ちょい飲みサク飲みにもぴったり! 安くて旨い新宿ひとり飲み

新宿には「おいしいお店」がたくさんあるのに、いざ「ひとり飲みしよう!」と思っても、どこに行っていいのか分からない…そんな人たちって意外と多いのでは。

もともと仕事帰りなど「ひとりで食事」をする機会の多いサラリーマン。たまには定食屋やファストフードではなく、おいしい「ひとり飲み」のできるお店に行ってみてはいかがでしょう。

もちろん、どこもリーズナブルなので、知っていて損はありません。

ちょい飲み&サク飲み」のできるお店から、腰を落ち着かせて「おいしいお酒&ごはん」をいただける酒場まで、「ひとり飲み」におすすめの名店をご紹介!

早速、今日の帰りにでも、ひとりでフラッと立ち寄ってみてはいかが。

2000円ポッキリで楽しめる! まさに「ひとり飲み」の楽園

1
ニセンエンサカバ シンジュクサンチョウメテン
2000円酒場 新宿3丁目店
〔新宿・新宿三丁目〕
居酒屋
ひとり飲み
新宿

「2000円酒場 新宿3丁目店(ニセンエンサカバ シンジュクサンチョウメテン)」の絶品「レバテキ」

コスパ抜群の「名物テキ4兄弟」。「レバテキ」、「ハラミテキ」、「ハツテキ」、「タンテキ」は、いずれも必食のメニュー(写真は「レバテキ」)

フトコロ事情の厳しいサラリーマンにとって、まさに楽園のようなお店が新宿三丁目に誕生した。

その名も『2000円酒場 新宿3丁目店』。「飲み放題(100分)」に「料理3品」をプラスしたセットメニューが、なんと1人2,000円(税抜)ポッキリというから驚きだ。

「料理3品」も、「乾きもの」といったレベルではなく、「レバテキ」「若鶏のあぶり焼き」「とろ鯖塩焼」「辛味噌ホルモン焼き」「鉄板肉汁餃子」「鶏だし水餃子」など、しっかりとしたメニューを約60種もラインアップ。

豊富な料理の中から好きなメニューをチョイスできるところもうれしい。

「2000円酒場 新宿3丁目店(ニセンエンサカバ シンジュクサンチョウメテン)」の「名物 やかん焼酎」

「名物 やかん焼酎」。「レモンサワー」、「巨峰サワー」、「ザクロサワー」などの「割りもの」は、昔懐かしい「コダマ瓶」で提供される

もちろん、お酒も「生ビール」「ハイボール」「カクテル」「ワイン」「梅酒」「焼酎」「日本酒」といった約50種が、全て飲み放題

まさに超リーズナブルな「せんべろ」の世界。給料日前のピンチのときでも、お財布の中身を気にせず、思いっきり楽しめるという、夢のような大衆酒場だ。

これまでに、ありそうでなかった「新しいタイプ」の飲み放題店。場所も、価格も、使い勝手の良い店舗だけに、「ひとり飲み」だけではなく、幅広いシチュエーションで活用したい。

「2000円酒場 新宿3丁目店(ニセンエンサカバ シンジュクサンチョウメテン)」のインパクト大の外観

大きな暖簾に「2000円酒場」の文字が描かれた、インパクト大の外観。「100分制」なので、ちょい飲み&サク飲みにはぴったり

店舗情報
2000円酒場 新宿3丁目店
電話予約をする
予約専用電話番号:050-3759-9973
居酒屋/ひとり飲み、新宿
東京都新宿区新宿3-13-5 クリハシビルB1
●東京メトロ線 新宿三丁目 B2出口より徒歩1分

(明治通り沿い。『伊勢丹 新宿店』本館の斜め前にあるビルの地下1階)
2,000円

「せんべろ」感覚で、気軽に「ひとり飲み」できる穴場店

2
ブタヤサンパチ
豚や三八
〔新宿・新宿三丁目〕
ホルモン
ひとり飲み
新宿

「豚や三八(ブタヤサンパチ)」の立ち飲みスタイルのロースター

自分で焼き上げながら、一杯ひっかける立ち飲みスタイルが、ちょっと楽しい。ちょい飲み&サク飲みにもぴったりなので「ひとり飲み」におすすめ

全く異なるタイプの個性的な4店舗のホルモン屋が、一箇所に集まった『新宿三丁目 ホルモン横丁』。

その中にある豚ホルモン焼きの専門店『豚や三八』は、立ち飲みスタイルのカジュアルなお店

新鮮なホルモンは、群馬県高崎市の『食肉センター』から直送。素材の良さはもちろん、おいしさもお墨付きだ。

おすすめは、一皿380円(税抜)というリーズナブルなメニュー。人気の「がつ刺」を始め、「ればー(肝臓)」「塩たん(舌)」「かしら(こめかみ)」「はつ(心臓)」…など、どれも一皿380円というから驚き!

「豚や三八(ブタヤサンパチ)」の絶品「おまかせホルモン5種盛り合わせ」

ガッツリ食べたい時におすすめの「おまかせホルモン5種盛り合わせ」1,580円(税抜)。ビールとの相性も抜群

そのほか「がつポン」「チョレギサラダ」「冷やしトマト」…といった一品料理も、どれも一皿380円

さらに「ビール」「ハイボール」「酎ハイ」「焼酎」「ワイン」…も、380円

締めの「たまごかけご飯」、デザートの「杏仁豆腐」も、もれなく380円

せんべろ」感覚で、ちょい飲みも、サク飲みもできるサラリーマンの強い味方。フトコロの寂しいときでも、フラッと立ち寄って気軽に一杯楽しめるところが最大のメリットだ。

立ち飲み専用のカウンター席のほかに、椅子のある小さいテーブル席も設置。すぐ満席になってしまうので、複数人の場合は、まず電話で空席確認を

店舗情報
豚や三八
電話予約をする
予約専用電話番号:050-3368-8874
ホルモン/ひとり飲み、新宿
東京都新宿区新宿3-6-14 『新宿三丁目 ホルモン横丁』内
東京メトロ 新宿三丁目駅 C3出口より徒歩1分

(新宿通りから一本入った路地裏。『末広亭』の二軒隣にあるビルの1階)
2,000~3,000円

歌舞伎町でひと息つける、「ひとり飲み」にぴったりの酒場

3
ヤキトリイザカヤ ササキ
焼き鳥居酒屋 ささ木
〔新宿・新宿歌舞伎町〕
焼鳥
ひとり飲み
新宿

「焼き鳥居酒屋 ささ木(ヤキトリイザカヤ ササキ)」の絶品「焼き鳥」

「焼き野菜」は1本180円から。「焼き鳥」は1本200円(共に税抜)からラインアップ。地鶏であることを考えると破格だ

『新宿東宝ビル』近くにある、新宿歌舞伎町では珍しい、くつろぎの焼鳥居酒屋

いわゆる「街の焼鳥屋さん」のような雰囲気ではあるが、実は「山形牛・米沢牛」のA5ランクを一頭買いすることで有名な『遊牧』の系列店。それだけに、仕入れている食材は本物。

焼鳥の「もも」「ハツ」「ぼんじり」を始め、一品料理の「ささみポン酢」には、新鮮な徳島県産「阿波尾鶏」を使用。

そのほかの焼鳥には「美桜鶏」「総州古白鶏」といった国産ブランド地鶏を使うなど、厳選素材で調理する、こだわりのメニューがズラリと並ぶ。

「鶏ささみポン酢」400円(税別)。新鮮な「阿波尾鶏」のささみを湯煎したひと品。ポン酢でさっぱりといただく人気のメニュー

もちろん、お酒の種類も豊富に取りそろえる。「ビール」「サワー」「梅酒」「ワイン」「日本酒」「焼酎」といったメニューは、ひと通り抑えているのでご安心を。

おすすめのポイントは営業時間。日から水曜までは夕方5時から朝5時まで。木から土曜は夕方5時から朝6時まで開店しているので、残業で遅くなっても、気軽に訪れることができる

新宿歌舞伎町という賑やかなエリアにありながら、お店は思ったよりも静か。1階の路面に面していながらも、外の騒々しさとはかけ離れた落ち着きがある。

ひとり飲み」にもぴったりの大人の雰囲気のお店。ふらりと立ち寄ってみてはいかが。

「焼き鳥居酒屋 ささ木(ヤキトリイザカヤ ササキ)」のオシャレなカウンター席

栃の木の一枚板を使用したというオシャレなカウンター席。ひとりでお酒を飲みながら、ゆっくりくつろぐには最適の空間といえる

店舗情報
焼き鳥居酒屋 ささ木クーポンあり
電話予約をする
予約専用電話番号:03-5272-1220
焼鳥/ひとり飲み、新宿
東京都新宿区歌舞伎町2-26-3 あみもとビル1F
●東京メトロ線 新宿駅 B12出口より徒歩4分

(新宿区役所通りから一本入った路地裏。『新宿東宝ビル』の近くにあるビルの1階)
2,000~3,000円

「ひとり焼肉」専門店だから、「ひとり飲み」も気軽に楽しめる

4
ニクバンザイ シンジュク
肉ばんざい 新宿
〔新宿・新宿御苑前〕
焼肉
ひとり飲み
新宿

「肉ばんざい 新宿(ニクバンザイ シンジュク)」のメニュー例

「おひとりさま盛り合わせ(カルビ・ロース・ハラミ/150g)」1,100円(税込)を始め、「ひとり飲み」におすすめのメニューを豊富にそろえる

クチコミで高評価を得る、東京・練馬の人気焼肉店『肉ばんざい』が、新宿に登場。

問屋から仕入れる鮮度抜群の肉、和牛を中心とした七輪焼き、それらをリーズナブルに提供するオリジナルのスタイルはそのままに、こちらでは「ひとり焼肉」に特化した「ハーフサイズ」メニューを用意する。

塩タン(ハーフサイズ)」455円、「カルビ(ハーフサイズ)」400円、「ハラミ(ハーフサイズ)」380円(共に税込)など、「1人前だと高いし多いし…」と、「ひとり焼肉」を諦めていた人にはぴったり。

焼肉メニューは盛りだくさん。「ヘレステーキ」、「特上カルビ」、「ホルモン」、「トントロ」、「鶏はらみ」、「馬刺し」…など、種類も、部位もいっぱい

さらに「おひとりさま盛り合わせ」といったメニューも取りそろえているというからうれしい限り。

しかも、こちらのお店はカウンター席をメインにしているので、「ひとり飲み」はもちろん、焼肉大好きの「おひとりさま」にもぴったり。

もともと「駅近」ということもあり、「夕飯」「ちょい飲み」「深夜食」…と、たくさんの「おひとりさま」がリピートする人気店でもある。

新宿で「焼肉を食べたい!」と思ったときに、フラッとひとりで立ち寄ることのできる希少なお店だ。

「肉ばんざい 新宿(ニクバンザイ シンジュク)」の「おひとりさま」に人気のカウンター席

「おひとりさま」に人気のカウンター席。まさに「ひとり飲み」の特等席といえる。もちろん焼肉デートや、友人との会食などにも最適

店舗情報
肉ばんざい 新宿
電話予約をする
予約専用電話番号:050-3368-8807
焼肉/ひとり飲み、新宿
東京都新宿区新宿2-1-7 サンパレスビル1F
東京メトロ線 新宿御苑前駅 1番出口より徒歩1分

(新宿通り沿い。『新宿交番』の通りを挟んだ向かいにあるビルの1階)
3,000円

本場四川料理の「麻」「辣」で、大満足の「ひとり飲み」

5
シセンリョウリ テンフファン
四川料理 天府舫
〔新宿・西新宿〕
四川料理
ひとり飲み
新宿

「四川料理 天府舫(シセンリョウリ テンフファン)」の絶品「麻婆豆腐」

テレビや雑誌など、多くのメディアで紹介されている「麻婆豆腐」1,000円(税抜)。「ひとり飲み」に限らず、注文必須の人気メニュー

「街の中華屋さん」感覚で、本場四川の味わいを気軽に堪能できる、新宿の隠れた名店

四川省の有名料理店やホテルでの調理経験を持つ料理長が手がけるメニューは、どれも美味。花椒と唐辛子で「痺れ」「辛い」「熱い」の3要素をベースにしながらも、香りにさまざまなコントラストをつけて、刺激的ながら深みのある味わいに仕上げている。

四川料理の定番「麻婆豆腐」、「担担麺(汁あり、汁なし)」を始めとするこだわりのメニューは、伝統の味わいをそのままにした「四川風」でも「本格派」でもない、「本物」の四川料理だ。

「担担麺(汁なし)」1,000円(税抜)。ご存知の通り、本場四川料理の「担担麺」は「汁なし」なのだ。こちらも大人気のメニューだ

そろえているお酒は、中国料理店ならではの「青島ビール」を始め、「サワー」「果実酒」「焼酎」「紹興酒」など、種類も豊富。

もちろんメニューは、どれも「激辛」レベルなので、ゆっくり「ひとり飲み」していても、どんどんお酒が進んでいくので、飲み過ぎにはご注意を。

なお、ディナータイムには、「お得な晩酌セット」980円(税抜)も用意。「生ビール1杯」「前菜」「点心」で「ちょい飲み」するのもおすすめ。

四川料理のおいしそうな香りが漂う、シンプルな内装の店内。気軽に入れる雰囲気なので「ひとり飲み」にも最適

店舗情報
四川料理 天府舫
電話予約をする
予約専用電話番号:050-3482-4184
四川料理/ひとり飲み、新宿
東京都新宿区西新宿7-4-9 盛和ビル1F
●都営線 新宿西口駅 D5出口より徒歩3分

(小滝橋通り沿い。『新宿都税事務所交差点』に面しているビルの1階)
3,000~4,000円(ランチ:1,000円)

こだわりの鶏料理と旬の味覚で、おいしい「ひとり飲み」

6
トリリョウリトシュンノアジ フクツル
鳥料理と旬の味 ふく鶴
〔新宿・南口〕
居酒屋
ひとり飲み
新宿

「鳥料理と旬の味 ふく鶴(トリリョウリトシュンノアジ フクツル)」の絶品「とりわさ」

人気メニューの「とりわさ」500円(税抜)。ぷりっとした歯ごたえと、とろっとした食感は、新鮮な鶏であることの証。旨味もたっぷり

季節のおいしい酒肴とお酒をゆっくり楽しめる、人気の和食居酒屋。新宿の裏通りにひっそりと佇む、まさに「隠れ家」のような存在

自慢の鶏料理は「とりわさ」、「やきとり(5本)」1,000円、「大山鶏もも塩焼」900円、「大山鶏 水炊き」1,350円(共に税抜)などを用意。

魚介料理は、「とろさばの塩焼き」700円、「ホッケ焼き」750円、「かきのしぐれ煮」500円(共に税抜)といったメニューをラインアップ。

ほかにも「牛すじ煮」600円、「ちくわの磯部揚げ」380円(共に税抜)を始めとする、和食居酒屋らしいメニューも取りそろえている。

名物メニューの「かに入り 玉子のふわふわ」750円(税抜)。見た目のインパクトと、不思議な食感は、ぜひチャレンジしてほしいひと品

おすすめの料理は「かに入り 玉子のふわふわ」。ほんのり甘いダシ汁の上に、メレンゲのように泡立てたふわふわの玉子がこんもり。スフレのような、シフォンケーキのような…でも食べてみると、茶碗蒸しのような、しっかりと存在感のある味わいが楽しいひと品。

お酒は、新潟「金鶴」、広島「誠鏡」といった日本酒、芋焼酎「六代目百合」、麦焼酎「常徳屋」、米焼酎「極楽」、黒糖「あまみ長雲」といった銘酒がズラリ。メニューに載っていない銘柄もあるそうなので、お店の人に尋ねてみよう。

小さなお店ながら、調理にしっかり手間をかけ、さらに接客も真心を込めて対応。「おひとりさま」にとって、うれしくもあり、頼りにもなる一軒だ。

古き良き昭和の時代を漂わせる、懐かしさいっぱいのレトロな外観。路地裏にたたずむ、オシャレな隠れ家といった風合いだ

店舗情報
鳥料理と旬の味 ふく鶴
電話予約をする
予約専用電話番号:050-3482-0800
居酒屋/ひとり飲み、新宿
東京都渋谷区代々木2-19-12 唐沢第2ビル1F
●都営線 新宿駅 6番出口より徒歩1分

(甲州街道から一本入った路地裏。『全労済ホールスペースゼロ』の目の前にある建物の1階)
4,000~5,000円(ランチ:1,000円)

小麦の風味が生きた「うどん」で、日本酒の「ひとり飲み」

7
キリムギヤ ジンロク
切麦や 甚六
〔新宿・新宿御苑前〕
うどん
ひとり飲み
新宿

「切麦や 甚六(キリムギヤ ジンロク)」の絶品「天ざるうどん」

エビ、イカ、なす、にんじん、かぼちゃ、れんこん、大葉などの天ぷらを楽しめる「天ざるうどん」1,200円(税抜)。日本酒と一緒に楽しみたい

打ちたて」「切りたて」「揚げたて(天ぷら)」にこだわる、知る人ぞ知る「うどん」の実力店

原料となる小麦粉を始め、混ぜ合わせる塩水も厳選。さらに北海道産昆布瀬戸内産いりこなどで抽出する出汁に合わせるのは、無添加の醤油、選び抜いたみりん。つけ出汁とぶっかけ出汁の甘味には、ワイン蜂蜜を使用する。

上品な器に盛られたうどんは、つやつやとひかり、さらにそのモッチリ感とコシの強さは見事のひと言。弾力と伸びのあるうどんと、まろやかな味わいの出汁は、もちろん相性抜群。

日本酒と合わせたい「天ぷら」は、「キス天」など一品150円から用意。ほかにも「本日のおばんざい各種」350円、「がんす(広島名物 揚げかまぼこ)」300円(共に税抜)なども取りそろえる

また、お酒のラインアップも豊富にそろえているうえ、特に日本酒は、珍しい銘柄がズラリ

揚げたての「天ぷら」を単品でオーダーして、酒肴として味わうのもおすすめだ。

ディナータイムは23時半までと、遅くまで営業しているので、「ひとり飲み」はもちろん、「夕食」や「夜食」としても、気軽に楽しめる。

東京メトロ「新宿御苑前駅」から徒歩1分という好立地。仕事帰りに、ゆっくり美味の時間を満喫してみてはいかが。

「切麦や 甚六(キリムギヤ ジンロク)」の清潔感いっぱいの空間

木の温もりあふれる、清潔感いっぱいのシンプルな空間。カウンター席も用意しているので「ひとり飲み」「ひとりごはん」にもぴったり

店舗情報
切麦や 甚六
電話予約をする
予約専用電話番号:050-3368-8793
うどん/ひとり飲み、新宿
新宿区新宿1-17-1 LAND・DEN1F
●東京メトロ線 新宿御苑前駅 2番出口より徒歩1分

(新宿通りから一本入った路地裏。『花園小学校』の近くにあるビルの1階)
1,000~2000円(ランチ:1,000円)

創業50余年を誇る老舗店の「雑炊」で「ひとり飲み」

8
ゾウスイノミセオツウ シンジュクカブクチョウテン
ぞうすいの店お通 新宿歌舞伎町店
〔新宿・新宿歌舞伎町〕
雑炊
ひとり飲み
新宿

「ぞうすいの店お通 新宿歌舞伎町店(ゾウスイノミセオツウ シンジュクカブクチョウテン)」の絶品「とり雑炊」

県内産の若鶏を使用した「とり雑炊」1,120円(税抜)に、「にら」をトッピング。あっさりした味わいの中に、深い風味を感じる人気メニュー

宮崎にある、創業52年の老舗雑炊店の味わいを気軽に楽しめるお店。

「本物の雑炊を、世界中の人に味わっていただきたい」との思いから、新宿歌舞伎町に出店。先代から継承する味へのこだわりはもちろん、雑炊の命ともいえる出汁には、鹿児島県枕崎市の最高級カツオ節北海道羅臼町の天然昆布大分県別府市の干し椎茸を用い、米も国産のみを扱う。

さらに硬めに炊いたご飯を一度水洗いして、ザルに上げてから雑炊にするそう。「粘り気をできるだけ取り除くことで、サラサラの食感が楽しめる」とのこと。手間の掛かっているひと品だ。

宮崎県産地鶏の「ささみのとりわさ」600円(税抜)。しっとりした食感と、地鶏ならではの旨味が口いっぱいに広がるひと品

これらの工程だけでも、相当なコストが掛かっているにも関わらず、価格は20年ほど前からほとんど変えていないという。その妥協なき精神こそが「おもてなし」の本当の姿といえるだろう。

おすすめのポイントは「24時間営業」。仕事帰りの夕方から、残業後の深夜まで、いつでもカジュアルに訪れることができる点は、忙しいサラリーマンにとってはうれしい限り。

しかもお酒の種類も「ビール」「焼酎」「ワイン」「日本酒」など豊富。しかも、締めの雑炊は、本格的においしいときている。働く人にも、胃袋にもやさしい一軒だ。

老舗店の「雑炊」を提供するお店でありながら、堅苦しさは一切なし。店舗の雰囲気もカジュアルなので、気軽に「ひとり飲み」できる

店舗情報
ぞうすいの店お通 新宿歌舞伎町店
電話予約をする
予約専用電話番号:03-6273-8422
雑炊/ひとり飲み、新宿
東京都新宿区歌舞伎町1-11-10 イクザスビル2F
●東京メトロ線 新宿駅 B12出口より徒歩3分

(新宿区役所通りから一本入った路地裏。『新宿東宝ビル』の近くにあるビルの2階)
1,000円(ランチ:1,000円)

歌舞伎町で半世紀。老舗の台湾料理で粋な「ひとり飲み」

9
アオバ
青葉
〔新宿・新宿歌舞伎町〕
台湾料理
ひとり飲み
新宿

「青葉(アオバ)」の絶品「鳩酥(鶏挽肉、エビなどのレタス包み)」

人気メニューの「鳩酥(鶏挽肉、エビなどのレタス包み)」1,890円(税抜)。パリパリ感とシャキシャキ感が心地良い逸品

歌舞伎町で約半世紀。変わらぬおいしさを提供する本格台湾料理店。

オーナーシェフは『国際豚脚コンテスト』に、日本代表として2年連続出場した李克順氏。優秀賞を受賞するなど、そのテクニックはお墨付きだ。

そもそも台湾料理店というと、麺専門店や屋台メニューを思い浮かべる人も多いが、こちらで提供している品数は、なんと200種類。海に囲まれた台湾ならではの魚介料理から、ボリュームたっぷりの豚肉メニュー、さまざま楽しめる小皿料理、お馴染みの点心…と、幅広いラインアップを取りそろえている。

「青葉(アオバ)」の絶品「香腸」など

「前菜盛り合わせ(蒸し鶏、叉焼など)」2,620円、「香腸」730円(共に税抜)。「ひとり飲み」の酒肴にもぴったりのメニューだ

複数の豚肉の部位と脂身を混ぜ合わせ、秘伝の調味料を加えて腸詰めにした台湾名物「香腸」は、ぜひオーダーしたい逸品。スパイシーな香味が絶妙でお酒との相性も抜群のメニューだ。

平日の営業時間は昼12時から深夜2時まで。途中休憩無しの通し営業だけあって、時間に関係なく食べられる。さすがは眠らない街、歌舞伎町。

「ひとり飲み」だけではなく、「昼食」「夕食」から「深夜食」まで、時間を問わずに本格的な台湾料理を味わえるところがうれしい。

もちろん早い時間からお酒を楽しめるのも、このエリアならではの魅力のひとつだ。

レンガ造りの内装、飴色の調度品、カーペットのフロア、光沢のあるソファシート…昭和を感じさせるレトロな店内。昼から深夜まで、多くのファンがここで胃袋を満たしている

店舗情報
青葉クーポンあり
電話予約をする
予約専用電話番号:050-5833-1462
台湾料理/ひとり飲み、新宿
東京都新宿区歌舞伎町1-12-6 歌舞伎町ビルB1
●西武新宿線 西武新宿駅 南口より徒歩3分

(『新宿東宝ビル』の裏手。通りを挟んだ向かい側にあるビルの地下1階)
5,000~6,000円(ランチ:3,000~4,000円)

注ぎたてだからビールがうまい! ビアパブで「ひとり飲み」

10
ワイワイジー ブルワリー アンド ビアキッチン
Y.Y.G. ブルワリー&ビアキッチン
〔新宿・新宿南口〕
ビアパブ
ひとり飲み
新宿

「Y.Y.G. ブルワリー&ビアキッチン」の絶品「クラフトビール」

クラフトビールの種類はもちろん豊富。ほとんどのメニューが「360ml」あたり約900円なので、仕事帰りの1杯にも最適

新宿南口の住宅街にあるビアパブ&ビアレストラン。

建物1階のビアパブには醸造所が併設され、目の前のタンクから注ぐ出来たてビールを楽しめる、面白いお店だ。

オリジナルのクラフトビールも「新宿ペールエール」「歌舞伎町インペリアルスタウト」「代々木アンバーエール」など、エリアにちなんだ銘柄がズラリ。

7階には、フレンチアメリカンスタイルのメニューを楽しめるレストランフロアも用意しているが、「ひとり飲み」なら、1階のビアパブがおすすめ。

1階はキャッシュオンデリバリー(都度支払い)を導入。グラス一杯からでも気軽にオーダーできるところも高ポイント

ステンレスの輝く醸造設備を眺めながら、醸造したビール、国内外のゲストビールを楽しめるのは、このお店ならではの醍醐味。

フードメニューは、7階のレストランと違い「お酒のアテ」といった感じがメイン。

日替わりおつまみ3種盛り」500円、「ミックスナッツ」500円、「ケサディーヤ(チーズ、チョリソー、赤タマネギ、ハラペーニョ、パクチーをトルティーヤに挟んで巻いたメキシコ料理)」700円(共に税抜)など、ちょい飲みのお供としては、丁度いい。

新宿の喧騒から離れた隠れ家的なロケーション。出来たてビールを味わいながら「ひとり飲み」の時間を満喫したい。

1階フロアの奥に設置しているブルワリー(醸造所)。店先にはテラス席もあるので、天気の良い温かい日には、こちらもどうぞ

店舗情報
Y.Y.G. ブルワリー&ビアキッチン
電話予約をする
予約専用電話番号:050-3482-0763
ビアパブ/ひとり飲み、新宿
東京都渋谷区代々木2-18-3 オーチュー第一ビル
●都営線 新宿駅 6番出口より徒歩2分

(甲州街道から一本入った路地裏。『全労済会館』の近くにあるビルの1階)
4,000~5,000円(ランチ:4,000~5,000円)
更新