューはあえてコース主体
ゆったり食を楽しむ大人の空間

メニューはコース料理が中心。ランチも1900円からのコースで提供しており、これには高森氏の強い思いがある。「吉祥寺には若い人向けの店があまりにも多いでしょう。だからこそ、大人が食と会話をしっかり楽しめる店を作りたかったんです」。絵画が随所に飾られた店内は、席の間隔がゆったりと取られ、各卓にはテーブルフラワーが。おいしい料理と一緒に優雅な時間も味わえる、まさに大人の会食にふさわしい空間となっている。「店ごとバルセロナに持っていっても、向こうの人に受け入れてもらえるような店を目指しています」。スペインにはまめに足を運び、現地の文化や食のトレンドにも常にアンテナを張っている。
>>「ドスガトス」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:0422-22-9830

スペイン料理レストラン ドスガトス2

海の幸の濃厚な旨味が広がる
高級食材で贅沢に作るパエリャ

メニューのなかでもぜひ味わいたいのは「漁師風パエリャ」。高級魚として知られるカサゴをメインに、ホウボウなどで取ったスープで炊き上げる。「カサゴはカタルーニャ地方の魚のスープでは必須の素材なんです。うちはスープの出汁にするシーフードの7~8割にカサゴを使っています」というから、なんとも贅沢な逸品だ。料理とともに楽しむワインはもちろんすべてスペイン産で、約60種を揃えている。なかには現地の友人が造っているワインもあり、高森氏を介してインポーターに紹介されることもあるという。食だけでなく風土や人柄など、スペインのすべてに深い思いを持ち、その魅力を語る高森氏。興味のある人は、ぜひどんどん質問してみるといい。きっと陽気なラテンのノリで答えてくれるはずだ。
>>「ドスガトス」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:0422-22-9830

スペイン料理レストラン ドスガトス3 スペイン料理レストラン ドスガトス4
スペイン料理レストラン ドスガトス5

スペイン北東部のカタルーニャ、バスク地方の料理を始め、多彩なメニューが揃う。スイーツにも定評があり、クレームブリュレに似たカタルーニャ地方の名物「クレーマカタラーナ」も人気

~このお店にオススメの人~
  • 本場のスペイン料理に興味のある人。食べてみたい人
  • 記念日などにゆったりとコース料理を楽しみたい30代以上の男女
  • 吉祥寺で、居心地の良い「大人向け」のお店を探している人

Shop Data

ドスガトス
住所:武蔵野市吉祥寺本町2-34-10
電話番号:0422-22-9830
このページのデータは2014年4月9日現在のものです。

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.