パリの一流シェフ御用達高級バターとチーズのパティスリー『beillevaire(ベイユヴェール)』日本初上陸! | 美味案内

美味案内へ

胃ブクロ日記

美味案内を運営するジョルダン社員が「食」を楽しむプロジェクトの一環として実施しているブログです。

《実食!》パリの一流シェフ御用達高級バターとチーズのパティスリー『beillevaire(ベイユヴェール)』日本初上陸!

※「FM FUJI『What’s JOGIN』」で紹介されました!
番組再生はこちら

3-1

スイーツの本場といえば、やはりフランス・パリ
日本人と似た繊細な味覚を持つフランス人の一流シェフたちが認めたものは、日本人の口に合うものが多いと言われています。

酪農王国としても知られるフランスで、ミシュランシェフたちも愛用するバターとチーズのブランド『beillevaire(ベイユヴェール)』。フランス西部のナント郊外で1980年に創業、高級チーズ発酵バター専用の工房、アトリエを構えています。現在はパリをはじめ、フランス中西部に約60ものフロマージュブティックを展開中。

また、日本のブーランジュリーやパティスリーでもお馴染みになりつつある「発酵バター」。その芳醇な香りやコク深い味わいで人気ですが、この店の店主・パスカル・ベイユヴェール氏が生み出す「発酵バター」と「プレミアムチーズ」は、現地の高級デパートでもすぐに売切れてしまうほどの人気商品。そのバターやチーズを贅沢に使ったパティスリーが、東京・麻布十番にオープンしました!

しかも、日本初上陸にして、チーズケーキ&バターサンドの専門店=パティスリーという業態は世界初なのです! これは凄い!

場所は、麻布十番から六本木へと続くメインストリート・十番通りを「暗闇坂」方面へ。
フランスと同じモダンな外観の旗艦路面店。麻布十番という街になじんでいますね。

3-2
 
店内もシンプル。ナチュラルな木のショーケースにはおいしそうなスイーツが並んでいます。

3-3


それではケーキをご紹介。ほとんどのケーキが6~8人サイズのホールケーキです。

■「ガトーフロマージュ ミキュイ」 3,000円


3-4

低温でじっくりと焼き上げた半生タイプのチーズケーキ。なめらかな口どけと、ふわっと軽やかな後口、そしてほのかに続く余韻。誰からも愛される味わいです。


■「ガトー・フロマージュ・フルム・ダンベール」 3,800円


3-5

3-6

青カビチーズ“フルム・ダンベール”を使ったベイクドタイプのチーズケーキ。青カビといっても、クリーミーでソフトな味わいの中に、個性が光るタイプなので、苦手意識のある人にもぜひ食べて欲しいケーキ。塩味もちょうどいいので、冷えた白ワインとの相性は抜群!


■「サンド オ ブール」 各500円

3-73-8

サクサクのサブレで発酵バターたっぷりのクリームをサンドしたバターサンドです。「ミモレット」「ピスタチオ・クランベリー」「ラムレーズン」「プラリネナッツ」「ビターチョコ」の5種。濃厚なバタークリームのコクを余すところなく堪能できます。


■「スフレ・グラッセ・フロマージュ」
アイスクリームのようなシャリッと&ふわっと食感も楽しめるフリージングチーズケーキ。夏にぴったり。

シンプルな「ブリュレ」 3,000円

3-9

甘酸っぱい「マンゴー」 3,000円

3-10

色鮮やかな「チェリーとピスタチオのヌガーモンテリマール風」3,500円

3-11


■「キャトル・カール」


編集部イチオシのケーキがこちら!

◇「発酵バターとレーズンのフルーツパウンド」 2,800円


3-12

しっとりした生地にはふんだんに発酵バターを使っているのに、重さはなく、口の中に広がるコクで幸せな気分に。フルーツやナッツも豪華! これは贈り物に間違いなく喜ばれます!

◇「5種チーズとナッツのパウンド」 3,300円

3-13

この光り輝くケーキを! アーモンド、クルミ、ピスタチオなどのナッツがこぼれんばかり! さらに、チーズはフルム・ダンベール、ミモレット、カンタル、ボー・フォール、ムール・ド・ジュラの5種。どれも個性豊かなチーズなのに、互いの良さを引き立てあった芳醇なケーキにまとまっています。


このほかにも、「プレミアムチーズ」「発酵バター」「ミックス」と3種の「ソフトクリーム」(各600円)や、ギフトにぴったりの焼菓子の詰め合わせ「ナント」(3,000円)、「マシュクール」(5,000円)も用意。

3-14
 

もちろん、チーズやバターも販売。ノルマンディ地方を代表するチーズ「カマンベール・ド・ベイユーヴェール」をはじめ、“チーズのプリンス”といわれる「ボー・フォール」、フランス最古のチーズとして知られる長期熟成の「カンタル」など、パスカル・ベイユヴェール氏の熟練の技を気軽に堪能できます。

3-15


まずは、シンプルに「ソフトクリーム」でそのおいしさの違いを感じてください。今までの発酵バターやチーズのスイーツとは明らかに風味が違います。

フランス人たちも羨む、本格スイーツをぜひご堪能ください。

店名beillevaire(ベイユヴェール) 麻布十番店
住所東京都港区元麻布3-11-8
電話番号03-6447-5471
営業時間10:00~20:00
定休日無休
オフィシャルサイトhttp://beillevaire.jp/

>>胃ブクロ日記TOPへ戻る

2017年8月9日更新
新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.