宴会|店長が語る「すみやき料理 はやし」の手引き

美味案内へ

店長画像 店長が語る
『すみやき料理 はやし』の手引き

見た目だけではわからない飲食店のこと。食材、歴史、人柄、こだわり、コンセプト…
お店“ならでは”の情報を教えてもらって、もっとおいしく、もっと気軽に食事を楽しもう。

※「FM FUJI『What’s JOGIN』」で紹介されました!
番組再生はこちら

すみやき料理 はやし

いろりを囲んで炭火焼を堪能
和の情緒溢れる赤坂の隠れ家

飛騨高山の古民家を移築
古き良き日本を感じる空間

赤坂の一等地にある『すみやき料理 はやし』は、ビルの4階という立地。のれんをくぐると、そこには都会のビルの中とは信じがたい、趣のある日本の風景が広がっている。「飛騨高山の古民家から移築して復元しました。100年ほど前の建築物と聞いています」と語るのは、店長の山際氏。長年使い込まれたいろり、木の家具、調度品の数々。良い意味でひなびた店内は、人里離れた田舎に瞬間移動したような気持ちにさせてくれる。「このような家で自分たちの祖先は暮らしてきたんだって…伝えていきたいですね」。古き良き風合いはそのままに、座敷は掘りごたつ式にするといった配慮も忘れない。永田町やテレビ局が近いこともあり、政治家や芸能人の利用も多いという。
>>「すみやき料理 はやし」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:03-3582-4078

Neut 1

「大和地鶏」を始めとする
山海の幸をいろりで楽しむ

田舎情緒溢れる店内で味わうのは、絶品の炭火焼料理。「うちの料理は、肉や野菜をいろりで炭火焼にする素朴なもの。火を囲んで、ご自身で焼く楽しさを味わっていただきたいです」。シンプルな調理法だけに、素材を吟味していることはいうまでもない。鶏肉は奈良の「大和地鶏」を使用。脂肪が適度にのったジューシーな旨味がたまらない逸品。なかでも肉厚の身と太ネギがたっぷりの「はさみ(ネギマ)」や、砂肝、レバー、ハツといった「もつ」はとりわけ人気。ほかにも和牛や鴨肉、魚介に野菜など、さまざまな食材が用意されている。常連になった近隣のビジネスマンは「いろり端で肉や野菜を炙って食べるというのが、新鮮な体験でした。海外からのお客をもてなす際にも好評です」と話す。古民家独特の雰囲気を都心で堪能できるのは、外国の客人にも格別なのだろう。また炭火焼にぴったりのお酒は、当然日本酒と焼酎。新潟「八海山」、福井「黒龍」、山口「獺祭」といった銘酒が用意され、焼酎も鹿児島「明るい農村」「富乃宝山」「魔王」などを取り揃える。
>>「すみやき料理 はやし」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:03-3582-4078

Neut 2

近隣サラリーマンから支持
40年続く「親子丼」ランチ

ランチもサラリーマンやOLに大人気。「親子丼」が評判で、40年変わらず人気というから驚かされる。心地良い食感と甘味のある鶏モモ肉と卵2個を使用。さらに仕上げに卵黄をのせる贅沢なひと品だ。この「親子丼」のために遠方エリアからわざわざ訪れる人も少なくないという。宴会は個室対応もでき、2名から最大15名程度まで利用可能。会食や接待の利用も多いコースは6480円からとリーズナブル。もちろん英語メニューも用意する。いろりを前に、ふたりで炭火焼を楽しむもよし、仲間とじっくり飲むもよし。大人ならぜひ知っておきたい「粋なお店」といえる。
>>「すみやき料理 はやし」の詳細情報はコチラ

>>お問い合わせ:03-3582-4078

Neut 3 Neut 4
Neut 5

「炭火焼の加減が難しかったら、いつでも声をかけてくださいね」と、店長の山際扶巳弥氏。ほかのスタッフも皆フレンドリーで、きめ細やかなサービスが嬉しい

~このお店にオススメの人~
  • 古民家の雰囲気を楽しみたい人。古き良き日本に興味のある人
  • 奈良の絶品地鶏「大和地鶏」を始めとする炭火焼きを食べてみたい人
  • 赤坂界隈で15名程度の個室宴会や、外国人接待のお店を探している人

Shop Data

すみやき料理 はやし
住所:港区赤坂2-14-1 山王会館4F
電話番号:03-3582-4078
撮影:片桐圭
このページのデータは2015年4月8日現在のものです。

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.