湘南の”海”を感じてくつろげるおでん&うどんの店 | 美味案内

美味案内へ

今、行くならこのお店

今、行くならこのお店

ニューオープン・レビュー

湘南 海まる(丸の内/おでん、うどん)
湘南 海まる(丸の内/おでん、うどん)

2009/9/28オープン

湘南の”海”を感じてくつろげるおでん&うどんの店

昼は定食とうどんを提供。お昼の冷たいうどんのメニューから、とこぶし・シラス・ちくわ天・きんぴら・ワカメなどのトッピングが豪華な「特撰 海まるうどん」1785円

丸ビルの6階に湘南の海がテーマの新店がオープンした。昼はうどん、夜はおでんを中心とした一品料理を提供するこの店は、鎌倉の蕎麦の老舗『鎌倉 一茶庵』が辻堂おでんセンターの名店『ひげでん姉妹店』とコラボレーションして誕生したもの。“うどん”と“おでん”という親しみやすいメニューを昼と夜で使い分けるというのは、今までありそうでなかった新しい趣向。昼も夜も気軽に使える店として周辺OLやサラリーマンの人気を集めている。


自慢のおでんは各種210円~。名物の大根は315円。鶏ガラと煮干しでていねいにダシをとったつゆは、醤油を使っていないので透き通っているが味はしっかり

特注のオリジナル中太麺を使ったうどんは喉越しがよく、香りのよいカツオダシが上品な味わい。プラス210円で大盛りにできるほか、温玉やちくわ天などのトッピングも210円から揃っている。昼は各種うどんのほか、メインをおでん5種盛り合わせ、魚料理、もつ煮込みの中からチョイスできる「海まる定食」も人気。温うどん・しらすおろし・小鉢・サラダ・香の物・ご飯が付いた充実の内容が喜ばれている。


(右から)大畑店長・谷主任・佐藤料理長。「湘南の食材を使い、お酒も海にちなんだものを揃えました。丸ビルの中で湘南を感じてくつろいでいただければうれしいです

夜は、自慢のおでんのほか、湘南名物のしらすや季節の地モノの鮮魚や干物などを使った一品料理で一杯…というのが定番。佐藤料理長が『ひげでん姉妹店』秘伝の味を守るおでんは、屋台から始まった店の伝統を受け継ぐ“上品すぎないオーソドックスな味”が身上。「あくまでも“庶民の味”であり続けるよう、あえてキレイな味にならないよう気を付けている」という。そんな料理長のイチオシはダシの染みた「大根」。これからの季節は大根のおいしさもひとしおだ。


お酒は湘南の蔵元『熊澤酒造』の純米吟醸「天青」や吟醸辛口「湘南」、焼酎は海にちなんだ銘柄を出している鹿児島の『大海酒造』のものを揃えるなど、こちらも海にこだわった品揃え。ラジウム鉱石を入れたカメで2日以上置いた「前割芋焼酎」もおすすめで、そのまろやかな味わいはおでんと相性抜群。日本を代表するオフィス街・丸の内にあって、穏やかな湘南の海を感じさせるこの店は、仕事の疲れを癒してくれるオアシスになりそうだ。

壁に描かれた腰越漁港や江の島と富士山の風景画、ガラスの浮き玉の照明などが、海を感じさせる。カウンターとテーブル席のほか、掘りごたつ式の小上がりもある

 
Data
湘南 海まる(ショウナン ウミマル)
電話番号: 03-3201-0755
住所: 千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング6F

このページのデータは2009年11月30日現在のものです。

ほかの新店を探す

新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.