神楽坂で味わう蕎麦処・福井の越前おろし蕎麦を堪能 | 美味案内

美味案内へ

今、行くならこのお店

今、行くならこのお店

ニューオープン・レビュー

九頭龍蕎麦(神楽坂/福井郷土料理)
九頭龍蕎麦
(神楽坂/福井郷土料理)

2010/5/27オープン

神楽坂で味わう蕎麦処・福井の越前おろし蕎麦を堪能

ダイコンおろしとカツオブシ、ネギをのせて食べる「一龍おろし」。太めのそばにダシがよく絡み味わい深い

老舗と新興の飲食店が拮抗し、新たな食文化が生まれつつある神楽坂に、また1軒の店がオープンした。芸者新道という粋な名前の小路に面した、和風モダンな造りの『九頭龍蕎麦』は、越前・福井の名物そばと郷土料理、そしてレアな地酒が楽しめる穴場のお店だ。


福井の特産品の「昇龍舞茸」は一株が大きく、香りや風味のよいのが特徴。ひと口頬張るとジュワッとたっぷりの汁が広がる

福井は喫茶店にもそばメニューがあるというほどの“蕎麦っ喰い”(そば好き)が多い地域で、その食べ方も江戸時代から続く地元ならではの特徴がある。荒挽きの挽きぐるみのそばに、ダイコンおろし入りのダシをかけてカツオブシとネギをたっぷりとのせて食べる、おろしそばが定番のスタイル。福井出身のオーナー原崎衛氏が、地元の「越前おろしそば」を広めたいと2年間のそば打ち修業を経てオープンさせたのがこの店だ。「奥越地方では、そばは別腹というぐらいそばが生活に密着してるんです。だからこの店では、通ぶったり粋にこだわったりしない日常のそばを味わって欲しいですね。難しい事はしませんが、誠実に手間を惜しまずに作るダシや、製粉から手打ちまで全てを一貫して行うまじめな仕事を続けていくだけです」と語る原崎氏が打つそばは、あえてそばの実の殻を少し残した太めで腰のある田舎そばだ。もちろんそばのほかにも、「へしこ」(680円)や「小鯛の笹漬け」(820円)など福井の名物がメニューに並ぶ。さらに、ランチは6種類のそばと丼を自由に組み合わせできるセットが890円からと、とてもお得。北陸グルメの代表格「ソースカツ丼」もセットで楽しむことができる。


「福井は関西と関東の両方の文化の影響を受けているので、食に関しても個性的で上品なアンバランスさが魅力です」と料理長

「ストレスが多い生活でのなかでがんばっている人が、化学調味料など使わない丁寧に作ったダシの味や手打ちのそばで、ホッと寛いで元気になってくれるようなそんな店にしたいですね」と原崎氏。大人の隠れ家としてずっととっておきたい一軒だ。


神楽坂という場所柄、外観は落ち着いた和の佇まいに。和風モダンな雰囲気のなか、くつろぎの時間を過ごせる

 
Data
九頭龍蕎麦(クズリュウソバ)
住所: 新宿区神楽坂3-3
電話番号: 03-6228-1886

このページのデータは2010年7月30日現在のものです。

ほかの新店を探す

新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.