出合えるのは火曜のみ! 谷根千・へび道のパン屋『TSUKIMO BAZAAR』 | 美味案内

美味案内へ

胃ブクロ日記

美味案内を運営するジョルダン社員が「食」を楽しむプロジェクトの一環として実施しているブログです。

出合えるのは火曜のみ! 谷根千・へび道のパン屋『TSUKIMO BAZAAR』(東京・谷根千)

01-1

細い路地を歩くのが楽しい『谷根千』。
なかでも風情があるのが通称・へび道

へび道とは、以前は『藍染川』が流れていましたが、地下に埋められた、つまり暗渠。
その曲がりくねった川がへびのようだから、そのまま“へび道”と呼ばれています。
車がギリギリ1台通れるくらいの道幅。
なんだか、谷根千に住む人たちの日常に入り込んだみたいで、ワクワクします。

谷根千は月曜休みのお店が多いので、「火曜なら大丈夫♪」と出かけたら
意外と火曜休みも多かった。
たまたまかもれしませんが、お目当てのお店はほぼ全滅。

意気消沈して、へび道を歩いていたところに、思いもよらぬ出合いが!!

01-2

鮮やかな蔦に目を奪われると、ちょっと薄暗いお店。
手前にはなんと、パン!

01-3

ガラス越しに覗いていると、「どうぞ~」と中から声が。
では、遠慮なく入店。

01-4

ん? 店内はバーカウンターがありますが、特に何も使っていないよう。

こちらは『TSUKIMO BAZZAR(ツキモ バザール)』という、旅するパン屋さん。
工房を埼玉県北部の田舎町に構え、販売もしつつ、
出合いを求めて、いろいろな街で出店販売をしているそうです。
毎週ではないようですが、火曜のみ【ツキモ出張TUESDAY】として営業しています。

ちなみに、この場所は、土日のみ『爬虫類両生類研究所8喫茶分室』というカフェです。

『TSUKIMO BAZZAR』のパンは、表の看板にあるように、
有機食材(一部加工食材を除く)と自家培養の酵母から作る自家製天然酵母パン”。
しかも“NO EGG,NO BUTTER
”なのだそう。

01-5

通る人の目に留まるように並ぶパン。

01-6

01-7

店内から見るとこんな感じ。
むしろ、外からの方が見やすいです…。

01-8

食パンとラスクも販売。

01-9

店内にはイートインスペースもありますが、2席だけなので早いもの勝ち。
01-10


早速買って帰りました。

■「自家製コンビーフとアボカドのBagleサンド」 300円

01-11

01-12

ベーグル生地は特有のむぎゅむぎゅした食感。
いわゆるコンビーフとは全然違う! 
ハーブのきいたあっさりトマトソースとアボカドと相まって、新たな発見。

■「3種のチーズパン」 230円

01-13

01-14

グリュイエール、パミルジャーノ、ゴルゴンゾーラ。
メープルシロップの優しい甘みがチーズの塩味といいバランスです。

■「いちじく&クリームチーズ」 260円

01-15

01-16

黒いちじくがゴロンと2個も入っていた!

素朴で力強いパンたち。それでいて、やさしさも伝わってきます。
ホームページを見ていたら、ほかのパンも食べてみたくなりました。
谷中では火曜にしか合えませんが、いろんなところに出張しているので
ぜひ、チェックしてみてくださいね。

01-17




店名TSUKIMO BAZZAR(ツキモバザール)
住所東京都文京区千駄木2-49-8
営業日
営業時間12:00~18:00
オフィシャルページhttp://www.tsukimobazaar.com/

>>胃ブクロ日記TOPへ戻る

2014年5月2日更新
新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.