谷中・根津・千駄木 てづくりおやつ散歩 | 美味案内

美味案内へ
谷根千メイン画像
谷根千メイン画像
谷根千 ♯01

谷中・根津・千駄木 てづくりおやつ散歩

商店街にも裏道にも、小さなお店が多く集まる谷根千。歩いていると、自然と気分が高まるのは、新しい発見を秘めている匂いがたっぷりだから。そして、そんなワクワクをさらに増やしてくれるのが、美味しい出合い。職人の丁寧かつ鮮やかな手捌きに見とれながら、気軽に食べ歩きたい、そんな散策にぴったりのおやつをご紹介します。

>>谷根千エリアのほかの記事を見る

谷根千てづくりおやつMap
谷根千てづくりおやつMap

>谷根千エリアのほかのお店を探す

季節は絶好の散歩日和。いつもとはちょっと違う街で、ここにしかないものに出合う、それも散歩の醍醐味です。そんな東京散歩を満喫できるのが、人気急上昇中の『谷根千』。老舗も新店も仲良く並ぶこの街には、手づくり自慢のお店が多いのも特徴です。惣菜、パン、煎餅から、雑貨や小物まで、職人さんの愛情が伝わる逸品が待っています。

まずは『谷根千』の看板ともいえる『根津のたいやき』。人形町の人気店『柳屋』から独立した一軒です。不忍通りでひっきりなしにお客さんが訪れているお店があれば、その行列が目印。匂いについつい誘われてしまいます。そして、二代目や店員さんに声をかけていく街の人が多いこと!下町ならではの温かさを感じられ、心がほっと和みます。

【A】根津のたいやき

根津のたいやき

薄くパリっと芳ばしく焼かれた皮、中にはほっこりした甘さの十勝産小豆を使った粒あんがしっぽまでたっぷり。とてもシンプルなおやつだからこそ、素材の良さや職人の技がはっきりと表れる。二代目が1つひとつリズミカルに焼き上げていく様子を眺めるのも楽しみだ。この店を訪れた人だけが味わえる美味しさ、アツアツはそのまますぐに齧りついて散策したい。

>>「根津のたいやき」への行き方など詳細情報は…

【A】根津のたいやき
「たいやき」140円。実は冷めてもまた違う美味しさを感じられるので、テイクアウトしたら温めたりせずにそのまま食べて。売切れ次第閉店なのでお早めに!!
【A】根津のたいやき
【A】根津のたいやき

【住所】文京区根津1-23-9-104
【電話番号】03-3823-6277

カメラ片手に散策する若者や外国人も多く見られます。時間の流れがゆるやかで、街並みそのものが絵になるのは、古い建物も多く残るから。そのなかでも創業明治8年という老舗『菊見煎餅総本店』は、まるで映画のなかにいるような気分にさせてくれます。

【B】菊見煎餅総本店

菊見煎餅総本店

江戸川乱歩の小説のモデルにもなった団子坂を日暮里駅方面へ進むと、左手に現われる堂々とした佇まいの古い一軒家。目をひくのは、ガラスケースいっぱいの煎餅や、丸くてかわいいガラス瓶に入ったあられ。1枚ずつ丁寧に焼き上げる煎餅は、四角いのが特徴。どれも1枚から買うことができるので、おみやげとは別に1枚つまんでしまいそう。

>>「菊見煎餅総本店」への行き方など詳細情報は…

【B】菊見煎餅総本店
名だたる文豪に愛された煎餅屋としても知られる。「醤油せんべい」(1枚50円)、「甘せんべい」「茶せんべい」(各1枚60円)など。丸いガラス瓶に入っているのは、菊の花と葉をかたどった「菊あられ」。
【B】菊見煎餅総本店
【B】菊見煎餅総本店

【住所】文京区千駄木3-37-16
【電話番号】03-3821-1215

何代にもわたる老舗も多い街ですが、若き職人たちによるお店も増えています。うっかり見落としてしまいそうなほど小さなお店もあるから要注意!

次は団子坂を本駒込方面へ上がり、左手にみえる紺色の暖簾を見つけてください。今や全国に20人もいないといわれている若き飴細工職人がお店を構えました。

【C】あめ細工 吉原

あめ細工 吉原

80℃に熱した飴を素手でこねて、たちまちのうちにかわいいウサギのキャラクター「あめぴょん」や躍動感のある動物などを作り上げていく“飴細工”。縁日やイベントでしか見かけることのなかった職人技を見られるのが、この日本唯一の専門店。吉原さんは海外で日本の良さを見つめなおして奮起、修業を積んでこの店をオープンさせた。造る時間はたった90秒。瞬きすら惜しくなる、鮮やかで無駄のない手捌きに感嘆の声が漏れてしまう。レパートリーはなんと200種以上で、リクエストにも応えてくれる。

>>「あめ細工 吉原」への行き方など詳細情報は…

【C】あめ細工 吉原
オリジナルキャラクターの「あめぴょん」600円~と「うま」700円。贈り物にも最適だが、ぜひ目の前で楽しんで
【C】あめ細工 吉原
【C】あめ細工 吉原

【住所】文京区千駄木1-23-5 巴ビル1F
【電話番号】03-6323-3319

「このあたりは古い建物が多いから、店舗面積も小さくて、若いクリエイターもお店を構えやすいんじゃないでしょうか」と吉原さん。若い職人たちのハンドメイドによる雑貨屋、オーダーメイドのカバン屋、靴屋、売り切れ御免のパン屋などが実にたくさんあります。
作り手が直接売ってくれるから、そのあたたかさや思いまで伝わるのが、いちばんの魅力。本当の意味で、この街を訪れたから触れられる逸品は、記憶の中でも“一生モノ”です。



谷根千エリアのほかのお店を探す

谷根千てづくりショップリスト

てづくりおやつ

(パイ)
フルーツたっぷり!無添加の優しいパイ
リンゴがいっぱいに詰まったアップルパイは、絵本から抜け出してきたよう。添加物を使わずに素材の美味しさを引き出した素朴な味わいに通いつめるファンも多い。
【住所】台東区谷中3-8-7 斉藤ビル1F
【電話番号】03-3822-8166
【定休日】不定休
【営業時間】10:00~19:00/土日祝9:00~19:00
地図・ルート案内はこちら

マミーズ 谷中店

(アイス)
昭和初期から変わらない味わいのアイスモナカ
コンデンスミルク、エバーミルク、粉乳を煮たものを冷凍液で冷やしながら回すという昔から変わらない手法で作られるアイス。懐かしい味わいに、心もほっこり。
【住所】文京区根津2-30-4
【電話番号】03-3821-5530
【定休日】月
【営業時間】11:00~19:00
地図・ルート案内はこちら

芋甚

てづくり雑貨

(アンティーク着物の小物)
レトロな着物生地を使った新しい小物たち
大正から昭和中期のアンティーク着物の生地を再利用。財布、バッグ、ブックカバーなど、趣きがあり、普段から大切に使いたい小物に生まれ変わった。古き良き時代の名残を感じられる。
【住所】台東区谷中3-14-3
【電話番号】03-5814-1239
【定休日】だいたい火
【営業時間】だいたい11:30~19:00


(セミオーダー帽子、セレクト雑貨)
ずっと使い続けたいセミオーダーの帽子
デザイナーの内山グリさんの、セミオーダー帽子のお店。店内のディスプレイから好みのデザインを選び、自分だけの帽子を作り上げてくれる。また、セレクト雑貨も販売。
【住所】文京区千駄木2-39-5
【電話番号】03-6276-8400
【定休日】月火水
【営業時間】13:00~19:00/土日祝13:00~18:00


撮影:林洋輔  取材・文:伊勢嶋暢子(編集部)
このページのデータは2010年12月10日現在のものです。



谷根千エリアのおすすめ記事
丸の内・東京
この街のおいしい手土産

「谷根千」のおいしい手土産

散歩のお供にしたい谷中名物のメンチ、老舗江戸前寿司の口の中でとろける穴子寿司、日本では珍しい「フロランタン」専門店など、谷根千の逸品をご紹介。ひとつずつ丁寧に作り上げる味わいはどれも絶品。手土産から大切な人へのおもてなしまで、谷根千のおすすめ品をご案内します。

谷根千 ♯04

昔ながらの商店、木造の民家、狭小の路地…下町情緒溢れる谷根千の街並みは、散策するたびにこころが癒される心地良い雰囲気に包まれています。それはカフェやレストランも同じ。そこで今回はリラックスした気分でおいしく楽しめる、とっておきの「ほっこりランチ」をご紹介します。

谷根千 ♯03

細い路地にセンスのよいお店やギャラリーが点在する谷根千は、まるで宝箱のような街。そして、このエリアにはオーナーのこだわりがたっぷり詰まった、魅力あるカフェや喫茶店が集まっています。散策途中のひと休みにもぴったり。そして、新たな楽しみに出会えそうな、個性あふれる楽しいお店を紹介。

谷根千 #02

創業100年以上を迎える老舗和菓子店から、新進気鋭のパティシエが手がけるショコラまで、数々の名店がノスタルジックな風合いとともに軒を連ねる谷中・根津・千駄木の街並み。今回は温故知新さまざまな文化が融合したエリアで、子どものころから慣れ親しんだ形、「○(まる)」と「□(しかく)」をクローズアップ。おいしい食べ物と街の楽しさを紹介します。


谷根千エリアのほかのお店を探す


新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.