仕事帰りのサク飲み・ひとり飲み・デートにも! 新宿で行きたい「おすすめ居酒屋&飲み屋さん」

新宿ゴールデン街「しの」の日替わり大皿料理

街にネオンが灯る仕事からの帰り道、ワイワイと賑わう居酒屋の店先を横目に、ふと「ちょっと一杯飲んで帰りたいな」というときや、残業の後に「とりあえずビール飲みたい!!」と思うこと、ありますよね?
そんなとき、気軽に立ち寄れて居心地がよく、安くておいしい“新宿でおすすめの飲み屋さん”をご紹介。
新宿ゴールデン街のバーから新宿駅のビアカフェまで、ひとりでも入りやすいカウンター席のあるお店、サクッと1杯飲みたいときに最適な立ち飲みスタイルのお店を厳選ピックアップしました。ひとり飲みにチャレンジしてみたい! という人にも入りやすいお店ばかりです。

一日の来店数は1500人! 新宿イチ気軽に飲める店は駅の中にあった!

1
ビア&カフェ ベルク
ビア&カフェ BERG
〔新宿東口〕
リーズナブル
駅直結
立ち飲み

新宿『ビア&カフェ ベルク』料理イメージ

左:お店の看板メニューのひとつ「ベルクドッグ」313円。ケチャップ、マスタードは付けずシンプルに味わうのがおすすめ。右:「マイスターミックス」504円。本場ドイツのコンクールで金賞を受賞した職人によるハムやソーセージを使用。ビール、グラスワインは各315円(すべて税込)

気軽に入れておいしいビールが飲めるお店、できれば安くて、駅から近くて…。そんな、サク飲みに理想的な条件がすべて揃っているお店が、新宿駅東口駅ビルの地下1階にある『ビア&カフェ BERG』。

店内はテーブル席立ち飲みカウンターがあり、レジで注文して料理を受け取るセルフスタイル。
生ビールとワインは1杯315円から、おつまみメニューも300円台からという安さ! 飲んで食べて一人1000円程度という手頃な価格帯は、仕事帰りのちょい飲みにもぴったり。

そして、ここでは朝でも夜でも時間を問わず、いつでもおいしいビールやワイン、日本酒を楽しむことが可能。出勤前にモーニングセットを食べる人の隣で、夜勤明けのビールをおいしそうに飲む人の姿が…という光景も、ここではごく当たり前。

新宿『ビア&カフェ ベルク』店内イメージ

生ビールは品質管理が行き届いていることを実感するフレッシュなおいしさ。営業時間は朝7時から夜23:00までなので、朝飲みも昼飲みもOK! 店内は分煙

料理は、看板メニューのホットドッグをはじめ、ソーセージやハムなどのシャルキュトリー、サンドイッチ、カレー、卵かけごはん(ランチ限定)といったメニューまで、なんと200種類以上という充実ぶり

さらに、材料には天然酵母のパン、平飼い鶏の自然卵、無添加のシャルキュトリーなどを使用。
毎日食べても飽きないものを」とスタッフが吟味を重ねた結果、安全性の高い食べ物に自然とたどり着いたのだそう。たしかに、どの料理も濃すぎず程よい塩加減でやさしい味わい。素材にとことんこだわりながら、このコスパのよさは驚きです。

駅の改札から徒歩15秒という立地もあり、店内はグループ客やカップル、サラリーマンひとり客まで、老若男女幅広く、実に多彩な客層。夕方から夜にかけては、待ち合わせや帰宅前の一杯を楽しむ人で賑わう。混雑していても、その雑多な雰囲気に居心地のよさすら感じてしまうのも、ベルクの不思議な魅力。
ちょっと飲んで帰りたいな…」というときに、ついふらりと足が向いてしまう、新宿のオアシス的空間なのだ。

店内では写真や絵の展示も開催。店で仕入れるパンやコーヒー職人の紹介POPや、店で定期的に発行するフリーペーパー「ベルク通信」を読んだりと、ひとりでも手持ち無沙汰にならずに過ごせる

店舗情報
ビア&カフェ BERG
カフェ、ビアカフェ
新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト新宿店B1
JR新宿駅 東口改札口すぐ(新宿駅東口改札を出て左方向へ約150m)
1,000円

女性のひとり飲みも絵になる、ちょっとおしゃれな日本酒バー

2
ニホンシュスタンド モト
日本酒スタンド 酛
〔新宿三丁目〕
日本酒バー
立ち飲み
女性が入りやすい

日本酒スタンド酛 料理

あつあつの温度で供される「ポテトサラダ」480円や、季節の魚を使った「酛のなめろう」680円など、旬の素材を生かした安くておいしい一品料理が揃う

都内に数店舗を展開する、日本酒ファンの間では有名な日本酒バー「酛(もと)」
新宿・花園神社近くのビル地下フロアにある新宿店は、コの字型のカウンターのみの立ち飲みスタイル。入口がある通路側の壁はガラス張りで店内の混み具合や客層がわかりやすく、ひとり飲み初心者でも入りやすい雰囲気が魅力。

日本酒のラインアップは、2010年の開店当初から仕入れている約30の蔵元の酒を提供。何を飲もうか迷ったら、利き酒師のスタッフに好みの味のタイプを伝えておすすめを選んでもらおう。
もちろん、料理も日本酒と好相性のメニューが揃っている。ポーションも少人数や一人向けの量なので、軽く飲みながら何かつまみたいときにぴったりだ。

日本酒スタンド酛 日本酒

日本酒は日々さまざまな銘柄が入荷される。季節限定酒など、その時にしか出合えないお酒も多いのでスタッフに訪ねてみよう

また、こちらのお店のコンセプトのひとつが“女性にやさしいお店”。カウンターは女性が寄りかかるのにちょうどよい高さにと、通常より少し低い位置に作られている。さらに、チェイサーグラスも男性・女性用でデザインが異なる、といったさりげない心配りも。

つまり、女性がひとりで飲んでもサマになるシチュエーションが用意されている、実に気の利いた飲み屋なのだ。ここなら、飲んべえ女子もリラックスしておいしい日本酒を堪能できるはず(飲み過ぎ注意)!

飲み物は日本酒がメインだが、ビールも常時用意されているので「1杯目はビール!」の人も安心。日曜・祝日は12:00オープンなので昼飲みもOK。店内は禁煙

店舗情報
日本酒スタンド 酛
電話予約をする
予約専用電話番号:03-6457-3288
日本酒バー、立ち飲み、新宿
新宿区新宿5-17-11 白鳳ビルディング B1
東京メトロ丸ノ内線 新宿三丁目駅 E2出口より 徒歩1分、JR新宿駅 東口より徒歩8分(靖国通りと明治通りの交差点角、花園神社参道入口の隣)
3,000円

ジューシーな自家製ソーセージに、思わずワインが進んじゃう!

3
グリル&バー モッシュキッチン
Gril&Wine bar mosh Kitchen
〔新宿三丁目〕
自家製ソーセージ
ワインが充実
北欧風インテリア

モッシュキッチン ソーセージ

「mosh特製!手作りソーセージ」は、1本780円(税抜)。前菜や単品メニューも揃っているので、軽く食べて飲みたいときにぴったり

自家製ソーセージをはじめとする肉料理と、世界各国から厳選したワインが楽しめるお店。

全部で12席のこぢんまりとした店内は、初めてでも心地よく過ごせるアットホームな雰囲気。スタッフや周りの人との距離感が近いので、同じ時間を共有する空気が自然と生まれ、いつの間にか会話も弾んでいるはず。北欧風インテリアのおしゃれな空間は、少人数の女子会や女性のひとり飲みにも最適だ。

看板メニューは、製法にとことんこだわった自家製ソーセージ。定番のソーセージのほか、「木の子in鶏ブータンブラン」や「大葉入り和風ソーセージ」など、ここでしか味わえないちょっと変わったソーセージもあり、全種類味わってみたくなる。

ソーセージのほかにも、ビールやワインに合うメニューが充実。ひとりでの“サク飲み”や“ちょい飲み”にちょうどよいボリュームがうれしい

スタッフが厳選したワインは価格もリーズナブルで、もちろんソーセージとの相性は抜群。「キャロットラペ」や「ポテトサラダ」など、500円以下の前菜やおつまみメニューもあり、仕事帰りにサクッと飲みたいときなどに重宝しそう。

新宿の大バコの居酒屋や大衆的な飲み屋さんはちょっと落ち着かない…でも飲みに行くのは大好き! という人におすすめしたい、隠れ家的なワインバル。

モッシュキッチン 店内

12席の店内は、ひとりや少人数で訪れるのにぴったりのコンパクトな空間。スタッフとの距離も近いので会話を楽しみながら過ごしたい

店舗情報
Gril&Wine bar mosh Kitchen
電話予約をする
予約専用電話番号:050-3482-9025
ワインバー、バル、新宿
新宿区新宿5-17-11 白鳳ビルディング B1
東京メトロ丸ノ内線 新宿三丁目駅 E2出口より 徒歩1分、JR新宿駅 東口より徒歩8分(靖国通りと明治通りの交差点角、花園神社参道入口の隣)
4,000円~5,000円

おひとりさま向けメニュー充実でひとり焼肉デビューも安心!

4
ニクバンザイ
肉ばんざい
〔新宿御苑前〕
焼肉
おひとり様OK
カウンター席あり

「おひとり様盛合せ(カルビ・ロース・ハラミ/150g)」1,100円(税込)。この内容と量でこの価格はお値打ち!

「焼肉」といえば、ひとり飲みやぼっち飯といった“おひとりさま外食”の中でも、もっともハードルが高い料理のひとつ。

グループ客やカップルで賑わう店内で、ひとり黙々と肉を焼く光景はちょっと寂しい…。
そんな“ぼっち焼肉=孤独”のイメージを逆手に取ったお店が、新宿御苑前駅近くにある、カウンターメインの焼肉店『肉ばんざい』だ

テーブル席は抵抗があるけど、カウンターなら“ひとり焼肉”も気軽に挑戦できそう!という人も多いはず。メニューは「おひとり様盛合せ」1100円や、ハーフサイズのメニューが充実しているのもうれしい。

「特上カルビ」「ホルモン」「トントロ」「鶏はらみ」「馬刺し」など充実のメニュー。ハーフサイズもあるので、いろんな部位を少しずつ楽しめる

肉は問屋から枝肉で仕入れているため、肉質がよいうえにリーズナブルなのも魅力。いろいろな部位を楽しめる盛り合わせのほか、お店イチ押しの「ヘレステーキ」1380円など、コスパ抜群の人気メニューも見逃せない。

深夜2時まで営業している点も、新宿御苑前駅界隈では貴重。ある日突然「焼肉が食べたい!」という衝動に駆られたときでも、ここに来れば安心。キンキンに冷えた生ビールとおいしい焼肉を、周りを気にせずゆっくりと堪能しよう。

臆することなく“ひとり焼肉”を満喫できるカウンター席。七輪で焼くから、おいしさも格別!

店舗情報
肉ばんざい
電話予約をする
予約専用電話番号:050-3368-8807
焼肉、新宿
新宿区新宿2-1-7 サンパレスビル1F
東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑駅 1番出口より徒歩1分(1番出口を左へ進み、新宿通り角の「新宿一丁目西」交差点を左折してすぐ)
3,000円~

新宿屈指の飲み屋街・ゴールデン街の雰囲気を満喫できる店

5
ノミヤ シノ
呑家 しの
〔新宿ゴールデン街〕
新宿ゴールデン街
老舗
ひとり飲み

新宿ゴールデン街 しの

ストレートな性格が魅力的な店主・しのさん。店に現れると一気に場が華やぎ、新宿ゴールデン街の重鎮たるオーラを感じる

昭和の飲み屋街の佇まいが色濃く残る『新宿ゴールデン街』といえば、いまや外国人観光客に大人気のスポット。そのゴールデン街を代表する有名店のひとつであり、40年以上続く老舗が『呑屋 しの』

がらっぱちで裏表がない人柄が魅力の名物ママ・しのさんは現在はカウンターには立たず、日替わりのスタッフ中心で切り盛りしている。時おり、しのさんは店に飲みにやってくるので、肩を並べてお酒を飲むことができたらラッキーかも?!

しのさんのモットーは「店とお客は対等な関係」、そして「人と話すのが大好き」だそう。1973年の開店時から今まで店を続けてきて、一度も飽きたことはないという。相手が誰であろうといつでも本音トークで酒を酌み交わす、それがしのさんのスタイルであり生き方なのだ。

日替わりスタッフが作る料理も、この店の楽しみのひとつ。定番メニューは、しのさんが吟味を重ねて選んだ「ひょうたんのしば漬け」と「いぶりがっこ」

お店のママやマスター、ほかのお客さんとの会話を楽しむのも新宿ゴールデン街の醍醐味。店内はカウンター10席ほどなので、ひとりまたは二人で訪れてゴールデン街ならではのひと時を満喫したい。

店のカウンターには、スタッフ手作りの大皿料理が並び、どれも1品500円。その日のスタッフによって、作るメニューや味もさまざまなのも楽しい。ときには、エゾシカのステーキやクジラの刺身、阿寒湖のザリガニなど、珍しいメニューが登場することもある。

新宿ゴールデン街のなかでも老舗かつ有名店のため、ハードルが高そう…と思うかもしれないが、スタッフもお客も皆フレンドリー、価格もリーズナブルで安心して飲めるお店。新宿ゴールデン街初心者にこそ、ぜひ訪れてほしい一軒。

新宿ゴールデン街 しの 外観

新宿ゴールデン街の「あかるい花園一番街」でひときわ目立つ看板が目印。勇気を出して扉を開けてみよう

店舗情報
呑家 しの
バー、新宿
新宿区歌舞伎町1-1-9 (新宿ゴールデン街 あかるい花園一番街)
JR新宿駅東口より徒歩7分、東京メトロ丸ノ内線 新宿駅より 徒歩5分(靖国通り沿いの新宿区役所向かいにある「ミスタードーナツ」脇の「四季の道」が近道)
2,000円

深夜までおいしいフレンチが楽しめる貴重なビストロ

6
ビストロ ルポ
Bistro Repos
〔新宿御苑前〕
フレンチ
カウンター席あり
女性が入りやすい

新宿御苑前 ビストロルポの「阿波牛のやわらかフォアグラハンバーグ」

「阿波牛のやわらかフォアグラハンバーグ」1,680円。口の中でとろける滑らかな食感とリッチな味に、ワインが止まらなくなりそう!

フレンチモロッコスタイルのインテリアがかわいいカジュアルなビストロ。
店内は奥のカウンター席がメインで、女子会やデートはもちろん、女性ひとりでのディナーにも安心して使える雰囲気だ。

一番人気のメニューは、徳島県の阿波牛を使った「阿波牛のやわらかフォアグラハンバーグ」。中にフォアグラの角切りがゴロゴロと入ったハンバーグは、ほろりと崩れるほど柔らかく、まるで“飲めるハンバーグ”と表現したくなる、とろけるような食感。ジューシーな肉汁とフォアグラの濃厚な風味が口の中で溶け合う、リッチな味わいがたまらない。

新宿御苑前 ビストロルポの「モンサンミッシェル風オムレツ」

泡立てた卵をスフレのようにふんわりと焼き上げる「~ふわっふわ~ モンサンミッシェル風オムレツ」580円。添えられた特製ソースと一緒に味わおう

ほか、阿波牛のステーキや、イノシシ熟成肉の溶岩焼きなどの肉料理もおすすめ。函館から直送される鮮魚のカルパッチョや、徳島県の「小野農園」から届く無農薬野菜など、旬の素材の持ち味を生かしたメニューは、どれもおいしそうで目移り必至。

“飲み屋”と呼ぶにはおしゃれ過ぎるお店だが、平日は深夜2時まで、週末は3時まで営業しており、遅い時間でも落ち着いた雰囲気でお酒と食事を楽しめる貴重な一軒だ。

新宿御苑駅近くにあり、モロッコランプや中東風の小物が飾られた店内。おしゃれなインテリアで女子会にも最適

店舗情報
Bistro Repos
電話予約をする
予約専用電話番号:050-3482-4176
フレンチ、ビストロ、新宿
新宿区新宿1-16-9 寿御苑前ビル1F
東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅 1番出口より徒歩3分(出口を出て左へ進み、新宿通りを渡り靖国通り方面へ進む。1つ目の信号を右に曲がり、2ブロック目の角)
4,000円

クラフトビールが充実! おいしい肉料理も魅力のビアダイニング

7
ニクビストロ ベクタービア ファクトリー
~肉ビストロ~ Vector Beer Factory
〔新宿御苑前〕
クラフトビール
肉料理
カウンター席あり

3種飲み比べセット」1000円

好みの銘柄のクラフトビールを選べる「3種飲み比べセット」1,000円。新宿のクラフトビール専門店の中ではかなりコスパ高め

仕事終わった! 疲れた! ビール飲みたい!!」という気分のときに、ぜひ駆け込んでほしいお店が、種類豊富なクラフトビールと、ビールに合うフードが充実の『Vector Beer Factory』。

ビールは国内外のクラフトビールや、お店で仕込む自家製ビールなど、常時17種類が揃い、特にIPAのラインアップが充実
「値段を気にせず、いろんなタイプのビールを楽しめるように」と、すべての銘柄をグラス450円、パイント750円均一で提供。都心のクラフトビール店のなかでも安くて良心的な価格がうれしい。数種類の銘柄を飲み比べてみたい人には、「3種飲み比べセット」1000円もおすすめ。

「Vector Beer Factory」では、クラフトビールによく合う肉料理が充実

お店自慢の肉料理をはじめ、ビールによく合うフードが充実

フードメニューはステーキやスペアリブ、ケイジャンチキンなど、ガッツリ系の肉料理がおすすめ。しっかり目の味付けは、苦みが効いたIPAビールにも相性ぴったりだ。
ほか、山盛りの春菊がペロリと食べられてしまうサラダ「春菊ボンバー」や、ビールが止まらなくなる「フライドポテト」も人気の一品。

店内は、コンクリート打ちっ放しの壁に木のテーブルとイスが並ぶカジュアルな空間。カウンター席が多く気軽に入れる雰囲気なので「ちょっと1杯ビールでも…」という気分のときにも最適。周辺に宿泊している外国人ツーリストの姿もよく見かける。

「Vector Beer Factory」店内はカジュアルな雰囲気で、ひとり飲みにもおすすめ

ラフな雰囲気でDIY感のある店内。すぐ近くに系列店の『クラフトビール&牛タン料理 Vector Beer Factory』もある

店舗情報
~肉ビストロ~ Vector Beer Factory
電話予約をする
予約専用電話番号:050-3482-4193
ビアダイニング、クラフトビール、ダイニングバー、新宿
新宿区新宿1-36-7 新宿内野ビルⅡ
東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅 1番出口より徒歩3分(1番出口を左へ進み、新宿通りを渡って約200m直進。「ホテルパークイン新宿」の2軒隣のビル)
4,000円

駄菓子をつまみに夜な夜な盛り上がるゴールデン街のバー

8
ヨシダショウテン
吉田商店
〔新宿ゴールデン街〕
新宿ゴールデン街
駄菓子バー
サク飲み・ちょい飲み

芸人・快児さんの楽しいトークで、ひとりでも楽しく飲めちゃう!

懐かしいおもちゃや不思議なグッズが並ぶ空間で、駄菓子をつまみにお酒を楽しめる、新宿ゴールデン街のバー。入口はガラス張りで路地からも店内の様子が見えるので、ゴールデン街初心者でも入りやすい。気軽に立ち寄れる雰囲気なので、ひとり飲みやサク飲み、ちょい飲みにはぴったり。

スタッフは日替わりで、メインでカウンターに立つのは、お笑い芸人の快児(かいじ)さん。初めて訪れる人でも、快児さんの絶妙なトークで一気に和みモードに。芸人ならではの絶妙なトークで会話を盛り上げてくれる。

吉田商店 駄菓子

駄菓子のほかにフードメニューはないので、新宿での飲み会の前の0次会や、1次会の後にもう少し飲みたい…というときにおすすめ

カウンターに置いてある種類豊富な駄菓子は自由に食べてOK。「このお菓子、懐かしい~!」といった他愛ない会話で隣席の人と盛り上がったりできるのも楽しい。初めてのお店、知らない人同士でも、妙な一体感を共有できるのは新宿ゴールデン街の飲み屋の醍醐味といえる。

ゴールデン街は来るたびに友達が増える場所。店が狭いので知らない人同士でもすぐ打ち解けて仲良くなれる」と、この街の魅力を語る快児さん。彼の芸人仲間や声優などの来店も多いそうなので、運がよければ遭遇できるかも!?

吉田商店 店内2

料金システムはチャージ500円、ドリンク一律700円。店内に飾ってあるおもちゃは外国人観光客にも人気だとか。懐かしい駄菓子をつまみにお酒と会話を楽しもう

店舗情報
吉田商店
バー、新宿
新宿区歌舞伎町1-1-7 第1吉田ビル1F (新宿ゴールデン街 あかるい花園3番街)
JR新宿駅東口より徒歩7分、東京メトロ丸ノ内線 新宿駅より 徒歩5分(靖国通り沿いの新宿区役所向かいにある「ミスタードーナツ」脇の「四季の道」が近道)
2,000円

胃ブクロに自信あり!な人におすすめの肉食系居酒屋

9
エビスコサカバ
エビスコ酒場
〔歌舞伎町〕
居酒屋
格闘技ファンにおすすめ
ボリュームあり

エビスコ酒場 料理

海鮮アヒージョ、レバカツ、厚切り肩ロースのトンテキなど、ついお酒が進みそうなフードメニューが充実

残業後の帰り道、すでにお腹はペコペコ…今すぐ空腹を満たしたい! そんなハングリーな人におすすめなのが、歌舞伎町・新宿東宝ビル(通称:ゴジラビル)の向かいにある居酒屋『エビスコ酒場』

「エビスコ」とは相撲用語で“大食い”のこと。香ばしくジューシーな炭火焼きをはじめ、分厚いトンテキやホルモンガーリック炒め、ラムチョップなど、ボリューム満点の肉料理が揃う。

お肉や揚げ物などガッツリ系のフードは、もちろんビールとの相性も抜群。ドリンクメニューも豊富でリーズナブル。コスパがよいことでも評判の飲み屋さんだ。

エビスコ酒場 ラムチョップ

豪快にかぶりつきたい「ラムチョップ」など、ボリューム満点で食べ応えのあるメニューが揃う

実はこちらのお店、プロレス興行団体『DDTプロレスリング』が運営しており、スタッフには現役のプロレスラーもいるのだそう。格闘技好きの同僚を誘って行けば、盛り上がること確実。

飲みの締めには、ラーメン評論家・大崎裕史氏と東京・市ヶ谷の有名ラーメン店『麺や 庄の』とのコラボによる「濃厚鶏白湯ラーメン(数量限定)」や、特盛りご飯に極厚豚バラ肉を乗せた「エビスコ丼」で、お腹もココロも十分に満たされるはず。今日はしっかり食べてスタミナチャージしたい!というときにぴったりの居酒屋だ。

エビスコ酒場 店内

どこか懐かしくレトロな雰囲気の店内は、初めてでもリラックスして過ごせそう

店舗情報
エビスコ酒場
電話予約をする
予約専用電話番号:050-3368-8867
居酒屋、肉料理、新宿
新宿区歌舞伎町1-14-6 第21東京ビルB1
JR 新宿駅 東口より徒歩5分(靖国通りからセントラルロードへ入り、突き当り手前の角を右折し約5m)
2,000~3,500円

ウォッカ片手に名物の「ミートボールカレーシチュー」を堪能!

10
ハングリー・ハンフリー
Hungly Humphrey
〔新宿ゴールデン街〕
新宿ゴールデン街
老舗
フードメニュー充実

「ミートボールカレーシチュー」800円。コクのあるカレーにまろやかなサワークリームが溶け合い、お酒との相性は抜群。チャージは300円

1976年に創業、200軒以上の飲み屋があるといわれる『新宿ゴールデン街』でも老舗のバー。店名の由来は、映画「カサブランカ」で知られる名優「ハンフリー・ボガード」にちなんで名付けられている。

この店でのお酒は「ストリチナヤ」や「ズブロッカ」などのウォッカが定番。名物の「ミートボールカレーシチュー」は、濃厚でスパイシーなカレーにトッピングのサワークリームがよく合う。フードメニューが充実しているので、飲み屋というよりダイニングバー的な使い方もできて、一軒目の利用にもおすすめ。

新宿ゴールデン街には珍しく、店内は窓が多く開放感のある雰囲気

店内はテーブル席が中心で33席と、カウンター席のみの店が多い新宿ゴールデン街ではかなり広め。
常連から団体客まで客層は幅広いが、お酒の飲み方を心得ている大人が多いので、騒がしくて落ち着かないと感じることは少ないはず。

開店当初から40年経つ今も、北アフリカのコロニアル風の建物をイメージした店内は当時の雰囲気のまま。昔の常連客が数十年ぶりに訪れて「あの頃と何も変わっていない!」と感激することもあるそう。新宿ゴールデン街でのグループ飲みや、少人数でゆっくり飲みたいときにおすすめの一軒。

刻まれた年月を感じる店内の壁には、名優 ハンフリー・ボガードの写真が。棚にはウォッカのボトルがずらりと並ぶ

店舗情報
Hungly Humphrey
電話予約をする
予約専用電話番号:03-3200-6156
バー、新宿
新宿区歌舞伎町1-1-10 2F(新宿ゴールデン街 G1通り)
JR新宿駅東口より徒歩7分、東京メトロ丸ノ内線 新宿駅より 徒歩5分(靖国通り沿いの新宿区役所向かいにある「ミスタードーナツ」脇の「四季の道」が近道)
2,000円~3,000円

ワイングラスでいろいろな銘柄を楽しめる日本酒バー

11
ジュンマイシュセンモンバー ヤタ シンジュクサンチョウメテン
純米酒専門バー 八咫 新宿三丁目店
〔新宿三丁目〕
日本酒バー
立ち飲み・サク飲み
オール500円

新宿の日本酒バー「八咫」の料理イメージ

店では利き酒ならぬ“利き醤油”ができるのもポイント。全国各地のさまざまな醤油が常時15種類揃い、つまみに合わせたりと自由に試すことができる

靖国通りに面したビルの10階にあり、大きな窓越しに花園神社や東新宿エリアの街並みが広がる日本酒バー

日本酒スペシャリスト”として日本酒の魅力を発信する、山本将守氏がオーナーを務めるお店で、常時約40種類の日本酒が揃う。

日本酒は銘柄に関わらず1杯500円(税込)で味わえるのが魅力。ワイングラスで提供しているのは、お酒の香りと色合いを繊細に感じ取り、じっくり味わってほしいとの思いから。

新宿の日本酒バー「八咫」の店内

15:00からオープンしており、明るい時間帯から優雅に日本酒をたしなむお客の姿も。新宿での一次会の前に“0次会”的な使い方もあり。店内は禁煙(入口に喫煙スペースあり)

10種ほど揃うフードメニューも一品500円で、「鳥ささみのスモーク」など、シンプルで日本酒に合うおつまみを厳選。いろいろな日本酒を少しずつ楽しみたいなら、1時間で試飲し放題の「利き酒コース」2000円に挑戦してみては。
また、日本酒のテイスティング会や、蔵元を招いての試飲会といったイベントも開催しているので、日本酒をより深く知りたいという人にもぴったり。

日本酒好きだけではなく、普段は日本酒を飲まない人も気軽に楽しめるようにと、店内はあえてカジュアルな立飲みスタイルに。
店内は清潔感がありスマートな雰囲気。窓際のカウンターからは新宿の夜景も見えるので、新宿でのデートやひとり飲みにもおすすめだ。

日本酒は時期によってさまざまな銘柄を入荷。冷や~熱燗まで、銘柄に適した飲み方も提案してくれる。迷ったらスタッフにおすすめを訪ねてみよう

店舗情報
純米酒専門バー 八咫 新宿三丁目店
電話予約をする
予約専用電話番号:03-5341-4365
日本酒バー、新宿
新宿区新宿3-14-22 小川ビル10F
東京メトロ丸ノ内線 新宿三丁目駅 B3出口より徒歩2分(靖国通りと明治通りの交差点角のビル)
2,000円

無数の飲食店が集まる新宿。「新宿で飲みに行こう!」となっても、あまりにもお店が多く、また、いいお店がどの辺りにあるのか見当がつかずに、街中をウロウロ…という経験のある方も多いのでは。
カオスな雰囲気が魅力でもある歌舞伎町や、ディープな飲み屋街・新宿ゴールデン街、ゲイタウンとして有名な新宿二丁目など、エリアごとの個性があり、いろいろな楽しみ方ができるのが新宿という街の魅力。
また、ビジネス街の西新宿や新宿御苑前駅など、新宿の中心部から少し離れた駅の周辺にもコストパフォーマンスがよい穴場的なお店が点在しています。
なかでも今回は、騒がしすぎず、ひとりや少人数でも心地よく過ごせる新宿の飲み屋さんを厳選しました。
ぜひ、気の合う友達や仲間と、ときにはひとりで、気になるお店を訪れてみてください。