《行ってきました!》東京駅『にっぽん、グルメ街道』 3/25グランドオープン!注目の飲食店をご紹介! | 美味案内

美味案内へ

胃ブクロ日記

美味案内を運営するジョルダン社員が「食」を楽しむプロジェクトの一環として実施しているブログです。

2017年3月25日更新

《行ってきました!》東京駅『にっぽん、グルメ街道』 3/25グランドオープン!注目の飲食店をご紹介!

10-1

東京駅八重洲口に広がる地下街・通称『やえちか』。数多のお店が並ぶ一大ショッピングタウンで、『東京ラーメンストリート』や『ごちそうプラザ』など、特色あるエリアが点在しています。

そして、3月25日(土)、また新しいエリアが誕生しました。2016年11月にオープンした4店と今回オープンの4店の全8店が集うグルメエリア『にっぽん、グルメ街道』。北海道から九州まで、全国各地の地元の味が大集合。“にっぽん”のおいしいものを東京駅で気軽に楽しむことができます。

10-2


3月25日(土)にオープンした4店をご紹介しましょう。

★<鹿児島> 『鹿児島 黒かつ亭』
10-3
 
鹿児島中央・天文館に店を構える人気店が県外初出店。鹿児島といえば、黒豚。その中からさらに厳選された素材を使用し、熟成させることで旨味と甘味を引き出しています。生パン粉をまとい、キャノーラ油でカラッと揚げたとんかつは、柔らかく旨味たっぷり。ロースの脂身も旨味だと実感します。とんかつには、オリジナルブレンドの塩・黒ソース・おろしポン酢をお好みで。なかでも黒ソースは、フルーツの甘さを感じられる、黒豚と相性抜群のソース。

一番人気は、ひれかつとロースかつの両方を味わえる「黒かつ亭定食」(1,890円)。ほかにも、一頭から6食分しか取れない希少な部位の「特上ロースかつ定食(2,390円)、じゅわーっと溢れ出る肉汁がたまらない「ジューシーじゃんぼメンチカツ定食」(1,390円)、特製のダシと卵がよく合う「だし旨のかつ丼」(1,390円)もおすすめ。どの定食にも鹿児島から取り寄せた味噌を使った「豚汁」と、同じく鹿児島・伊佐米のコシヒカリのご飯が付いてきます。鹿児島尽くし、なのです。

10-410-5

電話番号/03-6269-9123
営業時間/10:00~23:00(L.O.22:30)
席数/35席


★<広島> 『広島 電光石火』
10-6

お好み焼きの街・広島からやってきたニューウェイブ。その見た目のインパクトもさることながら、厳選素材とそのおいしさを活かすための調理法のこだわりは語りつくせないほど。薄く引いた生地の上に甘味のあるキャベツをたっぷり、その上に豚肉をのせ、しっかり茹で軽く焼き上げた『磯野製麺』のそば、細かく刻んだ大葉の順で重ね、最後に玉子2個を溶いてオムレツのように包む。仕上げのソースはやっぱりオタフクソース!

大葉の爽やかさとイカ天の存在感がうれしい「電光石火」、肉ダブルにホルモン、激辛ソースでパンチをきかせた「キングオブルーキー」、広島名物の牡蠣入り「人にやさしく」など、ネーミングもユニーク。今までとはひと味もふた味も違う、新しい「広島お好み焼き」をご賞味あれ。

10-710-8

電話番号/03-6268-0313
営業時間/10:00~23:00(L.O.22:30)
席数/42席


★<福岡> 『博多かねふく ふく竹』
10-9

博多の老舗明太子メーカー『かねふく』が手がける新業態。目玉はなんといっても明太子をどーんと豪快にのせた「明太もつ鍋」。ぷりっとした国産牛モツ、キャベツ、ニラがたっぷり入ったもつ鍋は、素材の旨味がダシに溶け出し、そのままでも十分なおいしさです。明太子のほか、チーズ、刻みのり付きなので、〆はリゾットのような仕上がりに。辛いもの好きには、真っ赤な唐辛子が降り注ぐ「激辛明太もつ鍋」もあります。

10-1010-11

ほかにはも長崎直送の鮮魚の刺身や五島列島の郷土料理「五島うどん」、熊本直送の馬刺しに辛子れんこん、特製の「がめ煮」や「チキン南蛮」など九州郷土料理もずらり。酒の肴にぴったりな「明太子の天ぷら」「炙り太っ腹明太」といった明太子料理も充実しているので、九州各地の地酒とともにゆっくり堪能しましょう。

10-1210-13

電話番号/03-6268-0311
営業時間/10:00~23:00(L.O.22:30)
席数/53席


★<全国> 『諸国 ひものと』
10-14

全国各地から届いたこだわりの干物や発酵食を味わえる和食店。丁寧に下ごしらえした魚を特殊なフィルムで包んで火山灰をかぶせて干す「灰干し熟成」にした「鯖」は旨味成分が倍増した逸品。干物にも旬があり、その時季に一番おいしい干物を味わえます。島根県西部沖で獲れる「どんちっち鯵」は、平均脂質10%以上とたっぷりと脂が乗り、トロにも匹敵するといわれるほど!

10-1510-16

また、日本の食文化において欠かせない発酵食では「いぶりがっこ」や「酒盗」などを用意。イチオシの「金華サバの生ハム」は、三陸で水揚げされたブランド鯖を燻製したもので、とろけるような食感と口の中に広がる薫香がたまりません。もちろん、全国の日本酒と焼酎も揃っています。

10-1710-18

電話番号/03-6206-3093
営業時間/7:00~9:30、10:00~23:00(L.O.22:30)
席数/60席


そのほか、すでにオープンしているのはこちらの4店。

★<北海道> 『函館立喰い寿司 函太郎』
函館の回転寿司が立喰いスタイルで登場。北海の幸と炊きたてのシャリのおいしさを気軽に楽しめます。

電話番号/03-6551-2398
営業時間/10:00~23:00(L.O.22:30)
席数/立喰い14席

★<神奈川> 『横濱 崎陽軒(シウマイBAR)』

ビール片手に、蒸したてアツアツのシウマイを食べられる直営のバル。シウマイ全種が揃うのはここだけ!

電話番号/03-3201-5600
営業時間/10:00~23:00(L.O.22:00)
席数/17席

★<宮城> 『仙台牛タン 炭火焼「杜」』

肉質の柔らかさにとことんこだわった牛タン料理専門店。なかでも「厚切り牛タン焼」は、厳選部位を手切りした逸品。

電話番号/03-3217-4111
営業時間/10:00~23:00(L.O.22:30)
席数/34席

★<富山> 『富山 白えび亭 東京駅店』
富山の人気店が東京に進出。希少な白えびをたっぷり使った贅沢な「白えび天丼」「白えび刺身丼」をはじめ、おみやげも販売。

電話番号/03-5223-0525
営業時間/10:00~23:00(L.O.22:30)
席数/24席

オープン当日から4月24日(月)までの1ヶ月間、各店ではグランドオープン記念メニューを用意しています。

10-1910-20


ビジネスや観光で東京駅を訪れた際には、ぜひ立ち寄ってみてください。


『にっぽん、グルメ街道』
http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/2016gourmet/

>>胃ブクロ日記TOPへ戻る

新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.