個性きわだつ4種のカレーはどれもクセになる味 | 美味案内

美味案内へ

今、行くならこのお店

今、行くならこのお店

ニューオープン・レビュー

みのりんご(原宿/カレー)
みのりんご
(原宿/カレー)

2010/4/1オープン

個性きわだつ4種のカレーはどれもクセになる味

「みのりんごスペシャル」は、温玉がのったスパイシーなキーマカレーとマイルドなチキンカレーの2種が楽しめるお得な一皿。カワイイお皿や盛り付けにも注目!

原宿竹下口から千駄ヶ谷方面に少し歩いたビルの1階に、要チェックのカレーショップがオープンした。“CURRY”の看板がなければ、カフェかBARかと思わせるシンプルでおしゃれな店構えだが、その本格的な味はカレーフリークの間で早くも話題。一度食べたら忘れられないこだわりカレーが評判を呼んでいる。


2週間以上煮込んだルーの中に角煮がゴロンと入った「どっしり角煮のポークカレー」は、ふわっと広がる果物や野菜の甘みとスパイスの辛みのバランスが絶妙

カレーは「とろとろ温玉のせキーマカレー」「トマトたっぷりチキンカレー」「どっしり角煮のポークカレー」「激辛!!ビーフカレー」の4種。市販のルーやカレー粉・化学調味料・ブイヨン・小麦粉は使わず、メインの食材にあわせてスパイスや野菜・フルーツの組み合わせを変え、あめ玉(あめ色になるまでじっくり炒め、甘みとコクを引き出したタマネギ)の作り方にまで工夫を凝らしてじっくり時間をかけて仕上げたカレーはどれも個性豊か。サラダ油やギ―(インドカレーに使う油脂)は一切使わず、それぞれの肉の脂を最小限にのみ使ってスパイスの香りをたたせているので、コクがあるのにさらっと食べられてヘルシーだ。


店を取り仕切る風間さん(左)と松本さん。「時間をかけてていねいに仕込んだおいしいカレーをぜひ食べにいらしてください。マスコットのインコの “ピヨちゃん”も待ってます!」

シェフの松本さんによると「看板メニューはスパイシーなキーマカレーですが、男性には甘辛のポーク、女性にはマイルドなチキン、激辛マニアにはビーフが人気です!」とのこと。メニューには、それぞれのカレーの作り方や特徴が書かれていて、トマトのやわらかい酸味と生クリームの甘さとコクがマッチしたチキンカレーにはチーズ(100円)のトッピング、ビーフカレーには生玉子(50円)のトッピングなど、おいしい食べ方の提案もされている。キーマカレーは、まずはカレーとごはんをシンプルに。次に温玉の白身だけを混ぜ、最後に黄身をくずして…と3段階の味の変化を楽しむのがおすすめだ。


ランチタイムはサラダ・自家製ピクルス・ミニラッシー付き。ディナータイムには「あつあつ焼きチーズカレー」や「ぷりぷりジューシーからあげ」、『Bar Ebony』のマスターが考案したアルコール入り「おとなのラッシー」なども登場する。じっくりとていねいに肉や野菜・果物の旨みを引き出し、スパイスを利かせたカレーはアルコールとの相性も抜群。なにかとカレーが食べたくなるこれからの季節。ぜひ覚えておきたい一軒だ。

カウンターとテーブル席からなるシンプルな店は、一見カフェかBARのようなおしゃれな雰囲気。駅から近く、女性ひとりでも気軽に入れるのが喜ばれている

 
Data
みのりんご
電話番号: 03-6447-2414
住所: 渋谷区神宮前1-22-7 WESTビル1F

このページのデータは2010年5月31日現在のものです。

ほかの新店を探す

新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.