《実食!》ミスド meets 祇園辻利! おいしさと価値を提供するワクワクなコラボ×3 期間限定発売! | 美味案内

美味案内へ

胃ブクロ日記

美味案内を運営するジョルダン社員が「食」を楽しむプロジェクトの一環として実施しているブログです。

《実食!》ミスド meets 祇園辻利! おいしさと価値を提供するワクワクなコラボ×3 期間限定発売!

2-1

『ミスタードーナツ』のブランドスローガン“いいことあるぞ、ミスタードーナツ”。

おいしいドーナツを食べられるということだけではなく、『ミスタードーナツ』を通じてさまざまないいコトを体験してほしいという思いが込められています。では、どのような“新しい出会い”や“新しい体験”を提供してくれるのでしょうか。

そこで、2017年度のミスドは、商品を通じた感動を届けるため、その分野での最高水準の素材と技術をもった企業との共同開発を開始。「最高のおいしさと価値」、そして「ワクワクする気持ち」の詰まったコラボ商品が生まれました!

そして、3社とのコラボを発表。
1.京都の老舗・宇治茶専門店『祇園辻利
2.女性に大人気のラーメン店、東京・麹町『ソラノイロ
3.誰もが知る、大手食品メーカー『ハウス食品

という錚々たるラインアップ。グルメな人はもちろん、「知ってる!」「食べてみたかった!」という反応も聞こえてきそうです。ということで、『ミスタードーナツ』春の新商品・新CM発表会に行ってきました。

今回のコラボは各分野の中から、「最高水準の素材と技術」をもつ企業やお店を厳選。3社とも、最初は不安だったそうですが、『ミスタードーナツ』の熱い思いを受け、伝統や実績、人気のある企業・店舗たちののブランドを傷つけないようにという大前提のもと、何度も話し合いや試作を重ねて、双方が納得できる商品に仕上げたそうです。

2-2
 

まずは4月7日(金)により期間限定発売中の『祇園辻利 抹茶スイーツプレミアム』の全8品をご紹介。

『祇園辻利』は京都で150余年の歴史をもつ宇治茶専門店。抹茶は光と熱に弱い繊細な性質で、すぐに退色・劣化してしまいます。退色を防ぐためにビタミンを加えると、風味が落ちてしまう。そこで、一切使わずにショーケースの陳列の仕方などを工夫し、劣化を抑えることができました。

使用するのは、“宇治一番摘み茶”を伝統の石臼挽き製法で仕上げた抹茶のみ。また、わらびもち、黒糖、白玉、小豆などの和素材をふんだんに使用することで、抹茶の味・香り・色を引き立て、プレミアム感を得られます。

試食させていただきましたが、今までの抹茶シリーズとは明らかに一線を画する商品。なんといっても、「抹茶」の存在感が違います! 香りや風味が、“ほのかに”ではなく“がつん”と主張。苦味も味わいのひとつなんだと、確信できるドーナツ・ドリンクです。

2-3
 

全ラインアップはこちら。
(下記に紹介する「抹茶」は『祇園辻利』の抹茶を使用)

■「わらびもち抹茶」183円
2-4

加工黒糖入りのイースト生地ドーナツの断面を抹茶チョコでコーティング、豆乳ホイップとわらび餅をサンドし、表面には黒五黒糖シュガーをトッピング。わらびもちは本わらび粉を使用した本格派。

■「白玉抹茶」183円
2-5

 同じく加工黒糖入りのドーナツで、抹茶ホイップ、北海道産の塩あずき、白玉をサンド。黒五黒糖シュガーと香ばしいきなこシュガーをあしらって。

■「あずき抹茶ホイップ」162円
抹茶ホイップと北海道産・塩あずきをサンドし、きなこシュガーをトッピング。
■「抹茶豆乳ホイップ」162円
なめらかな豆乳ホイップをサンドしたイーストドーナツをほろ苦い抹茶チョコとシュガーでデコレーション。
■「ポン・デ・プレミアム抹茶」140円
ポン・デ・リング生地をほろ苦い抹茶チョコでコーティング。
■「プレミアム抹茶ファッション」140円
サクサクのオールドファッションにほろ苦い抹茶チョコをあしらって。

2-6

■「抹茶オレ」302円/「抹茶オレ 豆乳ホイップ」356円
2-7

抹茶とミルクのバランスが絶妙なドリンク。豆乳ホイップをトッピングし、なめらかな味わいに。

祇園辻利』の三好社長も納得のおいしさに仕上がりました。強いて言えば、シンプルな「ポン・デ・プレミアム抹茶」がお気に入りだそうです。


続いては4月26日(水)より発売予定の『ベジ涼風麺』2品。

『ミスド』の飲茶シリーズが、『ソラノイロ』宮崎氏とコラボ。『ソラノイロ』は野菜をたっぷり使ったラーメン「ベジソバ」を提供し、“ラーメン=ジャンク”のイメージを払拭した第一人者。女性客に圧倒的な支持を得ているので、客の8割が女性という『ミスド』とぴったり。東京でしか食べられない『ソラノイロ』の味を、全国の方に食べてもらえるチャンスでもあります。

平打ち麺にはパプリカを練り込み、スープにもニンジンやトマトを使用。『ソラノイロ』夏の定番「クールベジソバ」とほぼ同クオリティーというから、全国のラーメンファンも黙ってはいられません。

■「ベジ涼風麺」572円
2-9

キャベツ、ズッキーニ、パプリカをトッピングした麺に、ほんのり甘いニンジンの冷たいスープをかけたラーメン。真っ赤なゆずこしょうを溶かすと、コク深いピリ辛麺に。

■「トマト豆乳ベジ涼風麺」464円
2-8

トマトの甘味と酸味に豆乳のまろやかさが合わさったトマト豆乳スープ。セミドライトマトをトッピングした平打ち麺を、つけ麺スタイルで。


さらに、6月下旬発売予定の『ハウス食品』とは「カレー」でコラボ。
2-10

「バーモントカレー」「ジャワカレー」など人気ブランドをもつ『ハウス食品』。コラボのためにオリジナルのカレーを開発したのは『ハウス食品』史上でも初。インド風、タイ風を用意し、“ワンハンド”で食べられるカレーとして、ポン・デ・リング生地とあわせたり、カレーパンスタイルにしたり。
ビールとの相性も良さそう!

春から夏にかけてのコラボシリーズは、どれも情熱と愛情が詰まっています。“今までにない新しい出会い”が全国各地に届きそうですね。今後も、さまざまな取り組みを予定しているそうなので、乞うご期待! まずは、この3シリーズをぜひ、確かめてください。


『ミスタードーナツ』
https://www.misterdonut.jp/

>>胃ブクロ日記TOPへ戻る

2017年4月10日更新
新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.