宴会|オーナーが語る「炭グリルBAR 裏秋葉原」の手引き

美味案内へ

オーナー画像 オーナーが語る
『炭グリルBAR 裏秋葉原』の手引き

見た目だけではわからない飲食店のこと。食材、歴史、人柄、こだわり、コンセプト…
お店“ならでは”の情報を教えてもらって、もっとおいしく、もっと気軽に食事を楽しもう。

※「FM FUJI『What’s JOGIN』」で紹介されました!
番組再生はこちら

炭グリルBAR 裏秋葉原画像

極上の焼鳥とワインが楽しめる
秋葉原の隠れ家ダイニングバー

駅から近くの隠れ家的空間
秋葉原の穴場ダイニング

JR秋葉原駅から徒歩5分、「秋葉原クロスフィールド」の目の前に位置するダイニングバー『炭グリルBAR 裏秋葉原』。「全然“裏”じゃないよね、ってお客さんに言われますが(笑)、オープン当時、この辺りはまだこんなに開発されていなかったんですよ。“裏原宿”的な感じでこの店名をつけました」とオーナーの波多野潤氏。店内は黒と赤を基調にしたシックな雰囲気だが、大きな窓からは外が一望でき、程よい開放感も漂う。「目指しているのは、肩ひじ張らずに過ごせる“居酒屋とレストランの中間”のようなお店。この空間で、僕自身が本当に好きだと思える料理とお酒をご提供しています」。24席の店内はカウンターや半個室風のテーブル席もあり、貸切も可能。駅近くの便利な立地で落ち着いた雰囲気が味わえる、秋葉原では貴重な一軒だ。
>>「炭グリルBAR 裏秋葉原」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:050-5814-1609

炭グリルBAR 裏秋葉原1

「紅ふじ鶏」の焼鳥を始め
必食メニューが目白押し!

メニューで特に力を入れているのは、山梨や静岡の契約農家から仕入れる「紅ふじ鶏」の焼鳥。ワイン粕を配合した特別な飼料で育てられ、甘味のある柔らかな肉質が特長。朝締めの新鮮なものだけを使用し、「表面はパリッと、なかはフワッと」した焼き上がりを追求している。おすすめは、合鴨を加えてより旨味を濃厚にした「つくね」と「皮」。「皮やつくねと聞いて想像する味とは、かなり違うと思いますよ」と自信を覗かせるだけあり、この二品を求めて訪れるリピーターもいるとか。そのほか、特製ネギ味噌をつけて食べる「ささみ」など、ひと工夫ある串焼きメニューのファンも多い。また、パスタやカレーなどが揃うランチタイムは、周辺のサラリーマンやOLにコスパが高いと評判。スイーツでは手作りのアイスクリームが人気で、ハニーナッツとキャラメル味がおすすめ。これらのメニューは、波多野氏がビストロで修業した経験を活かし、試行錯誤しながらレシピを作り上げている。
>>「炭グリルBAR 裏秋葉原」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:050-5814-1609

炭グリルBAR 裏秋葉原2

ジャンルにとらわれない
「うまい料理」が揃う店

イタリアンやビストロ、居酒屋や寿司屋など、さまざまなフィールドでの修業経験がある波多野氏。“日本人が馴染んだ味”を大切に、よりおいしくなると思えばイタリアンの隠し味に和風出汁や和の調味料を用いたり、“めんつゆ”をパスタに使うこともある。「あくまで大衆的な感覚を大事にしています。たとえば、夜の人気メニュー『トリッパ(牛の第二胃袋)のアラビアータ』。これも、フランスやイタリアでは庶民に愛される大衆料理です」。料理ジャンルに捉われず、おいしいもの、いいと思ったものはどんどん取り入れるのが波多野流。自身のなかにこれまで蓄積してきた美味を、日々の料理に表現している。
>>「炭グリルBAR 裏秋葉原」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:050-5814-1609

炭グリルBAR 裏秋葉原3 炭グリルBAR 裏秋葉原4
炭グリルBAR 裏秋葉原5

レンガ張りのビルの2階にある隠れ家的な雰囲気が魅力。串焼きのほか、ワインに合うイタリアンや創作料理などメニュー豊富。ワインは約20種を用意し、2000~4000円台が中心。自然派からオーセンティックなものまで揃う

~このお店にオススメの人~
  • 本格派焼鳥とワインを一緒に楽しみたい30代会社員
  • 秋葉原駅周辺でおいしいパスタランチを食べたい人
  • 秋葉原でおしゃれで雰囲気のいいお店を探している人

Shop Data

炭グリルBAR 裏秋葉原
住所:千代田区外神田4-3-11 クリハラビル 2F
電話番号:050-5814-1609
撮影:片桐圭
このページのデータは2014年3月25日現在のものです。

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.