王妃エリザベートが愛したハンガリーの老舗カフェ | 美味案内

美味案内へ

今、行くならこのお店

今、行くならこのお店

ニューオープン・レビュー

ジェルボー 東京本店(表参道/ハンガリーカフェ)
ジェルボー 東京本店(表参道/ハンガリーカフェ)

2009/6/18オープン

王妃エリザベートが愛したハンガリーの老舗カフェ

エリザベート王妃も絶賛したチョコレートケーキの「ドボストルタ」と王妃の愛称・シシィを冠する、生クリームとアプリコットリキュールで仕立てた「シシィカフェ」

ハンガリーの至宝と称されるカフェ『ジェルボー』。1857年の創業以来、150年もの歴史を誇り、時のエリザベート王妃やピアニストにして作曲家のフランツ・リストが足繁く通ったという華麗なる史実に彩られた名店だ。その『ジェルボー』の伝統と文化、そして受け継がれる味そのものを堪能できるのが、『ジェルボー 東京本店』。場所は表参道の青山通り沿いの青山学院大学の斜め向かいにある商業施設『Ao』の2階。じつはこの近辺、有名チョコレート店など並ぶスイーツストリートなのだが、イートインで本格的なスイーツを味わえる店が少ないエリア。ハンガリー本店の雰囲気そのままに、バロック調の落ち着いた空間で、ゆったりとケーキとコーヒーを楽しむことができる。


フルーツが入ったチーズケーキの「マーチャーシュ」。ブタペストを代表する教会・マーチャーシュをイメージしたモダンシリーズの1品

ショーケースには、150年間変わらない製法で守り続けられてきた、トラディッショナルなケーキと、東京店オリジナルのモダンシリーズが並ぶ。トラディショナルには、カラメルがけした生地でデコレートした「ドボシュトルタ」や、生地にイーストを使用し、クルミとアプリコットジャムをサンドした「ジェルボーセレート」など、スーシェフパティシエールの宮里あいこさんが“洋菓子の原点”と言うクラシカルな味が揃う。モダンシリーズは、日本人パティシエがハンガリーでの修業中に、世界遺産にも指定され、“ドナウの真珠”と形容される美しい首都・ブタペストの街並に触発されて製作したもので、黄色い路面電車をイメージした「トラム」(700円)などの、新しい感覚のケーキがラインアップされている。また、ハンガリーを代表する貴腐ワイン・トカイを使用した贅沢なチョコレートボンボン「トカイ ボンボン」や焼菓子などちょっとした手みやげに便利な品々も揃っている。


スーシェフパティシエールの宮里さん。「ハンガリー人の先祖はアジア系民族なので、とても親しみやすく優しい人ばかりでした。150年守り続けてきた、洋菓子の原点とも言える味をぜひ味わってください」

欧州の優雅な歴史と伝統を感じながら過ごすひと時は、まさにエレガントな大人の時間。エリザベート王妃が愛した味を21世紀の青山でゆっくりと味わいたい。


ブタペストの本店の空気を伝える店内にはケーキをはじめ、贈り物にぴったりの焼菓子やハンガリーの伝統的なお菓子が並ぶ

 
Data
ジェルボー 東京本店(ジェルボー トウキョウホンテン)
電話番号: 03-3499-0099
住所: 港区北青山3-11-7 AO青山 2F

このページのデータは2009年7月31日現在のものです。

ほかの新店を探す

新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.