パクチーを使ったラテンマインドあふれる創作料理 | 美味案内

美味案内へ

今、行くならこのお店

今、行くならこのお店

ニューオープン・レビュー

シラントロ 代々木上原バル(代々木上原/創作料理バル)
シラントロ 代々木上原バル
(代々木上原/創作料理バル)

2010/4/30オープン

パクチーを使ったラテンマインドあふれる創作料理

シラントロ山盛りのグリーンサラダにラム肉のグリルを添えた「シラントロサラダ」は、香りの強いもの同士の組み合わせが新鮮。ハマる味と評判の看板メニューだ

『シラントロ』とは、スペイン語で“香菜(パクチー・シャンツァイ)”を意味する言葉。お店のコンセプトは“ラテン諸国のマインドで調理した料理を饗する創作バル”で、シラントロやスパイス・ハーブなど、香りのある食材を中心にした創作料理とお酒を気軽にリーズナブルに楽しませてくれる。


「自家製・半熟ベーコンのステーキ」は、お店で燻製したばかりのジューシーでスモーキーな厚切りベーコンステーキに甘酸っぱいバルサミコ酢ソースをかけて

デザイン事務所が経営する店だけに、店内はさりげない中にもこだわりを感じさせる造り。代々木上原という場所柄とビルの3階という立地もあり、大人がゆっくりと時間を過ごせる隠れ家的な雰囲気が漂っている。「自分たちが行きたいと思う店を造りました。シラントロにこだわったのは、香りの強いものは好き嫌いがあるけれど、ハマると何度も食べたくなるから。月に2~3回来てもらえるお店を目指しています」とオーナー。じつはオーナーご本人も以前はシラントロが苦手だったのだが、牛ハラミとチョリソにサルサ・シラントロをのせライムをギュッと絞って食べる「タコス」に出合ってから、その魅力にはまったのだとか。もちろんその「タコス」はお店の名物メニューとして登場。「打ちたて、焼きたての手作りコーントルティーヤは絶品です」とオーナーが太鼓判を押す味をぜひ味わってみたい。


ビルの3階にあり、エレベーターの扉が開くと目に入るのは真っ赤な壁。シラントロ(パクチー)の葉とCをアレンジした大きな木製の店名ロゴが印象的だ

メニューには「シラントロサラダ」「白身魚のソテー シラントロソース」、シラントロとハラペーニョのペーストとシーフードを生クリームでまろやかにまとめた「シラントロとハラペーニョのカレー」などが並ぶが、もちろんシラントロを使っていないメニューも豊富。最高級24カ月熟成のイベリコ豚の生ハム「ハモン・イベリコ・デ・ベジョータ」は、誰もが納得のおいしさだ。タパス以外の料理はどれも2~3人でシェアできるボリュームがあるので、いろいろ楽しみたいならグループでの利用がおすすめ。ワインもニューワールドのものを中心にコストパフォーマンスのいいおいしいものが揃っている。また、女性パティシエによる手作りデザートも評判。とくにシナモン・クローブ・スターアニスがほんのり香る柑橘系のフルーツゼリー「シトロンスパイスゼリー」は、締めにぴったりのさっぱりとした一品だ。


チャージなしという気軽なスタイルのこの店は、ご近所さんを中心に常連さんが増えつつあるとか。食事や生活スタイルにこだわる人が多い街・代々木上原にあって、今後ますます注目を集めそうな一軒だ。

店内は床や壁に独特の風合いの古材が使われていて、ナチュラルで落ち着ける雰囲気。仕事帰りにひとりでふらっと立ち寄る女性客が多いというのもうなずける

 
Data
シラントロ 代々木上原バル(シラントロ ヨヨギウエハラバル)
電話番号: 03-6416-8001
住所: 渋谷区西原3-2-4 フロンティア代々木上原3F

このページのデータは2010年6月30日現在のものです。

ほかの新店を探す

新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.