お菓子のワンダーランドが新宿に出現! 『Yesterday’s tomorrow (イェスタディズ トゥモロー)』10/28オープン! | 美味案内

美味案内へ

胃ブクロ日記

美味案内を運営するジョルダン社員が「食」を楽しむプロジェクトの一環として実施しているブログです。

お菓子のワンダーランドが新宿に出現!『Yesterday’s tomorrow (イェスタディズ トゥモロー)』10/28オープン!

1-1

いくつになっても、ワクワクするお菓子売場。
日本のお菓子はレベルが高いと評され、スーパーやコンビニで気軽に購入できるものでさえ、立派なお土産になります。
昔なつかしのレトロな駄菓子や親子二代にわたって愛されているロングセラー商品、毎週のように登場する新商品や限定品・・・。
訪れるたびに、新しい発見がありますよね。気分は遠足前の子どもと同じ!

新宿東口『ルミネエスト』地下1階に、日本のさまざまな身近なお菓子を楽しめるスイーツワンダーランドがオープンしました。
カルビー株式会社が、お菓子メーカーならではの視点で編集
しかも自社商品だけではなく、日本のお菓子メーカー約120社のロングセラー商品、限定品、地域菓子などを一堂に集めました。

1-2

店名の『Yesterday’s tomorrow (イェスタディズ トゥモロー)』は、“昔描いた未来”という意味。
ネーミング&アートディレクションは、日本有数のアートディレクター、佐藤卓氏。
コンセプトは
“子供の頃、おやつの時間に食べていたお菓子は何ですか?
日本のロングセラーお菓子が大集合。
大人になっても食べたいお菓子が、ここには揃っています。”

そう、まさに子どもに戻ってはしゃいでしまうお菓子屋さんなのです。

元気になれそうなポップな黄色がテーマカラー。
店内の壁に書かれた言葉に、くすっと笑ったり、ちょっと刺さったり。
ポテトチップスのシャンデリア、レトロな機械の展示など、ひとつ1つのモチーフがとても興味深い。

1-31-4
  
店頭でまず目に入るのは、通称「ぐるぐる」。30代以上の方なら「懐かしい!」と思う人もいるでしょう。

1-5

その昔、デパートの食品売場にあった、ゆっくりと回る量り売りのお菓子の台。
チョコレートやキャンディー、マシュマロに、まんまるの玉羊羹など、さまざまなお菓子がびっしりと並ぶ様子は、それはもう、子どもの夢!
お小遣いの中からやりくりするので、重さを量っては、商品を入れ替えてみたり・・・。
といった現在では、ほとんど存在していない「スイーツランド」を模したコーナーです。
残念ながら回りませんが、量り売りスタイルは同じ。やっぱりワクワクが止まりません!

そのほか棚に、ずらりと並ぶお菓子を眺めるだけでも20 ~30分は必要。
小さい頃によく食べたあの駄菓子や・・・

1-61-7

アンテナショップ『カルビープラス』限定の「紅はるか 蜂蜜バター味」「さくさく栗黄金」に「エッセンポテト」・・・

1-81-9

『ギンビス』のビスケット「たべっ子どうぶつ」にチョコがしみこんだ「たべっ子水族館」、
高知の『ミレービスケット』のオシャレなボックスに入った「ミレーサンド」、
北海道「ビタミンカステーラ」、宮城県「みそパン」・・・

1-101-11

また、お菓子はイベントに欠かせないもの。
この時季は、クリスマスを盛り上げる商品が登場。
お菓子の家「へクセンハウス」のキットや、好きなお菓子を詰めてカウントダウンを楽しめる「アドベントカレンダーボックス」をラインアップ。

1-121-13

  
ちなみにこの機械、なんだか分かりますか?
実は『カルビー』の工場にあるのと同じ包装機
オリジナルピロー袋に自分で選んだお菓子を詰めてパッケージしてくれるので、ギフトにもオススメ。

1-141-15

そしてうれしいのが、お菓子をモチーフにしたグッズ
マスキングテープクリアファイル付箋ミニタオルなどさまざま。
勉強や仕事も楽しくなりそうです。

1-161-17

さらに、さらに、店内でできたての限定スイーツを食べられる『出来立てキッチン』も併設!
オープンから2018年2月14日までは『ギンビス』と『森永乳業』が登場します。

1-18

主なメニューは

■ギンビス「大きなたべっ子どうぶつ」 各210円
通常サイズ(右上)と比べれば一目瞭然。種類は5種。5枚セット、10枚セットもあるのでおみやげにも。

1-19

■森永乳業「Happino」(ガリーピンク) 540円
おなじみのひと口アイス「ピノ」6粒すべて異なる味の詰め合わせ。デコレーションもかわいい

1-20

■森永乳業「MOWソフトクリーム」 480円
北海道産乳原料100%のフレッシュで濃厚なソフトクリーム。口に入れるとすーっととけ、余韻がいつまでも続きます。

1-21


このほか現在のメニューはコチラ。新たなるメニュー展開も予定しているそうなので乞うご期待!

1-22


いままでなら、単独メーカーのアンテナショップや地方のお土産コーナーしかありえませんでしたが、そういった垣根を越えたのが『Yesterday’s tomorrow (イェスタディズ トゥモロー)』。
業界全体で日本のお菓子文化を盛り上げようという思いが伝わってきます。

百聞は一見にしかず。
ぜひ、立ち寄ってみてください。
いろいろな思い出話を繰り広げながら、懐かしくて新しいお菓子を楽しみましょう。

1-23

店名Yesterday’s tomorrow (イェスタディズ トゥモロー)
住所東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト新宿B1
営業時間11:00~22:00/土日祝10:30~21:30
オフィシャルサイトhttp://www.calbee.co.jp/yesterdaystomorrow/

>>胃ブクロ日記TOPへ戻る

2017年11月1日更新
新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.