食べて飲んで大満足! ひとり5000円で楽しむ新宿ディナー

『ポトフ料理 ジョワ』料理イメージ

職場での飲み会に恋人とのデート、残業後にちょっと一杯…楽しい外食も、度重なるとお財布がピンチ! という非常事態に。

そこで、食べて飲んで5000円前後、新宿エリアで気軽に利用できるディナーのお店をセレクト。質とボリュームの両方を満たしてくれる、コスパ抜群のイタリアンやビストロを中心にご紹介します。

たくさんの飲食店が密集する新宿。どことなく雑多なイメージですが、「こんなにいいお店が、こんな場所に?!」とびっくりするような穴場店も意外と多いんです!

料理はすべて300円・500円・800円の3種類! コスパ絶大の人気店

1
ビストロパボ
ビストロ Pavo
〔新宿、新宿ゴールデン街〕
新宿ゴールデン街
フレンチ・イタリアン
ディナー

新宿ゴールデン街『ビストロ パボ』の人気メニュー「Joe熱のメンチカツ」

人気メニューの「Joe熱のメンチカツ」500円。ソフトボール大のメンチカツの中にはアツアツのチーズが。少し甘めのトマトソースがよく合う

小さなバーが密集する新宿ゴールデン街の一角にあり、ボリューム満点のフレンチやイタリアンがいただける小さなビストロ。

なんと、料理は前菜が300円、肉や魚などのメインは500円、パスタ・リゾット800円の3段階という、潔い価格設定。
出てきた料理を見て「これが500円?!」と驚かずにはいられない、予想を上回るボリュームと味は衝撃的。

一度足を運べば、その満足感にがっちり心を掴まれ、リピートは確実だ。

新宿ゴールデン街『ビストロ パボ』メニュー例

フレンチやイタリアンをベースに、和食やエスニックの要素を盛り込んだ創作メニューなど多彩。ビール、グラスワインなどのアルコールは700円

メニューは日替わりで、名物の「Joe熱のメンチカツ」をはじめ、素揚げしたブロッコリーにアンチョビソースを効かせた「新宿で2番目に旨い揚げッコリー」、「いぶりがっこ入りポテトサラダ」、「スペインオムレツ」などの定番メニューのほか、シェフ・菅原丈さんが狩りで仕留めた鹿肉のシチューやソーセージが登場する日も。通い詰めて全メニュー制覇したい! と思ってしまう。

オープンキッチンというより、厨房が丸見えのカウンターのみの店内。
手が届きそうな至近距離でシェフがリズミカルに調理するライブ感、隣の席との距離の近さも、ゴールデン街ならではの不思議な居心地のよさを感じられるはず。

新宿ゴールデン街『ビストロ パボ』店内イメージ

店内はカウンターのみ12席。週末は満席になる日も多いので、早めの予約がおすすめ

店舗情報
ビストロ Pavo
電話予約をする
予約専用電話番号:03-6273-8282
ビストロ、フレンチ、イタリアン
東京都新宿区歌舞伎町1-1-5 パレスビル1C
東京メトロ丸ノ内線・副都心線 新宿三丁目駅より徒歩5分、JR 新宿駅 東口より徒歩8分
3,000円~4,000円

とびきり新鮮なオイスターや各種タパスをお値打ち価格で堪能!

2
オイスター&ワイン ペスカデリア シンジュクテン
オイスター&ワイン PESCADERIA 新宿店
〔新宿、西新宿〕
オイスターバー
デート・女子会
飲み放題コース 3500円~

『ペスカデリア 新宿店』の生牡蠣

人気メニューの「厳選!今日のオイスター全部のせ」は2,200円。牡蠣に合うワインも揃っているのでスタッフに相談を

日本や世界各国から届く、厳選されたオイスターを1年中楽しめるオイスターバー

牡蠣は北海道や広島をはじめ、アメリカ、オーストラリアまで、その時季にもっともおいしい産地のものを仕入れている。カウンターにずらりと並ぶオイスターは、大きさや味もさまざま。気になるものを選んで食べ比べてみたい。

料理は500円以下のおつまみメニューが充実しているのが魅力。
レバパテ、ゼッポリーニ、トリッパのトマト煮込み、アヒージョなど、どれもビールやワインのお供にぴったりの、ジャンルを超えた多彩なラインアップ。タパス感覚であれこれ楽しめる。
メインには丸鶏や牛ハラミのロースト、締めはパスタ、ラザニア、チーズリゾットと、値段を気にせずに好きなものをオーダーできる気楽さがうれしい。

『ペスカデリア 新宿店』の「フリュイ ド メール」

海の果実を意味する「フリュイ ド メール」は、3,600円~4,600円。旬の海の幸を堪能しよう!

ワインはボトルで2500円から、グラススパークリングワインも550円からとリーズナブル。

飲み放題付きのコースは、もっとも安い「バリュープラン」なら料理6品で3500円とかなり良心的。生牡蠣、牡蠣フライ、牡蠣のアヒージョといった牡蠣料理をしっかり満喫できる「ペスカデリアコース」も5000円で利用できる。


店名の「ペスカデリア」は、スペイン語で「魚屋」の意味。
オープンキッチンのカウンターにはその日の牡蠣が並び、壁にはずらりとワインがディスプレイされている。手頃な価格帯ながらおしゃれな雰囲気で、デートや女子会におすすめの一軒だ。

『ペスカデリア 新宿店』店内イメージ

ずらりと牡蠣が並ぶオープンキッチンのカウンター。5000円で十分楽しめるコスパの高さで人気のお店

店舗情報
オイスター&ワイン PESCADERIA 新宿店クーポンあり
電話予約をする
予約専用電話番号:050-3368-8875
オイスターバー、ビストロ、イタリアン
東京都新宿区西新宿7-16-12 西新宿YSビルB1
都営大江戸線 新宿西口駅より徒歩3分、JR 新宿駅 西口より徒歩5分
4,000円~5,000円

新宿で長年愛され続ける、驚愕コスパの実力派イタリアン

3
プレゴプレゴ
PREGO PREGO
〔新宿、新宿東口〕
イタリアン
リーズナブル
ディナーコース2800円~

『プレゴプレゴ』の「ゴルゴンゾーラトマトクリームのリングイネ」

おすすめメニューのひとつ「ゴルゴンゾーラトマトクリームのリングイネ」。クセになる濃厚な味わい。あえてメニューには書いていないが、パスタは自家製だったりと随所にこだわりが盛り込まれている

新宿駅東口、マルイ本館裏で20年以上営まれるカジュアルイタリアン。まず特筆すべきは驚くべきコストパフォーマンスの高さ

前菜5種盛り合わせ、名物のチーズリゾット、パスタ、メインなどが付く「スペシャルディナーコース」は2800円という安さ。
アラカルトでも、前菜やパスタはおおむね1000円以下、メインディッシュの「フランス産鴨胸肉のロースト」「牛ホホ肉の赤ワイン煮込み」はなんと1500円という良心的な価格。

おすすめは、アツアツのリゾットとチーズを絡め、目の前で仕上げる「スペシャルチーズリゾット」。口いっぱいにチーズのコクと香りが広がる濃厚な味わいは必食。

『プレゴプレゴ』の「チーズリゾット」

半分にカットしたチーズの窪みにリゾットを入れて和える、定番人気の「スペシャルチーズリゾット」(2人前~注文可)は、1人前430円という安さも驚き

店のモットーは「おいしさ」「楽しさ」「安さ」の三位一体。食材はフランス産鴨、大山地鶏、イタリア産プロシュートなど一流イタリアンと同等のものを使いながらも、どのメニューも他店より1,000円ほど低い価格にしているという。

さらに、価格が安いだけではなく、スタッフのホスピタリティーの高さも、新宿で長年愛される理由。
訪れる人に満足してほしい」との思いから、積極的にコミュニケーションを取りメニューを提案。メニューにない料理でも、リクエストがあれば作ってくれるなど、徹底的な“お客様目線”には恐縮してしまうほど。

かなりの高コスパ店だけあり満席になる日も多いので、なるべく予約を。オープンキッチンの活気があふれる店内は、おいしい料理とワインを楽しむ人々の笑顔がいつも溢れている。

『プレゴプレゴ』 店内イメージ

カウンターを含む店内は46席。新宿でのディナーの際は、ぜひ覚えておきたいお店

店舗情報
PREGO PREGO
電話予約をする
予約専用電話番号:050-3482-0775
イタリアン
東京都新宿区新宿3-31-3 NSプラザ中央4F
東京メトロ線 新宿三丁目駅 A1出口より徒歩1分、東京メトロ線 新宿駅 A6出口より徒歩3分、JR線 新宿駅 東口より徒歩3分
4000円~5000円

歌舞伎町の九龍城的ディープスポットで刺激的なディナーを

4
シャンハイシャオツー
上海小吃
〔新宿、歌舞伎町〕
中国料理
ディープな雰囲気
有名店

『上海小吃』の「酔っぱらい上海蟹」ほか料理イメージ

手前から時計回りに、冬限定の「酔っぱらい上海蟹」1,200円(小800円)。「茎レタス」1,500円。「スペアリブの甘酢煮」1,000円。「揚げパン」600円(小400円)。「豆腐の細切り」800円

新宿歌舞伎町の真ん中、風鈴会館向かいの裏路地に佇む中国料理店『上海小吃』。

ギラつく歌舞伎町のネオン、薄暗い路地の一角にあるチャイニーズレストランで賑やかに飲み食いする人々…そんなカオスな空気に満ちた店内は、その独特で妖しげな雰囲気から、小説や映画の舞台にもよく登場している。

料理も日本人向けにはアレンジされていない大陸感満載のメニューがずらり。上海料理のほか、四川、湖南料理も揃い、その数はなんと600種類以上。一番人気の「豆腐の細切り」や「スペアリブの甘酢煮」、サイドメニューの「揚げパン」はぜひオーダーしたい。

『上海小吃』外観イメージ

店は「新宿センター街・想い出の抜け道」の脇道を入った路地にあり、アジアの横丁に迷い込んだかのような雰囲気

ほかにも、豆腐を発酵させた独特の風味がクセになる「臭豆腐」や、サソリやカイコ、クモ、ヘビといった珍しいメニューまであるので、好奇心旺盛な人はぜひ一度トライしてみては。

店の佇まいはディープだが、誰でも気軽に入れる有名店なので、初めての人も安心。ママの玲子さんをはじめ、スタッフのストレートでややざっくりな接客も、ここでは不思議と楽しめてしまう。

普段はおしゃれなフレンチやイタリアンでのディナーが多い、という人こそ、ちょっぴり非日常的な“ザ・歌舞伎町”の夜ネイティブ度高めの中国料理を、ぜひ一度体験してみてほしい。

『上海小吃』店内イメージ

週末ともなると多くの人で賑わい活気あふれる店内。壁にびっしりと貼られた品書きも上海の大衆食堂的な雰囲気を演出している

店舗情報
上海小吃
電話予約をする
予約専用電話番号:03-3232-5909
中国料理、上海料理、四川料理、湖南料理
東京都新宿区歌舞伎町1-3-10
JR 新宿駅 東口より徒歩5分、西武新宿線 西武新宿駅より徒歩5分
3000円~6000円

出来たてクラフトビールと食事を楽しむ美食ダイニング

5
ワイワイジー ブルワリー&ビアキッチン
Y.Y.G. ブルワリー&ビアキッチン
〔新宿、南新宿〕
クラフトビール
フレンチアメリカン
テラス席あり

『Y.Y.G. ブルワリー&ビアキッチン』の「広島産大粒カキのミニオイスターバーガー」

「広島産大粒カキのミニオイスターバーガー」2ピース1,000円(税抜)。料理はビールによく合うタコスやスペアリブをアレンジしたアメリカンフレンチが主体

新宿駅南口から代々木方面へ向かって約8分、駅前の喧騒から離れた閑静な路地に佇むブルーパブ&レストラン

ビルの1階にあるビアパブには醸造所が併設され、目の前のタンクから注がれる出来たてのビールを味わえる。自家醸造のクラフトビールには、「新宿ペールエール」「代々木アンバーエール」など、街にちなんだ名前が付いているのも面白い。

天気がよければ、ぜひ開放感たっぷりのテラス席へ。心地よい風が入り、新宿とは思えないゆるい空気が満ちている。

『Y.Y.G. ブルワリー&ビアキッチン』の1階にあるブルワリーは開放感あふれる空間

ビルの1階にあるブルワリーは気軽にクラフトビールを楽しめる空間。料理はナッツなどおつまみメニューのみ。開放感あふれるテラス席も心地よい

ビアパブで最初の1杯を楽しんだあとは、エレベーターで7階のレストランへ。窓越しに南新宿エリアの街並みが広がるダイニングは、これまた開放感抜群。

クラフトビールと好相性の料理は、「トリュフ風味のフレンチフライ」「とうもろこしのメキシカングリル」「広島産大粒カキのミニオイスターバーガー」など、気軽につまめるものも多い。

ほどよくカジュアルでありながら、洗練されたおしゃれな空間はデートや女子会にぴったり。「こんなところにビアパブが?」というロケーションの意外性も相まって、盛り上がるディナーになること確実だ。

『Y.Y.G. ブルワリー&ビアキッチン』7階 レストランイメージ

店内は天井が高く、窓越しの景観も開放感抜群。周辺に滞在している外国人観光客の姿も多い

店舗情報
Y.Y.G. ブルワリー&ビアキッチン
電話予約をする
予約専用電話番号:050-3482-0763
ビアパブ、ビアダイニング
東京都渋谷区代々木2-18-3 オーチュー第一ビル
都営地下鉄新宿線・京王新線 新宿駅より徒歩3分、JR 新宿駅 南口・新南口より徒歩8分、小田急小田原線 南新宿駅より徒歩5分、JR 代々木駅より徒歩9分
4000円~5000円

素朴でやさしい味わいのポトフに、身体も心もほっこり

6
ポトフリョウリ ジョワ
ポトフ料理 ジョワ
〔新宿御苑前〕
ポトフ専門店
ビストロ
おしゃれな雰囲気

『ポトフ料理 ジョワ』ポトフイメージ

「すっきり牛骨スープのポトフ」1,980円は、牛骨をベースにしたすっきりした味わい。ポトフの肉は、和牛すね肉、岩中豚ウデ肉、牛ほほ肉(+300円)、牡蠣から選ぶことができる

新宿御苑前駅近くの路地に佇む、東京でも珍しいポトフ料理の専門店

実は、シェフである喜多川さんの母親の得意料理がポトフ。子どもの頃よく作ってくれたという思い出から、ポトフが主役のお店を作りたいと2015年にオープンした。こんなエピソードも素朴で温かいポトフのイメージと重なり、どこかほっこりとした気持ちになる。

フランスの家庭料理であるポトフは、シンプルだからこそ素材の味がストレートに現れる。このため、野菜は旨味を逃さないようまるごと蒸したり、牛骨を約10時間煮込んでスープを取るなど、丁寧な調理を大切にしている。

『ポトフ料理 ジョワ』店内イメージ

木の質感を生かした温かみのある店内は奥にカウンター席もあり。新宿の中心部からやや離れているので客層も落ち着いており、ゆっくり食事と会話を楽しめる

メニューは定番の「すっきり牛骨スープのポトフ」をはじめ、季節の素材を使った変わり種のポトフなど数種類が揃う。
ポトフといえば、大皿にたっぷりと盛り付けたものを皆でシェアするイメージだが、「ポトフでお腹が満たされるくらいじっくり味わってほしい」と、あえてストウブ鍋での“ひとりひと鍋”で提供している。

初めて訪れるなら、前菜、ポトフ、デザートが選べる3480円のプリフィクスコースがおすすめ。4000円から揃うボトルワインを二人でシェアしても、ひとり5500円程度でお腹いっぱい&ほろ酔いで、ハッピーな気分に。

『ポトフ料理 ジョワ』外観

まるでフランスの街角にあるビストロのような可愛らしい外観。女子ウケがよさそうな佇まいはデートにもぴったり

店舗情報
ポトフ料理 ジョワ
電話予約をする
予約専用電話番号:03-5341-4564
ビストロ、フレンチ
東京都新宿区新宿1-12-1 サンサーラ第三御苑 1F
東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅 2番出口より徒歩2分、東京メトロ丸ノ内線 新宿三丁目駅 C4出口より徒歩8分
5,000円~6,000円

山盛りウニのブランマンジェは必ず食べたい人気メニュー!

7
ビストロヒマワリ
ビストロ向日葵
〔新宿、新宿三丁目〕
ビストロ
ウニのブランマンジェ
ディナー

『ビストロ向日葵』の「こぼれるウニのブランマンジェ」

「こぼれるウニのブランマンジェ」1個1,600円。ムースとコンソメジュレの上にたっぷり載せたウニをひとり占め!

『新宿末広亭』からほど近い場所に位置するビストロ。
シンプルで控えめな佇まいのため、飲食店が密集する新宿三丁目の中では隠れ家風な雰囲気。入ってすぐのテーブルとカウンター席のほか、奥には個室もある穴場的な空間だ。

誰が食べてもわかりやすく、かつ、家庭では作れない料理」を心掛けているという北村シェフ。メニューには、ビストロの定番であるコンフィやパテをはじめ、奇をてらわず安心感のある料理が揃う。

『ビストロ向日葵』料理イメージ

「イワシ・フルーツトマト・ジャガイモ・ベーコンのサラダ」1,200円は、スパークリングや白ワインとの相性バッチリ

おすすめは、全国の産地から仕入れる鮮魚を使ったブイヤベースなどの魚介料理。なかでも、器からこぼれ落ちるほどたっぷりとウニを載せた「こぼれるウニのブランマンジェ」は一番人気。

2名以上で利用できる、2時間半飲み放題付きのコースは、料理6品が付いて、なんと税込5400円。肩ひじ張らない雰囲気は、気のおけない仲間とのディナーや女子会にぴったり。
バル・ビストロ激戦区の新宿三丁目でもおすすめの一軒。

『ビストロ向日葵』店内イメージ

ワインはボトル3,800円からとリーズナブル。条件によってワインの持ち込みも可能

店舗情報
ビストロ向日葵
電話予約をする
予約専用電話番号:03-6380-4913
ビストロ、フレンチ
東京都新宿区新宿3-11-6 エクレ新宿ビル1F
東京メトロ丸ノ内線 新宿三丁目駅 C3出口より徒歩2分
3,500円~5,000円

コスパ抜群の居酒屋「魚金」のバルは、一度は訪れたい!

8
タベルナウオキン カブキチョウ
TAVERNA UOKIN 歌舞伎町
〔新宿、歌舞伎町〕
リーズナブル
ボリュームあり
人気店

『TAVERNA UOKIN 歌舞伎町』の「前菜盛り合わせ」

皆でシェアしたい「アンティパストスペシャル」。一皿のボリュームが多いので、いろいろな料理を楽しむなら3~4人以上で行くのがよさそう

その安さとボリュームで定評がある、東京・新橋を拠点に都内で展開する居酒屋『魚金(うおきん)』のイタリアンバル。

鮮魚居酒屋が母体なだけあり、やはりお目当ては魚介メニュー。名物の「海の幸のカルパッチョ盛り合わせ」や、魚まるごと一尾が大皿でどーんと登場する「アクアパッツァ」など、とにかく量がたっぷり! 期待を裏切らないデカ盛り料理に、思わずテンションが上がる

『TAVERNA UOKIN 歌舞伎町』店内イメージ

店内のアイスベットに牡蠣や鮮魚が並び、まるで市場のような活気。ここで魚を選んで好みの調理法を指定することも可能

魚料理以外にもラインアップはもちろん充実。生ハムや自家製パテなどのシャルキュトリをはじめ、種類豊富なナポリピッツァもちもち食感の生パスタと、豊富なメニューに目移りしそう。

さらに、グラスワインは溢れんばかりに並々の注ぎっぷり、ボトルで頼んでも2980円からと、かなりリーズナブル。

この価格でこれだけの満足感を得られるのは「少しでもいいものを、少しでも安く、たっぷりと」との店側の思いから。新宿のバルの中でも人気店だけあり混み合う日も多いが、抜群のコストパフォーマンスはぜひ一度体験してみたい。

『TAVERNA UOKIN 歌舞伎町』店内イメージ

店内は賑やかなバル風のインテリア。カジュアルなディナーやデート、女子会などに最適

店舗情報
TAVERNA UOKIN 歌舞伎町
電話予約をする
予約専用電話番号:050-3482-9360
イタリアンバル
東京都新宿区歌舞伎町1-18-9 ワモールビル歌舞伎町3F
JR 新宿駅 東口より徒歩3分、西武新宿線 西武新宿駅より徒歩3分(東宝シネマ前)
4,000円~5,000円

女子会に大人気! 無農薬野菜のイタリアンをリーズナブルに楽しむ

9
ビオディナミ シンジュクテン
BIODYNAMIE 新宿店

『BIODYNAMIE 新宿店』の「生ハムとスプラウトのクリームパスタ」

「生ハムとスプラウトのクリームパスタ」。「ストップ!」と声をかけるまで、スタッフが生ハムをどんどん載せてくれる名物メニューのひとつ

生産者から届く無農薬野菜をはじめ、身体にやさしい安心・安全な食材にこだわる西新宿のカジュアルイタリアン。「生産者の思いを届けたい」との思いから、オーガニック素材を使用した料理を提供。

食材にこだわりながら、価格はとても良心的。創業100年の製麺所「淡路製麺」から毎日仕入れる熟成生パスタは、もちもちの食感が特長。

ストップをかけるまでしらすを載せ続けてくれる「釜揚げしらすのペペロンチーノ」や、生ハム載せ放題の「生ハムとスプラウトのクリームパスタ」といった名物メニューは、見た目にもインパクトがありインスタ映えもバッチリだ。

『BIODYNAMIE 新宿店』店内イメージ

いつも女性客で賑わっている、スタイリッシュな雰囲気の店内

また、料理7品の飲み放題付きコースは3500円からとリーズナブル。
ラクレットチーズをフライドポテトの上にたっぷりとかける「ハイジのポテト」や、赤身肉を塊で焼き上げる「Tボーンステーキ」、デザートには乳脂肪分が多い濃厚なソフトクリーム「クレミアソフト」が付く5000円の飲み放題コースなら大満足間違いなし。

店舗情報
BIODYNAMIE 新宿店
電話予約をする
予約専用電話番号:03-6908-5543
イタリアン
東京都新宿区西新宿7-9-13 石川ビル1F
東京メトロ丸ノ内線 新宿駅より徒歩1分、都営大江戸線 新宿西口駅より徒歩1分、西武新宿線 西武新宿駅より徒歩4分、JR 新宿駅 西口より徒歩5分
3,000円~4,000円

今回ご紹介したお店は、どこもコスパ抜群の人気店。
大切な友人や同僚、彼・彼女を案内したら「いいお店知ってるね!」と褒められること確実。訪れる際は、ぜひ事前の予約をおすすめします。
新宿でのディナーの際は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

更新