宴会|営業部長が語る「屋形船 晴海屋」の手引き

美味案内へ
営業部長画像 営業部長が語る

『屋形船 晴海屋』の手引き

見た目だけではわからない飲食店のこと。食材、歴史、人柄、こだわり、コンセプト…
お店“ならでは”の情報を教えてもらって、もっとおいしく、もっと気軽に食事を楽しもう。

屋形船 晴海屋

腕利き料理人が厳選素材で作る!
味自慢の「浮かぶ料亭」へようこそ

四季で楽しめる粋な屋形船
選ぶポイントは食事にあり

屋形船に乗ったことはあるだろうか。隅田川から東京湾の風景を楽しみ、時に桜、時に花火を愛でる。江戸時代から続く、粋な大人の遊びのひとつでもある。しかし、数ある屋形船の中からどこを選べばいいか分からないという人も多いだろう。そこでおすすめなのが、ファンの間で「浮かぶ料亭」と呼ばれる味自慢の『屋形船 晴海屋』。屋形船というと料理に期待しない人もいるがここは違う。「料理はすべてウチの厨房でその日に作ったもの。鮮度を第一に考え、お客様が乗船される直前に運び入れます。出来合いや冷凍のものは一切使わず、魚介は築地市場で調達。ダシも北海道・厚岸の昆布を使い、本格和食の味わいを楽しんでいただけるよう、努力しています」と語るのは、ハッピ姿も似合う営業部長の関根氏。船内では天ぷらも調理し、熱々を楽しめる。盛り付けや器も料亭を思わせるレベルの高さで、接待や会食の場によく使われるというのも納得だ。
>>「屋形船 晴海屋」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:050-3759-9971

屋形船 晴海屋 1

外国語対応が可能な船頭も
海外からのお客にも最適!

晴海屋の歴史は古く、明治34年に佃島で創業。当時は船宿だったという。昭和63年から、屋形船の営業をスタート。長年のサービス業で培った「もてなしの精神」をそのままに、以来好評を得ている。「春なら隅田川の桜、夏は花火、秋にはお月見、冬の忘年会や新年会など、用途もいろいろです。エアコン、水洗トイレも完備。座席も掘りごたつ式なので快適ですよ」。清潔感溢れる船内も自慢のひとつ。オプションで芸人や芸者、マジシャン、落語家を招くことも可能だ。外国人の歓待にぴったりといえる。「非日常的な、まさに“海の上のお座敷”を存分に楽しんでいただきたいです。また英語やフランス語のできる船頭もおりますので、海外の方の接待など、気軽にご相談ください」。
>>「屋形船 晴海屋」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:050-3759-9971

屋形船 晴海屋 2

少人数での乗船も可能!
誕生会やパーティーにも◎

船上にはオープンデッキがあり、潮風を感じながらの大パノラマを堪能できる。地上からは見ることの無い、東京のもうひとつの景観も見所。夕暮れから夜になり、だんだんと表情を変えてゆくロマンティックな夜景はぜひ体験して欲しい。「1隻につき貸し切りの場合は20名から予約が可能。最大120名まで対応できます。乗り合いも可能なので、少人数でも気軽にお問い合わせください」。周遊時間は約2時間半。「お台場/スカイツリー周遊」など、コースは5つの中から選べる。料理は飲み放題付きで10,800円から。カラオケセットも全船完備している。最近では結婚式や誕生日のパーティー、歓送迎会、同窓会などの利用も増えているとか。「祝い船」という言葉があるように、長寿のお祝いや昇進・栄転などの宴席にもおすすめ。風情ある屋形船での宵は、印象深い思い出になるに違いない。
>>「屋形船 晴海屋」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:050-3759-9971

屋形船 晴海屋 3 屋形船 晴海屋 4
屋形船 晴海屋 5

「大きな橋やビルを間近に眺められるので、橋マニア、ビルマニアの方々がオフ会として利用されることもあるんですよ」とは、営業部長の関根富彦氏

~このお店にオススメの人~
  • 江戸時代から続く粋な遊び「屋形船」を気軽に体験してみたい人
  • 船上で東京の夜景を楽しみつつ、本格的な和食を楽しみたい人
  • 完全個室でのパーティー、宴会、会合などを企画している幹事

Shop Data

屋形船 晴海屋
住所:中央区晴海3-6-1 朝潮小型船乗り場
電話番号:050-3759-9971
撮影:片桐圭
このページのデータは2015年5月20日現在のものです。

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.