日本橋の新グルメスポット COREDO室町&YUITO | 美味案内

美味案内へ
日本橋・人形町メイン画像
日本橋・人形町メイン画像
日本橋・人形町 ♯03

日本橋 コレド室町&ユイトの人気レストラン

数多くの老舗が伝統を守り続ける一方で、新しいスポットも続々と誕生している日本橋・人形町エリア。日本橋の新たなランドマークとして定着した『COREDO(コレド)室町』と『YUITO(ユイト)』には、普段使いから特別な日まで、シーンに合わせて選べるお店が充実。駅直結でアクセスも便利な2つの商業施設から、おすすめの飲食店をご紹介します。

>>日本橋・人形町エリアのほかの記事を見る

江戸時代には五街道の起点として世界有数の賑わいを見せていた日本橋。
そんな日本橋の伝統と情緒を受け継ぎながら、新しい街づくりを担うプロジェクトとして2010年10月に誕生した商業施設が『COREDO室町』と、『YUITO』です。

特に『COREDO室町』では、日本橋の老舗『にんべん本店』や、刃物の専門店『日本橋木屋』、金沢の金箔専門店『箔座』の東京第1号店など、日本伝統の職人の技を紹介するお店が話題に。人気レストランの2号店や、有名店の新業態も集まり、連日多くの人で賑わっています。

そんな中で注目なのが、ミシュラン2つ星の高級フレンチ『エメ・ヴィベール』が手がける『カフェ エメ・ヴィベール』。パリの伝統的なカフェを忠実に再現した店内では、「クロックムッシュ」ほか、本格的なカフェメニューがリーズナブルにいただけます。

【A】カフェ エメ・ヴィベール

カフェ エメ・ヴィベール

ミシュラン2つ星に輝く麹町のグランメゾン『エメ・ヴィベール』が手がけるカフェ。本店の若月シェフ監修による料理は、田舎風パテやステーキフリットといった、パリの伝統的なカフェメニューが揃う。現地の味を再現し、ボリュームもしっかり。ランチは980円から、ディナーはアラカルトで1000円前後というリーズナブルさも嬉しい。古きよきパリのカフェをイメージした店内にはテラス席もあり、シックでありながら日本橋の空気を感じられる開放的な作りになっている。

>>「カフェ エメ・ヴィベール」への行き方など詳細情報は…

【A】カフェ エメ・ヴィベール
写真左は「本日のメインディッシュ」1500円。
下は「クロックマダム」コーヒー付きで980円。グリュイエールチーズをたっぷり乗せてカリカリに焼き上げた、チーズの香りがたまらない逸品。アツアツにナイフを入れると、濃厚なモルネーソースがトロリと溢れ出す。どちらも平日ランチタイムメニューより
【A】カフェ エメ・ヴィベール
【A】カフェ エメ・ヴィベール

【電話番号】03-6225-2552
【営業時間】10:00~23:00(平日ランチL.O.14:00/カフェL.O.17:00/ディナーL.O.22:00)

ほかにも『COREDO室町』には、ランチやディナーで訪れてみたい魅力的なお店がいっぱい。次にご紹介する『Che Voglia!(ケ ヴォーリア)』は、ミラノの味と雰囲気を再現した、日本橋にいながらイタリア現地の気分を味わえるイタリアンレストランです。

【B】Che Voglia!

Che Voglia!

「現地の人が普段食べている、本物のイタリア料理を」との思いから、ミラノの名店で修業したシェフが、現地そのままのレシピを再現。生地を極限まで薄くのばした直径40cmの大きなピッツアは、5年以上の長い修業が必要とされる職人の技。クリスピーな軽い食感で、大きさのわりにペロリと平らげてしまいそう。ピッツア窯や店内のインテリアはすべてイタリアから直輸入。大きな窓から陽が射し込む明るい空間で、本場の味を堪能したい。

【B】Che Voglia!(ケ ヴォーリア)
写真左は、一番人気の豪華ピッツア「ケ ヴォーリア」1680円。トマト、モッツァレラ、米ナス、ルッコラ、生ハムと具だくさん。右下は、ミラノっ子が愛する太パスタ「真カジキと茄子のパッケリ」1320円。料理は1000円台のものが中心と、お財布にやさしいイタリアの現地価格という点も魅力

>>「Che Voglia!」への行き方など詳細情報は…

【B】Che Voglia!(ケ ヴォーリア)
【B】Che Voglia!(ケ ヴォーリア)

【電話番号】03-6225-2200
【営業時間】11:00~23:00(LO21:30)

Che Voglia!(ケ ヴォーリア)』の大きな窓から見渡せる「江戸桜通り」には、今後、桜並木が作られる予定とのこと。数年後には、この席もお花見のベストシートになっているのかもしれません。桜を眺めながら、おいしいイタリアワインと料理で乾杯…そんな和と洋のスタイルの融合は、まさに日本橋らしい光景といえそう。

さて、お隣の『YUITO』は、『COREDO室町』に比べてぐっとシックな雰囲気。“日本橋を愛する大人たちのための特別な場所”をテーマに、プレミアム感のあるレストランが揃っています。なかでもひときわ目を引くのが、3階にある『D BRASSERIE & SWEETROOM(ディ ブラッスリー&スウィートルーム)』。赤く光るエントランスから店内に一歩入ると、壁一面を覆う巨大なワインセラーとピンクのソファに埋め尽くされた空間に圧倒されます。

【C】D BRASSERIE & SWEETROOM

D BRASSERIE & SWEETROOM

天井まである壁一面のワインセラーとピンクで統一されたソファがインパクトある空間は、デートにも女子会にもぴったり。ディナーのプリフィックスコースは、「新時代のフランス料理」がテーマ。前菜、パスタ、メインディッシュにデザートがついて3900円とリーズナブルながら、味もボリュームも満足感たっぷり。食事の後はカウンターを隔てたデザートラウンジへ。日本橋の街並みを見下ろしながら、スイーツやお酒を味わうという贅沢なひとときが楽しめる。

>>「D BRASSERIE & SWEETROOM」への行き方など詳細情報は…

【C】D BRASSERIE & SWEETROOM
写真左は、ディナーコースから「丹波篠山産猪のボロネーゼ パッパルデッレ」「ビュルゴー家シャラン産鴨のコンフィ」など。高級食材もふんだんに使われ、かなりお値打ち。デザートが充実しているのも魅力。
右下は「フォンダンショコラ」。アーモンドのキャラメリゼ入りバニラアイスクリームを添えて
【C】D BRASSERIE & SWEETROOM
【C】D BRASSERIE & SWEETROOM

【電話番号】03-3243-0115
【営業時間】11:00~翌1:00(L.O. フード22:30、デザート23:30、ドリンク24:30)、日祝11:00~23:00(L.O.コース21:30/アラカルト22:00、デザート22:00、ドリンク22:30)、ランチ11:00~14:30

普段のランチから、特別な日のディナー、接待など、シーンに応じて選べるお店が充実の『COREDO(コレド)室町』と『YUITO(ユイト)』。今回はすべてをご紹介しきれませんでしたが、ぜひ気になるお店をチェックしてみてください。



日本橋・人形町エリアのほかのお店を探す

COREDO(コレド)室町

コレド

「日本を賑わす、日本橋」をコンセプトに、江戸時代の日本橋の賑わいをイメージした商業施設。『にんべん』『木屋』など、日本の優れた伝統技術に触れられるショップをはじめ、有名店の新業態や人気飲食店18店舗がオープン。
【住所】中央区室町2-2-1
【電話番号】0120-355-231(受付10:00~21:00)

COREDO室町おすすめグルメ

鰹だしのおいしさを “だしBAR”で堪能
1699年(元禄12年)の鰹節専門店。店内にはテイクアウトスタイルの『日本橋だし場』をオープン。ランチタイム限定で削りたての鰹節だしを使った汁物や「かつぶしめし」が食べられるほか、お弁当やおにぎり、だしを効かせた惣菜のテイクアウトもあり。
【電話番号】03-3241-0968
【営業時間】10:00~20:00(ランチ11:00~14:00)
地図・ルート案内はこちら

にんべん 日本橋本店(1F)

ほかでは味わえないレアな部位も充実!
台東区にある創業85年の鶏肉専門店直営の焼鳥店。究極の地鶏と言われる「南部かしわ」を使った焼鳥は「とりガツ」や「しろ」「もみじ」といった希少部位を含め40種以上。ランチはひつまぶしのように味わう「鶏まぶし飯」などが揃う。
【電話番号】03-6225-2008
【営業時間】11:00~15:00(L.O.14:30)、17:00~23:00(L.O.22:00)
地図・ルート案内はこちら

銘鶏やき鳥 鳥仙(3F)

甘みや粘り、食感…お米の個性を楽しんで
「お米」を主役に、おいしいご飯と惣菜を揃えた和食店。日本全国から厳選した13種類のお米を、注文を受けてからふっくらと炊き上げる。甘みや固さ、粘りなど、いろいろな品種のお米を食べ比べられるのも楽しい。
【電話番号】03-6225-2424
【営業時間】11:00~15:30(LO14:30)、17:00~23:00(LO22:00)/土日祝 11:00~23:00(L.O.22:00)
地図・ルート案内はこちら

米祥(3F)
YUITO(ユイト)

YUITO

「YUITO~結都~」をコンセプトに、人と人、街と街、伝統と新しいものを結ぶことを目指す場所としてオープン。地下1階~4階フロアには、ホテルオークラの正統派広東料理『桃花林』、毎晩ミュージシャンたちの生演奏が楽しめる『XEX日本橋』など、大人のためのレストランが集合。
【住所】中央区日本橋室町2-4-3
【電話番号】03-3277-8200

YUITOおすすめグルメ

50年のキャリアを持つ井上シェフの新たな試み
フランス料理界の巨匠・井上旭シェフが手がける新店。エレガントな雰囲気溢れるメインダイニングで、洗練されたサービスとともに正統派フレンチを味わえる。店内には、厳選された食材を目の前で調理する、鉄板焼きカウンターのある個室も登場。
【電話番号】03-3276-0002
【営業時間】11:30~23:00(ランチL.O.14:00、ディナーL.O.21:00)
地図・ルート案内はこちら

ポンドール・イノ(1F)
【H】

京のおぞよ 桜家(3F)

閉店

京都の水で炊き上げるご飯や京料理を
京都で“おぞよ”とは、家庭で食べる日常のおかずのこと。京都牛・京都米・京野菜といった京の食材を使った料理や、おくどさん(釜戸)で炊いたご飯が味わえる。木の質感を生かした明るい店内は女性一人でも入りやすい。
【電話番号】03-3241-5552
【営業時間】11:30~22:00(LO21:30)

京のおぞよ 桜家(3F)

撮影:大垣善昭  取材・文:松澤あゆみ(編集部)
このページのデータは2010年11月22日現在のものです。



日本橋・人形町エリアのおすすめ記事
日本橋・人形町
この街のおいしい手土産

「日本橋・人形町」のおいしい手土産

焼き上がりと同時に完売する人気スイーツ、素材のよさと店主の技が光る「冷めてもおいしい」ひと品、老舗ホテル直営の専門店など、日本橋・人形町の逸品をご紹介。東京観光の手土産はもちろん、ちょっとしたプレゼントにも最適な品々を日本橋・人形町からご案内します。

日本橋・人形町 ♯04

2014年3月20日にオープンした商業施設『コレド室町2』と『コレド室町3』には、日本橋の老舗や地方の人気店など、話題のレストランが集結! 東京の新たなグルメスポットとして注目を集めています。なかでも、特におすすめのお店をピックアップました。

日本橋・人形町 ♯02

グルメな街・銀座や東京の台所・築地市場にもほど近く、舌の肥えた人たちが多く集う日本橋・人形町エリア。鮨・天ぷら、洋食…料理のジャンルもさまざまですが、それに関係なく”どんぶり”メニューが多いことを発見!老舗から新店まで、この店でしか食べられないという逸品を集めました。

日本橋・人形町 #01

「一日に千両が落ちる」といわれた江戸きっての歓楽街、日本橋・人形町。創業100年以上の老舗店が今なお現役で活躍する一方、最近は先鋭的なクリエイターやアーティストが集まり、個性的なカフェもオープンしています。そんな不思議なエリアに生まれ変わりつつある’CET(セントラル・イースト・トーキョー)’で、ステキな美味を探してみましょう。


日本橋・人形町エリアのほかのお店を探す


新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.