目にも鮮やか、ネタの取り合わせが巧みなロール寿司 | 美味案内

美味案内へ

今、行くならこのお店

今、行くならこのお店

ニューオープン・レビュー

SHARI THE TOKYO SUSHI BAR(銀座/ロール寿司、創作和食)
SHARI THE TOKYO SUSHI BAR
(銀座/ロール寿司、創作和食)

2011/2/4オープン

目にも鮮やか、ネタの取り合わせが巧みなロール寿司

エビ、サーモン、マグロ、白身魚、アボカドなどカラフルなネタが乗った「レインボーロール」。ロール寿司はどれも一口でいただけるので、全ての味が口の中で調和する

日本が世界に誇る料理・寿司を銀座という高級エリアで、しかもカジュアルにいただけるスシ・バーが登場した。「ホタテマンゴーロール」や「サーモンとアボカドロール」など、築地から毎日届く旬の鮮魚だけでなく、新鮮な野菜や果物などを組み合わせた、ロール寿司がメインだ。


黄色のマンゴーが乗った「ホタテマンゴーロール」には、マンゴーソースがかかっている。マンゴーの甘みと酢のバランスがぴったりだ。女性に人気の一品

ロール寿司は、キュウリ、ニンジン、かんぴょう、タマゴの4種の具材が基本。この具材を海苔、酢飯で巻き、約20種類あるロール寿司に応じて、上には見た目にも鮮やかなマンゴーやアボカド、エビ、サーモンなど、さまざまなネタが乗る。ソースもネタによって、醤油ベースのにつめ、マンゴーの果肉を使ったマンゴーソース、オーロラソース、マヨネーズソースの4種類を使い分けている。「シャリという店名にもなっているお米は、新潟県魚沼産のコシヒカリを使っています」と倉科マネージャー。酢の配合は、野菜や果物などの素材全般に合うようにと、同店ならではの特別な割合になっている。ネタは日々研究中で、固定概念を取り払って考える。もちろん素材と素材の相性に気を使いながら、これとこれを組み合わせると面白いというアイデアを思いついたら、スタッフのなかで試食を繰り返し、「よし、おいしい」となったら、メニューに登場。「レインボーロール」(740円)も「ホタテマンゴーロール」も、そうしたいろいろな思考錯誤から誕生した。


「まず盛りつけの美しさを見ていただき、おいしいものを味わって、お客様に満足して帰っていただきたい」と板倉氏。「ゆったりした空間で、しかもリーズナブルにヘルシーなメニューをカジュアルにどうぞ」と倉科マネージャー

ランチは、野菜のてんぷらとロール寿司6種を合わせた「春野菜の天婦羅とオリジナルロール寿司定食」など1000円前後の定食が充実していて、周辺のOLやサラリーマンで賑わう。ディナーは、メインのロール寿司のほか、和食だけでなく、バーニャカウダやカルパッチョスタイルなど洋食を取り入れた創作メニューもあり、気軽にしかもゆったりした空間で、至福のひとときを過ごせそうだ。


同店の姉妹店として上海にもスシ・バーがあり、ゆくゆくは、アジアを中心に海外店も増やしていく予定だとか。海外も視野に入れた日本の拠点・銀座の店は、いろいろなシーンに利用したい一軒だ。

木目のテーブルとグリーンの椅子の色合いが落ち着く、海外の和食店を思わせるモダンな店内は、自分だけが見つけた隠れ家的な店として使いたい

 
Data
SHARI THE TOKYO SUSHI BAR(シャリ ザ トーキョー スシ バー)
電話番号: 03-5524-8788
住所: 中央区銀座2-4-18 アルボーレ銀座ビル8F

このページのデータは2011年4月25日現在のものです。

ほかの新店を探す

新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.