真のお値打ち店が集合!人気フレンチ&イタリアン | 美味案内

美味案内へ
中目黒メイン画像
中目黒メイン画像
中目黒 ♯01

真のお値打ち店が集合!人気フレンチ&イタリアン

たくさんの飲食店が集まる中目黒。なかでも、目立って多いのがイタリアンやフレンチのお店。しかも、おいしいのはもちろん、値段も手頃で居心地がよく、普段着で気軽に行けるビストロやトラットリアが充実しています。今回は、激戦区の中でもここだけは行っておきたい、本当にお値打ちなお店を厳選!

>>中目黒エリアのほかの記事を見る

中目黒 お値打ちフレンチ&イタリアンMap
中目黒 お値打ちフレンチ&イタリアンMap

>中目黒エリアのほかのお店を探す

以前は代官山や恵比寿の延長線上な街、というイメージが強かった中目黒。でも、ここ数年は東横線ガード下の再開発や、駅前の超高層タワーの登場に伴い、新しい店も続々と増え、街が急速に変わりつつあります。
なかでも、このエリアはイタリアンやフレンチの激戦区。目黒銀座商店街や目黒川沿いのほか、街のあちこちには、人気のビストロやトラットリアが点在しています。
その数が多いだけに、どのお店に行こうかと悩んでしまいますが、今回はそんななかで、味、雰囲気、価格ともに満足のいく、本当にお値打ちなお店を厳選。

まずは、ランチ、ディナーともに、そのコストパフォーマンスの高さで話題の『ビストロ・ツチヤ』をご紹介します。

【A】ビストロ・ツチヤ

ビストロ・ツチヤ 閉店

オーナー・土屋シェフとマダムの2人で切り盛りする16席のビストロ。2005年に「自分たちのペースでやれるお店を」と、あえて駅から遠い場所に開店。しかし、その評判がクチコミで広まるにつれ、すっかり中目黒屈指の人気フレンチに。この日登場したのは、厚さ3cmはありそうな鴨のテリーヌに、コンフィやソーセージがどーんと乗ったカスレ。料理によってポーションの違いはあれどこのボリュームでディナーコース3800円から、ランチ1000円からという値段はかなり良心的。肩肘張らない雰囲気でフレンチを堪能したい、そんな日に、ぜひお腹を空かせて訪れたい。

【A】ビストロ・ツチヤ
「カスレ 北海道産鴨“スノーホワイトチェリバレー”と自家製モチ豚のソーセージ」2800円。(コースは+800円。)左下は「フランスシャラン産鴨とフォアグラのテリーヌ 洋ナシの赤ワインコンポート添え」2000円(コースは+500円)。プリフィクスのランチは1000円と1500円、ディナーは3800円(料理によってプラス料金あり)。アラカルトでの注文も可
【A】ビストロ・ツチヤ
【A】ビストロ・ツチヤ

【住所】目黒区中目黒3-22-11
【電話番号】03-5722-6026

気取りがなくストレートで男気あふれる、そんな印象の土屋シェフが作る料理からは、「おいしい料理を心ゆくまで味わってほしい」という心意気が伝わってくるよう。
食べることが好き、ビストロ好きな人なら、必ずやリピートしてしまうに違いありません。

さて、中目黒で人気のイタリアン、とりわけピッツアのおいしいお店として評判なのが、次にご紹介する『イル・ルポーネ』。駅から結構な距離があるにも関わらず、本場のナポリピッツァの味を求める人々で連日賑わっています。

【B】イル・ルポーネ

イル・ルポーネ

「真のナポリピッツァ協会」にも認定されたピッツァは、香ばしいモチモチの生地と、フレッシュなトマトソースの味わいが絶妙。オープンキッチンの店内では、本場ナポリから取り寄せた薪窯で、次々とピッツァを焼き上げる職人技を眺めつつ食事が楽しめる。南イタリア・カンパーニャ州を中心とした料理はシーフードやトマトを使ったメニューが揃い、素材の素直な持ち味が伝わるおいしさ。南イタリアを中心とするワインも3000円台からと手頃。おいしい料理とワインで、陽気なひとときを過ごしたい。

>>「イル・ポーネ」への行き方など詳細情報は…

【B】イル・ルポーネ
「ピッツァ マルゲリータ」1700円。450度の高温ですばやく焼き上げるピッツァは、小麦のうまみとトマトソース、モッツァレラチーズ、バジルの風味が生きたシンプルな味わい。左下は、前菜から「自家製メカジキの燻製 プチトマト、ケッパーと共に」1300円
【B】イル・ポーネ
【B】イル・ポーネ

【住所】目黒区中目黒2-10-19
【電話番号】03-5722-6789

『イル ルポーネ』では、明るくて元気なスタッフのサービスも気持ちがよく、ついこちらのテンションも上がりそう。まだ寒い日が続きますが、暖かな南イタリアを思い浮かべながら、本場ナポリの味を堪能するのもよさそうです。

さて、フレンチやイタリアンのお店は、夜は比較的早く閉まってしまうのが残念。残業帰りや夜中でもふらりと立ち寄れる、そんなお店があったら…と思うことはありませんか?そんなときは、東山の路地に佇む『RUE DE SHURI』へ。遅い時間でも本格フレンチが楽しめる貴重なお店です。

【C】RUE DE SHURI

RUE DE SHURI閉店

青山『ロアラブッシュ』などの名店のほか、フランスやベルギーでの修業で腕を磨いた柴田淳一シェフが、2009年3月にオープン。ビストロの定番であるパテやコンフィをはじめ、季節のジビエまで、本格的なフレンチが深夜まで味わえる。特に、フワフワのオムレツにトリュフがたっぷりかかった「スフレオムレツ」は、塩味とメイプルシロップの甘みが絶妙な、この店ならではの一品。14席のこぢんまりした店内にはテーブル席もあるが、調理の様子やシェフとの会話を楽しめるカウンターがおすすめ。ひとりで訪れて好みの料理やワインを楽しむ人も多いそう。

【C】RUE DE SHURI
モンサンミッシェル名物のオムレツにヒントを得たという「トリュフ入りスフレオムレツ」2100円。左下は、豚肉のリエット、キッシュ、ツブ貝のマリネとそば粉のワッフルなどを盛り合わせた「6種類の前菜盛り合せ」1800円。2人でシェアしても十分なボリューム。メニューはアラカルトが中心
【C】RUE DE SHURI
【C】RUE DE SHURI

【住所】目黒区東山1-8-6 サンロイヤル東山1F
【電話番号】03-5721-2306

食事はもちろん、2軒目でワインバーとして利用したり、その日の気分に合ったスタイルで過ごせるのがこちらのお店の魅力。22時以降は喫煙がOKなのも、最近肩身の狭い喫煙者にはうれしいところ。

今回ご紹介したこれらのお店は、どれも20席前後と席数が抑えめで、料理やワインが比較的手頃な価格で楽しめるのが特徴です。
また、共通しているのは、どのお店も駅から少し離れている点。多少不便な立地にも関わらず、長い間人気を得続けているのは、それ以上に訪れたい魅力があるからに違いありません。

おいしいのはもちろん、程よくアットホームで居心地がよく、お財布にもやさしい。日常の中で気軽に行ける、コストパフォーマンスに優れたお店が中目黒には揃っています。
今度の週末は、仲間やパートナーを誘って、気になるお店を訪れてみませんか?



中目黒エリアのほかのお店を探す

注目フレンチ&イタリアン

中目黒のはずれに佇むお値打ちビストロ
中目黒のはずれにある町工場の跡を改装したビストロ。料理は手づくりと無添加にこだわり、山形県米沢市の無投薬天元豚(てんげんとん)を使ったパテやソテーがおすすめ。夜遅くまで営業しており、価格も手頃なのがうれしい。
【住所】目黒区東山2-2-5
【電話番号】03-3713-3577
【定休日】不定休
【営業時間】18:00~L.O.翌1:00/日祝~L.O.23:00
地図・ルート案内はこちら

ビストロ13区
【E】

リストランテ ティピッキオ


本場ナポリの味で魅了する川辺のイタリアン
目黒川沿いのビルの3階にあり、一面ガラス張りの店内は、春になると満開になる桜の木を望める抜群のロケーション。料理はナポリで修行を積んだシェフが手掛け、前菜からデザートまで、伝統的な味わいを愉しめる。
【住所】目黒区青葉台1-16-9 サクラガーデン3F
【電話番号】03-5458-2331
【定休日】月休
【営業時間】11:50~15:00、18:00~23:00(L.O.22:30)

リストランテ ティピッキオ
【F】

オステリア アゴスティーニ

閉店

連日大人気の秘密はコスパの高さにあり!
ランチは1000円から、夜のコースも3900円からというお値打ち価格でいつも人気。カジュアルだが落ち着いた雰囲気の中でおいしいイタリアンが食べられる。昼、夜ともに予約がおすすめ。
【住所】目黒区東山1-18-2
【電話番号】03-3710-1282
【定休日】日・第2月
【営業時間】11:00~14:30、18:00~L.O.21:30

オステリア アゴスティーニ
【G】

ムッシュヨースケ 

閉店

締めにカレーが楽しめるフレンチレストラン
フレンチレストランでありながら、実はカレーもひそかな人気メニュー。夜はビストロ料理とワインを楽しんだあとで、ぜひ締めくくりにカレーを味わいたい。カレーは4種類あり、テイクアウトも可能。
【住所】目黒区青葉台3-21-13 バルビゾン45
【電話番号】03-3716-5999
【定休日】火
【営業時間】11:00~L.O.15:00、18:00~L.O.22:00

ムッシュヨースケ

撮影:大垣善昭  取材・文:松澤あゆみ(編集部)
このページのデータは2010年3月10日現在のものです。



中目黒エリアのおすすめ記事
中目黒
この街のおいしい手土産

「中目黒」のおいしい手土産

バリ仕込みの本格バゲットサンド、日本一のこだわり卵から作られたプリン、極限までやわらかく仕上げたわらび餅など、中目黒ならではの手土産をご紹介。庶民的な商店街、花見の名所・目黒川、オシャレなショップなどを散策のついでに買いたくなる逸品ばかりです。

中目黒 ♯04

イルミネーションが美しく煌めく季節になりました。さまざまなイルミネーションスポットが登場していますが、今年初の試み、中目黒の目黒川沿いを青く彩る『青の洞窟』も見逃せません。おいしくて手頃なお店が多い街なので、デートでも女子会でも大人が過ごすのにぴったり。幻想的な夜に美食と美酒を堪能しましょう。

中目黒 ♯03

厳しい冬を越え、ようやく春めいてきました。春の訪れといえば、桜。もうすぐお花見シーズン到来です。東京随一の人気を誇るのが、五反田から池尻まで続く目黒川沿いの桜並木。なかでも中目黒は毎年多くの人で賑わいます。美しい桜を見ながら食事やお茶を楽しめる、とっておきのお店を教えましょう。

中目黒 ♯02

都内に数あるスイーツ激戦区の中でも、ここナカメの注目度も急上昇。目黒銀座商店街には、昔なじみの和菓子屋・お煎餅屋がある一方で、新進気鋭のパティスリーから、デザート自慢のカフェまで、どの店もレベルが高い!春の陽気に誘われて、甘い幸せを探しに行きましょう。


中目黒エリアのほかのお店を探す


新宿ごはん

「美味案内」に掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)は、ジョルダン株式会社の承諾なしに、無断転載することはできません。

Copyright c 2013 Jorudan Co.,Ltd. All Rights Reserved.