日本中の美味を食べ尽くす! 銀座ディナーにおすすめの20軒

銀座ディナー特集

国内外問わず、おいしいものが集まる銀座。一日の締めくくりとなるディナーを大満足で終わらせる名店がずらりと揃っています。お店もジャンルも多くて迷ってしまう・・・そんな人たちに一度は行ってほしい20店をご紹介します。世界各国料理も揃いますが、あえて和食を中心にセレクト。日本の食の豊かさを再発見できるはずです。

比内地鶏とワインのマリアージュが新たな感動を生む

1
ギンザ ヤキトリ プレミアム ホンテン
銀座 Toriya Premium 本店
〔銀座6丁目〕
焼鳥
鶏料理
ディナー

『銀座 Toriya Premium 本店』の焼鳥

串打ちした比内地鶏にシチリア産の岩塩を手振り、最高級の備長炭で焼き上げる。絶妙な焼き加減こそ、一流の職人技!

比内地鶏の焼鳥と自然派ワインのマリアージュを提案するお店。外堀通り沿いの銀座6丁目という好立地ながら、ちょっと分かりにくいので、隠れ家的な一軒としても知られている。ビルの5階へ上がると、ダウンライトがやさしく灯る、ラグジュアリー感に満ちた店内が広がっている。メインはゆったりとした白木のカウンター席だ。

日本有数の地鶏・比内地鶏は契約農場から直送されるものを使用。熟成した地鶏を1本ずつ丁寧に串打ちし、最高級の紀州備長炭細丸でじっくりと焼き上げる。遠赤外線効果で表面はパリッと、中はふっくらジューシーな仕上がりに。希少部位の種類が豊富なので、いろいろな部位を食べてみたい人は早めの予約を。

『銀座 Toriya Premium 本店』のコース

この店の魅力がすべて詰まった「premiumコース」(6,500円)。厳選した比内地鶏の串焼き7本、季節野菜の串1本のほか、比内地鶏のスープなど全17品

『風の丘ファーム』から取り寄せる旬の野菜は有機肥料・無農薬。「季節野菜のサラダメランジェ」(950円)から、比内地鶏を使った「Toriya 自家製 ガランティーヌ」(1,200円)、「比内地鶏のモツ トマト煮込みトリッパ風」(850円)まで、絶品揃い。食材そのもののおいしさに加えて、料理人の腕の違いがハッキリと分かる。

ワインはボルドー、ブルゴーニュを中心にフランス全土より約300種を用意。“マリアージュ”とは、1+1が2以上にならなくてはならない。旨味の強い比内地鶏の、さらに部位ごとに違うおいしさを倍増させるのに最適なワインを揃えている。しかもグラス880円から、ボトルでも3900円からと、かなりの破格値。セレクトはスタッフにおまかせを。ディナーコースも豊富に揃っているので、食事の相手によって選んでみても。

『銀座 Toriya Premium 本店』の外観

シンプルでオシャレなエントランス。扉の向こうには、デートにぴったりな広めの白木のダブルカウンター。しっとりと大人のディナーを楽しんで

店舗情報
銀座 Toriya Premium 本店
電話予約をする
予約専用電話番号:03-3571-8028
鶏料理、焼鳥
東京都中央区銀座6-5-15 銀座能楽堂ビル5F
東京メトロ銀座線 銀座駅 B9出口より徒歩2分
東京メトロ日比谷線 銀座駅 B9出口より徒歩2分
ディナー:8,000~10,000円

日本各地の旬食材を超一流の職人が調理

2
ギンザ クマサワ
銀座 熊さわ
〔銀座6丁目〕
日本料理
割烹
ディナー

『銀座 熊さわ』の刺身盛り合わせ

その日の仕入れによって替わる「お刺身盛り合わせ」。日本の台所・築地はすぐそこ。料理人歴40年近い主人の目利きに思わず唸ってしまうおいしさ

数々の名店で修業を重ね、ホテルの総料理長も務めた店主が腕を振るう和食店。お決まりのメニューではなく、その時季に最もおいしい食材を使った料理を楽しませてくれる。

店主自ら、築地に毎朝通い食材を吟味。ほかにも、浜名湖から取り寄せるすっぽん、ふぐなど、目利きで選んだ素材は上質なものばかり。素材の旨味を引き出しつつ、余計なものを足さず、”わびさび”の世界観をひと皿ごとに盛り込んでいる。

『銀座 熊さわ』の「秋刀魚のまぜごはんとしじみ汁」

焼いた秋刀魚の身をほぐし、白ごま、大葉とともに混ぜ込んだ「秋刀魚のまぜごはんとしじみ汁」。もみ海苔の香りがふわっと広がる

銀座という超一等地にありながら、おまかせ料理コースは4,800円から、「すっぽんコース」にいたっては13,000円という破格値。「自分がおいしいと思うものを出したいだけ」と笑うご主人の謙虚な姿勢は常連客の胃と心を掴んでいる。教えたくないけど自慢したい、そんな気持ちにさせられる店なので、誰かを連れて行くと喜ばれるに違いない。

さらにお得なのがランチ。「麦とろご飯と焼き魚」「煮魚膳」「牛すき豆富膳」は各1,200円。プロの技がちりばめられた料理は、素朴な家庭料理のようで、奥深い味わい。和食の真髄をたっぷりと堪能してほしい。

『銀座 熊さわ』の店内

ビルの地下へと降りると現れる控えめな木の引き戸。カウンター8席とテーブル2卓。全16席というこぢんまりとした空間は、肩肘張らない接待や宴席にもぴったり

店舗情報
銀座 熊さわ
電話予約をする
予約専用電話番号:03-6228-5415
割烹、和食、銀座
東京都中央区銀座6-12-15 COI銀座612 B1
東京メトロ銀座線・日比谷線 銀座駅 A3出口より徒歩5分
(中央通りを新橋方面へ、1ブロック目の『GINZA SIX(銀座シックス)』手前を左折、さらに次の角を右折し、4軒目のビルの地下)
ディナー:10,000円(ランチ:1,000~2,000円)

自然豊かな土佐の恵みを味わい尽くす

3
トサダイニング オキャク
TOSA DINING おきゃく
〔銀座1丁目〕
和食
土佐料理
ディナー

TOSA DINING おきゃく

ひと切れの厚さに驚かされる「藁焼きカツオの塩たたき」(1,750円)。ニンニクのスライスと摺り生姜をのせ、柚子をたらしていただく

全国各地のアンテナショップが集まる銀座一丁目エリア。外堀通りに面した高知県のアンテナショップ『まるごと高知』の2階にあるレストラン『TOSA DINING おきゃく』は、まさしく高知県の食材を用いて伝統料理から料理長の工夫が光る創作料理まで幅広く提供する。店名の『おきゃく』とは、酒宴のこと。客人をもてなし、絆を深めるように、この店で料理と酒を堪能してほしいという思いがこめられている。

高知の郷土料理といえば「カツオのたたき」。地元同様にワラで豪快に焼き上げることで、皮目がしっとりと焼きあがる。そして、ポン酢ではなく塩でいただく。カツオ本来の旨味がより鮮明になる、産地ならではの食べ方だ。黒潮が流れる太平洋に面しているので、カツオ以外にも海の幸は豊富。日本随一の清流・四万十川も流れているので川魚もオススメ。

『TOSA DINING おきゃく』の「窪川ポークと米ナス」

クリーミーでジャンボな米ナスにジューシーな窪川ポークのロースカツをトッピングした「窪川ポークと米ナス」

大地の恵みもたっぷり。幻の和牛といわれる「土佐あかうし」、肥育日数か長く品質の高い「四万十ポーク」、地鶏ならではの力強い食感「四万十鶏」など、肉類も充実。高知こだわりの米は土鍋で1合ずつ炊いてくれる。ぜひ「土佐ジローの卵」を追加して、極上の卵ご飯を味わってみたい。

ディナーコースは季節ごとに内容が替わり、4,500円、5,500円、6,500円の3種。前菜、煮物、楽盛など、それぞれに高知の名産を盛り込んでいる。特に6,500円のコースはお造りも付く全7品で、高知の魅力を存分に楽しめる。

伝統料理だけではなく、ちょっとアレンジをきかせたメニューならディナータイムに単品オーダーを。「カツオの酒盗ピザ」(980円~)、「土佐ウツボの竜田揚げ」(900円)など、今まで食べたことのない料理にぜひ挑戦を。

『TOSA DINING おきゃく』の店内

フロアにはご当地のヒノキやスギを使い、壁紙には土佐和紙を用いるなど、内装にも土佐色がいっぱい。本物が醸しだす上質感があふれている

店舗情報
TOSA DINING おきゃく
電話予約をする
予約専用電話番号:03-3538-4351
高知郷土料理
東京都中央区銀座1-3-13 リープレックス銀座タワー2F
東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 3番出口より徒歩1分
東京メトロ線丸ノ内線 銀座駅より徒歩5分
ディナー:5,000~7,000円(ランチ:1,000~2,000円)

上質な神戸牛の旨味を驚きの価格でじっくり堪能

4
スキヤキ・シャブシャブ ショウエン ニクイチ
すきやき・しゃぶしゃぶ 匠苑 にくいち
〔銀座8丁目〕
すきやき
しゃぶしゃぶ
銀座

『匠苑 にくいち』の「すき焼き」

繊細な神戸牛の肉質を堪能したいなら「神戸牛5部位の食べ比べコース」がおすすめ。部位ごとに違うおいしさを発見できる

「神戸牛」といえば、黒毛和牛の中でも最高峰のひとつ。“銀座で神戸牛のすき焼き・しゃぶしゃぶ”なんて無理、と決め付けないで。コースで5,000円から、お試しコースなら3,980円と驚きの価格で楽しめる。『にくいち』は、チャージ1,300円を払えば、肉はほぼ原価そのままでオーダー可能。肉卸問屋から直接買い付けるため、この価格を実現できるという。

黒毛和牛や神戸牛の食べ比べコースがメイン。「すき焼き」または「しゃぶしゃぶ」のどちらかを選べる。熱を加えると、柔らかな繊維がほどけ、口の中でとろけるような食感。脂の甘味と割り下の甘味が混ざり合って、奥深い味わいが広がる。一度はぜひ体験しておきたい。

『にくいち』の「神戸牛ユッケ」

神戸牛の赤身を使った貴重な「神戸牛ユッケ」(1,300円)。口に入れた瞬間にとろっととろける幸せを噛み締めて

外国人観光客に人気の高い「すき焼き」と「しゃぶしゃぶ」。両方を一度に堪能できるので、接待におすすめ。

ランチはコースのほか、黒毛和牛や神戸牛を使った「すき焼き丼」「焼肉丼」などを1,000~1,500円といったお手ごろ価格で提供。高級和食のひとつをリーズナブルに楽しめるので、銀座初心者でも気軽に利用したい。

『にくいち』の店内

格子戸が印象的な落ち着いた雰囲気。半個室では、窓の外にきらめく銀座の夜景を眺めながら食事ができ、デートにもぴったり

店舗情報
すきやき・しゃぶしゃぶ 匠苑 にくいち
電話予約をする
予約専用電話番号:050-5833-1243
すき焼き、しゃぶしゃぶ、銀座、ディナー
東京都中央区銀座8-8-11 博品館ビル5F
東京メトロ銀座線 銀座駅より徒歩5分
(銀座中央通りを新橋方面へ、『銀座博品館』のビル5階)
ディナー:4,500円(ランチ:1,500円)

ワインとともに味わう素材の旨味たっぷりの十割蕎麦や軍鶏鍋

5
サスガ ホンテン
流石 本店
〔銀座2丁目、東銀座〕
蕎麦
和食
ディナー

『流石 本店』の「ひやかけそば」  

名物「ひやかけそば」1,000円。大根おろしに叩いた梅を合わせた「梅おろし」を添えて。カツオ出汁の旨味と梅の酸味が相まってマリアージュを奏でる

銀座といったら忘れてはいけないのが蕎麦。蕎麦といえば江戸っ子が重んじる“粋”だが、やっぱりゆっくりと味わいたい。そんな願いを叶えてくれるのが『流石 本店』。まさしく、蕎麦とお酒をゆったりと味わってほしいというコンセプト。食のレベルが高い東銀座にあって、昼夜を問わず、女性客が通い詰める一軒だ。

夜中に石臼で挽いて翌朝に職人が丹念に手打ちする「十割蕎麦」は、極細なのにコシがあり、蕎麦の繊細さを十二分に味わえる逸品。「ざるそば」はもちろんだが、人気なのが「ひやかけそば」。たっぷりの冷たいダシに十割そばを合わせたシンプルなひと品だからこそ、蕎麦とダシのそれぞれのおいしさをじっくり味わえる。身体に染み渡る滋味を感じたい。

『流石 本店』の「桜海老のかき揚げ」

蕎麦に欠かせないのが天ぷら。サクッと香ばしい「桜海老のかき揚げ」は「流石コース」(7,000円)で味わえる

蕎麦の味わいの邪魔をしない料理は、無農薬野菜や鮮魚を使ったものを中心に、やさしい味付けが特徴。単品からコースまで多彩に揃っている。冬季なら、シャラン鴨か奥久慈シャモと有機無農薬野菜の「鴨鍋・軍鶏鍋」(1人前3,000円)や、蕎麦湯で作るオリジナルの湯豆腐「流石鍋」(1人前2,800円)も好評。銀座のディナーには、こんなオシャレで身体にやさしいメニューがぴったりだ。

料理に合うことを前提にソムリエ・利き酒師が選んだワインやシャンパン、日本酒も充実。和食本来のおいしさを再発見したい。

『流石 本店』の店内

店内の一番奥にある白木のカウンター席は、静かに楽しみたい人にオススメ。20人程度の宴会ならテーブル席で可能

店舗情報
流石 本店
電話予約をする
予約専用電話番号:03-3543-0404
蕎麦、日本料理
東京都中央区銀座2-13-6 東二ビル2F
東京メトロ銀座線 銀座駅 A13出口より徒歩5分
東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 10番出口より徒歩5分
東京メトロ有楽町線 新富町駅 1番出口より徒歩5分
ディナー:5,000~6,000円(ランチ:2,000円)

極上の国産銘柄牛をシンプルにしゃぶしゃぶで堪能

6
アオバヤ
青葉家
〔銀座、銀座6丁目〕
しゃぶしゃぶ
すき焼き
ディナー

『青葉家』の「特選松阪牛」

芸術的な霜降り肉の「特選松阪肉」。お皿に咲いた大輪の牡丹のよう。しゃぶしゃぶはラー油入りのゴマダレがベストマッチ

銘柄牛の代表といえば松阪牛。但馬牛などの黒毛和種の仔牛を仕入れ、30から40ヶ月をかけて育てる手間暇のかかる牛種で、国内のみならず、世界でもその名は知られている。近年は赤身ブームだが、高級銘柄牛の美しいサシが入ったお肉が口の中でとけていく食感は和牛ならでは。やはり一度は高級銘柄牛のしゃぶしゃぶを食べてみたいというもの。

泰明小学校のに近く、銀座6丁目の雑居ビルの3階にひっそりと佇む『青葉家』。お忍びで訪れる人も多いという隠れ家だ。銘柄牛のしゃぶしゃぶ、すき焼き専門店だが、かしこまった雰囲気はない。温かみのある照明に囲まれたアットホームな雰囲気で、くつろいで食事を楽しめる。

『青葉家』の「佐賀牛」

キメの細かい「極上佐賀牛」。脂がしつこそうに見えるが、融点が低いので、口の中でさらっと溶けて余韻だけを残していく

ディナーコースは、佐賀牛、神戸牛、松阪牛といった最高級の銘柄牛を揃え、しゃぶしゃぶ・すき焼きは「松」「竹」「梅」、さらに塩焼きが付いてくる「塩焼きコース」とそれぞれ4種を用意。好みやお腹のすき具合に応じて選ぼう。ご褒美ディナーには「特選松阪肉コース 梅」(7,700円)がオススメ。脂身の甘さと肉の旨味が一体化し、なんとも上品で深い味わいだ。さっと脂をかるく落とす「しゃぶしゃぶ」と、じっくりと焼いてから割下を注ぐ「すき焼き」で、異なるおいしさを堪能しよう。

コース以外でも数量限定の「特製ローストビーフ」(2,000円)や隠れた名品「牛のしぐれ煮」(1,000円)、季節の野菜を使った一品料理も充実。お酒もワインのほか、日本酒、焼酎、ウイスキー、カクテルまでひと通りスタンバイ。銀座のディナーは高級牛に限る!という人や、訪日客への接待にも最適な一軒。

『青葉家』の「佐賀牛」

店内は40席。広々としたテーブル席、ゆったり座れるベンチソファシートなどがあり、くつろぎの時間を過ごせる

店舗情報
青葉家
電話予約をする
予約専用電話番号:03-5568-1929
しゃぶしゃぶ、すき焼き
東京都中央区銀座6-2-6 ウエストビル3F
東京メトロ日比谷線・丸ノ内線・銀座線 銀座駅 C2出口より徒歩1分
ディナー:5,000~7,000円

さまざまな要素を取り入れて進化した新和食

7
シュンジュウ ツギハギ ヒビヤ
春秋 ツギハギ 日比谷
〔銀座、日比谷〕
和食
銀座
ディナー

『春秋 ツギハギ 日比谷』の「黒毛和牛 サーロインの炭火焼き」

「黒毛和牛 サーロインの炭火焼き」をはじめ、天然塩を振り紀州備長炭で焼き上げる炭火焼は必食。食材に自信があるからこそ、シンプルな調理法で勝負できる

旬の食材と厳選したお酒とともにくつろぎの時間を過ごしてほしいというコンセプトの和食『春秋』。都内で5店を展開するが、銀座・日比谷エリアにある『春秋 ツギハギ 日比谷』は、伝統的な和食の技法を基本としながら、さまざまな要素を取り入れて進化した新和食を提供する。

野菜がおいしいと女性に評判の『春秋』。長年取引のある『川田農園』から毎朝届くのは、土が付いたままの無農薬野菜。素材そのものの味が濃厚なので、そのままサラダにしたり、素揚げにするなど、シンプルな調理法でいただく。ほかにもスタッフが農園まで出向いて、生産者と顔を合わせて選んだ野菜ばかり。愛媛県松山産の「フクユタカ」、自然岩塩で作る自家製豆腐、築地市場をはじめ、島根、福井、愛媛など全国各地から直接届く鮮魚など、食材へのこだわりは尽きない。

『春秋 ツギハギ 日比谷』の「いろいろ野菜のバーニャカウダ」

「いろいろ野菜のバーニャカウダ」(1,600円)。アンチョビとオリーブオイルのソースでいただく。スタッフが畑まで足を運んで選ぶ、いま一番おいしい野菜を盛り込んでいる

さらに、そのままでも十分おいしい食材にオリジナリティーをプラス。新鮮なマグロの表面だけをグリルした「鮪のレアグリル 醤油麹の味わい」(2,600円)、イカスミで炊いたおこげにアツアツのあんをかける「イカ墨のおこげ 魚介あんかけ」など、メニューを見ただけでワクワクしてしまう。目の前で握ってくれる寿司カウンターもあるので、職人と会話をしながらの食事も楽しめる。

ディナーコースは6,900円から。初めてなら飲み放題付の「8000円プラン」がオススメ。この店のコンセプトがぎゅっと詰まっている。せっかくなら黒毛和牛サーロインやフォアグラ、アワビなど豪華な内容のディナーコース「大地」(10,000円)がベスト。接待や記念日ディナーにもぴったりの内容だ。300種以上も揃うワインとともに至福のディナーを過ごしたい。

『春秋 ツギハギ 日比谷』の店内

約200席近くもあるフロアは、銀座エリアでは貴重な大バコ店。2次会や企業パーティーなどにも利用できる。デートや女子会なら落ち着いた雰囲気の個室も人気

店舗情報
春秋 ツギハギ 日比谷
電話予約をする
予約専用電話番号:03-3595-0511
新和食
東京都千代田区有楽町1-1-1 日本生命日比谷ビルB1
東京メトロ日比谷線 日比谷駅 A13出口より徒歩1分
都営三田線 日比谷駅 A13出口より徒歩1分
東京メトロ有楽町線 有楽町駅 A13出口より徒歩1分
ディナー:9,000円(ランチ:1,500円)

贅を尽くした食材で楽しむ国産黒毛和牛しゃぶしゃとすき焼き

8
ギンザ ハナダイコン
銀座 花大根
〔銀座6丁目〕
しゃぶしゃぶ
すき焼き
和食

『銀座 花大根』の「国産しゃぶしゃぶ」

上質な和牛をさっとくぐらせていただく「しゃぶしゃぶ」

生でも食べられるほど新鮮な国産黒毛和牛をしゃぶしゃぶ、すき焼き、鉄板焼きで提供。産地や銘柄は特に指定せず、その時々で入荷できる最高品質の和牛を楽しめる。

こだわりは肉だけではない。「しゃぶしゃぶ」に使用するのは大分県産の天然炭酸水。肉が柔らかくなり、旨味が増す効果があるという。薬味は7種、塩は6種を用意。また、「すき焼き」に欠かせない卵も、“幸せの青い卵”といわれている希少な「アローカナ」を採用。濃厚な味わいと抜群の栄養価を誇る。和牛のおいしさに負けない卵といえる。

『銀座 花大根』の「国産黒毛和牛そばしゃぶコース」

前菜、デザートを含む全7品の「国産黒毛和牛そばしゃぶコース」(5,900円)。この店ならではの料理は、話題性抜群!

おすすめは、秘伝のそば汁で堪能する「黒毛和牛そばしゃぶ」。熟成2年ものの鰹節と日高昆布で丁寧に取ったダシに、カエシを加えた独自配合のそば汁で、最高品質の和牛をしゃぶしゃぶ。〆には信州・木曽地方の郷土料理「投じそば」を味わって。

温もりのあるシックな店内は、まさに大人の隠れ家。接待にも最適なテーブル個室も完備。また、食事で使った箸をプレゼントしてくれるという粋な計らいもあり、大切な会食に華を添えてくれる。

『銀座 花大根』の店内

個室以外にもカジュアルなカウンター席を用意。一品料理と豊富なお酒を気軽に楽しんでも

店舗情報
銀座 花大根
電話予約をする
予約専用電話番号:03-3569-0953
和食、しゃぶしゃぶ、すき焼き、銀座、ディナー
東京都中央区銀座6-7-4 銀座タカハシビルB1
東京メトロ銀座線 銀座駅 B3出口より徒歩2分
(西五番街を新橋方面へ、みゆき通りを越えも、右手2つ目のビル。箸専門店『銀座 夏野』の地下)
ディナー:8,000~10,000円

わずか8席のみ!秘密にしたい銀座の隠れ家

9
スシドコロ ヤマダ
鮨處 やまだ
〔銀座7丁目、コリドー街〕
銀座
ディナー

『鮨處 やまだ』の握り

左から「コハダ」「トロ」「カワハギ」。寿司は握ったそばから鮮度が落ちていくので、すぐにいただこう

銀座のディナーといえば、鮨は欠かせない。予約の取れない名店も多いが、著名人や食通が通う鮨店がコリドー街の雑居ビルの奥にひっそりと店を構えている。いかにも銀座らしいシチュエーション。こぢんまりとした店内は清潔感があふれる白木のカウンター8席のみ。臙脂色ののれんから現れた大将は元・大工という異色の経歴の持ち主だ。寿司好きが転じて修業を積み、腕を磨いてきた銀座にお店を開いた。

ネタは毎日築地で仕入れるので日替わり。定番からちょっと珍しいものまで、いろいろと楽しめる。なかでもこの店の存在を知らしめた熟成鮨はハズせない。お品書きは握り15貫「おまかせコース」(10,800円)のみという潔さ。つまみはなく、純粋に寿司だけを味わうスタイル。どのネタでも1カン追加800円も可能なので明朗会計。心ゆくまで鮨を食べたいときに訪れよう。

『鮨處 やまだ』の大将

丁寧で無駄のない動きを目の前で眺められるのはうれしい。ネタについても気軽に聞いてみて。会話を楽しむのもカウンター鮨の魅力のひとつ

シャリは宮城県登米市のササニシキを使用し、酢は独自でブレンドする。ネタの下ごしらえもひとつずつ丁寧に施す。絶妙な力加減でふわっと握るので、口の中に入れると、ほろっと崩れて、それぞれのネタとひとつになっていく。さすが熟練の技だと唸ることだろう。

板場との距離も近いので身構えてしまいそうだが、アットホームな雰囲気と大将の話にリラックスして食事を楽しめる。この距離感はやはりデートなど、親密な人との食事におすすめ。大将の出身地・青森の地酒も豊富に揃っているので合わせて楽しみたい。

『鮨處 やまだ』の店内

雑居ビルの中にある銀座らしい隠れ家。カウンター8席はすべて特等席。連れて行った人には絶対に感激されるはず。記念日ディナーにぜひ予約を

店舗情報
鮨處 やまだ
電話予約をする
予約専用電話番号:03-3572-7534
江戸前鮨
東京都中央区銀座7-2-14 第26ポールスタービル3F
東京メトロ日比谷線・丸の内線・銀座線 銀座駅より徒歩3分
(銀座コリドー街を新橋方面へ、3つ目の角を左折しすぐ左手)
ディナー:10,000円~15,000円

本物の比内地鶏のおいしさを十分に堪能できる

10
ギンザヒナイヤ ホンテ
銀座比内や 本店
〔銀座8丁目〕
鳥料理
焼鳥
和食

『銀座比内や 本店』の焼鳥

日本一の地鶏と称される“比内地鶏”を備長炭で焼き上げる。串焼きは1本370円(税込)から

濃厚な味わいとしっかりとした歯ごたえが特徴の比内地鶏のみを使用。昔ながらの手法で作られた天然塩をふり、備長炭で焼き上げることで、余分な脂を落とし、中はふっくらジューシーに仕上がる。ほど良い弾力があり、噛むごとに旨味が口の中にじゅわーっと広がっていく。砂肝、ぼんじり、ハツなど、さまざまな部位を用意しているので、好みの部位を見つけて。

『銀座比内や 本店』の「きりたんぽ鍋」

比内地鶏の旨味がじんわりと染み渡る「秋田名物・きりたんぽ鍋」(2,700円)。ほっと落ち着く味わいだ

ほかにも「もつ煮こみ」や「花しゅうまい」など比内地鶏を使用した料理も豊富。秋田名物「きりたんぽ鍋」は、比内地鶏の旨味がたっぷりと染み出したダシが滋味深い逸品。秋田の地酒との相性もばっちりなので、ぜひ一緒に味わってみよう。

ランチの看板メニュー「究極の親子丼」(1,200円)も人気。香ばしく焼き上げた比内地鶏をとろとろ、ふわふわの卵が包み込む。ワサビとレモンでさっぱりといただく「塩焼き丼」(980円)も一度は食べてみたい。

『銀座比内や 本店』の店内

しっとり落ち着いた雰囲気は、日本らしい情緒たっぷり。海外からの観光客にも喜ばれそう

店舗情報
銀座比内や 本店
電話予約をする
予約専用電話番号:03-3569-3663
焼き鳥、和食、銀座
東京都中央区銀座8-8-5 太陽ビル8F
東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線 銀座駅 A1出口より徒歩5分
(銀座中央通りを新橋方面へ、『銀座七丁目』交差点を過ぎ、『資生堂』ビルの2軒先)
ディナー:5,000円

100年以上も愛される銀座の老舗洋食店

11
レンガテイ
煉瓦亭
〔銀座3丁目〕
洋食
銀座
ディナー

『煉瓦亭』の「上カツレツ」

「上カツレツ」(1,850円)。現在の「とんかつ」のもととなったといわれる「カツレツ」。温野菜ではなく千切りキャベツを添えるスタイルもここが発祥といわれている

銀座といえば「洋食」を思い出す人も少なくないはず。名店揃いの銀座において、最も有名な煉瓦亭』は、なんと明治28年創業。メニューや食べ方など、現在の「洋食」スタイルを確立させた店としても知られている。そんな一等地にある老舗ながら、アットホームな雰囲気なのも魅力的だ。

まず食べておきたいのが、元祖といわれる「カツレツ」。明治32年から続くという伝統メニューで、豚肉の脂身をカットしてサクッと揚げているので、見た目よりもさっぱりしている。ほかにも、じっくりと煮込んだ深みのある味わいの「元祖ハヤシライス」(1,850円)、賄いから生まれたという個性的な「元祖オムライス」(1,500円)、ぷりっぷりの牡蠣の旨味を閉じ込めた冬だけの美味「かきフライ」(2,200円)など、どれも一度は食べたい絶品ばかり。

『煉瓦亭』の「仔牛チーズ焼」

厳選した肉質の良さが引き立つ「仔牛チーズ焼」(2,800円)。当時珍しかった西洋料理を日本人の口に合うようにと試行錯誤した末に生まれたのが、この店の洋食

なかでも特別な日のディナーにオススメなのが上質なサーロインを使った「ビーフステーキ」(8,000円)。噛むごとに旨味が増し、上品な脂がまろやかな味わい。平日のディナー限定なので要注意! また、銀座の人気ベーカリー『CENTRE THE BAKERY』とコラボした「元祖カツサンド」(1,800円)は、冷めてもおいしく食べられるようにオリジナルのソースでしっかり味付けしているので、銀座みやげにも。

店内は3階から地下1階まで、全110席。もちろん個室もあるので、家族でのお祝いなどにも利用したい。文豪や著名人も愛したという、銀座グルメを堪能してみたい。

『煉瓦亭』の外観

銀座ガス灯通りに佇むレンガ造りの『煉瓦亭』は、赤いファサードが目印。現在の店舗は1964年に建てられた

店舗情報
煉瓦亭
電話予約をする
予約専用電話番号:03-3561-7258
洋食
中央区銀座3-5-16
東京メトロ銀座線・丸の内線 銀座駅より徒歩3分
JR線 有楽町駅より徒歩5分
ディナー:2,000~3,000円(ランチ:1,000~2,000円)

濃厚な伊達鶏の旨味を絶妙な火入れで倍増させる

12
トリリョウリ ミヤシン
鳥料理 宮新
〔銀座7丁目、コリドー街〕
鳥料理
焼鳥
ディナー

『鳥料理 宮新』の串コース

伊達鶏の旨味が詰まった焼鳥各種。まずは串8本がメインの「串コース」(4,500円)をオーダーして、好みの串を追加するのもいい

中目黒『鳥よし』の姉妹店として、この道50年を誇る主人が腕を振るう名店。いま再び脚光を浴びているコリドー街にありながら、騒々しさとは無縁。でも、決して形式ばっていない、くつろぎの空間が待っている。

数多ある鶏肉の中から選んだのは伊達鶏。信頼のおける生産者から丸ごと入荷し、その日使う分だけ厨房で捌いて串打ちするという。神経を集中させ、絶妙な火加減で焼き上げる焼鳥は、ふっくらした食感とジューシーな味わい。皮目はパリッと焼かれ、そののバランスに唸ってしまうほど。食材や部位によってベストなタイミングは異なるので、それを全て網羅するのはさすがの職人技。

『鳥料理 宮新』の水炊き

見た目も美しい「水炊き鍋(スープ茶漬付)」(2,800円)。極上のスープにモモ肉、つみれを投入して。注文は2人前から

『鳥よし』にはない「水炊き」があるのもこの店の特徴。しかも、生後日数の違う2種の鶏の鶏ガラスープをブレンドし、8時間近くじっくり煮込んだというこだわりよう。鶏の滋味深いおいしさを余すところなく堪能したい。そのほか、新鮮な魚介の刺身があるのも、焼き鳥だけではないこの店のスタイルだ。旬野菜のおいしさにも改めて気づかされる。

主人はフランス・パリの焼鳥店での修業経験もあるため、ワインの品揃えが豊富なのもうれしい。ほかにも日本酒、カクテルなども充実している。英語のメニューも用意しているので、海外からの客人とのディナーにも最適な一軒。

『鳥料理 宮新』の店内

1階は『鳥よし 銀座店』。店内は白木のカウンターが印象的で、清潔感にあふていれる。堅苦しさはないので、リラックスして楽しみたい

店舗情報
鳥料理 宮新
電話予約をする
予約専用電話番号:03-3569-2067
鳥料理、焼鳥、銀座
東京都中央区銀座7-2先 コリドー街2F
東京メトロ丸ノ内線・日比谷線 銀座駅より徒歩5分
(銀座コリドー街を直進、『パシフィック銀座ビル』向かい)
ディナー:6,000~7,000円

日本の豊かな食材と中国郷土料理の融合!

13
ジャスミン ワシンカンサイ
JASMINE 和心漢菜
〔銀座6丁目、銀座シックス〕
中華
和食
ディナー

「JASMINE名物"よだれ鶏” 蒸し鶏の特製香ラー油」

『ジャスミン』の看板メニュー「JASMINE名物"よだれ鶏” 蒸し鶏の特製香ラー油」(1,640円)。茨城県の銘柄鶏「総州古白鶏」をしっとりと蒸し、15種もの香辛料をほどこした特製ラー油と黒酢ベースの甘酢タレをかけて

『銀座シックス』の6階にオープンした中華料理『JASMINE 和心漢菜(わしんかさい)』は、広尾に本店を構える名店。“中国オタク”といわれるほど、中国の食文化を愛し、とことん追求する山口総料理長が腕を振るう。“伝統と創造”をテーマに、中国各地の郷土料理をベースにしたメニューを提供する広尾店に対して、ここ銀座店では日本の四季や食材を盛り込み、おもてなしの心をプラスした日本らしさを感じられるメニューを提案する。

看板料理「よだれ鶏」はもちろん、「焼き餃子」や「上海小籠包」などの点心、フカヒレ・ナマコ・アワビなどを使った身体にいいスープなど、幅広いメニュー展開。和食のテイストを取り入れた中華を提案する。

「四川×SUKIYAKI」

「四川×SUKIYAKI」(3,000円)は、特製牛ロースと自家製葱餅、春菊豆腐ですき焼き仕立てにし、麻辣スキヤキソースでオリジナリティーを出した、まさに和と中華が融合したメニュー

ディナーコースは6,500円から。国産の伊勢海老や牛肉などの食材を用いるものから、柚子風味の自家製香辣醤で味を調えた「大海老のJASMINE 特製チリソース煮」や、鞍馬山椒・唐墨・貝柱・桜海老で作る和製XO醤を使う「生ホタテと彩り野菜 特製和漢醤炒め」のように、和の調味料を駆使したものまで、目からウロコの中華がずらり。それでも、創作中華料理ではなく、あくまで、和食を取り入れた中華料理であることを大切にしているという。

1,000円以下のリーブナブルな中華料理ではないにしろ、この立地、食材、センス、そして腕を考えれば、コストパフォーマンスの高さに驚くはず。壁一面のガラス窓が開放的なフロアと、モダンなデザインのテーブル席、しっとり落ち着いた個室もあるので、ディナーデートや接待にも喜ばれそう。

『JASMINE 和心漢菜』の店内

銀座中央通りに面したダイニングは壁一面が窓になっているので、開放感たっぷり。夜は銀座の街のネオンも彩りを添える

店舗情報
JASMINE 和心漢菜
電話予約をする
予約専用電話番号:03-6264-5571
中華料理
東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX(銀座シックス) 6F
東京メトロ銀座線・日比谷線 銀座駅 A3出口より徒歩2分
(中央通りを銀座5丁目・新橋方面へ、2つ目のブロック)
東京メトロ日比谷線 東銀座駅 A1出口より徒歩3分
ディナー:10,000~15,000円(ランチ:2,000~3,000円)

一年を通して味わえる滋味深い味わいのおでん

14
オデン オグラ
おでん おぐ羅
〔銀座6丁目〕
おでん
和食
銀座

『おでん おぐ羅』の盛合せ

丁寧に取ったダシの旨味をたっぷり湛えた「おでん盛り合わせ」。旬の刺身などの季節料理も充実

銀座の名店で20年以上にわたり腕を磨き、同じく銀座に店を構えて約30年という人気のおでん専門店。看板メニューの「おでん」は、関東風だが醤油を使わない。琥珀色の美しいツユは、昆布と鰹節から取ったダシに、それぞれのネタの旨味が染み出して、秘伝の味に仕上がっている。継ぎ足し、継ぎ足し、他店には出せない味だからこそ、多くの常連客が通う

オススメは「おでんの盛り合わせ」だが、定番ネタの大根、豆腐、鯵のつみれはもちろん、ロールキャベツ、ジャガイモ、はんぺんなどお好みで。滋味深い味わいに、ひとつまたひとつと注文を重ねてしまうのも、この店の醍醐味。おでん以外に造りや季節料理もおすすめ。「かつお叩き」、「きんき煮付け」、「馬刺」など、日本酒と相性のいい料理ばかりが揃う。

『おでん おぐ羅』の盛合せ

「くずきり小柱酢のもの」など、季節の食材を用いた和食を楽しませてくれる

ディナーのコースは6,000円と7,000円の2種。刺身、焼魚、揚物など、おでん以外にも旬の食材を使った料理を楽しめる。寒くなるこれからの季節にはたまらない。

銀座で働く人たちに愛され続けていることがよくわかる、真心のこもった接客もうれしい。のれんをくぐると「ただいま」と声をかけてしまいたくなるような、温もりあふれる一軒だ。今宵の銀座ディナーはおでんに決まり!

『おでん おぐ羅』のカウンター

テーブル個室もあるが、おでん屋の醍醐味はやはりカウンター。湯気の向こうに幸せがみえる

店舗情報
おでん おぐ羅
電話予約をする
予約専用電話番号:050-5814-1711
おでん、銀座
東京都中央区銀座6-3-6 本多ビルB1
東京メトロ銀座線 銀座駅 C2出口より徒歩3分
(外堀通りを新橋方面へ、『東急プラザ銀座』を過ぎ、次のブロック、『佐藤養助商店』の向かい)
ディナー:10,000~15,000円

和食とワインのマリアージュを気軽に楽しむ

15
ニホンリョウリ ギンザムラキ
日本料理 銀座むらき
〔東銀座〕
日本料理
和食
銀座

『銀座むらき』の「ワインとマリアージュ会席」

ソムリエ厳選のグラスワインと新感覚の懐石を組み合わせた「ワインとマリアージュ会席」(13,200円)

東銀座『コートヤード・マリオット銀座東武ホテル』の地下1階にある日本料理の店。日本料理の基礎や技法を大切にしながら、西洋料理のエッセンスを加えたオリジナリティーあふれる料理を楽しめる。

メインのコースはプリフィクスで、サラダ、前菜といった西洋風の流れの中に和食らしさがきらりと光る。見た目にも美しく、幸せな気分で満たされる。

『銀座むらき』の「天麩羅会席」

目の前で職人技を眺めながらいただく「天麩羅会席」も、和食ならではの贅沢

コンセプトは「銀座で気軽に和食とワイン」とあるように、「ワインとマリアージュ会席」も用意。ひと皿ごとに厳選したグラスワインが付いてくるので、さまざまな組み合わせによる相乗効果を堪能できる。女性に特におすすめだ。

店内は落ち着いたモダンな雰囲気。宴会や会食にも利用したい個室は3室を用意。カウンター席では、和食の醍醐味のひとつ、揚げたての天ぷらをいただける。旬の魚介や野菜、変り種まで、職人の技をとくとご堪能あれ。

『銀座むらき』の座敷席

風格ある座敷個室は12人まで利用可能。歓送迎会やお祝いの席などにもぴったり

店舗情報
日本料理 銀座むらきクーポンあり
電話予約をする
予約専用電話番号:050-5833-7867
和食、日本料理、会席料理、ディナー
東京都中央区銀座6-14-10 コートヤード マリオット 銀座東武ホテルB1
東京メトロ日比谷線 東銀座駅 A1出口より徒歩1分
(昭和通りを新橋方面へ、3つ目のブロック右手、『コートヤード マリオット 銀座東武ホテル』の地下1階)
ディナー:6,000~7,000円

木挽町でひっそり楽しむ創作和食とワイン

16
ギンザ アリス
銀座 ありす
〔銀座8丁目、木挽町〕
創作和食
ワインバー
銀座

『銀座ありす』の「牛網焼き」

素材のポテンシャルを最大限に引き出した「牛網焼き」。料理ごとにバイ・ザ・グラスでワインを選ぼう

東銀座・木挽町の路地裏にひっそりと佇むワインバー『銀座ありす』。食通たちが足繁く通う、美食エリアにあるというだけでも、この店の存在価値がうかがえる。

料理のおいしいワインバーとして知られるこの店の料理長は、和食の経験豊かな喜多治夫氏。自慢の「鯖の棒寿司」、「平目の昆布〆」など、ワインバーとは思えない料理もずらり。なかでも人気なのが「カレーうどん」。丁寧にひいたダシの味の滋味深さと、控えめながらもしっかりとしたスパイスがマッチ。赤ワインと合わせるというのも面白い。

『銀座ありす』の「鯖の棒すし」

ワインバーには珍しい「鯖の棒寿司」。家庭ではなかなか食べられない和食のひとつ。海外からの賓客を招待しても喜ばれそう

もちろんワインバーなので、ワインの品揃えは充実。フランスやイタリアなどヨーロッパ産を中心に約300種をラインアップ。ソムリエの見竹氏が提案する組み合わせは、相乗効果により、今までにないおいしさを楽しませてくれる。

全16席というごちんまり感や、夜2時までという営業時間からも、銀座の夜を知り尽くす大人たちの一軒だということが分かる。だからといって、一見さんでも躊躇することはない。2人で訪れれば、距離感もぐっと近づくはず。和食好きもワイン好きもを魅了する特別なお店。

『銀座ありす』の店内

照明をややと落としたしっとりしたムーディーな空間。一枚板のカウンターは、ワインバーらしく、ヴィンテージもののバカラグラスやデカンタが並ぶ

店舗情報
銀座 ありす
電話予約をする
予約専用電話番号:03-3547-6612
創作和食、ワインバー、銀座
東京都中央区銀座8-20-1 タケヤビル1F
都営大江戸線 築地市場駅 A3出口より徒歩3分
(昭和通り方面へ、「銀座中学校入口」交差点を左折、突き当りを右折し、次の角の左手)
JR線 新橋駅 銀座口より徒歩8分
ディナー:15,000円~20,000円

房総の朝獲れ鮮魚を銀座で食べ尽くす!

17
タテヤマカイノブッサンセンター ギンザ フナガタ 
館山海の物産センター 銀座 船形
〔銀座1丁目〕
鮮魚料理
銀座
ディナー

『銀座 船形』の「館山 船形、刺し盛り」

まずは、入漁料として、1人1人前「館山 船形、刺し盛り」(990円)をオーダー。その日の入荷状況によって種類が替わるので、これもお楽しみ

さまざまなメディアでも話題の魚料理店。店名の”船形”とは、千葉県館山市にある、東京湾の入り口に位置する“船形漁港”のこと。サバ、カツオ、サンマなどの水揚げが盛んなことでも知られている。この船形漁港で水揚げした魚介を新鮮なままで店舗へ直送。店内の生簀に移され、調理されるので、港近くで味わうのとほぼ変わらないおいしさを堪能できるというから贅沢だ。

メニューはおまかせコース。造りはもちろん、カマ焼き、煮魚、焼魚など、一番適している調理法を選んでくれる。

『銀座 船形』の煮魚

じっくり煮込んだ煮魚もぜひ食べておきたい一品。銀座にふさわいしい新鮮な魚介を、銀座らしからぬお手頃価格で堪能しよう

魚介だけではなく、野菜や米などの材料は千葉県産。ともに味わいたい日本酒も千葉の酒蔵の酒を用意。しかも、ラインアップは毎月のように替わることもあるというから驚き。何度訪れても新しい出合いが待っている。

店内は木の温もり溢れる広々とした空間。威勢のいい職人たちの佇まいに、ここが東京であることを忘れてしまいそう。テーブル席、カウンター席のほか、掘りごたつ席もあるので、宴会にもおすすめ。

『銀座 船形』の店内

落ち着いた照明に木の温もりが加わった癒しの空間。銀座とは思えない居心地の良さも人気の理由

店舗情報
館山海の物産センター 銀座 船形
電話予約をする
予約専用電話番号:03-3562-5066
鮮魚料理、和食、銀座、ディナー
東京都中央区銀座1-3-3 東亜ビルB1
東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 3番出口より徒歩1分
(『銀座わしたショップ』と同じブロック、外堀通りと銀座さくら通りの交差点近く)
ディナー:5,000~6,000円

和素材で彩られた銀座の隠れ家で楽しむこだわりの和会席

18
コシツワカイセキ&ショウチュウダイニング ギンザ タケノアン
個室和会席&焼酎ダイニング 銀座 竹の庵
〔銀座5丁目〕
会席
和食
ディナー

銀座に3店を構える和食ダイニング。食材の安心安全にとことんこだわり、魚介は築地直送または産直の天然物のみ、牛肉は検査済の和牛、豚肉は最高級イベリコ豚、野菜は有機や無農薬栽培を中心に揃える。

なかでも一番のこだわりは牛肉。最高級のA5ランクの黒毛和牛がメイン。シンプルに炭火で焼き上げて、旨味を引き出した「特上黒毛和牛肉の炭火焼ステーキ」は必食。これらの食材は、銀座という場所もあり、この道30年以上の一流職人が腕を振るう。

厳選した日本酒・焼酎の品揃えも驚き。ただ品数を多く揃えるのではなく、味わいの違いをきちんと確かめて、料理との相性を考えたものばかり。丁寧な説明をしてくれるので、気軽に尋ねてみて。

店内は木、石、竹などをあしらった静謐な雰囲気。時間を気にせず、ゆっくりと食事とお酒、会話を楽しみたいときに最適な一軒だ。

店舗情報
個室和会席&焼酎ダイニング 銀座 竹の庵
電話予約をする
予約専用電話番号:03-3574-9635
豆腐料理、炭火焼、銀座、ディナー
東京都中央区銀座5-6-13 西五番街ビル4F
東京メトロ銀座線 銀座駅 B3出口より徒歩2分
(西五番街を新橋方面へ、左手『KOMEHYO 銀座店』手前)
ディナー:6,000~8,000円(ランチ:1,000円)

安心安全で旨味たっぷりの! やまと豚の薬膳鍋でキレイに

19
ブタニクソウサクリョウリヤマト ギンザホンテン
豚肉創作料理やまと 銀座本店
〔銀座2丁目〕
豚料理
薬膳
和食

『豚肉創作料理やまと 銀座本店』の「二色鍋」

一番人気の「薬膳不老長寿 二色鍋」(1人前 3,100円)。やまと豚のおいしさをシンプルに楽しむならこの鍋がベスト。醤油ベースで甘辛く仕上げた“赤いスープ”と豆乳ベースのまろやかな“白スープ”で食べ比べてみて

純国産豚にこだわり直営、牧場や提携牧場にて、血統や飼料、飼育環境など厳しい品質管理のもとで飼育した「やまと豚」。きめ細かくて柔らかな肉質で、甘みのしっかりした脂が特徴だ。この豚のおいしさを堪能できるのが『豚肉創作料理やまと』。

看板料理の「薬膳不老長寿鍋」は、豆板醤と紹興酒、黒豆を発酵させた豆醤(トウチ)、ニンニク、ショウガを加えた赤いスープと、白キクラゲ、ナツメ、金針菜などを使い、コラーゲンたっぷりの豆乳ベース白いスープの2種を用意。単独でも、2色でもオーダー可能。身体の芯にまで染み入る滋味深い味わいは季節の変わり目にぴったり。

「米らぶ バラのハチミツ焼き 黒胡椒風味」

特製のタレに漬け込み、じっくりと炙り焼きにした「米らぶ バラのハチミツ焼き 黒胡椒風味」。ハチミツのやさしい甘さと黒胡椒のパンチがよく合い、ビールが進むひと品

お米を食べて育った“やまと豚 米らぶ”の骨付きロースをじっくりと焼き上げた「米らぶ 骨付きロースの岩塩焼き」(2,180円)や「やまと豚のハチミツ焼き 黒胡椒風味」(1,200円)などでも、やまと豚のおいしさを堪能できる。さまざまな料理で楽しんでみて。

10人まで利用できる完全個室は、ゆったり過ごせる掘りごたつ式。宴会や接待にも利用できる。ほかにも大人数での会食なら個室風テーブル席、さらに32人まで利用できる掘りごたつ席で宴会も可能。相手とシチュエーションに応じて使い分けたい。

『豚肉創作料理やまと』の店内

健康や美容によくて美味しいとなれば、女子会に最適。飲み放題付のコースも6,500円から用意しているので、気の置けない仲間たちと、楽しい時間を過ごそう

店舗情報
豚肉創作料理やまと 銀座本店
電話予約をする
予約専用電話番号:03-5159-9751
豚肉創作料理、薬膳鍋、和食、銀座
東京都中央区銀座2-4-18 アルポーレ銀座9F
東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 5番出口より徒歩1分
(地上に上がりすぐ正面の飲食ビル9階)
ディナー:5,000円~6,000円(ランチ:1,000~2,000円)

串揚げと鉄板焼きをどちらも味わえるコースが充実

20
クシアゲ テッパンヤキ チャボウズ
串あげ 鉄板焼 ちゃぼうず
〔銀座7丁目〕
串揚げ
鉄板焼
ディナー

『ちゃぼうず』の「串揚げと鉄板焼きのフルコース」

定番の「串揚げと鉄板焼きのフルコース」(3,000円)。全8品で内容は月替わり

数ある和食の中でも、串揚げと鉄板焼きに特化したお店。どちらも旬の食材や新鮮魚介のおいしさをシンプルに味わえる。

基本のメニューは「串揚げと鉄板焼きのフルコース」(3,000円)。メインとなる鉄板焼きは甲州牛のステーキ、ラム肉鉄板焼、牛すじハンバーグ、本日の鮮魚から選べる。臨場感たっぷりのカウンター席に座り、目で耳で鼻で、食材の調理される工程を楽しもう。

『ちゃぼうず』の「串揚げ」

揚げたての串揚げは、中はしっとり、衣はサクサク。旬のおいしさを閉じ込めて

串揚げは旬食材を盛り合わせてくれる。ソース、山椒塩などお好みで。日本酒や焼酎もいいけれど、ここはワインで。世界各国のワインを約30種揃えている。

モダンな雰囲気の店内は、まさに大人のための隠れ家。しっとりデートにも、賑やかな宴会にもいろいろな使い方ができる。

『ちゃぼうず』の店内

職人の手捌きを眺めながら食事を楽しめるカウンター席。匂いや音もごちそうのひとつ

店舗情報
串あげ 鉄板焼 ちゃぼうず
電話予約をする
予約専用電話番号:03-3573-0017
串揚げ、鉄板焼き、銀座、ディナー
東京都中央区銀座7-5-4 ラヴィアーレ6F
東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線 銀座駅 B5出口より徒歩3分
(並木通りを新橋方面へ、3つ目のブロック右手、『ルイ・ヴィトン 銀座並木通り店』向かいのビル6階)
ディナー:5,000円
更新