赤坂の粋な和食屋で新感覚の名物「五寸鍋」を堪能 | 美味案内

美味案内へ

今、行くならこのお店

今、行くならこのお店

ニューオープン・レビュー

赤坂 仁屋(赤坂/和食)
赤坂 仁屋(赤坂/和食)

2009/3/24オープン

赤坂の粋な和食屋で新感覚の名物「五寸鍋」を堪能

鍋でグツグツと煮込む「牛 五寸鍋」。お好みで肉や具の追加が可能なので、鶏鍋に切り替えることもできる

もともと成熟したグルメの街だった赤坂。昨年の『赤坂サカス』の開業によって新しいスタイルの飲食店も多く進出。より魅力的になったこのエリアに、さらに斬新なコンセプトを携えてオープンしたのが『赤坂 仁屋』だ。外堀通りから乃木坂へと抜ける赤坂通り沿いの元料亭を舞台に、飲食店の経営・コンサルティングを手掛ける東京レストランツファクトリーが仕掛けるのは、映画制作のシステムを飲食業へ応用した『ロードショープロジェクト』。これは、東京レストランツファクトリーが配給元となり、監督として迎えた、注目のレストラン開発クリエイター・中村悌二氏が、内装のコンセプトからメニューまで全てを演出、『仁屋』という作品を制作・発信するという試みなのだ。


6800円のコースの「一の膳」。天然ものにこだわったお造りと前菜3品の美しい彩りも料理人のこだわり。二の膳は茶碗蒸し、三の膳にステーキ、四の膳で蕎麦が付く

新店ながらすでに老舗の風格が漂うような佇まい。暖簾をくぐり、格子の引き戸の奥に、まず見えてくるのはライブ感のあるカウンター席。きびきびと動く料理人の所作や会話に興じながら、目の前の鉄板で焼かれる「黒毛和牛サーロインステーキ」をいただくのは格別だ。また、オリジナルの「牛 五寸鍋」はぜひ味わいたい一品。五寸(15cm)の南部鉄鍋に、黒毛和牛と季節の野菜や車麩をのせ、さくら味噌に日本酒とみりんを練り合わせた特製の味噌ダレとすき焼き風の割り下を絡めて食べるという新感覚の鍋。中村氏と店長の今野氏が実際に飲んで集めた、納得の日本酒などに合うよう、あえて濃いめの味つけにしたという鍋には、締めに土鍋の炊きたてご飯が付く。鍋に残った甘味噌ダレを卵とじにし、ご飯にのせてしまうという、この絶妙にして最強のニッポンの味の演出には脱帽だ。


鉄板を担当する長田さん。「カウンター席から話かけていただくと嬉しいですね。苦手な食材や好みの味などいろいろと我がままを言っていただければ、できる限り対応させていただきます。目の前で焼く鉄板の醍醐味を楽しんでください

粋な趣を漂わせる正統派の和の設えと、行き届いた料理人の仕事を存分に楽しめる時間も、あるいは仁屋の裏メニュー。そんな大人の贅沢を味わいたい時に訪れたい1軒だ。


1階はカウンターとテーブル席のカジュアルな雰囲気。2階は床の間などが設えられた純和室の完全個室。大切な接待や会席の時に利用したい

 
Data
赤坂 仁屋(アカサカ ジンヤ)
電話番号: 03-6459-1448
住所: 港区赤坂5-4-17 前田ビル1・2F

このページのデータは2009年4月30日現在のものです。

ほかの新店を探す

新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.