「モスバーガー」ファン必見!? 『AIRモスバーガー★JALスペシャル』 提供開始! | 美味案内

美味案内へ

胃ブクロ日記

美味案内を運営するジョルダン社員が「食」を楽しむプロジェクトの一環として実施しているブログです。

「モスバーガー」ファン必見!? 『AIRモスバーガー★JALスペシャル』 提供開始!

03-1
『JAL』と『モスバーガー』のコラボ企画で人気を集める「AIR MOS シリーズ」。
2011年からスタートしたメニューなので、すでに「食べた」という人もいるのでは?
空の上でいただく「モスのハンバーガー」は、ちょっと得した気分になるから不思議。

もともと広く親しまれているブランドだけあって、日本人旅行客はもちろん、
「日本のハンバーガーは、あまり食べる機会が無いから嬉しい」と、
海外渡航者からも喜ばれる、まさに「飛ぶ鳥の勢い」の人気メニューです。

03-5
過去には「テリヤキバーガー」「ライスバーガー」
「テリヤキたまごバーガー」「モス野菜バーガー」の4種のメニューをラインアップ。

そして今回、5種目となる新商品の発表会にお伺いしてきました。

まずは『日本航空株式会社』の田中誠二氏(左)と
『株式会社モスフードサービス』の森本淳俊氏(右)のご挨拶から。

メニュー考案にあたって『JAL』が調査した結果、一番人気は『モスバーガー』に。
コンセプトの「新しい驚きと楽しさ」にも合致していたので、すぐに打診したそう。

03-203-3
しかし地上と同じクオリティーで提供するには、ハードルも多く試行錯誤の繰り返し。
6年経って、やっと真打ち「モスバーガー」を登場させることができたとコメント。

トマトをひとつとっても、機内食の専門容器に入らないことから
店舗で提供している「L玉」サイズを「S玉」サイズに変更して厚切りに。
また店舗では、8時間以内に加工して提供することができますが、
機内では、そうもいかないので、少し若めのトマトで対応しているそうです。

なかでも大変だったのでは、オリジナルのミートソースだったとのこと。
店舗では、常にコトコト煮込むことはできますが、空の上では無理。
製造工程をさかのぼって開発を進めるなど、たくさんの裏話も聞くことができました。

…ちなみに機内食の「モスバーガー」は、店舗よりもパティを増量しているので、
ガッツリ食べたい人は、こちらのメニューがおすすめかもしれない、とのことです。

次は実食。実際の機内と同じシート(エコノミー)に座っていただきました。

03-12

トレーとともに手渡されるマニュアルを見てみると…
これまでのバーガー同様、自分で具材やソースをかけて完成させるそうです。
03-1103-10
初めての人は、ちょっと楽しいかもしれませんね。

まずは切り取り線に沿って袋を開けます。すると中からバンズとパティが登場。

パティの上にマヨネーズをかけて、その上に、オニオンをどっさりと。
03-603-7

さらにミートソースをたっぷりかけて、トマトをのせます。
最後に、上バンズ(クラウン)をのせたら完成!
03-803-9

ひと口いただくと…間違いなく「モスバーガー」! (当たり前ですけど)
バンズもふっくらしていて、トマトも「切りたて」のように新鮮。
なにより、分厚いパティがジューシーで、肉好きの自分にはぴったりかも。

…と、デザートも食べ切って、すっかり完食してしまいました。

なお提供期間は、3/1(日)から8/31(月)の半年間。
飛行機でお出かけの際は、ぜひお試しください。
店舗の「モスバーガー」と、食べ比べてみるのも楽しいかもしれませんね。


03-4


『AIRモスバーガー★JALスペシャル』

提供期間2015年3月1日(日)~8月31日(月)
提供路線成田発シカゴ/ボストン/ニューヨーク/ロサンゼルス/サンディエゴ/フランクフルト/パリ/ヘルシンキ/シドニー/バンクーバー(6/1~)、羽田発ロンドン/パリ、関西発ロサンゼルス(3/20~)
提供クラスプレミアムエコノミー/エコノミークラス ※到着前の食事(2食目)

>>胃ブクロ日記TOPへ戻る

2015年3月5日更新
新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.