鮮度抜群の近江黒鶏とワインで楽しい夜を | 美味案内

美味案内へ

今、行くならこのお店

今、行くならこのお店

ニューオープン・レビュー

かしわビストロ バンバン (渋谷・神泉/ワイン酒場)
かしわビストロ バンバン

(渋谷・神泉/ワイン酒場)

2014/4/20オープン

鮮度抜群の近江黒鶏とワインで楽しい夜を

地鶏のたれかしわ焼き

芳ばしい匂いを放ちながら運ばれてくる、名物「地鶏のたれかしわ焼き」780円。鮮度の良さがウリなので、レアに焼き上げる。たれの隠し味には「リゾットカレー」と同じカレーを。後を引く旨さ!

ここ数年、秘かに注目を集めている、神泉。渋谷からひと駅の比較的目立たない街だが、松濤や神山町が“大人のための奥渋谷”が人気となり、その影響がこの街にもじわじわと及んでいる。オシャレなビストロやバルなどが目に付き、日が暮れると一気に賑やかに。そんな、これからの進化が楽しみな街の起爆剤となるお店が『かしわビストロ バンバン』。渋谷・桜丘町で人気の『リゾットカレー スタンダード』『アワーズ ファーム キッチン』に次ぐ3号店として、神泉駅すぐの場所にオープンした。


地鶏のカルパッチョ今までの価値観を覆される「地鶏のカルパッチョ バルサミコ醤油ソース」880円。胸肉、ササミを中心に、炙ったソリレス(モモの付け根)、運が良ければハツも!

 窓を全開にしたオープンな空間ながら、表通りから5段ほど下りた位置にあるので、外を歩く人たちと目線が合わない。お客さんは気がねすることなく楽しめる一方で、通りゆく人はその活気ある雰囲気に思わず目を留めてしまう。店内はシックで大人っぽく、ちょっとカッコいい感じに。「そのままだと入りづらくなるので、店名はわかりやすく、親しみやすくしました」とオーナーの高城氏。確かに「かしわ」=鶏肉、ビストロ=ワイン、とストレートな表現。「今日『バンバン』行こうよ」と言えばどの店か分かる、気軽に使われる店を目指している。


スタッフ「鮮度がいいからこそ味わえる『地鶏のカルパッチョ』はぜひとも食べていただきたいですね」とシェフの四ケ所さん

 コンセプトは“大人のワイン酒場”。契約農家直送の“近江黒鶏”を使った料理がメイン。誰もがオーダーする名物の「かしわ焼き」は、高城氏の地元・滋賀の郷土料理をアレンジしたもの。モモ肉に赤味噌と醤油ベースのたれを絡めてレアに焼き上げた一品。程よく身の締まった肉は、その食感を堪能できるようにカット。鶏肉そのものの力強い旨味とコクのある味噌だれがマッチし、どんどんとワインが飲みたくなる。前日に捌いたばかりという鮮度の良さを実感できる「地鶏のカルパッチョ」や「“数量限定”近江黒豚の生レバー」は、ハズせない逸品。希少なので、早い者勝ちだ。ほかにも、ジャンルにとらわれず、ワインとの相性がいい料理がずらり。そのどれもが1000円以下というリーズナブルさなので、食べたいと思ったら何皿でもオーダーしてしまいそうだ。


 ワインは50~60種ほどをラインアップ。人気はなんといっても「こぼれデキャンタ」。たっぷり600mlのワインを楽しめる贅沢さ。これは飲むしかない! 赤・白それぞれ5種のグラスワインや、角ハイボール、甘くないフルーツハイボールもおすすめだ。「とにかく使い勝手の良さをとことん考えました。変わりつつある神泉界隈を散策しながら、気軽にお越しください」と高城氏。カッコいいけど気取らない、知っていると自慢できる。大人たちにふさわしい酒場が誕生した。

店内

40席近くある店内は常に満席状態。ワイン好き、旨いもの好きの男女が夜な夜な集う酒場は、使い勝手の良さも最大の魅力だ

 
Data
かしわビストロ バンバン
住所:渋谷区神泉町2-8 小島ハイツ1F
電話番号:03-6416-4645

撮影:山村佳人  取材・文:伊勢嶋暢子(編集部)
このページのデータは2014年7月14日現在のものです。

ほかの新店を探す

新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.