宴会|店主が語る「味吉野」の手引き

美味案内へ

店主画像 店主が語る
『味吉野』の手引き

見た目だけではわからない飲食店のこと。食材、歴史、人柄、こだわり、コンセプト…
お店“ならでは”の情報を教えてもらって、もっとおいしく、もっと気軽に食事を楽しもう。

味吉野メイン画像

もてなしの心を大事にする
大阪・北新地の名割烹

多くの会社員に
接待利用で愛される理由

大阪有数の歓楽街として知られる北新地。しかし時代の流れとともに、ここ数年でダイニングバーや立ち飲み、ラーメン専門店といったカジュアルな店舗が増加、街を行き交う人々の世代の幅もすっかり広くなった。そんな北新地にありながらも、大手企業を始め、役職クラスの会社員から“接待利用の場”として長く愛され続けている割烹『味吉野』。雰囲気の変わりつつあるこの地で、変わらない客層の確かな支持を昔から獲得している。「最も大事なことはおもてなしの心です。北新地ではお客さまの注文に応えるのは当たり前。一度訪れた方が何を召し上がったのか、苦手な食材が何だったのかなどをすべて台帳に記しています。そうすることで、次回訪れたときには、さらに満足のいただけるサービスを提供できるからです」と店主の渡邉氏。このような地道な努力を、創業時からずっと心がけているという。
>>「味吉野」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:050-5814-1630

味吉野1

店一番の名物は
仲居さんのサービス!

飲食店におけるおもてなしの心は、店主の気持ちだけで完成するものではない。スタッフ全員で作り上げていく賜物でもある。「お酌はもちろん、料理の内容によっては、お座敷にいらっしゃるお客さまの目の前で魚を焼いて提供することもあります。『北新地の中心地で、このようなサービスをしていただけるのは意外。とても嬉しいです』と、良くお褒めいただきます」。わざわざ料亭に行かずとも、ここでなら、それに匹敵するだけの“粋”な和食の時間を楽しむことができる。「最近は、結納や親族のお顔合わせで利用される方も増えてきています」。この言葉が、安心と安定感のあるサービス、そして仲居さんの評判の高さを力強く物語っている。
>>「味吉野」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:050-5814-1630

味吉野2

季節を知らせてくれる
店主渾身の会席

和食一筋40年以上のキャリアを持つ腕前と、高級魚を扱う北新地の魚屋から仕入れる新鮮な魚介類など、料理のクオリティーは言わずもがな。加えて「目の前に並ぶ料理を見て『もう秋になったか』と、四季に気づいていただくことも、和食ならではの醍醐味といえるでしょう」。九谷焼を始め、夏はギヤマンの器、秋は柿を象った器など、味以外の部分でも季節の移り変わりを演出。「余談になりますが、器にこだわることで、その数も増え続け、今では保管する倉庫を近くに借りるまでになってしまいました(笑)」。…変貌を遂げていく北新地の街で、これまで同様“格のある街”のイメージをしっかり保ちつつ、訪れる人からも絶大な支持を得る名割烹。北新地を訪れる際には、ぜひその料理ともてなしの心を味わってみたい。
>>「味吉野」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:050-5814-1630

味吉野3 味吉野4
味吉野5

店主の渡邉彰男氏。京都、大阪の名店で修業後、北新地に店を開いた。「会席がメインですが、夏はハモ、冬はフグ、カニのコースもあります。宴会利用も歓迎ですので、気の知れた仲間との会食にもぜひ」

~このお店にオススメの人~
  • 失敗のない接待利用の店を探している会社員
  • 冠婚葬祭から記念日まで、気軽に使える店を探している人
  • 器にもこだわる本格的な和食を楽しみたい40代以上の人

Shop Data

味吉野(みよしの)
住所:大阪市北区堂島1-3-4 谷安ビル2F
電話番号:050-5814-1630
撮影:李宗和
このページのデータは2013年10月10日現在のものです。

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.