《実食》香りデータを元にブレンドした世界初のハーブティー&ハーブ料理! | 美味案内

美味案内へ

胃ブクロ日記

美味案内を運営するジョルダン社員が「食」を楽しむプロジェクトの一環として実施しているブログです。

《実食》香りデータを元にブレンドした世界初のハーブティー&ハーブ料理!

2-1

ゴールドコーストといえば、どんなイメージが浮かびますか?
突き抜けるような青い空、透き通る海と白い砂。どこまでも続く海岸線の向こうには高層ビルも建ち並ぶ、都会と自然が共存するリゾート地です。忙しない日々を送る日本人にとっては憧れの地でもありますよね。

2-2

「ゴールドコーストでゆっくりとバカンスを過ごせたら・・・」。そんな現代人の疲れを少しでも癒してくれる画期的なレストランが期間限定でオープンしています。

なんと世界初、香りのデータを元にブレンドしたハーブ料理とハーブティーを提供するコラボレストラン『Kaori Tabi [Aroma Travrl Restaurant](カオリタビ アロマ トラベル レストラン)』が登場。恵比寿のイタリアン『HERBE MONDO』にて、7月31日(火)までの限定オープンです。

ところで“香りのデータを元に”とはどういうことでしょうか?

ゴールドコーストの代表的なスポット5箇所の香りを現地で採取して分析。AI(人工知能)で175種ものハーブの香りデータとマッチングさせ、特性の近いハーブを選び、『HERBE MONDO』の石山シェフがブレンド。

人間の鼻ではハッキリと分からなくても、香りの成分はかなり違うそう。あくまでも“成分のデータ”なので、「ゴールドコーストの海と同じ匂いがする!」わけではありません。しかし、香りに癒し効果があるのは事実。つまり、このハーブティーをいただくことで、まるで現地を訪れたようにリラックスしてほしいというコンセプトなのです。

2-32-4

また、料理は5箇所のリゾート地をイメージして、石山シェフが考案。元々、巧みなハーブ使いに定評のあるシェフですが、今回はかつてないほどのハーブをブレンドして使ったそう。それでも、ハーブはあくまでも脇役として主役を引き立てるもの。和食やフレンチの要素を取り入れながら、繊細な味わいを生み出しました。例えば、直接的にハーブを使うのではなく、食材をハーブティーに浸して香りを移すなど、試行錯誤の末に誕生したのは、見た目にも美しく、美味しい5品です。

その5品をご紹介しましょう。(以下、価格は税抜)

■前菜 ~サーファーズパラダイス~
「伊佐木のカルパッチョ レモングラスの香りを包み込ませたジュレ ルバーブのアクセント トロピカルなイメージに」1,600円
ハーブ:レモングラス、レモンティートリー、リンデンウッド

2-5

伊佐木のカルパッチョに添えたジュレは、アサリのダシにハーブティーを合わせたもの。マンゴー、黄パプリカ、ルバーブで彩りと酸味を添え、さらに海ぶどうとサクランボが“太陽の光を浴びた海岸線の情景”を表しています。

■前菜 ~ラミントン国立公園~
「フォアグラの苔仕立て イタリア産うさぎのプロシュートコット ハイビスカスと木の実のジュレ アプリコットのアンサンブル」1,900円
ハーブ:アニス、ハイビスカス

2-6

グリンピースの皮を砕き、まあるいフォアグラに塗して、公園の苔に見立てた。自家製のウサギのハム、ハーブティーをまとわせた木の実、アプリコットのソースが、広大な森林を思わせる香りや酸味を演出しています。

■パスタ ~ナチュラルブリッジ~
「岩魚のコンフィとジンジャーで炊き上げたジャガイモのリピエーノ 黒いトルテッリーニ ローストしたグリーンパプリカとミョウガを添えて」2,200円
ハーブ:ジンジャー、ローリエ

2-7

イカスミを練り込んだパスタの中には、ジンジャーとローリエのハーブティーで炊いたジャガイモ、岩魚のコンフィのピューレ。直火でローストしたパプリカの甘味や、周りにあしらったカカオの苦味がアクセントに。

■メインディッシュ ~ヒンターランド~
「オーストラリア産仔羊のローストとラベンダーのマリアージュ ブドウからとったオレンジ香るソース アイスプラントをアクセントに」2,600円
ハーブ:ローズ、ラベンダー、オレンジピール

2-8

ラベンダーの香りをまとわせ、じっくりとローストした仔羊。皮付きブドウ、オレンジ、スパイスをあわせた芳醇な風味のソースが、華やかさを添えます。アイスプラントの独特の塩味が際立ち、大自然の空の色のような味のグラデーションを奏でます。

■デザート ~バーレイヘッズ~
「キンモクセイの香りを纏わせた桃のコンポート タイムの香るバニラのジェラートをカボスの芳香でフランボワーズのソースと共に」1,000円
ハーブ:キンモクセイ、タイム、カボス

2-9

キンモクセイのハーブティーに桃を浸してコンポートに。タイムの香りだけを移したバニラジェラート、カボスとフランボワーズソースを重ね、繊細な味わいを奏でます。一日の終わりの美しいサンセットのよう。

これらの5品のアラカルトはもちろん、「Kaori Tabi スペシャルコース」(6,300円)でも堪能できます。
今までのイタリアンとはちょっと違う、繊細な香りのグラデーションを味わってみてください。

また、オリジナルのハーブティーはレストランはもちろん、ティーバッグの販売も行っているので、自宅やオフィスでゆっくりと楽しめます。

2-10
■Kaori Tabi [Aroma Travrl Tea Collection]
 ・内容/オリジナルブレンドハーブティー 5種×各1個
 (サーファーズパラダイス、ナチュラルブリッジ、ヒンダーランド、ラミントン国立公園、バーレイヘッズ)
 ・価格/Kaori Tabi 通常パッケージ:820円、Kaori Tabi BOXパッケージ:1,100円
 ・販売箇所/『HERBE MONDO』、オンラインショップ

香り高いハーブティーを味わいながら、ゴールドコーストに思いを馳せてみてはいかがですか?
きっとリフレッシュできますよ。

『HERBE MONDO』
東京都渋谷区東2-17-9 MYビル1F

『Kaori Tabi』

>>胃ブクロ日記TOPへ戻る

2018年6月13日更新
新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.