本格派の味を気軽に楽しむカウンターフレンチ | 美味案内

美味案内へ

今、行くならこのお店

今、行くならこのお店

ニューオープン・レビュー

QUAND L’APPETIT VA TOUT VA!(麻布十番/フレンチ)
QUAND L’APPETIT VA TOUT VA!(麻布十番/フレンチ)

2009/9/8オープン

本格派の味を気軽に楽しむカウンターフレンチ

「サーモンのミキュイ」。サーモンに使う調味料は塩のみ。下に敷かれたジャガイモとアンディーブサラダは、ラビゴットマヨネーズで酸味豊かに。

数々の新しい店の中に老舗が点在する麻布十番。洗練された雰囲気と親しみやすさの両方を持ち合わせる人気エリアに、カジュアルな雰囲気で上質なフレンチを味わえるレストランがオープンした。実はこのレストラン、オーナーの長氏とシェフ兼子氏が長年思い続けてきた夢のカタチ。「本場パリでは、星のあるレストランでも気軽に入れる雰囲気のお店が多いのですが、日本ではなかなか難しいのが現実。だから、雰囲気はビストロで、そしてリーズナブルな値段で、本格派フレンチを楽しめる場を造りたかった」のだそうだ。店内は、フレンチでは珍しいカウンターを中心とした造り。これは、1人でも入りやすいお店にしたかったという思いから。ナチュラルなカウンターに、白を基調としたスペースは清潔感にあふれていて、居心地の良さが抜群だ。


「梅肉豚の肩ロース」。絶妙な火加減でレアに仕上げた梅肉豚は、柔らかながら噛み心地が良い逸品。噛むほどにジューシーな旨みが味わえる。

フランスで2年間腕を磨いた兼子シェフが作る料理は、五感を刺激する新感覚フレンチ。千葉の農家から直接仕入れるビーツといった根菜や葉野菜、九州の梅肉豚、岩手のホロホロ鳥など、旬の食材の味わいを十分に知り尽くして手を加えたひと皿は、見た目のシンプルさから想像できないほどに香り、旨み、食感のどれもが秀逸なものばかり。特におすすめの「サーモンのミキュイ」は、軽く火を入れたサーモンの濃厚な旨みが口の中に広がった後、すぐに溶けてしまう不思議な食感。その美味しさについ魅せられてしまう。さらに嬉しいのは、ポーションの多さ。女性ふたりなら、サラダ、魚、肉料理の3品をオーダーしシェアすれば、お腹が満たされること請け合い。ワインもスパークリングワイン含め、グラスワインで常時10種類ほど用意されており、料理に合わせて楽しめるのが魅力だ。


「おひとり様で気軽に入れる雰囲気のお店です。ぜひ上質のフレンチをリーズナブルな名段で楽しんでください。おまちしております」と兼子シェフ(右)と長オーナー。

夜のみの営業。麻布十番や六本木へのショッピングのついでに立ち寄り、本格フレンチの幸せの味で、心を満たすひとときを堪能したい


おひとり様やカップルはもちろん、3~4名でも楽しめるように、カウンター席にはカーブを付けた工夫もされている。

 
Data
QUAND L’APPETIT VA TOUT VA!(カラペティ バトゥバ)
電話番号: 03-3455-9951
住所: 港区麻布十番2-3-12 ビスコビル2F

このページのデータは2009年11月30日現在のものです。

ほかの新店を探す

新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.